ここから本文です
etTomioのネットニュース斜め読み
新幹線撮影も好きでしたが、定年過ぎの爺さんは未だにワクワクしながら IT・サイエンス情報を追っかけています。

書庫過去の投稿日別表示

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

 グーグル マップは昨年メルカトル図法表記をやめた。

 小学校の頃黒板の横の世界地図、グリーンランドが島っていうのが、どうにも。オーストラリアよりでかくないか。ソ連の広大なこと。南極なんて永遠に続いているように見えた。
 この記事でのメルカトル図法に対しての実際の割合。トランプが購入希望してデンマークにエイプリルフールと言われたグリーンランドは、なるほどでっかい島か…

イメージ 2

さらばメルカトル図法……Google マップが地球儀のように回せる仕様へとリニューアル


地図はウソだらけ!? メルカトル図法と非ユークリッド幾何学の「歪んだ関係」が話題

MATHEMATICS 2019/08/23

イメージ 1

Point

■平面の地図に描かれた陸地と実際の陸地の面積を比較すると、高緯度になるほど大きくズレていく

■これは地球が球体であり、地球上の陸地は曲率を含んだ非ユークリッド幾何学の図形であるためだ

■非ユークリッド幾何学では、平行線が途中で交わってしまうなど、平面図形での常識が通用しない

こんなに違うの?

(略)

北朝鮮、飛翔体を発射

 今のところ、GSOMIAが現在も有効であることから、日本の要請に応じて必要な情報を共有する用意があるとしています。とあるが…


北朝鮮、飛翔体を発射=弾道弾か、日韓連携試す狙いも

2019年08月24日09時47分

 【ソウル時事】韓国軍合同参謀本部によると、北朝鮮は24日朝、東部の咸鏡南道・宣徳付近から飛翔(ひしょう)体を2回発射した。

 一方、日本政府は24日、北朝鮮が弾道ミサイルを発射したとみられると発表。日本の領域には飛来せず、排他的経済水域(EEZ)内にも落下しなかったとみられる。
 韓国軍は「追加発射に備え、関連動向を追跡、監視している」と強調した。米政府高官も「北朝鮮がミサイルを発射したという報道を把握しており、状況を注視し続けている。同盟国の日本、韓国と緊密に協議している」と述べた。北朝鮮は最近、新型短距離弾道ミサイルを含む飛翔体を相次いで発射し、7月25日以降で7度目となる。
 韓国政府は23日、日韓当局間で防衛機密のやりとりを可能にする軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄を日本側に通告。北朝鮮の飛翔体発射は、日米韓の情報共有に関する反応をうかがい、連携を試す狙いがあるとみられる。


香港デモで露呈 「連邦」を禁止語にする中国支配の限界


 連日、香港のデモが世界中で報じられている。このままでは天安門事件の再来になるのではないかという危惧も囁かれるなか、経営コンサルタントの大前研一氏は、中国が香港や台湾の問題と現実的に向き合うための構想を解説する。

 * * *
 香港で「逃亡犯条例」改正案の撤回を求める市民のデモが続き、毎週末に警官隊と衝突している。最大のデモには200万人が参加したとされ、これは香港の人口約750万人の3割近くに相当する。デモ隊に占拠された香港国際空港が全便欠航になる事態も起きた。

 今回の混乱では、中国共産党支配と一国二制度の歪みが露呈した。香港は1997年にイギリスから中国に返還された際、50年間(2047年まで)は社会主義の中国と異なる資本主義を維持することが約束され、外交と国防を除いて「高度な自治」が認められたが、それを中国は骨抜きにしようとしているのだ。結局、一国二制度はあくまでも中国共産党が許容する範囲内のことでしかないのである。

 かつて私は、中国の将来像を俯瞰し、北京を盟主として香港、台湾、シンガポールなどを包含するイギリス連邦的なコモンウェルス構想──「中華連邦(ユナイテッドステーツ・オブ・チャイナ)」というコンセプトを実現するしかない、と提案したことがある。

 その心は、イギリスとオーストラリアやニュージーランド、カナダなどとの関係と同様の独立した主権国家から成る緩やかな国家連合(集合体)を構築し、中国の国家主席はエリザベス女王のように君臨するが統治せず、加盟国に政治的な干渉をしない。そういう仕組みを作れば、香港の問題は解決するし、台湾もあえて独立する必要がなくなり連邦に加盟する。

 さらにチベット自治区や新疆ウイグル自治区、内モンゴル自治区にも香港や台湾と同レベルの自治を認めれば、すべてが丸く収まり、中国の発展にもつながると考えたのだ。


 私はこのコンセプトを、当時の台湾の李登輝総統に提案し、それを台湾の対中国交渉窓口機関である海峡交流基金会の辜振甫理事長が、1993年にシンガポールで開かれた第1回の両岸会議で、中国の海峡両岸関係協会の汪道涵会長らを前に披瀝した。

 ところが、これを中国共産党が警戒したらしく、その後、中国国内では「連邦」という言葉が禁じられ、社名に連邦が入っている会社は、強制的に社名変更させられてしまった。

「連邦」というのは、異なる発想を許すものだ。アメリカも建国時の13州の意見が一致しなかったからユナイテッド・ステーツになった。しかし、中国共産党はそれを危険視して許さなかったのである。要するに、「千丈の堤も蟻の一穴から崩れる」ということで、自分たちに都合の悪いことはすべて封印しているのだ。

 おそらく今回のデモや暴動で、中国政府は反中国派・民主派の香港人に対する監視をいっそう強化しているはずだ。デモ行為に対する人民解放軍の投入まで言及するようになっている。いま習近平政権は海外への送金や現金の持ち出しを厳しく規制しているが、それはその行為が亡命や国外脱出の準備とイコールだからである。

 すでに香港では台湾への移住が増えているという。あと28年で香港は完全に中国の一部になるわけだから、このまま中国政府が香港に対する締め付けを強化していけば、反中国派・民主派の香港人の多くは海外に移住せざるを得なくなるだろう。1997年の中国返還時には多数の香港人がカナダやオーストラリアなどに脱出したが、それ以来の大脱出がこれから起きるかもしれない。


 2047年までに中華連邦構想が実現できれば香港は生き延び、急成長している隣の深センを利用しながら「粤港澳大湾区(グレーター・ベイエリア)構想」(※注)の中で新たな発展を遂げることも可能になる。

 だが、このまま中国に併呑され、許容度が小さい中国共産党の支配下に置かれてしまったら、どんどん活力を失って衰退するしかないと思う。当然、台湾はその姿を見て一国二制度は受け入れられない、ということになり、独立国家としての道を探ることになるだろう。

【注/広東省(粤)の9都市(深セン、広州、東莞、恵州、仏山、江門、中山、珠海、肇慶)、香港(港)、マカオ(澳)を統合し、世界三大ベイエリア(東京、サンフランシスコ、ニューヨーク)に匹敵するベイエリアに発展させることを目指す構想】

※週刊ポスト2019年8月30日号

コメント

ページ 2
 私はこのコンセプトを、当時の台湾の李登輝総統に提案し、それを台湾の対中国交渉窓口機関である海峡交流基金会の辜振甫理事長が、1993年にシンガポールで開かれた第1回の両岸会議で、中国の海峡両岸関係協会の汪道涵会長らを前に披瀝した。

 ところが、これを中国共産党が警戒したらしく、その後、中国国内では「連邦」という言葉が禁じられ、社名に連邦が入っている会社は、強制的に社名変更させられてしまった。

「連邦」というのは、異なる発想を許すものだ。アメリカも建国時の13州の意見が一致しなかったからユナイテッド・ステーツになった。しかし、中国共産党はそれを危険視して許さなかったのである。要するに、「千丈の堤も蟻の一穴から崩れる」ということで、自分たちに都合の悪いことはすべて封印しているのだ。

 おそらく今回のデモや暴動で、中国政府は反中国派・民主派の香港人に対する監視をいっそう強化しているはずだ。デモ行為に対する人民解放軍の投入まで言及するようになっている。いま習近平政権は海外への送金や現金の持ち出しを厳しく規制しているが、それはその行為が亡命や国外脱出の準備とイコールだからである。

 すでに香港では台湾への移住が増えているという。あと28年で香港は完全に中国の一部になるわけだから、このまま中国政府が香港に対する締め付けを強化していけば、反中国派・民主派の香港人の多くは海外に移住せざるを得なくなるだろう。1997年の中国返還時には多数の香港人がカナダやオーストラリアなどに脱出したが、それ以来の大脱出がこれから起きるかもしれない。

コメント

ページ 3
 2047年までに中華連邦構想が実現できれば香港は生き延び、急成長している隣の深センを利用しながら「粤港澳大湾区(グレーター・ベイエリア)構想」(※注)の中で新たな発展を遂げることも可能になる。

 だが、このまま中国に併呑され、許容度が小さい中国共産党の支配下に置かれてしまったら、どんどん活力を失って衰退するしかないと思う。当然、台湾はその姿を見て一国二制度は受け入れられない、ということになり、独立国家としての道を探ることになるだろう。

【注/広東省(粤)の9都市(深セン、広州、東莞、恵州、仏山、江門、中山、珠海、肇慶)、香港(港)、マカオ(澳)を統合し、世界三大ベイエリア(東京、サンフランシスコ、ニューヨーク)に匹敵するベイエリアに発展させることを目指す構想】

※週刊ポスト2019年8月30日号

 写真を見て、もうここまで工事は進んでるのか。沖縄の基地のことは軽々には、でも、隣国はGSOMIAを破棄したしな


辺野古「反対」7割の県民投票から半年 工事を止めない政府 沖縄県は世論喚起へ

イメージ 1

名護市辺野古沿岸部。護岸で囲まれた区域への土砂投入が続いている(2019年5月13日)

 米軍新基地建設に必要な沖縄県名護市辺野古の埋め立ての賛否を問い、投票総数の7割超が「反対」を示した今年2月の県民投票から24日で半年となった。玉城デニー知事は投票条例に基づき日米両政府に結果を通知したが、日本政府は工事を強行し続けている。玉城知事は全国で基地問題への理解を広げるキャラバンを展開し、世論の高まりを背に訪米し改めて米側に県民投票で示された民意を伝える考えだ。

 「辺野古」県民投票の会元代表の元山仁士郎さん(27)は「沖縄の明確な民意を示し、それをきっかけに全国でさまざまな取り組みが生まれている。やって良かったと思う」と振り返る。一方、工事が止まっていないことは悔しく思う。政府は民意を尊重して埋め立てを止めるべきだとして、「県と政府で新基地建設を巡る裁判が続くと思うが、示された民意を裁判でもしっかり判断してほしい」と求めた。

 玉城知事は「辺野古埋め立ての一点に絞り、圧倒的に民意を示すことができた」と改めて評価し、その後も国政選挙などで「辺野古」反対を訴えた候補が当選したことを挙げ、「民意は揺るぎない」とした。

■新たに2訴訟も提起
 名護市辺野古の埋め立ての賛否を問う今年2月の県民投票で投票総数の7割超が「反対」の意思を示して24日で半年となった。政府は初めて辺野古の賛否に絞った投票で示された民意を無視する形で新基地建設を続けている。玉城デニー知事は日米両政府への結果の伝達や世論喚起、訴訟など「あらゆる手段」で辺野古反対の民意の実現を模索する。

 玉城知事は3月に安倍晋三首相、ジョセフ・ヤング駐日米首席公使と面談し投票結果を通知したが、安倍首相は普天間飛行場の危険性除去を理由に辺野古の工事を継続する考えを示した。玉城知事は日米特別行動委員会(SACO)に「With Okinawa(沖縄と共に)」を加え普天間を含めた基地問題を検証するSACWO(サコワ)の設置を提言したが、日本政府は応じていない。

 また、県は国土交通相が県の埋め立て承認撤回を取り消す裁決をしたことを受け、裁決取り消しを求める関与取り消し訴訟、抗告訴訟の2件の訴訟を起こした。

 県は沖縄防衛局から申請されているサンゴ移植のための特別採捕申請など、埋め立て承認を前提とする各種申請の判断を裁判後に先送りする方針を固めている。二つの訴訟のうち少なくとも一つの訴訟で司法の最終判断が出るまで各種申請は保留され、防衛局は移設のためのサンゴ移植などに着手できない。

 玉城知事は県民投票後、基地問題のトークキャラバンを東京と名古屋市で開催し、今後は大阪、札幌、福岡、仙台などでの実施も予定。全国世論を喚起した上での訪米を検討する。

 ただ、米議会では10月頃に成立が見込まれる国防権限法案を巡り、在沖海兵隊の分散配置の検証が盛り込まれる可能性がある。知事は同法案の議論など米国内動向を見据えながら訪米時期を判断する考えだ。

 タイトルは読めた。つゆざむ。
 1はこち 南風だったら こち 2はしゅんりん 3は…知らない。 4はつゆざむ 5はせみしぐれ


「今日は梅雨寒です」 天気予報で聞きそうな用語5問

2019.08.23

天気予報を見ていると、気象予報士の方が天気の解説をしてくれますよね。そんなときに使われそうな言葉をクイズ形式で出題します。少し難しい漢字もありますが意味と一緒に理解をしましょう。

教えてくれたのはこの方
吉田裕子(よしだ・ゆうこ)

1.「東風」

読み方「こち」
春に吹く東風。太平洋から吹く暖かい風で雪を解かし、梅の花を咲かせる。


2.「春霖」

読み方「しゅんりん」
春、3月から4月にかけて降る長雨。「霖」とは長雨のこと。


3.「短夜」

読み方「みじかよ」
夜明けが早く、短い夏の夜。夏の夜のはかなさを惜しむ夏の季語。


4.「梅雨寒」
『今日は梅雨寒です』。天気予報で聞きそうな用語5問

読み方「つゆざむ」
雨が降り続く梅雨期に時々訪れる季節外れの寒さ。「梅雨冷え」とも。


5.「蟬時雨」

読み方「せみしぐれ」
たくさんの蟬がいっせいに鳴く音を、時雨の降る音に見立てた夏の季語。

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事