ここから本文です
etTomioのネットニュース斜め読み
新幹線撮影も好きでしたが、定年過ぎの爺さんは未だにワクワクしながら IT・サイエンス情報を追っかけています。

書庫PC・モバイルテクニック

記事検索
検索

全109ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

 自分のパソコンでは昔作ったVBでのソフトもExcelのマクロも動いていました。今朝、ネットのニュースでパッチ「KB4512941」が公開されたと知り、早速適応させました。
 さて、KB4512941で検索すると、また別な問題も ?


VB問題を解決 〜Windows 10 May 2019 Update向けオプションパッチ「KB4512941」が公開

リモート デスクトップ接続のブラックスクリーン問題やWindows サンドボックスが起動しない問題も修正

樽井 秀人
2019年9月2日 00:15

イメージ 1

「KB4512941」のサポートページ
 米Microsoftは8月30日(現地時間)、「Windows 10 バージョン 1903」向けの累積的更新プログラム「KB4512941」を公開した。2019年8月の月例更新プログラムが原因でVB6/VBA/VBScriptアプリ・マクロが応答不能になる問題をはじめ、多数の不具合が修正されている。

 本更新プログラムは、“Windows Update”を手動でチェックしたユーザーだけに配信される“オプション”パッチ。次回の月例更新で導入される予定の改善と不具合の修正を先行テストするためのもので、セキュリティの修正は含まれていない。問題に悩まされており修正パッチをすぐにでも適用したいユーザーや、パッチの導入テストを先行して行う必要のあるシステム管理者でなければ、無理に適用する必要はない。トラブルを避けたい場合は、自動配信の開始を待つのが得策だろう。

 「KB4512941」では前述のVB問題に加え、以前から確認されていた既知の不具合が数多く修正されている。


Windows 10 Version 1903用の累積アップデートKB4512941が公開 - VB関連の不具合が修正


Windows 10 Version 1903の累積アップデートKB4512941でCPU負荷が異常に高くなる不具合が発生中か

イメージ 2

Microsoftは先日、Windows 10 Version 1903用の最新の累積アップデートKB4512941を公開しました。更新プログラムではWidnows SandboxやVB関連の問題など、さまざまな不具合が修正されていますが、必ずしも完璧ではなかったようです。

RedditなどでKB4512941をWindows 10にインストールした後、CPU負荷が異常に高くなるという問題が報告されていることがわかりました(Neowin)。

Cortana(特にSearchUI.exe)のCPU負荷が高くなっていることが確認できたとタスクマネージャのスクリーンショットが投稿されています。レジストリを変更したりキャッシュをクリアしたりといった回避策も提案されていますが、効果のほどは定かではありません。どうしても問題が解決しない場合は、更新プログラムをアンインストールすることもできます。

なおこのCortanaの問題はフィードバックハブにも事前に報告されていたようですが、問題が十分に検討される前に製品版として公開されてしまった模様。Microsoftの対応が待たれます。


【アプデ/10】 v1903用KB4512941を適用後、CPU使用率が高くなったまま戻らなくなる不具合。対処方法あり

 先日話題の記事が別なサイトでも取り上げられていた。
 VBA ? あっ、VBで問題ありってんだから、同じような言語だしな。
 おいおい、マイクロソフトはいい加減にしろよ。Excel、Word、Accessなんてみなマイクロソフトじゃないか。これでマクロ書いてる人間は世界中にごまんといるぞ。VBAもあんたんとこの言語じゃないか。業務用に開発しているひとはどうなるんだ。

 試しに自分がExcelで作ったプログラム… 動いた。
 なんで十分な検証もせずに更新プログラムをサイトに置くんだ。最近多すぎる。


2019年8月の月例更新プログラムに問題、VB6/VBA/VBScriptアプリ・マクロが応答不能に

現在、Microsoftが問題を調査中

2019年8月16日 13:00

イメージ 1

2019年8月の月例更新プログラムに問題、VB6/VBA/VBScriptアプリ・マクロが応答不能に

 米Microsoftは8月14日(現地時間、以下同)、13日付けでリリースしたWindows 10向けの月例更新プログラムで不具合が生じていることを明らかにした。「Visual Basic 6(VB6)」で作成したアプリケーションや「Visual Basic for Applications(VBA)」で作成したマクロ、「Visual Basic Scripting Edition(VBScript)」で作成したマクロやアプリケーションが応答しなくなり、“invalid procedure call error.”というエラーが発生することがあるという。

 この不具合は「Windows 7 SP1」以降のクライアントOSと「Windows Server 2008 SP2」以降のサーバーOSに影響するが、執筆時現在、回避策は案内されていない。

 同社は現在、この問題を調査中とのこと。VB6やVBA、VBScriptで作成したアプリ・マクロを利用している場合は、修正プログラムが提供されるまでアップデートを控えた方がよいだろう。もしトラブルに見舞われた場合は、今のところ更新プログラムのアンインストールを試みるしかなさそうだ。

 えっ、この前アップデートした。その昔自分がVBで作ったアプリは… データベースソフトだが動いた。4000以上のデータから瞬時に検索するし、因みにこの記事も放り込んだ。
 おいおい、VBってマイクロソフトの製品じゃないか。その後VBAを使ってのマクロも壊れる記事を見たが、これも自分のは大丈夫だった。飼い犬に手を噛まれる

【アプデ/10】 2019年8月14日のWindowsUpdate後、VB関連が死亡。Windows10全バージョンにて : ニッチなPCゲーマーの環境構築


ゲームやOS、各種PC環境を快適にするためのニッチな情報

イメージ 1

2019年8月14日に配信されたWindowsUpdateを適用すると、Windows10全バージョンにて、VBVisual Basic 6 (VB6)で作成したアプリケーション、Visual Basic for Applications (VBA)で作成したマクロ、Visual Basic Scripting Edition (VBScript)で作成したマクロやアプリケーションが応答しなくなり、『invalid procedure call error.』と表示される場合があるという不具合が発生しています。

不具合発生KBおよび詳細は以下になります。
Win10
バージョン 不具合発生KB 修正KB 不具合内容
v1903 KB4512508
(2019年8月14日公開) - 【不具合概要】
この更新プログラムをインストール後、Visual Basic 6 (VB6)で作成したアプリケーション、Visual Basic for Applications (VBA)で作成したマクロ、Visual Basic Scripting Edition (VBScript)で作成したマクロやアプリケーションが応答しなくなり、『invalid procedure call error.』と表示される場合があります。Microsoftは現在この不具合を調査しており、修正された更新プログラムの提供を予定してます。
【回避策】
-
v1809 KB4511553
(2019年8月14日公開) -
v1803 KB4512501
(2019年8月14日公開) -
v1709 KB4512516
(2019年8月14日公開) -
v1703 KB4512507
(2019年8月14日公開) -
v1607 KB4512517
(2019年8月14日公開) -
v1507 KB4512497
(2019年8月14日公開) -
この不具合の回避方法はMicrosoftからは案内されていません。おそらく、該当する更新プログラムをアンインストールすることで元の挙動に戻るものと思われますので、お困りの方はお試しくださいませ。

アンインストール後は再び入ってこないように該当KBを非表示にしておきましょう。非表示入りにはMicrosoft公式ツールの『wushowhide.diagcab』でもできますが、サードパーティ製の『Windows Update MiniTool』の方が直感的にわかりやすく高機能で便利です。

お盆休み明けにWindowsUpdateを行ったがために業務で使用するアプリケーション等が動作しなくなった……、というような事態も考えられます。お心当たりのある方はお気をつけくださいませ……。

 Windows 1.0 ? そもそもMS-DOSを拡張することでWin 3.0が発表され、自分が触りだしたのはWin 3.1から。MS-DOSが起動し、Win 3.1が起動していく。
1993年の今日、マイクロソフトから「Windows 3.1」日本語版が発売されました:今日は何の日?

 Windows 1.0 実物を見たこともないし、何が出来たのかも知らない。その頃からMS-DOS上で動いていたらしい。ExcelやWordってあったのか
 調べると当時のExcelやWordはまだ「Excel for DOS」「Word for DOS」であり、Microsoft Officeのような複数のオフィスソフトを1つのセットにまとめたオフィススイートは発売されていませんでした。

イメージ 3


Microsoft、Windows 1.0についてツイート連投 - 夏以降に新発表?

後藤大地

Fossbytesは2019年7月3日(米国時間)、「Microsoft Teases 'Windows 1.0' In 2019 And The Internet Is More Confused Than Ever」において、Microsoftがこの数日、TwitterにWindows 1.0に関するツイートを連投していると伝えた。Windows 10ではなくWindows 1.0だ。これが何を意味するのか、現状ではわかっておらず、不可解な行動と指摘している。

紹介されているMicrosoftのツイートは次のとおり。

イメージ 1

Windows 10から歴史を遡ってWindows 1.0の広告までを短い動画にして投稿

イメージ 2

この夏になにかの発表を行うことをほのめかすぶつやき

上記のMicrosoftのツイートからは、今年の夏に何らかの発表が行われることが予想されるが、記事では発表される可能性がある内容として、次の2つを挙げている。

Windows 1.0をWindows 10のアプリとしてリリースする
Windows 1.0をオープンソースソフトウェアとして公開する
ここ数年のMicrosoftの取り組みを考えると、どちらも的はずれな内容ではないように思われる。Microsoftから詳しい発表は行われておらず、今後の動向が注目される。

 この前同じようなタイトルの記事を見た。今度の記事は具体的にやり方が説明してある。ただ、こうやって自分なりのデータベース作っても年末にはヤフーブログが終わってしまう。

Windows 10の自動レジストリバックアップはもはや動作していない

Windows 10はレジストリの自動バックアップを停止している

by Junichi Yamashita

Microsoft Windowsで用いられているレジストリとは、OSに関する基本情報やアプリケーションの設定、拡張情報やユーザーパスワードといった設定情報のデータベースを指します。過去のWindowsにはレジストリを自動でバックアップして保存する機能が搭載されていましたが、Windows 10のバージョン1803からはレジストリの自動バックアップ機能が停止していることが明らかとなりました。

The system registry is no longer backed up to the RegBack folder starting in Windows 10 version 1803

Microsoft explains the lack of Registry backups in Windows 10 - gHacks Tech News

テクノロジー系のニュースサイトであるgHacksは、Windows 10がレジストリのバックアップを自動で作成しなくなったことに2018年10月の時点で気づきました。バックアップを作成するためにスケジュールされたタスク自体は動いていたものの、実際にバックアップが作成されることはなくなっていたとのこと。

以前のバージョンのWindowsでは自動でレジストリのバックアップを作成しており、何らかの原因でレジストリに不正な設定が書き込まれたり、レジストリデータベースが破壊された場合、保存されたバックアップから復旧可能でした。レジストリのバックアップは「C:\Windows\System32\config\RegBack」のフォルダーに保存されていましたが、最新バージョンのWindows 10ではバックアップが作成されなくなっています。


これまでこの現象がバグなのかシステムの仕様なのか判明していませんでしたが、Microsoftは2019年6月29日にサポートページを更新し、この変更が意図的なものであると明らかにしました。レジストリの自動バックアップが停止したのは2018年4月にリリースされたWindows 10のバージョン1803以降であり、Windowsが使用するフットプリントサイズを減少させる目的があるそうです。

今後、破損したレジストリを使用してシステムを復元したい場合、Microsoftはシステムの復元ポイントを使用することを推奨しています。なお、レジストリの自動バックアップ機能は無効になっているものの、削除されたわけではないとのこと。機能を復元したい管理者は、Windowsキーを押して「regedit.exe」を入力し、「regedit.exe」を開き……


「HKEY_LOCAL_MACHINE」→「SYSTEM」→「CurrentControlSet」→「Control」→「Session Manager」→「Configuration Manager」を選択。

イメージ 1

「Configuration Manager」上で右クリックし、「新規(N)」→「DWORD(32ビット)値(D)」をクリックし……

イメージ 2

新たなファイルに「EnablePeriodicBackup」と名前を付けます。

イメージ 3

続いて作成したファイル上で右クリックし、「修正(M)」を開きます。

イメージ 4

値のデータを「1」に設定して「OK」をクリックし、PCを再起動すると、レジストリの自動バックアップが再開するとgHacksは解説しています。

イメージ 5

全109ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事