ここから本文です
etTomioのネットニュース斜め読み
新幹線撮影も好きでしたが、定年過ぎの爺さんは未だにワクワクしながら IT・サイエンス情報を追っかけています。

書庫国内

記事検索
検索
 お国のトップからしてこうだ。国民まで下品になっちまう。ほんと選挙どうしよう、棄権するつもりはないが。あの党の政見放送もなあ。


安倍晋三「民主党の枝野さん」と山本太郎「クソ左翼死ねというお言葉」 むき出しの“参院選演説”

選挙戦も後半に突入するなかで
プチ鹿島

「笑いは人間関係の潤滑油だ。ただし、他人を見下す笑いとなれば話は違う。」

一面でまさかの「お笑い論」?
 朝日新聞一面の冒頭である。一面でまさかの「お笑い論」?

 見出しは「『嘲笑する政治』続けるのか」(7月7日朝刊)。

 安倍首相が2月の自民党大会以降、民主党政権を「悪夢」と言って会場の笑いを誘うあいさつを恒例にしてきたことを取り上げ、

《笑いや拍手は確かに起きた。それは、さげすみの笑いだった。》

《民主党政権の失敗と比較して野党を揶揄、こき下ろす。身内で固まってあざ笑う――。自分が相手より上位にあり、見下し、排除する意識がにじむ。》

 このような「嘲笑する政治」が6年半まかり通ってきたのではないか、と問う。


「民主党の枝野さん」と「言い間違い」をする場面が頻発

 すると当日の夕方、今度はデジタル版にこんな記事が。

「首相『民主党の枝野さん』間違い連発 演説の定番に?」(朝日新聞デジタル7月7日)

 安倍首相が応援演説する際、立憲民主党の枝野代表を「民主党の枝野さん」と「言い間違い」をする場面が頻発しているというのだ。

 ただの党名の言い間違いかと思いきや、

《その後に「毎回、党が変わるから覚えられない」などと「釈明」を加え、演説の定番文句になりつつある。》

 実際の例が書かれていた。まず6日午後の滋賀県草津市での街頭演説。

《「野党の枝野さん。民主党の、あれ民主党じゃなくて今、立憲民主党ですね。どんどん変わるから覚えるのが大変」と話すと、聴衆から大きな笑いが起こった。》

 翌7日になると、

《千葉県内と東京都内で行った計6カ所すべての街頭演説で同様に「言い間違い」をして、聴衆の笑いを誘おうとした。》

 なるほど、「言い間違えて」笑いを取ろうとしている様子がわかる。

 それにしてもこの日の朝刊一面で書かれた「嘲笑する政治」がひとつの「論」や「見立て」だとしたら、この記事は実際に直近の演説を見て書いた「立証編」とでも言うべきものだった。首相の他人を見下す笑いは、この選挙期間中こそ絶賛展開中なのであった。


安倍首相の「半分ステルス」な遊説日程も話題に

 その一方で首相の遊説日程に関しても話題に。

「首相の演説日程 党本部だんまり」(朝日新聞7月8日)

 各党のホームページには党首らの遊説日程が並ぶが「自民党総裁のものは見当たらない」「地元ではすでに告知されている遊説日程でさえ、党本部がだんまりを決め込む事態が続いている」という。

《ある党関係者は「(官邸側は)反対派が安倍首相の演説場所に来ることを相当警戒しているようだ」と明かす。2017年の東京都議選で、安倍首相が秋葉原で「辞めろ」コールを浴びた経緯があるからだ。》(朝日・同)

首相の遊説先、党本部だんまり ヤジ警戒?でも陣営は…https://t.co/YmIjeCyahG

ある党関係者は「(官邸側は)反対派が安倍首相の演説場所に来ることを相当警戒しているようだ」と明かす。2017年の東京都議選で、安倍首相が秋葉原で「辞めろ」コールを浴びた経緯があるからだ。

— 朝日新聞デジタル編集部 (@asahicom) July 8, 2019

2017年の東京都議選、秋葉原で「辞めろ」コールを浴びた経緯が

 つまりヤジを警戒しているらしい。

 このような首相の遊説戦略はスポーツ紙などで「ステルス遊説」と呼ばれている。突然、目的の地に現れるからだろう。

 ただ、各紙を読むと地元の議員らが事前に日程をアピールしていたり、一部の日程は、選挙広告で新聞に掲載されていたりする場合もあるらしい。報道各社に発表された日程に一部の予定が含まれないものもあるという。

 日刊スポーツはこれらを「半分ステルス」と表現していた。なんだ半分ステルスって。そんなステルス大丈夫?

 これはもしかしてトランプに言われてステルス戦闘機F35を爆買いしたはいいが、その性能は当てにならないというメッセージが遊説日程に込められているのだろうか。

 ……考え過ぎた。


「分断」、ここに極まれり

 それにしても安倍首相の一連の遊説記事をまとめてみると、

「できるだけ支持者だけが集まった場所づくりを整え」、実際に演説が始まると「党名の言い間違いなど、野党を嘲笑する」内容も含まれる。そして常に反対者のヤジを警戒する。

「分断」、ここに極まれり。

 朝日の記事には、駒沢大学の逢坂巌准教授(政治コミュニケーション論)のコメントが載っていた。

《「自民党が情報を積極的に公開しないのは時代に逆行している」。一方で、街頭演説でのヤジがここ数年でエスカレートしているとも指摘する。「訴えに耳を傾けるという寛容さが、社会から失われている。演説の場について考える必要がある」と話す。》

 まさに分断をどうするかだろう。

 朝日は「嘲笑する政治」が6年半続いたと書いたが、その結果、首相の遊説場所で「嘲笑とヤジの二極化」の現象が生まれてしまったのである。


保守層に響いている「山本太郎現象」

 現象と言えば、今「山本太郎現象」とでも呼ぶべきものが注目されている。

 政治学者・中島岳志氏の分析によれば、山本太郎の主張は「苦境にあえぐ農家や中小企業、商店主など旧来の自民党支持者たちに支持されています」(「論座」朝日新聞デジタル)という。

《山本さんは一般的に、左派的な政治家と見なされますが、実際は保守的な庶民層に届く熱量をもった政治家です。これから選挙戦が過熱化し、テレビなどで山本さんの姿と主張が取り上げられると、安倍政権に不満を持つ保守層に支持が拡大する可能性があります。》(中島岳志「論座」)

 先日SNSでまわってきた動画を見たら、街頭演説をする山本太郎に「クソ左翼死ね」という言葉が飛んでいた。今の現象を見るとクソ左翼という認識が間違いであることがわかるがそれはさておき、

 山本太郎はヤジに対して、

「ありがとうございます。クソ左翼死ねというお言葉をいただきました。ありがとうございます。死にたくなる世の中を変えたいために私は立候補してるんだ。みんなに生きていていただきたい。」

 と言っていた。反対者も含めたみんなが自分の政治の相手だと。

 こういう「度量」も、保守層を取り込む要因になっているのではないだろうか? いや保守層こそ、か。

 分断された首相の演説風景と対照的であった。笑いや冗談抜きでそう思えたのである。

 参院選の選挙戦も後半に突入する。

 政治家や候補者たちが必死で夢中な今こそ、言葉や風景がむき出しになるのでさらに注目だ。

 首相が表紙の全面に。やれやれ、なんか優しそうな好々爺みたいに見えるけどな。子宝に恵まれていれば少しは変わってたのかも。
 よく言葉にされるように悪夢の… 確かにあの頃全くの不信感で今の政権に入れたよ。初めは喜んでたよ。が、おらが県の宰相は、2年前にはオレの中でおらが県の恥になってきた。岸信介、佐藤栄作、アッタマ全く及ばないだろ。
 まだな、あの冊子とかこの前の政見放送見ていなければな。それに2度もあの冊子を称賛する書き込みが来たしな。外交とか考えればな。このパンフレット、オレは見ない。家族が見た後には燃やす。孫子の時代が危うい。三原なにがしが次にはなんかの担当相なんて、恐怖だ。戦前回帰だろ。どうかひとつでも議席が減って欲しい。さて、どこに入れればいいのかが、これまたホント絶望的だけれど、わざと

 流石に東大出。今度はニーチェを出したか。
 しかし、まあ暇だなあ。「ワロタピーポー」なんてわけわかんなかった。よく勉強しておられるんですね。ああ言えば、じょうゆうっての思い出した。


丸山穂高議員「深淵にてお待ちしてます」…ニーチェ 田中みな実には「ワロタピーポー」

 北方領土で酒乱騒ぎを起こし、糾弾決議が可決されても議員辞職を拒否している丸山穂高衆院議員が8日、ツイッターに、自身の過去投稿をリツイートした。

 「『怪物と戦う者は、みずからも怪物とならぬように心せよ。汝が久しく深淵を見入るとき、深淵もまた汝を見入るのである。』ですか。」とニーチェの言葉を引用し、「善悪の彼岸。まずはどなた様も、深淵にてお待ちしております。」としている。

 丸山議員は病気を理由に聴取を拒否したが、最近はツイッターで和田アキ子や東国原英夫らにかみついたり、テレビ番組の出演者発言への反論や挑発的な投稿を続けている。

 この日は、丸山氏が今後も任期の2021年10月まで「月給約130万円、文書通信交通滞在費・月100万円、期末手当約314万円(ボーナス・年2回)」が支払われると伝えた、7日のTBS系「サンデー・ジャポン」で、フリーアナウンサーの田中みな実が「あらためて見ると、こんなにもらっているんだと。出来高制にしたらいいんじゃないかな。判断基準は難しいですけど、そのほうがきっと身を入れて議会にも参加するんじゃないかと思います」と語ったことに反論。

 ツイッターに「議員歳費について浅すぎる議論。これぞワロタピーポー。下記の出来高制にしてしまうと丸山は他議員の何倍も出席・発言・法案作成してるので他議員より貰えてることになりますよ」と反論した。

 なお、丸山氏は衆院本会議で糾弾決議が可決された際は、ツイッターで「ただちに自ら進退について判断を」「仔細は議運への提出文書の通り」「行蔵は我に存し毀誉は他人の主張にて」と勝海舟の言葉を引用して、議員辞職の考えが無い事を伝えていた。

 昨日の午前、テレビのChはどこ回してもジャニー喜多川氏の話題。NHKにすると、政見放送。ん、首相と三原じゅん子か。少しのあいだ見ていた。
 気持ち悪くなってテレビを消した。よくもまあ恥ずかしくもなく、あんなことを。よくあんなシナリオが書けたもんだ。バカじゃねえのか、こいつら。完璧に国民をコケにしてるだろ。

 この記事の「キモい」「お前らこそ恥を知れ」「ネトウヨのニコ生かよ」まさにこれだ。かつてここに票を入れたオレガ気持ち悪かったんだ。あれを見た国民は票を入れるのか。他のサイトで一応読んでみると恥ずかしくなってやめた。三原なにがしって知能も低いのか。これ中国みたく一党独裁になるぞ。


非難ゴウゴウの安倍自民「政見放送」をファクトチェック

公開日:2019/07/11

イメージ 1

「キモい」「お前らこそ恥を知れ」「ネトウヨのニコ生かよ」――。自民党の政見放送に非難ゴウゴウだ。安倍首相と三原じゅん子女性局長の手前ミソなやりとりは醜悪そのもの。デタラメしか言わないこんな人たちに政権を任せていいのか。

■外交  

安倍 最後の最後まで、対立よりも共通点を、粘り強く見いだし、力強いメッセージを、出すことができました。

G20大阪サミットの振り返り。安倍首相はトランプ米大統領に配慮して「保護主義と闘う」との文言を見送り、「自由で公正かつ無差別な貿易・投資環境を実現し、開かれた市場を保つために努力する」と意味不明な首脳宣言を採択した。とても「力強いメッセージ」とは言えない。

安倍 トランプ大統領だけでなく、習近平主席からも、拉致問題について、金正恩委員長に、伝えていただきました。アタクシ自身、あらゆるチャンスを逃さないとの、考え方の上に、全力で取り組んでいく、決意です。


 自民は公約の1番手に「力強い外交・防衛で、国益を守る」とうたっているのに、拉致問題は徹頭徹尾仲介頼み。朝鮮中央通信は「安倍首相は世界の笑いもの」「薄らバカ」とコキおろしている。

■年金  

三原 野党は政争の具にし、具体的な政策も示さないまま不安をあおるだけの議論に終始している。

立憲民主党は医療や介護などの自己負担額に上限を設ける総合合算制度導入を公約に掲げ、共産党と社民党は物価や賃金上昇に応じて支給額を抑制するマクロ経済スライドの廃止を主張している。

■景気   

安倍 この春も、6年連続で、今世紀最高水準の、賃上げが、実現しました。


 これは春闘の実績で、この6年間の実質賃金はマイナス0.6%。


安倍首相と三原じゅん子の政見放送がまるで北朝鮮! 安倍首相をひたすら礼賛し、年金問題は野党批判にすり替え

2019.07.09

 全国遊説でデタラメな数字を並べて“年金は大丈夫”と振りまき、本サイトでもお伝えしたように「民主党の枝野さん」とわざと間違えるという演説を繰り返している安倍首相。その姑息さには目を覆いたくなるが、さらに驚くような光景を、昨晩、国民に向けて繰り広げた。

 というのも、昨晩NHKで自民党の政見放送が流されたのだが、安倍首相とともに現れたのは、参院本会議で「民主党政権の負の遺産の尻ぬぐいをしてきた安倍総理に感謝こそすれ」「恥を知りなさい」と述べた三原じゅん子議員。そして今度は、安倍首相と並び座りながら、三原議員が安倍首相を崇めたてまつるという、醜悪な政見放送を垂れ流したのだ。

 一体、どんな放送だったのか。三原議員はまず最初に、こう口火を切った。

「総理、いま国際情勢は、米中貿易摩擦、北朝鮮情勢、英国のEU離脱問題、緊迫する中東情勢など、激動のなかにあります。こうしたなかでG20大阪サミットの議長を務められました。手応えはどうでしたか?」

 対北朝鮮外交では蚊帳の外、中東問題では「架け橋外交」どころか海外メディアにも批判される始末で、G20でも存在感を示したのは「エレベーターを付けたのはミス」発言で冷ややかな視線を浴びたくらい。にもかかわらず、そうしたことはすべてなかったことのようにして前振りする三原議員には唖然とさせられるが、対する安倍首相は、満面の笑みでこう述べた。

「世界は結束できる。そう信じて、精一杯、議長役を務めました」
「貿易で生まれた富がすべての人に行き渡るルールをつくることが大切です。公正なルールが必要なんですね。この点は、私はトランプ大統領にはっきり、申し上げているんです」

 まったく何を言っているんだか。トランプの顔色を伺ってばかりで「首脳宣言」でも「保護主義と闘う」という文言を盛り込もうともしなかったというのに、こんなところで「トランプ大統領にももの言えるオレ」をアピールするって……。だが、さらに三原議員はこう畳みかけたのだ。

「そのトランプ大統領を大相撲に招待するなど、総理は蜜月ぶりを世界に存分に発信しておられますね」

 トランプ大統領は排外主義政策を押し出して世界から差別主義者だと非難を浴びているというのに、恥ずかしげもなく「蜜月ぶりを世界に存分に発信しておられますね」と称賛する。だいたい、その「蜜月」の内実は、言われるがままイージス・アショアやステルス戦闘機を大量購入し、貿易交渉でも参院選後には農産物の関税大幅引き下げに応じる密約を交わしていると見られ、その上、日米安保の見直しを迫られているような状態だ。

 しかし、水を向けられた安倍首相は、こう断言する。

「深い関係にあるからこそ、何でも率直に言い合える仲なんです」

 もう頭がクラクラしてくるが、このあとも三原議員は「世界はトランプ大統領のTwitterに釘付けです」「これまでの大統領のイメージと異なり型破りな方ですが、実際、トランプ大統領はどんな方なんでしょうか?」などと安倍首相に質問。延々と“トランプ大統領との仲良し安倍首相”PRをつづけ、安倍首相も「拉致問題の解決に向けて全力で取り組んでいく決意」とまったく成果のない拉致問題に話を繋げたのだ。


トランプ仲良し自慢のあとは、改元を安倍首相の手柄とPRし政治利用
 政見放送なのに、初っ端から長い時間をかけて取り上げるテーマがトランプとの関係性って……。いや、トランプ仲良し自慢のあとはもっと酷かった。次に三原議員が安倍首相に振ったのは、こんな話だった。

三原「令和の時代がはじまって2カ月ですが、ずいぶんと世の中に浸透していますね。元号の制定は大変な責任と重圧だったと思います」
安倍「おかげさまで、令和を、多くの国民のみなさまから評価・歓迎していただき、ホッとしています。令和の時代を切り開く、若い人たちが評価してくれていることを聞いて、大変うれしく思いました」

 安倍首相が改元を政治利用するために元号選定を主導したことは本サイトでもお伝えしてきたことだが、ここまで臆面もなく自分の手柄にし、堂々と改元を選挙利用するとは──。しかも、ここから三原議員は「令和の時代にも安心できる、責任ある社会保障制度をつくることは、わたしたち政治家の責任」と繋げ、ようやく国民の生活に直結する年金問題へ移るのだが、三原議員はこのように話題を誘導した。

「一部の野党は、高齢者のみなさんにとって大切な年金を政争の具にし、具体的な政策も示さないまま、ただただ不安を煽るだけの議論に終始していることは、大変残念に思っています。わたしたちだって、高齢者のみなさまの年金を少しでも増やしたいと思っています。しかし、そんな打ち出の小槌はあるのでしょうか」

 いやいや、問題の発端は「老後は年金に頼るな、自助で2000万円貯めろ」という報告書案を金融庁が出したことで、国民の不安を煽ったのは政府だ。それに野党は具体的な政策も出しているのだが、そうした事実は無視して安倍首相は「逆から言えば、政策次第で、年金を増やすことは、十分に可能です」と言い、さんざんデタラメさが指摘されているアベノミクスの成果を並べ立てるだけ。

 そして、安倍首相が粉飾された虚偽の成果を主張すると、三原議員がこんな合いの手を入れるのだ。

「アベノミクスのもとで、経済は順調ですね」
「(民主党政権の)あのような時代に戻してはなりません。アベノミクスによって、日本経済は一変しました」
「外交では、世界の真ん中で輝く、新しい日本外交のかたちをつくろうとしています」
「安倍総理は、内政では、子ども・高齢者など、弱い立場にある人の声に耳を傾けながら、できるかぎりの政策を進めておられます」

 都合の悪い事実はなかったことにし、「経済を強くした安倍総理」「世界の真ん中で輝く安倍総理」「弱者にやさしい安倍総理」とひたすら礼賛をつづける──。かと思えば、今度は怒気を露わにした口調で、三原議員はこう啖呵を切った。


さんざん安倍首相礼賛したあげく、年金問題を野党批判にすり替え!
「それに引き換え、野党は、日ごろは与党の揚げ足取り。政策の議論を重ねないまま、選挙目当てで、人気取りだけで、実現できるかも怪しいような政策を言い始める。所属政党はコロコロ変わり、対案なしで何でも反対、やることすべてがブーメラン、何度この光景を見たことか。こんな野党には、絶対に、負けるわけにはいかない……! 心からそう思います」

 安倍首相を褒め称えるときは高い声でにこやかなのに、野党の批判はいかにも恐ろしいことを話すかのような低い声色でおどろおどろしく語る三原議員。 あの参院本会議での三原議員の演説は、まるで北朝鮮の最高人民会議を彷彿とさせるものだったが、今度は朝鮮中央テレビの女性アナウンサーを見ているかのようだ。しかも、じつはこの文言、問題となった参院本会議とほとんど同じものだった。

 つまり、今回、安倍首相は、国会という場で安倍首相を「崇拝」し、「野党は恥を知れ」と攻撃した三原議員による演説を、諫めるでも反省するでもなく、政見放送で“再現”させたのである。

 実際、「こんな野党には絶対に負けるわけにはいかない」と三原議員が述べたあと、安倍首相は笑顔でこんなことを言い出した。

「この前の三原さんの参議院本会議での演説は、すごい迫力でしたね。国民の代表としての自覚、国会で議論に臨む姿勢。非常に印象的でした」

 三原議員の演説は批判を浴びたが、一方でネトウヨや安倍応援団は「まったく正論」「スカッとした!」「流石女番長」などと絶賛していた。ようするに、安倍首相はお友だちの極右ネットテレビ番組に出演するだけではなく、ついに政見放送でまで、そうしたネトウヨ受けを意識しはじめたのだ。

 いや、これはネトウヨ受けというだけではなく、“自分への礼賛と自分の敵への一方的な攻撃”という独裁国家のプロパガンダさながらのやり方がごく普通に受け入れられる国にしようとしているのだろう。そうでなければ、とてもじゃないが、こんな知性のかけらも感じられないような酷い内容を政見放送として用意するはずがないからだ。

 野党&メディア攻撃本配布問題といい、選挙を通してどんどんあきらかになっていく安倍自民党の気持ち悪さ……。しかし、最大の問題は、国民がこれに慣れてしまうことのほうだろう。

 「文藝春秋」にこれ取り上げられたのか。自分のトコにもこれ賛同する書き込みがあった
 ますます今の政権から気分が離れていくのに


石破茂が激怒 自民党本部が全議員に“ネトウヨ本”を配布

「非常に恐ろしいことです」
「文藝春秋」編集部

 まずは、以下の文章をお読みいただきたい。

〈「オワコン」という言葉があります。(略)一般ユーザー、個人ユーザーに飽きられてしまい、見捨てられてブームが去り、流行遅れになった漫画やアニメ、商品・サービスのことです。(略)政界ではまさに小沢一郎氏がそうではないでしょうか。政界のオワコンです〉

〈菅(直人)元首相は、今で言う「終わったコンテンツ」つまりオワコンであることは明白なのですが、ご本人はそれが分からず、煩悩だらけのようです。(略)オワコンは、鳩山(由紀夫)、菅、小沢の各氏だけでなく、野党そのものとさえ言いたくなります〉

 続けて、イラストもご覧いただきたい。

 よだれを垂らしてうつろな目をし、頭の横にはクルクルと回転する線……誰がどう見ても、立憲民主党の枝野幸男代表である。

参院選に向けて配布された“トンデモ”冊子
自民党所属の全議員に配布された冊子
 これらの悪意に満ちた文章やイラストは、いわゆる“ネトウヨ”の方々がインターネットやSNSに投稿したものではない。6月中旬に自民党本部から全所属議員に配布された冊子に綴られた内容である。冊子の表紙には、次のようなタイトルが付けられていた。

〈フェイク情報が蝕むニッポン トンデモ野党とメディアの非常識〉

 現在、7月21日投開票の参院選に向けて全国で熱い戦いが繰り広げられているが、党本部によれば、「(演説などのための)参考資料として配布した」という。

 この冊子に憤っているのが、石破茂元自民党幹事長(62)だ。『文藝春秋』8月号のインタビューで、石破氏はこの冊子を配布した自民党本部を痛烈に批判している。


「国民の共感を得られるとは到底思えません」
「この冊子の作成者は『保守の立場から論じている』と言いたいのでしょうが、私に言わせれば、内容以前に悪意や中傷が目に付いてしまいます。(略)このような文章で広く国民の共感を得られるとは到底思えません。そもそも、いくら選挙で議席を争う相手とはいえ、野党の議員に対して挑発、罵倒、冷笑、揶揄などをするのは非常に恐ろしいことです。なぜなら、彼らの後ろにはその議員に一票を投じた国民がいるからです。野党に対するこうした言動は、そのまま野党を支持した国民に向けられることになる」

 一体、この冊子は何なのか――実は作成者は明らかになっていない。「テラスプレス」なるインターネットサイトに掲載された記事に加筆修正したものだという説明書きがなされているのだが、そもそも「テラスプレス」というサイト自体、執筆者・運営元が一切明らかにされていない正体不明の存在なのだ。

いつから自民党は“変質”してしまったのか?
 石破氏が嘆息する。

「巷では、出所不明の文書のことを『怪文書』と呼びます。筆者が分からないこの冊子も、言うなれば『怪文書』の類と言われても仕方ありません。そういうものをなぜ全自民党議員が読む必要があるのでしょうか」

 さらに石破氏はこうも語る。

「かつての自民党には、多様な意見、多様な考えを大切にする伝統がありました。私はそんな懐の深い自民党を深く愛していましたし、そういう自民党に育てられました」

文藝春秋8月号
 いつから自民党は“変質”してしまったのか。石破氏の分析は、『文藝春秋』8月号に掲載された「自民党『参院選冊子』に怒りが湧いた」に掲載されている。

イメージ 1

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事