ここから本文です
etTomioのネットニュース斜め読み
新幹線撮影も好きでしたが、定年過ぎの爺さんは未だにワクワクしながら IT・サイエンス情報を追っかけています。

書庫国際

記事検索
検索

全285ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

 タイトルを見て、なんだこの国は… ルービー文、とどめの墓穴を掘るか。朴槿恵のときの二の舞か。いや、あの国はもうならなくちゃ無理だろ
 昨日、一昨日と自分のとこ、アクセストップは
「たまねぎ男」の疑惑も日本の責任って言うか
無責任なタイトルだったけれど


韓国 “疑惑浮上の側近”聴聞会 開催困難の見通し

2019年9月2日 4時30分

韓国のムン・ジェイン(文在寅)大統領が新しい法相に起用すると発表した側近について、娘の大学への不正入学などの疑惑が浮上する中、2日から国会で聴聞会が予定されていましたが、与野党の対立から開催が難しい見通しとなりました。ムン大統領は、聴聞会が開催できなくても、法律に従って来週までにこの側近を法相に任命したい考えで、任命を強行する場合、反発が強まるのは必至です。

韓国のムン・ジェイン大統領が、新しい法相に起用すると発表した、側近で前の首席補佐官のチョ・グク氏をめぐっては、家族ぐるみの不透明な投資や資産隠しのほか、娘を名門大学に不正入学させていたなどとされる疑惑が浮上していて、検察が強制捜査に乗り出しています。

このチョ氏について、国会では、2日から2日間、聴聞会が予定されていましたが、チョ氏の家族も証人として出席させるべきだとする野党側とその必要はないとする与党側が対立し、開催が難しい見通しとなりました。

受験競争がしれつな韓国では、親の立場を利用した不正入学に厳しい視線が向けられていて、最新の世論調査では、チョ氏は適任でないという意見が57%と、適任だとする27%を大きく上回っています。

1日、東南アジア3か国の歴訪に出発したムン大統領は、聴聞会が開催できなくても、法律に従って今月12日までにチョ氏を法相に任命したい考えで、任命を強行する場合、反発が強まるのは必至です。

 あれがまだ情報番組を賑わしている。あれは母国語が理解できない輩なんだろう。自らの言葉に整合性がない、齟齬をきたしてるのが理解できないんだろうな。分裂症

 日本も主張しろよ。一度ポツダム宣言を受託したからと言って… かつての領土を返してくれ。


辛坊治郎氏、韓国・文在寅大統領の「一度合意したから…」発言に不快感…「国家間の合意をこういう言い方したら、いつまでたっても終わらない」

玉川徹氏 韓国大統領の「一度合意したからといって」に「それを言い出したら…」

 このツラをこれまで貼り付けたことはないと思う。脳回路に疾患のあるボケの代名詞。
イメージ 1


八つ当たり連発!暴走する韓国・文政権 GSOMIA破棄で米に「文句言うな」通告、米韓同盟解消で「赤化統一」視野か


韓国国民の関心移った?反日から文在寅側近「たまねぎ男」むいてもむいて出てくる疑惑

娘は名門大不正入学、息子は兵役逃れ、妻は資産隠し

イメージ 1

   鳥瓩量爾鰐礁腓旅睥鐶膤悗悗良埓菊学疑惑のほか、釜山大学医学専門大学院を成績不振で2年間留年したにもかかわらず、成績優秀者を対象とする奨学金計104万円を受けとっていたと指摘されている。

   これについて、釜山大学院長は「留年に落胆して学業を破棄しないため、精進しなさいという意味で個人的に奨学金を寄付した」と説明しているという。

   高麗大に通う学生らは「私は一生懸命勉強して入ったプライドがある。不正な方法で入ったのなら憤りを感じる」「不正があったのなら、学校側も反省すべき」と話す。

朴槿恵前大統領とそっくりのスキャンダル

   司会の国分太一「いま問題になっている日韓関係と鳥瓩離好ャンダルとでは、国民の関心はどちらにあるのでしょうか」

   鈴木琢磨(毎日新聞部長委員)「圧倒的に鳥瓩離好ャンダルです。日韓関係には一般の韓国人はさほど関心はありません」

   堀尾正明キャスター「前の大統領が親友の娘の入試を優遇したとして弾劾されて、それを正すために文大統領が出てきたのに、また同じことを繰り返しているんですね」


「韓国大統領は疑惑かわすため反日世論あおり」見方強まる

 トランプは自国に届かない短距離ミサイルなんか、興味ないらしいが、日本はたまったもんじゃない。73発で3500億円…
 ところでなんで韓国にも売るんだ

SM3 block 2A
 イージス艦から発射し、飛来する弾道ミサイルを迎撃する。SM-3の改良型で、日本と米国が共同で開発中。令和3年(2021年)配備予定。とある。


米、日本への弾道弾迎撃ミサイル売却を承認

2019年8月28日 ワシントンD.C.

イメージ 1

米ハワイ沖で、米ミサイル防衛局(MDA)、日本の防衛省、米海軍の人員らが乗った米イージス駆逐艦「ジョン・ポール・ジョーンズ」から発射された迎撃ミサイル「SM3ブロック2A」。迎撃試験に初めて成功した時の写真(2017年2月3日撮影、資料写真)。(c)AFP PHOTO / US NAVY / LEAH GARTON

【8月28日 AFP】北朝鮮が最近も新型弾道ミサイルの発射実験を繰り返し、日本に脅威が及ぶ恐れも生じている中、米政府は27日、弾道弾迎撃ミサイル33億ドル(約3500億円)相当の日本への売却を承認した。

 米国防総省によると、日本が購入するのは米防衛機器大手レイセオン(Raytheon)製の「SM3ブロック2A(SM-3 Block IIA)」最大73発で、艦載型イージスシステムから発射する設計。

 北朝鮮はミサイル攻撃能力を拡張しており、過去2年間、核弾頭を搭載して日米を攻撃できる中・長距離弾道ミサイルの発射能力を示してきた。

 また、北朝鮮が先月末から相次いで行った新型短距離弾道ミサイルの発射実験では、少なくとも1発が日本に届くだけの距離を飛行した。

 ほかにも国防総省は、ハンガリー、韓国、リトアニア、デンマークに対する計9億4300万ドル(約997億円)相当の兵器売却を承認した。(c)AFP

全285ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事