ここから本文です
etTomioのネットニュース斜め読み
新幹線撮影も好きでしたが、定年過ぎの爺さんは未だにワクワクしながら IT・サイエンス情報を追っかけています。

書庫鉄道

記事検索
検索
 対面式ホームか。大都市のすることって凄いな。
 同事業は1993年に都市計画決定され、市は2006年に同区間で工事に着手した。事業費は642億円。


地上を行く京急大師線は残り1か月、今週末は地下見学会より地上記録じゃね?


京急大師線地下化、産業道路駅を公開 3月3日に運用開始

イメージ 1

報道陣に公開された京急大師線の産業道路駅地下ホーム

 京急大師線の連続立体交差事業に伴い、川崎市川崎区内で建設が進められてきた小島新田−東門前の地下トンネル(約980メートル)と地下化される産業道路駅が24日、報道陣に公開された。3月2日の終電後に切り替え工事を実施し、翌3日から運用を開始する。

同駅の地下ホームは長さ約77メートルで、現在の地上駅ホームの約13メートル下に新設された。エスカレーターとエレベーターのほか、自然換気用の吹き抜けも設けた。

トンネルも、新たな用地確保が難しいため現在の線路の直下に建設。地盤が軟弱なため、くいとけたで地上の線路を固定してから掘削を進め、約13年かけて完成させた。

イメージ 2

3月3日運用開始される京浜急行大師線の地下トンネル。奥が東門前駅方面で地上に出る部分。線路を載せた工事げたでふたをしてある

 切り替え工事はクレーン20台と作業員1千人で実施し、3日午前10時までに終了する見込み。地下化の完了後、産業道路駅の駅舎や交通広場などを整備し、バス路線も拡充する。駅名の変更も検討する。

同事業は1993年に都市計画決定され、市は2006年に同区間で工事に着手した。事業費は642億円。同区間の地下化で、1日当たり約2万5千台が通過する産業道路第1踏切をはじめ計3カ所の踏切が除去される。

整備計画の残る鈴木町−東門前の区間は未着手で概算事業費は784億円。

開くトラックバック(0)

 「ザ ロイヤル エクスプレス」、これ直流1500ボルトでの走行では。JRの路線で私鉄が観光列車を運行するのは異例だということで…って今現在、東海道本線も使って走ってるのでは


JR北海道 「東急電鉄」の豪華観光列車を北海道で運行へ

2019年1月24日 20時59分

イメージ 1

JRの路線を大手私鉄の豪華観光列車が走るという異例の取り組みが実現する見通しになりました。厳しい経営が続くJR北海道は、「東急電鉄」と提携して北海道内で東急の観光列車を運行する方向で最終的な調整を進めています。

関係者によりますと、JR北海道は、最終的な赤字が2期連続で100億円を超えるなど、厳しい経営を立て直す一環として、大手私鉄「東急電鉄」と提携する方向で最終的な調整に入りました。

具体的には、横浜と伊豆半島の間を走る東急の豪華観光列車、「THE ROYAL EXPRESS」を、早ければ来年にもJR北海道の路線で運行する計画です。

JR北海道としては、東急から線路の使用料などを得られるほか、各地で人気が高まっている観光列車の運行ノウハウを吸収して関連の事業を強化するねらいがあります。
また、東急も北海道の自然を生かした観光ツアーで集客を図りたい考えです。

豪華観光列車をめぐっては、JR九州の「ななつ星」などが人気を集め、鉄道各社が集客の重要な戦略として相次いで導入しています。

国土交通省によりますと、JRの路線で私鉄が観光列車を運行するのは異例だということで、北海道と本州というエリアを大きく超えた提携がJR北海道の経営改善につながるか、注目されます。

開くトラックバック(0)

 ふとタイトルが気になって読んでみた。えっ、あれだけ間断なく走る「のぞみ」が昼間っからこんなに席が埋まるのか。なんか嬉しいような。いや、普段の自分には関係ない筈だけれど。


新幹線のぞみ111号指定席、完ぺきじゃないか【実況】
2019.01.24

イメージ 1

汐留の金券ショップで「東京 新大阪、2枚」てな感じできっぷを買って、都営浅草線で大門へ。

大門で仕事を終えて、浜松町駅の指定席券売機で座席指定。

いつもは自由席だけど、品川駅から乗るってことで、指定席を。

でパネルをタッチすると………うわーっぜんぜんぜんぜん席がない!

すぐくる新幹線のぞみ111号は、20分前で1編成わずか残20席ほど。

なんでよ。平日の昼過ぎの新幹線って、こんなに混んでんのか。

ってわけでこの画像、指定席車両。わずかに空いてた席をおさえて出発。

新横浜をでて10分後ぐらいに、5号車にワゴン販売がやってきた。

グリーン車も空席が少ない。自由席と指定席は完ぺきに埋まってた。

青い空。わずかに芽吹く木々。きょうの帰りは最終の東京行きかな。あーあ。

開くトラックバック(0)

京急、川崎市と合同で「地下トンネル開通イベント」を開催 事前応募制


地上を行く京急大師線は残り1か月、今週末は地下見学会より地上記録じゃね?

2019.01.23

イメージ 1

いよいよ京急大師線 東門前〜小島新田(上下線約980m)が、3月3日に地下化!

今週末には新たな地下区間の見学会があるらしいけど、抽選にもれた人はここでいっぱつ、列車の往来シーンが消える地上区間を記録・記憶する時間がいいんじゃね?

その地下見学会のようすはおそらく大手メディアや鉄道ガチメディアが渾身レポートしてくれるだろうし。

今回の地下化で消える踏切は、東門前第3、産業道路第1、産業道路第2の3か所。東門前第2は廃止されて通行不可に。

切り替え3月2日営業運転終了後から3月3日の10:00ごろまでは、大師線全線が運休。代行バス輸送も行われるって。

「大師線のいま」を見るなら、いつみるのよ? っいまでしょ(林修先生ふう)


<美紀ちゃんレポート京急開業120周年記念式典>

開くトラックバック(0)

日本の鉄道システムの正確さ・信頼性を支えるのは「指さし確認」

年間120億人の乗客を、秒単位で組まれたダイヤで運ぶ日本の鉄道システムは、その正確さ・信頼性から「世界で最も優れている」という評価を受けています。その鉄道の仕事に従事する人の挙動の中で、海外から来た人からは「指さし確認」が奇妙なものに見えているそうです。

Why Japan's Rail Workers Can't Stop Pointing at Things - Atlas Obscura

イメージ 1

JR gestures | The Japan Times

「指さし確認」誕生のきっかけは明治時代、蒸気機関車を運転していた堀八十吉氏が視力低下のため機関助手に信号を何度も確認していたものを、堀氏の視力低下を知らなかった神戸鉄道管理局のお偉方が「素晴らしいことだ」とルールに取り入れました。1913年刊行の「機関車乗務員教範」の中に、1名が行った確認作業をもう1名が復唱する「喚呼応答」として記載されています。現在のような、1名で行う指さし確認は1925年以降に生まれたとみられます。

「指をさす」「声を出す」と、行動自体はとてもシンプルですが、通常なら100の行動に対するミスを2.38回から0.38回へ、85%近く減少させられるとのこと。

以下の前面展望映像では、運転士が何度も指さし確認している様子が見られます。

Why do Japanese train drivers point at everything? - YouTube


日本では公共交通機関に乗るとどこでも見られる行動ですが、ミスを減らすにあたって、日本では仕事に従事する人間の精度を上げる方向に重点が置かれたのに対して、ヨーロッパやアメリカでは機械やシステムを変更する方向に重点が置かれたためかほとんど見られません。そのため、海外の工場で「指さし確認」を導入しようとしても、これまでに1度もやったことがない行動なので、「ばかげたことをしている」と、やってくれないそうです。

例外的に、ニューヨーク市地下鉄では1996年から、列車がプラットホームの正しい位置に停車したことを確認する「指さし確認」を行っています。広報担当者によれば、導入から2年で停車位置の誤りが57%減少したとのことです。

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事