海の男の写真日記

ネイチャー写真を主に載せていきます。

最近のトンボ

鳥見ついでに始めたトンボ観察も少しずつですが種類が増えてきました。
現在、50種類で内、不明種が1種です。

(1)ヒメサナエ 5月28日(城山川(出羽橋))
羽化不全の個体です。羽化中に濡れたか何かトラブルがあったのでしょう。
イメージ 1
(2)オナガサナエ(境川)
一瞬、ヤマサナエかと思いスルーしそうになりましたが、翅胸の模様が明らかに違うので証拠写真を撮っておいてよかったです。この写真を撮った直後に飼い犬が飛びつき、飛び去ってしまいました。
イメージ 2
(3)ショウジョウトンボ(薬師池公園)
菖蒲に長時間とまっていました。
イメージ 3
(4)ヨツボシトンボ(薬師池公園)
初撮りです。残念なことに被写体までの距離が遠いところ、90mmレンズしかもっておらず、思いっきりトリミングしています。
1cmでも1mmでも被写体に近づいて撮るためにライブビューモードに切り替えましたが、一瞬でライブビューモードが切れてしまうトラブルに見舞われました。
後でネットで調べたら、Tamron SP90mmVC(F004)は、Canon EOS5DmarkⅣとの組み合わせで、ライブビューモードに入らないトラブルが起きており、レンズのファームウェアをアップデートしないといけないことが判明しました。そういえば、天体の撮影時にライブビューモードに入らないトラブルが以前に生起しており、その時に気づいていればよかったと後悔しています。(現在、メーカーに入院中です)
イメージ 4
(5)コシアキトンボ♀(梅田川遊水地)
ネット情報によると、ありふれた普通種らしいですが、私的にはほとんど見かけることの無いレア種です。
イメージ 5
(6)ハラビロトンボ♀(境川)
私のフィールドでは、もっともありふれたトンボです。
このトンボは明らかに♀ですが、黄色みが少なく異常に黒いのが不思議です。
イメージ 6
(7)ヤマサナエ(新治市民の森)
新治市民の森では、ありふれた普通種です。もう少し、良い場所にとまってほしかったです。
イメージ 7
(8)コノシメトンボ♀(新治市民の森)
カワセミカメラマンに手伝っていただき、撮れた写真です。高い位置にとまっていたので、トンボがとまっている葉っぱを下に下げてもらいました。
イメージ 8
(9)ニホンカワトンボ♀(新治市民の森)
このトンボもここでは普通種です。♂より♀の方が警戒心が弱い気がします。
イメージ 9
(10)マユタテアカネ(薬師池公園)
逆光でしたが、マクロリングライトを発光させて何とか撮れました。
イメージ 10

この記事に

開く コメント(0)

ハラビロトンボなど

久しぶりに更新します。
近所の草地で撮った虫です。

(1)フタモンアシナガバチ(女王蜂)
トクサに巣を作っていました。気温が上がると、羽を扇風機にして巣を冷やしていました。
イメージ 6
ローヤルゼリー(?)と幼虫が見えています。
イメージ 10
(2)ハラビロトンボ
透明感の無い翅、濁った感じの複眼、白い縁紋、羽化したてのようです。
イメージ 2
言うことをきいてくれるのは、羽化して間もない時と、朝、気温が低いときだけなので、手乗りにしてみました。
イメージ 5
未成熟?の♂です。
イメージ 3
黒は、短い期間なので、貴重です。もうすこしすると、青っぽくなります。
イメージ 4
これも♂のようです。
イメージ 1
♀ 気温が低く、朝露に濡れていました。
イメージ 7

イメージ 8
動きが鈍いので手に乗ってもらいました。
イメージ 9

この記事に

開く コメント(4)

最近の鳥見

最近は、朝、犬の散歩を1時間ほどしてから鳥見に行くようになったので遠出しなくなり、近所での鳥見が多くなりました。

(1)蓮田(薬師池公園)
コチドリ初記録です。蓮田なのでシギチが出現してもおかしくないのですが。
鶴見川か恩田川あたりから飛んできたのではないでしょうか。
イメージ 3
キセキレイ
夏羽になっています。喉、嘴(くちばし)は完全に黒、爪は黒くなりかけています。
下界(平地)で、ここまで完成した夏羽を見たのは初めてです。
イメージ 4
(2)相模原沈澱池(ちんでんち)
久しぶりに自転車で行きました。片道10km以内は、やはり自転車の方がいいです。
雪を被った山(丹沢山、大山)の撮影が目的でしたが、天気が今一だったので成果はありません。
オシドリ、ヨシガモ、カンムリカイツブリなどがいました。
イメージ 1
(3)県立相模原公園
隣の沈澱池には、通算48回行っているのですが、相模原公園は、初めて来ました。
100羽以上と思われるアトリの群れを見つけて、上を見上げるとヤドリがあったので、黄レンジャーでもいればラッキーだなと思っていました。
イメージ 2
黄レンジャーではなかったけど、赤レンジャーが3羽いました。
撮影を始めて30分もすると人だかりになっていました。さすが、連雀、集客効果は抜群です。
イメージ 5
アトリ
100羽以上いたと思われます。今まで見たのは多くて20羽ほどの群れだったので、圧巻でした。
イメージ 6
またまた、尾無しの個体を見つけてしまいました。
イメージ 7
本来の姿(上の個体とは別です)
イメージ 8

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事