海の男の写真日記

ネイチャー写真を主に載せていきます。

氷上の野鳥

氷上の野鳥撮影は脚先までしっかり見えるチャンスです。
(1)オナガガモ♂(井頭公園)
池の1/4くらい凍っていました。この池の名前は、「ボート池」だそうです。もう少し、気の利いた名前にすればよかったのではと思います。
イメージ 1
(2)ハクセキレイ(薬師池公園蓮田)
イメージ 2
(3)セグロセキレイ(井頭公園)
イメージ 3
(4)キセキレイ(薬師池公園蓮田)
イメージ 4

この記事に

開く コメント(0)

新月期の土日となれば、天体写真を撮りに行くしかないということで、いつもの野辺山方面行きを計画していたところ、GPV予報では、晴れ間が無いようなので、急遽、行き先を千倉に変更しました。
ダーク補正をしないで済む撮影法ということで今回は、「ディザリング」に挑戦してみました。
フラット、ダークは面倒(画像処理を含めて正しいやり方がわからないというのが正直なところ)なので、レンズは1絞り、絞り込み、周辺減光を低減し、フラット補正を不要とし、ディザリングによってダーク補正もしないで済むようにします。
M-GENの設定は、「スネーク」で2ピクセルとしました。
(1)オリジナル(1枚)
イメージ 1
(2)画像処理後
ディザリングの効果で、ノイズは殆ど見えなくなっています。
イメージ 2
Caono EOS6D(SEO-SP4), EF300mmF4L(第1レンズ除去改造), ビクセンSXP赤道儀, M-GEN(KOWA100mm), 13枚加算平均, 総露光時間81分37秒、絞りF5.6, ISO1600、気温1〜3℃
(3)撮影風景
イメージ 3
EOS5D Mark4, TamronSP24-70mmVC, 絞りF4, 15秒, ISO6400
(4)ペリカンケース(コンテナ)
クッションの切り抜きを開始してから1年以上経過してしまいましたが、やっとできあがったので実戦投入してみました。オリジナルのクッションは、柔らかく弱すぎて、重量物である赤道儀を守るには、役不足です。
イメージ 4
クッションは、レイヤー構造になっています。
イメージ 5
実際に使用する状態
切れ端も有効活用しています。
イメージ 6

イメージ 7
クッションについて
ホームセンターで購入したものです。
イメージ 8

この記事に

開く コメント(0)

正月に撮った野鳥など

正月に撮った写真です。天候もよく、写真がたくさん撮れました。
(1)1月3日の日没直後
北条海岸の突堤から撮ってみました。カメラが構えられないほどの強風でしたが、VC(防振)機能で何とかカバーしました。
イメージ 1
(2)アカハラ
アカハラは、城山公園(館山城)で撮ると決めています。
普段は強烈に警戒心の強いアカハラですが、この個体は、意外なほどフレンドリーでした。
イメージ 2
(3)アオジ♀
今シーズンは、アオジ、シロハラ、ツグミ、ジョウビタキの出が非常に悪いようです。
このアオジもだいぶ探して、やっと撮ったものです。
イメージ 3
(4)ケリ
大きな鳴き声が聞こえる方向を見たら、ケリでした。
イメージ 4
(5)いちご(柴犬♀3歳)
今年は、戌年、年賀状に載せた写真です。
イメージ 5

この記事に

開く コメント(2)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事