【官能小説家 紅殻格子の浮世語り】

小説をお読みになりたい方は「妄想の座敷牢」〜官能小説家 紅殻格子の世界〜 へお越しください。

全体表示

[ リスト ]

憲法96条。 - 紅殻格子
2013/05/10 (Fri) 00:35:41
 
安倍内閣になって憲法改正の議論が高まってます。
しかし96条を変えるのはルールを変えること。
9条を変えたいなら、堂々と現ルールで変えるよう選挙活動をしたらいいと思います。
過半数で憲法を変えられるなら、またすぐに戻される可能性が高いわけでしょう。
コロコロ憲法が変わるのは嫌ですねえ。
閑話休題、性においては69と96は大違いですね。
熱愛期と倦怠期ですか・・・
そんなことを考えるのは私だけでしょうか?
 

閉じる コメント(1)

顔アイコン

問題は現憲法も民主的手続を取るべきではないでしょうか。即ちサンフランシスコ条約後、日本国憲法のお墨付きを得るために。2/3の議員の賛同と1/2の国民の賛成を得るべきであったと思います。また、今でもそれだけの国民の支持が得られるだけの内容のものであるか否かであります。時代の社会環境は目まぐるしく変わります。即ち実体験で学習しながら、それに合って修正し変化することは当然求められます。狙い定め一発勝負の高射砲よりも、即学習しながら進路を修正し進むミサイル手法が優れていることと同じです。実行体験により学習をすれば、新規の情報が加わり当然考えも変わるはずです。何時までも拘り続け変化せずに信じ込むことはマルクス主義(産業革命の歪の社会環境下で出来たもの)者のようなカルト的信者だと思います。もし、マルクスが今の時代まで生きていたら、其れこそ超自由主義論者になっているかもしません。即ち100年前のマルクスの屁を何時までも大事に噛み締め味わっているのがカルト信者と言うことになります。国民は国民の永久不滅をの幸福を目指し、時代時代にあった憲法とすべきではないでしょうか。

2013/5/16(木) 午後 3:07 [ tasgbino ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事