【官能小説家 紅殻格子の浮世語り】

小説をお読みになりたい方は「妄想の座敷牢」〜官能小説家 紅殻格子の世界〜 へお越しください。

全体表示

[ リスト ]

感謝の気持ち。 - 紅殻格子
2013/05/12 (Sun) 23:47:36
 
恋人でも奥さんでも、たとえそれが愛人であっても、
いつも一緒にいてくれる人は有難いと思います。
私は独りでいることに憧れていました。
賑やかな家庭がありましたが、いつもそこから逃れたいと心の奥で願っていました。
おそらく『独りぼっち部屋』という作品は、つげ義春へのオマージュであり、そんな気持ちの表れだと思います。
独りになりたい・・私は五十年間、そんな贅沢な願いを抱いてきたのでしょう。
しかし先日、会社を二週間も休んで家に独りぼっちでいたら、独りでいることの寂しさを実感しました。
独りぼっちの恐さを知りました。
逆に私は一緒にいてくれる人の有難さを身を以って感じることができました。
どうぞ、倦怠感のある結婚生活を送っている方は、8時間部屋にこもって何もしないでいてごらんなさい。
きっと人が一緒にいてくれる有難みがわかりますよ。
 

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事