ここから本文です

書庫越前三国湊 (みくにみなと)

すべて表示

三好達治の旧居跡を訪ねて 2018.08.15 (撮影2018.08.14)


小田急線 世田谷代田駅から近くある旧居跡を訪ねました(2018814日(火))。三好達治先生は1949年(昭和24年) 福井県三国町から世田谷に移り住み、終の住みかとし、1964年(昭和39)に永眠しました。私は最初世田谷代田駅から歩いて7分の所にある  三好達治 文学顕彰碑(2014年建立)を訪ねました。「北沢川文学の小路」沿いにあるとの事で、タブレット端末ipadにあるgoogle mapを道案内として目指しました。なかなか見つからず、文学の小道を行ったりきたりし、ようやくたどり着きました。「こんにちは三好先生、ようやく会えましたね」先生は愛犬ミミーと戯れていました。文学散歩道には、多くの文学者の碑が有ります。萩原朔太郎、坂口安吾等多数です。萩原朔太郎と言えば、三好先生は朔太郎の妹アイさんと同居し三国町米ケ脇でしばらく暮らしていました。その朔太郎の旧居跡が三好先生の旧居跡の近くにあると言うのです。驚きました。丘の上にある鉄塔61号の下辺りが朔太郎旧居跡です。丘の上なので、見晴らしが良く  遠くまで見渡すことができたことだろうと想像できました。
丘から下り、しばらく歩くと花見堂小学校(閉校)があり、その近く鉄塔57号付近が三好の旧居跡「旧世田谷区代田一丁目313 岩澤方」(写真は推定される場所です。間違っている場合は訂正いたします。)。ようやくここまでたどり着いたと感慨深くかんじました。世田谷の簡素な住宅街にある場所、萩原朔太郎の近く。三好先生は萩原朔太郎をこれほどまでに慕っていたのかと思いました。
小田原〜三国〜世田谷と移り住む三好先生探しの旅はもうしばらく続きそうです。                   
                      2018815日(水) 記


イメージ 1
1 北沢川文学の小路



イメージ 2
2 文学の小路碑



イメージ 3
3斎藤茂吉 句碑



イメージ 4
4 坂口安吾文学碑



イメージ 5
5 萩原朔太郎文学顕彰碑



イメージ 6
6 鉄塔61号



イメージ 7
7 三好達治 文学顕彰碑/雨除けのためか碑にカバーがかけてありました。カバーを開けると三好達治 文学顕彰碑が現れました。


イメージ 8
8 三好達治 文学顕彰碑



イメージ 9
9 三好達治 文学顕彰碑



イメージ 10
10 三好達治と愛犬ミミー



イメージ 11
11 鉄塔57号



イメージ 12
12 三好達治旧居跡付近



書庫その他の最新記事

すべて表示

  • キュウリ大きくなったよ180811

    2018/8/15(水) 午後 1:54

    6月に植えたキュウリにようやく実を付けました。 早速収穫し、酢漬けにしました。 おいしかったです。

  • 棟方志功記念館 180808

    2018/8/13(月) 午後 2:18

    青森市 棟方志功記念館に行ってきました。 本物の作品を見ることは私にとってたいへん刺激になりました。

  • 2018 青森ねぶた祭 180807

    2018/8/13(月) 午後 1:58

    2018年8月7日(火)〜8日(水) 2018 青森ねぶた祭 最終日 パレード準備と海上運行を見てきました。 海上運行する「ねぶた」と同時に打ち上げられる花火とで 幻想的で贅沢な気分になりました。 8月7日 ...すべて表示すべて表示

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事