ここから本文です
11/18(土)〜26(日)覚王山のカフェ Cafe&bar299にて10人の猫好き作家による絵と雑貨のチャリティー展示

書庫■猫育て奮闘記

2011年3月9日にわが家の天井裏で生まれた子猫の話。
9月27日、去勢をしておかまちゃんに(TωT)ウルウル
元気で、ちょっぴりメタボな黒猫ちゃんです。(=`ω´=)
記事検索
検索
昼間、またまた引きつけを起こしたミー。

午後には元気になったけど、やっぱり心細いみたい。

ダンナの腕で腕まくらでねてます。

イメージ 1

開くトラックバック(0)

今朝早く、ダンナはミーのおかしな行動で目を覚ました。

ミーの城の上で体をゆらし、ウッウッウッとみた事のない行動。

そして、口から黒い物体を吐き出した。


それに驚きわーっと叫ぶ声で目を覚ました私は、布団の足元に黒いシミができているのをみて驚いた。


な、なんだ?これは?!

なぜ黒いものを口から出した?!血痰か?!

寝ぼけまなこでよくみてみると。。。


何?


あ、これが世に聞く毛玉というやつか(^_^;)

こんなものがお腹の中に入っていたらさぞ苦しかろう。


当の本人が一番びっくりしたに違いない。



すると、数日前からの下痢もまさかこのせいでは?!

そう思っていたら、案の定、夜には元気なウンチがでていました。


毛玉というから、もっと丸いものかとおもったけど、そうでもなかった。(^_^;)

そもそも、なんでそんなものお腹に溜め込むのかねー。

あーびっくりした(^◇^;)

イメージ 1


元気になったミーでした。

開くトラックバック(0)

イメージ 1



イメージ 2



ここ数日、ミーのお腹の具合が悪い。

多分天候が急に変わったせいなんだけど、とにかく、だんだんうんちがゆるくなってきたので、病院へ。

病院がキライなミーは、待合室でもウーウーうなりっぱなし。

時々シャー!!っと威嚇音をだしたり(^_^;)

診察のときは、仕方ないから袋にいれます。

持参したうんちを調べてもらったけど異常なし。

このあと、お尻に二つも注射されて、ご機嫌斜めのミーでした。

開くトラックバック(0)

ミーの検査結果

みなさん。ありがとうございます(*^_^*)

ミーの発作は、辛そうだけれど、本人も多少慣れたのか、今回は立ち直りが早かった。

前は半日も暗い所でじめ〜っとしてたけど、早めに元気になりました。

昔みた、日本昔話しで、一病息災という言葉を聞きました。

持病があっても、元気で長生きしてもらいたいです。(*^_^*)




さて、薬もなくなったので、私が仕事の時に、ダンナがミーを病院につれてってくれました。

イメージ 1


血液検査のけっかは、元気そのものということで、ほっとしています。

昨日は久しぶりにミーをお風呂に入れて、虫除けのレボリューションをやってサッパリしました(*^_^*)

イメージ 2


真っ黒でよくわかんないかもしれないけど、ミーの寝顔です(笑)

開くトラックバック(0)

またまた ミーの発作。

一時半、ミーのうおーんうおーんという独特の鳴き声で、ミーの発作がはじまった。

すごい勢いで暴れて、もらしてしまうため、あとの始末も大変だ。

でも、そうしようと思ってるわけじゃないから、仕方ない。

バスタオルでミーをくるんで、落ち着くのをまつ。


すっかり眠気が覚めたのでiPhoneのアプリで星の観察。

もし屋根が無ければ見えるはずの星座です。

イメージ 1

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事