全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全24ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

丸3年での区切り

 

今更ですが新年あけましておめでとうございます。

このブログも開始から今日で丸3年。始めはせっせと書いていたけど、ここ最近はレースレポート以外は放置状態に。けれどたまに開くと何人か見に来ているようで有難いやら申し訳ないやらで・・・。
 
で、せっかくだから近況など。
 
昨年末に送られて来た1通のハガキ。これでバイク環境がガラッと変わりだしました。まぁ来シーズンも150で頑張ろうと思っていたのですが、今の150の残債を処理して新型に入れ替えられるチャンス到来。特に150XCに不満は全く無いのですが、丸3年ほぼ毎週乗っていたのでちょっとくたびれて来て居るのは正直な所で、そろそろ色々交換箇所も出そう。売るならこのタイミングだぜって事で、会長に話して売れればオッケーとの事に。12月中旬に乗ったのを最後にオークション出品の為に準備開始。

イメージ 1

年末の凸凹女子祭りで乗ってる会長達に脇目も振らずひたすら準備、そして出品用画像撮影を行い完成。冬休み期間に無事出品、落札となりました。

イメージ 5

落札して戴いた方は凄く良さそうな方で次の嫁ぎ先でも可愛がって貰えそうでホント良かった。3年間共に走って来た相棒との別れはちょっと寂しいね。ウルウルしながら見送りオフバイク人生初の所有バイクゼロ生活へ。

イメージ 2


会長、かまたさん、姫丸さんのバイクをチョイチョイ乗せてもらって何とか凌げました。乗らなくても何とかなると思ってましたがやっぱり何とかなりませんでした・・。
 
で、心待ちの次期モデルはハスクバーナTE2501998年からずっとKTMでしたが16年振りの他メーカーに。とは言ったもののほぼKTMなんでそれ程違和感無く乗れるし整備も出来るのかな〜なんて思ってます。

イメージ 3

購入はハスクバーナ札幌さん。ここ数年日高や菅生で御世話になっていて、20年に渡るオフバイク専門店としての経験やレースサポートなど僕等のバイクライフには非常に頼もしいです。

イメージ 4

車両組み立て、セットアップもバッチリでこの週末には手元に有るだろうからウチに有る150から外したパーツをチョコチョコ取り付けてからシェイクダウンかな?

未知の領域2スト250。ちゃんと乗れるか不安も有りますが楽しみだね〜。
 
で、柿色なバイクから一旦卒業となりますので、この渋柿バイクライフはこの投稿で最終回。名前を変えてこの場所で続けるか新しく始めるか考えていましたが、心機一転コチラで始めます。
 
今迄このページを御覧戴いた皆さんどうも有り難う御座いました〜

この記事に

開く コメント(0)

DAY2 

朝5時半に宿発。何だかやけに暖かい気が・・。途中の温度表示では7℃?9℃?

DAY2のスタート時間は7時37分。パルクフェルメ入場は7時22分とファイナルクロスが有る関係で前倒し的な感じ。

イメージ 1
(お写真 IRC飯塚さま)
入場前に3人で150歳だと思われる中年ライダーでの記念撮影。いや〜この2人ホント凄いぜっ︎ 憧れちゃいます。

で、スタート。この日は1周目からタイム計測有り。まずはエンデューロテスト。1周目は無転倒でハイブリッドキャンバーも問題無く通過。おっ、今日は大丈夫だっ︎なんて思ったクラス9位。2周目は終盤の新規区間でいきなりバイクがコース外に向けて突進・・。 コース脇の木にまさかのノーブレーキングアタック︎ けど木にぶつからなければ浅いけど谷に落ちてたぜっ。どっちが良いかよく解らないけどいや〜危なかった。で、暫くうずくまった後、身体のパーツが全部が付いているかチェックしてバイクを引き摺り出すとフロントフェンダーが無い・・・。あ〜やっちまった。身体も痛いし見栄えも悪いから辞めちゃおっかな?なんて頭に浮かびましたがそんな情けない事したらきっとIB2のライバルに怒られるに違いないとの事でなんとかリスタートしてのゴール。あんだけやらかしたのにクラス15位?

イメージ 2

3周目からは失ったフロントフェンダーのお陰で沢の水をフロントタイヤが跳ね上げてメットにバシャバシャ・・。顔だけ豪雨状態に。今迄ロールオフじゃないゴーグルだったけどこの周から交換しておいて良かった〜。シャカシャカしなけりゃナンモ見えん・・。大きなミスは無かった気がしたけどクラス14位。4周目は新規区間の下りでラインを間違え、モッコリした山に乗り上げほぼ前転気味に転倒、またハイブリッドキャンバー手前のショートカット登りでスタックとお祭り騒ぎ状態。やっちまったな〜のクラス16位・・・。

イメージ 3
(お写真 IRC飯塚さま)

エクストリームテストは全周回淡々と粛々と走り何も面白い事も無くベストとワーストのタイム差が5秒・・。クラス順位は9、12、10、8位と平凡にまとまっちまった感じ。最後の周位リスク覚悟のチャレンジングなラインでタイムアップアタックすりゃ良かったかな〜なんて後悔。
クロステストも同様に粛々と走り全く面白い事も無くタイム差はまたしても4秒・・。しかも1周目と3周目の差が0.15秒って。いかにタイムを揃えられるかって競技だったらな〜なクラス順位12、13、13、13位。

で、プレフィニッシュ前に残ったフェンダーを外し、ワーキングタイムへ。
フェンダーレスなんて状態で走ったのは初めて。始めは違和感有りまくりでスタンディングだと遠くでブロックタイヤがグルグル回ってシュコシュコ動いてるのが何とも気持ち悪かったけど、「慣れていくのね・・・自分でもわかるわ・・・」なコアブースターのセイラさん的な感じに。案外なくても大丈夫だね。

で、ワーキングタイム。「フェンダーが割れてるとファイナルクロス走れないかも・・。」との輝さんのお言葉。去年リヤフェンダーをレース毎にバリバリ割っていたクラッシャーF田がココで指摘を受けてダンボールチューンを施してファイナルクロスを走ったそうで、僕的にはダメならしょうがないかな〜なんて思っていたのですが。リタイアした知り合いはみな14フェンダーだったので。そしたらまさかのハスクフェンダーが合いそうとの話が・・。

イメージ 5



イメージ 4

ワーキングタイムではDAY2若干仮病疑惑でリタイアしたキャッツアイみたいなTさんからハスクバーナのフェンダーをお借りして取り付けてみたらピッタリ!! ファイナルクロスへ望みます。

イメージ 8

貴重な15分でのワークタイム途中、リタイアした腹いせに物ボケを要求するチームメイトが居たり・・。

イメージ 6

イメージ 7

壊れたフェンダーを持って「ダウンフォース〜︎」って叫びながら追いかけてくる不審者を何とか振り切り本部チェックへ。
イメージ 10

意外とイケてるんじゃない?このハイブリッド外装

残るはファイナルクロスのみ。IAやIBのトップクラスのライダー達との最終ヒートはハッキリ言って罰ゲーム・・。ああ恐ろしい・・・。スタート位置は外から2番目で両隣りはA喰さんとTANAJIさん。スタート後TANAJIさんの後ろを走っていたけどフロントタイヤが何だか外に逃げる様な感じがしてうまく曲がれない。

イメージ 9
(お写真 IRC飯塚さま)

TANAJIさんにちょっとづつ離されていき、大坂の後の左コーナーで転倒しかけてジ・エンド。で、一人旅へ。ま〜まさか周回遅れにはならないだろうなんて走ってたけど、僕の3倍のスピードでやってくる赤いバイクのMX IAの若者にゴール間近で抜かれて痛恨の周回遅れ・・。あれだけの速度差だと僕がヨロヨロ変な動きなんかしたらちょっと危ない気が。エバーツターン辺りで次の周を走るは諦めました。まぁ向こうは余裕でかわせるのでしょうが、何年か前のファイナルクロスでそんな接触事故が有ったからね。

で、全競技終了〜

結果は13位/16台。まぁ皆さん慣れてきてタイムアップしているのに初日と余り変わらないタイムで走ってりゃ〜ね。エンデューロテストではホントやらかし過ぎでいつも同様な右肩下がりなクラス順位・・。クロステストは順位相応な感じだな〜。エクストリームテストはなんとなく戦えたのかな?なんて菅生の感想です。

会長は初日同様3位。K藤さんがやはりな感じで全クロステスト1位。エンデューロテストはアクセルが戻る事を知ったF田が流石の全テスト1位。この2人にはちょっと引き離されたかな〜。
ゆるさんは2周目のMXコースの大坂でまさかのチェーン外れからのケース破損・・・。オイルダダ漏れで痛恨のリタイア・・。なんか菅生でぶっ壊すね〜。
結果、クラブチームは残念な4位に転落。

そして1部で盛り上がっているIB2ではTANAJIさんにDAY1、DAY2、ファイナルクロスと全て負けの完全敗北。DAY1のタイム差だとプッシュすればなんて思ってたけど・・・。参りました。日高は完全勝利だったので1勝1敗での2014シーズンの閉幕です。


2014年シーズンを振り返ると「IBはライダーの墓場」なんて言われているみたいで、きっと良いリザルトを残せないしもう歳だし辞めちゃおっかな〜なんて気持ちになって出なくなった方も居るんだろうな〜。と、今の自分にはその気持ち物凄く共感出来ます。ただ考え方を変えて実力伯仲のライバルとの痺れる様な僅差の戦いにのみに集中するってのはレース中ずっと高いモチベーションを維持出来ました。そういう意味でIB2事務局のhena_PさんとTANAJIさんの存在は凄く大きかったです。有り難う御座いました。日高、菅生と凄く楽しかったです。そして活動休止の初老IBのライバルの皆さん、来年は是非復活しましょう︎ 

来年も熱く燃えるぜっIB2



この記事に

開く コメント(2)


レース編DAY1

朝6時過ぎに谷山温泉発。コンビニ経由で菅生へ。前日に受付を済ませているのでしっかりバイクを暖気した後、

イメージ 10

車検を受けてパルクフェルメにマシンプール。ミーティングまで時間も有るのでピット内をフラフラしての記念撮影。

イメージ 1

まずはモトバレーゼ、FLY Racing Japan関係〜 楽姐さんと僕のが15モデル。姐さんの派手だね〜!!僕のは何かと話題なYSK様レプリカ。

そして、

イメージ 2
                        (お写真 楽姐さんより拝借)
ZIPさん。やはり明らかに異質の方の存在感がスゴイです・・。

で、

イメージ 3
最後に自分達のピットの前でパチリ。


やっぱり綺麗な内にやっておかないとね。
パルクフェルメに入場して5分後、ワーキングタイム10分。特にやる事も無いので前の組のケンタ君と談笑しながらスタートを待ちます。

イメージ 4
(お写真IRC飯塚さま)

で、オンタイムレースならではの気合いの欠片も無いスタート。

イメージ 5
今回のコースマップ。

僕のクラスは初日5周、2日目4周の周回数。スタート後暫くは去年とほぼ変わらずなルート。バイクのホイールと体力を削る白タイヤ沢は今年は無し。凸凹でTANAJIさんと「あんなトコ埋まってしまえばいいのにっ︎ 」なんて言っていたのでまさか本当に使わないとはビックリ。で、そのままちょっとテストの脇を通り沢を登った先がエンデューロテストのスタート地点。いつもの事ですが1周目は下見周って事でタイム計測は無し。
なんとなくスタート。スタートすぐのキャンバーのフカフカ登りがイヤラシイぜっ︎ で此処から新規のちょっとキツ目な下りと凹っとグチャっとなったセクション。ここはラインがすぐに壊れるな〜との事で町Aさんが張り付いていました。で、去年の逆走で沢の下りと登りを走って多分暫くは逆走。新規のもう1つの下り降りてちょっと走ると岩盤と敷き詰められた根っこのハイブリッドキャンバーは成功のイメージが湧きません・・。この周は大丈夫でしたが。で、終盤も作ったばっかりっぽい箇所が。で、あずま屋的な建物の有るいつものコースに戻りゴール。

再びルートへ。これまた去年とほぼ同じルートで中間タイムチェック。ここまでで8分くらい時間が余っているのかな?下見走行なのに全く参考にならないIAの方々のエクストリームテストの走りを観ながら自分のタイムチェック待ち。そしてテストスタート。

イメージ 6
(お写真IRC飯塚さま)  
           
まぁ特に問題無くゴールしてルート後半へ。後半もテニスコートに出て来る所とすり鉢がちょっと違うくらいで後は同じっぽい。で、クロステスト。相変わらず玉砂利エリアは止まらず、曲がらず、加速せずで全くうまく走れません・・。バハストレートはブレーキングギャップが無くなっていた様な気がします。ゴールしてこれまた去年同様最後キャンプ場付近を走りMXコースのルンバルンバにビビりながらピットに帰還。ピットで8分くらい余ってライダーとバイクに給油、ドラさんと談笑した後本部チェックへ。まぁこんな感じの1周26kmのコースでした。

2周よりタイム計測開始。ルートは全周回特に面白い事も無かったので省略。それでは言い訳タイムスタート〜(笑)。
まずは初日のエンデューロテスト。2周目は挨拶がわりに沢に入る前の轍にやられ転倒でクラス11位。3周目は奇跡的に無転倒でクラス9位。4周目は沢の登りの終盤でバランスを崩し登り途中で痛恨のエンスト。何とか転倒は免れたけど足ツンツンで再始動にえらく手間取りタイムロスそしてやはり予想通りのハイブリッドキャンバーの餌食に・・クラス14位。5周目は荒れ気味になった前半の新規区間の凹みでA喰さんの素晴らしいライン取りをマネしたお陰と無転倒でクラス8位。
続いて初日のエクストリームテスト。2周目はタイヤ越えでのまさかの失敗。1つ目を越えた時にバランスを崩し、ヨロヨロして2つ目のアプローチが斜めになってしまいうまくフロントを上げられずタイヤを越えられず・・。予想だにしない状況にアタフタアタフタ・・。その後も焦りまくりでガレでリヤタイヤが引っ掛かり動けず・・・クラス14位。3周目はノーミスなんだけどな〜のクラス13位。4周目、5周目もノーミスでクラス9位と6位。
そして最後は初日のクロステスト。全周回無転倒で特に事件も無く粛々と走り、4テストでタイムのベストとワーストの差が4秒。いや〜小さくまとまっちまったぜっ︎ クラス順位は11、11、11、10位と順位もまとまっちまった・・。

イメージ 7

で、ドラさんのツボを押さえたナイスなサポートも有りサクッとリヤタイヤ交換、エアクリーナー交換をしてフィニッシュ。

イメージ 8

パルクフェルメにマシンプールしてDAY1終了〜。

順位は11位/16台。も〜ビリかと思っていたのでちょっとビックリ。他の方もやらかしていたのかな?
会長はガードを変形させた事によるレバートラブルで13分の遅着ながら3位。ゆるさんは不慣れなバイクだからかな〜の27位。クラブチームはなんとまさかの3位。

で、宿に戻り、夕食後に旭川な方々の部屋に乱入しようと思っていた所、シャチョウが痛恨のダウン。お隣の団長とケンタ君の部屋にターゲットを変更しての親睦会。

イメージ 9

いや〜楽し過ぎでつい長居してしまいました。団長、ケンタ君、疲れていたのにお相手して戴きすいませんでしたっ︎シャチョウ、ポンタ母さんとも呑みたかったなぁ〜次回宜しくお願いします〜

で、僕等も日付が変わる頃に就寝〜

DAY2につづく。

この記事に

開く コメント(0)

 JEC R-5.6菅生大会

11月22,23日に宮城県のスポーツランド菅生で開催されたSUGO 2DAYSエンデューロに参戦しました。
大会期間中は晴天に恵まれ、しかも余り寒く無いコンディションで参加者、サポートや応援の方達もいつもより快適だったのかと思います。そして大会スタッフの皆様本当にお疲れ様でした〜。

では時系列に。まずは準備編〜

いつもはレースの前の週は土日掛けて準備しているのですが、チームメイトのゆるさんがマシンを変更したばかりで走り込み不足なので土曜日凸凹、日曜日河原で準備のスケジュールへ。凸凹ではTANAJIさんと管理人さんでエクストリーム対策のコースを作成。いや〜楽しいね。また、ゆるさんはすり鉢っぽいセクションで谷側転倒からのリカバリー練習。流石です・・。
                     イメージ 1      

イメージ 12

タイトターンしてすぐにタイヤ越えをしたり石畳みが有ったりとコースは小さいけどかなり実戦的で会長も苦手なタイヤ越えを果敢にアタックしていました。

                    イメージ 2
 で、日曜日。河原の今迄のトランポ置場で準備していると、なんとまさかの姫丸さん登場︎ 何だか入口すぐの所に埃対策でバイクを走らせない為にトランポ置場にした様で皆さんそちらに居ました。

                             イメージ 3
会長も姫丸さんに色々案内しながら時間を忘れて練習していた為に日の入り前に何とかタイヤ交換等終了。島ちゃん、とよだ夫妻お手伝い有り難う御座います。

                        イメージ 4
 
イメージ 5

 整備お品書き。
150XC  タイヤ前後交換 IRCタイヤ F iX-09W  R BR99 ミッションオイル、ブレーキフルード交換、スピードメーター取り付け、各部増締め&磨き。
125EXC タイヤ前後交換 IRCタイヤ F iX-09W  R BR99  ミッションオイル交換、ブレーキフルード交換、スピードメーター取り付け 、リヤフェンダー交換、各部増締め&磨き。

まぁ日高の準備に比べれば全然大した事無いね。けど勢いで交換してしまった僕のフロントタイヤのムースが余りにも酷く、茹で上がったソーセージの様に表面がパクって割れて中身がそぼろ状にポロポロ。しかもかなりスレンダーになっているのが気がかり・・。今は新品タイヤのコシで何とかなっているけど。で、やっぱりヤバイって事で会社帰宅後に幾分マシなムースに手探りで交換。

          イメージ 6
いや〜やっておいて良かった〜。

で、金曜日の午前3時に深夜割目当てで出発。今回は関越道から北関東道廻りで東北道へ。やっぱりこれは凄く遠回りだったぜっ
9時頃菅生着。先着のゆるさんが確保した場所に設営。

        イメージ 7
 キャブを濃い目にしたりとチョコチョコバイクをいじったりペタペタステッカー貼ったり各方面へ挨拶などした後、1時過ぎに下見へ。
           イメージ 11

 先ずはクロステスト。去年とほぼ変わらず玉砂利ゾーンが減ったかな?バハストレート以外を見て終了。フラット玉砂利エリアはイヤなんだよな〜。

           イメージ 8

そしてエクストリームテスト。これも去年と流れはほぼ変わらず。(実際細かくは変わってますが・・)
                                                イメージ 9
そして最後にエンデューロテスト。こちらは去年の逆回りと新規の場所が数箇所。先に下見に行った方の話しだとかなり時間が掛かるとの話しで、いや〜1番最初に此処へ来れば良かった。もう辺りは何となく暗い様な。早歩きで下見完了。ヤバイ。何だか走るだけで精一杯なテストだぜっ︎  
                                                イメージ 10
下見を終え一路お宿へ。今回もRIDERUNさん?モトバレーゼさん?FLY RACING JAPANさん?ハスクバーナ札幌さん?と御一緒させて戴きました。いつも部屋獲り有り難う御座います。
で、夕食後、輝さんの部屋でプチ宴会の後に就寝〜。去年はエクストリームテストの登りが不安で不安で・・・幾ら飲んでも酔えなかったし眠れなかったな〜


レース編に続きます。

この記事に

開く コメント(0)

日高な夏休み 4


 
さあ、日高も無事終了したので道内飲んだくれの旅が始まります。まず我々が向かうのは旭川。ZIPさんの車を先頭に金山、美瑛を通り旭川駅前の去年も泊まったビジネスホテルに到着。今年も拓さん、楽さん、あんないにんさん、奈美姉さん、ウチでの参戦。編集長は今年は所用により不参加。

イメージ 26

で、8時半頃よりキックオフ 日高お疲れ様で〜すっ

イメージ 27

 
美味い料理を肴にZIPメンバーの皆さん達の爆笑トークでレースの疲れもぶっ飛びます

イメージ 1

皆さんいい感じで酔っ払って来た時にレイバンをかけたアニさんの画像がほぼ大門刑事部長で有る事が発覚 終盤は終始その話題で持ちきりに。アニさんはクレイジーなケンさんのバンドのボーカル横Y剣で有る事を主張するも受け入れられず…まかり間違ってもトムなんちゃらでは…
次戦菅生ではテーマソング(出来ればパート2希望)を流してのレイバン装着でパルクフェルメ入場する事にZIPさん会議で決まったそうです。

笑い過ぎて腹筋マシン以上に腹筋を揺さぶられた爆笑飲み会も11時頃?お開きに。いや〜楽しい時間はアッと言う間だね。
 
皆さんお疲れ様でした〜。シャチョウ、ポンタ母さんご馳走様でした。
 
翌朝、旭山動物園ツアーから丸山動物園ツアーに変更になった為、拓さん、楽さん、あんないにんさんとは此処でお別れ。チョット淋しいね〜

イメージ 2

イメージ 5

イメージ 3

楽さん、あんないにんさん、今年も5日間お世話になりました。今年も凄く楽しかったですっ また来年もヨロシク〜
 
さて、次の目的地である池田町に向けて発進。当初、昼くらいまで動物園って思っていたので予定がポカンと空いてしまった…。
そのまま池田ってのも勿体無いのでチョイ観光へ。美瑛の青い池に行ってみる事に。

イメージ 4

 ホントに青いね〜。けど普段の行いなのか?何でだか美瑛だけ雨が降っていたみたいで…晴れてりゃもっと青いそうです。
 
で、淋しさを紛らわす為に戻って来ちゃいました。

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

スタッフの皆さん撤収作業の真っ最中。僕達はレースが終わると「あ〜楽しかった〜」で帰るけど、スタッフさん達はコーステープや杭の回収や道路の清掃なんかが有るのかな?コースも広いから凄く大変なんだと思います。いや〜本当にお疲れ様ですっ
会長が落としたアンダーガードを無事いただき日勝峠を越えて帯広、そして池田へ向けてのオール下道のノンビリドライブ再開。日高を離れる前に、今回ルートから見える町牧が凄く綺麗だったのでチョイ寄り道してパチリ。

イメージ 9

多分参加者はみんな見た景色かな?

イメージ 10

 夕方前に池田町に入町。まずはワイン城でワインを物色して展望階へ
 
そして毎年お世話になっているK川さん邸へ。毎年我が家の様にくつろいでしまいます。ジンギスカンを戴きながら深夜までお付き合いしてくださってありがとうございました。

イメージ 11

翌朝は連夜の闘いを癒す優しい朝ご飯。

イメージ 12
 
今年もお世話になりました〜。来年も行きますので宜しくお願いします。
 
で、向かうは奈美姉邸。夜開催のススキノナイトの後に毎年泊めさせてもらっています。

イメージ 13

イメージ 14

奈美姉邸より3人で札幌ススキノへ。この時期札幌大通り公園でオータムフェアが開催中なので軽く飲んでから飲み会会場へゴー去年の原因不明な発熱での欠席のリベンジが果たせます。

イメージ 15

この後Wメンバー達3人での「愛されるWクラスになるには?」とのテーマで熱く語り合っていました・・。
 
イメージ 16

イメージ 17

激しく盛り上がり2次会へ〜

イメージ 18

 
イメージ 19

イメージ 23

イメージ 24

最後はさすがススキノ!深夜2時までやってる蕎麦屋で閉店までのプチ3次会でお開きに。
 
モトバレな皆さん、お付き合いいただき有り難うございました〜 今年も楽しかったです。
 
姉さん邸でチョイ泊してから帰りのフェリーに乗船する小樽港へ・・奈美姉さん有り難う御座いました〜。で、小樽港で何だか見た事ないデカイ船が停泊していました。

イメージ 20

イヤ〜凄くデカイ

イメージ 21

隣りに居る僕等の乗るフェリーがエラくちゃっちいぜっ

イメージ 22

フェリーでは飲んじゃ寝、飲んじゃ寝を繰り返して新潟港入港〜。

上陸後、帰りは割引きの無い高速を極力抑えて群馬県迄下道で行く事に。途中、新潟と言ったら@BOSS達なのでお土産を届け、

イメージ 25

教えて貰った激ウマモツ煮定食屋へ立ち寄り赤城ICより高速に乗り無事帰宅の途に。怪我など無く今年も楽しい旅が終わってしまいました。
 
今年もお付き合いいただいた皆さん本当に有り難うございました〜。
 



現在もススキノナイトの翌朝からの喉の痛みと変な咳が治りません…。2次会でのXジャパンのせいか?やっぱり遊び過ぎたのか?
 




この記事に

開く コメント(0)

全24ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事