算数ラボって何? 考える力? 思考力?

中学生の数学を教えていて困るのが文章題です

小学生のお母さんたちが口をそろえて仰るのが「うちの子、文章題が苦手で」

小学生も中学生も文章題でつまずきます

文章題が出来ない理由は、設問に対する読解力と思考力の不足かと思われます

小学生・中学生ならごまかしごまかし過ごせますが

高校になると致命的ことになるように思われます

本日も近所のお子さんたちと算数ラボをやりながら

良くできた教材だなと再認識しました

算数ラボって何? 

一言でいえば、文章題が苦手なお子さんの救世主です

百舌鳥陵南校ホームページへ http://www.heros-juku.com/

この記事に

開く コメント(0)

小学・中学・高校・大学・社会の各段階での評価されるものを簡単に言い現わすと

小学=座る

中学=覚える

高校=考える

大学=現わす

社会=行う

未来=創る

それぞれの段階で評価されるものだけで80点は取れるイメージです

小学生なら、おとなしく授業中に椅子に座ってさえ、いればテストで80点はとれますかね

中学生なら、暗記だけでも80点は取れますよね、90点以上を取るには考える力、読解力が必要ですね

小学生の頃から、創るを楽しんで出来ていると、座る、覚える、考える、現わす、行うも

自ずと出来てしまうと思います。

図画工作などをバカにしていると将来バカにされるかもですね

百舌鳥陵南校ホームページへ http://www.heros-juku.com/


この記事に

開く コメント(0)

文章題が苦手

文章題が苦手

これはお母さんたちの決まり文句みたいなものですね

計算はそこそこできるけど、文章題がね

文章題が不得意の原因は、大きく2つ考えられます

1つ目は、しっかりと設問を読めていないケース

2つ目は、考える力、思考力が不十分なケース

前者は、じっくりと設問を読む習慣をつけてもらい、読解力をあげればクリアできます

後者は、思考力を高める必要がありますよね

嬉しいことに、

思考力と設問をしっかりと読む習慣をつけてくれる教材があります

算数ラボです

皆さん、お試しください


百舌鳥陵南校ホームページへ http://www.heros-juku.com/



この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事