新世紀エヴァンゲリオン マニアの価値は

もういっちょ ブログがんばりますカー!!!

全体表示

[ リスト ]

わかりにくかったら、上の検索ボタンから検索してください!!




第1使徒 アダム(ADAM
この使徒との接触がセカンドインパクトを引き起こしたとされ、ゼーレの推進する「人類補完計画」の要である。名前の由来は、最初の人間(男性)であるとされる『アダム』から。
第3使徒サキエルから第16使徒アルミサエルまでの使徒を生み出した「生命の起源」の1つ。また、エヴァンゲリオン初号機を除く全てのエヴァンゲリオンの元となっている(零号機に関しては異説あり)。南極の「白き月」内部で発見された。これを卵に還元しようとする作業の途中に覚醒し暴走、セカンドインパクトが発生する。その後、その肉体は胎児状にまで復元され、最終的には碇ゲンドウの右の掌に埋め込まれた。この描写はビデオフォーマット版の第弐拾四話と劇場版に存在する。漫画版にはSTAGE.71にゲンドウがアダムを喰う描写がある。また、魂は別に人型の肉体を与えられ、第17使徒タブリス=渚カヲルとして存在している。


第2使徒 リリス(LILITH)
第2使徒については正式のアナウンスがなく、ファンの間では、第18使徒リリンの母たるリリスをここに擬す解釈が多数派であった。その後バンダイから発売されたカードダスや、PS2のゲーム『新世紀エヴァンゲリオン2』で第2使徒がリリスと明言された。これに続き、ガイナックスから使徒を擬人化したキットシリーズ『使徒XX』において「A-02 LILITH≒XX」がリリースされ、さらにエヴァンゲリオン・クロニクルでもこの事実が明記された。名前の由来は、アダムの最初の妻であるとされる『リリス』から。
エヴァンゲリオン世界の地球において、人類を含むその後の全ての地球上の生物の始祖である原始生命を生み出した「知恵の起源」の1つ。特務機関NERV本部の地下深く、ターミナルドグマに磔にされている。エヴァンゲリオン初号機はEVAのうち唯一リリスから生み出されたものである(零号機もそうであるという説もある)。リリスの魂は、魂の宿ることがなかった綾波レイの肉体に移されている。
リリスの顔には7つ目の面がはりつけられているが、これは「ヨハネ黙示録」第5章6節の目が7つ有る羊を描いた、スペインのサン・クレメンテ聖堂(現在はバルセロナのカタルニア美術館所蔵)の12世紀のフレスコ画から借用したものと思われる。これは、ゼーレのマークにもなっており、新劇場版ヱヴァンゲリヲンでは、新しくデザインされている。


第3使徒 サキエル(SAKIEL)
第壱話、第弐話に登場した。名前の由来はユダヤ・キリスト教伝承の「水」を司る天使・木曜日の守護天使・水の天使『サキエル』から。
セカンドインパクト以来、15年ぶりに出現した使徒。国連軍の攻撃に対しまばたきをするなど愛嬌がある。最初は近接戦闘のみを行っていたが、国連軍のミサイル攻撃から、長距離攻撃も覚えた。N2地雷によってダメージを受けた際に2つ目の顔を出現させている。EVA初号機の初陣となった戦闘では、初号機の右目を光の槍の様な物で貫き、初号機を活動停止に追い込んだ。が、最終的には再起動して暴走した初号機の手によってコアに亀裂を入れられたため、身体を球状に丸めて初号機を巻き込み自爆したものの、初号機の殲滅は果たせなかった。本アニメの企画書第2版によれば、本来は第八話で、国連艦隊に護衛された弐号機と戦うためにデザインされた使徒であり、それが最終的には第壱話へ転用された。
サキエルの顔は使徒のシンボル的に扱われ、Tシャツなどのグッズも製作・販売された。
サキエル、シャムシエル、ゼルエルのデザインは漫画家のあさりよしとおによる。
『スーパーロボット大戦α』ではジャイアントロボ THE ANIMATION -地球が静止する日の十傑集・衝撃のアルベルトと闘っている。


第4使徒 シャムシエル(SHAMSIEL)
第参話に登場した。名前の由来はユダヤ・キリスト教伝承の「昼」を司る天使・エデンの園の天使の王子から。
筒状の身体に、鞭状の腕部を持つ使徒。イカに近い形をしており、海から出現した。出撃したEVA初号機によってコアを破壊され、活動を停止。コア以外はほぼ無傷で回収され、NERVによって使徒のサンプルとなる。デザインモデルはオカルト方面では有名な「3mの宇宙人」だと思われ、デザインを手がけたあさりよしとおは「こいつは食べたらカニの味がするに違いない」と言っている。


第5使徒 ラミエル(RAMIEL)
第伍話、第六話に登場した。名前の由来はユダヤ・キリスト教伝承の「雷」を司る天使・復活を待つ魂の管理者・幻視を司る天使から。
正八面体の形状を持つ使徒。コアを身体内部に収蔵し、強力なA・Tフィールドを展開するとともに、一定距離内に侵入する対象物には加粒子砲による狙撃を行なう。この事から、戦闘スタイルは鉄壁の守備能力と精密な遠距離狙撃能力による「先手必勝」であると言える。出撃直後の初号機を中破させた後、NERV本部へ、身体下部から伸ばしたシールドによって侵入しようとしたが、日本全国の電力を徴用して実施された、EVA初号機と零号機による超長距離からの陽電子砲(ポジトロン・スナイパー・ライフル)による狙撃(ヤシマ作戦)により撃破される。


第6使徒 ガギエル(GAGIEL)
第八話に登場した。名前の由来はユダヤ・キリスト教伝承の「魚」を司る天使から。
EVA弐号機を輸送中の艦隊を襲った使徒。その姿は深海魚に似ている。起動した弐号機を水中に引きずり込むが、戦艦イリノイ、ケンタッキー2隻による口内への零距離射撃により撃破される。アニメ版ではEVA1機にパイロット2人(シンジとアスカ)が乗り込んで出撃したため、意外な戦闘結果をもたらした。漫画版ではアスカ1人で倒している。


第7使徒 イスラフェル
第九話に登場した。名前の由来はイスラム教の「音楽」を司る天使から。
同型の2体に分裂する能力を持つ使徒。片方が傷ついても、分裂したもう1体が無事なら瞬時に回復できる。EVA初号機と弐号機によるコアへのユニゾンキックにより、撃破される。使徒中、唯一イスラム教の天使から名前がとられている(ただしイスラフェル(イスラーフィール)の名自体はクルアーンに登場していない)。


第8使徒 サンダルフォン (SANDALPHON)
第拾話に登場した。名前の由来はユダヤ・キリスト教伝承の「胎児」を司る天使・天使の牢獄とされる第五天マホンの支配者サンダルフォンから。
浅間山火口において卵状態で発見された使徒。孵化後の形態は、アノマロカリスとカレイをもとにしたと思われる。活動を始める前の、いわば卵のような状態であったため、A-17(使徒捕獲作戦)の対象とされるが、作戦実行中に孵化を始めたため、作戦は中断。捕獲作戦にて出撃していた対高熱高圧仕様(D型装備)のEVA弐号機により熱膨張を利用して撃破される。


第9使徒 マトリエル
第拾壱話に登場した。名前の由来はユダヤ・キリスト教伝承の「雨」を司る天使から。
「事故」(実際は何者かに因る破壊工作)により停電中のNERV本部に襲来した、ザトウムシのような形態をした使徒。強力な溶解液によりNERV本部に侵入しようとしたが、手動操作で出撃したEVA3機による連携攻撃で撃破される。『ふしぎの海のナディア』に登場したネオアトランティスのシンボルのような模様がある。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(2)


.


みんなの更新記事