狙い撃つぜ!!

もう1度、あの日のように…

全体表示

[ リスト ]

6年前、とある地方の小さな町に住んでいた家族を悲劇が襲った。父親と母親が惨殺された上、家に放火されたのだ。生き残った13歳の少女・佳音は、燃えさかる炎の前で激しく泣き叫んだ。5歳年上の兄・耀司は、父母を助けるために炎の中に飛び込もうとする佳音の体を必死に押さえつけていた――。

19歳になった佳音(堀北真希)は、小さな喫茶店で明るく元気にアルバイトをしていた。だが、6年前の事件を知った経営者の由香里(須藤理彩)は、来月から妹が手伝いに来てくれることになった、と言って、やんわりと佳音にクビを言い渡す。あくる日、佳音は、少年刑務所を訪れる。両親を殺害した罪で少年刑務所に送られた兄・耀司(福士誠治)と面会するためだった。兄の無実を信じる佳音は、冤罪を晴らしてもらえるようにもう一度弁護士に頼んでみる、と言って耀司を励ました。が、このとき佳音は、故郷を離れて都会に出る決心をしたことを耀司に打ち明けられずにいた。  
音楽家の長崎殉也(北川悠仁)は、かつてCMなどの華やかな世界で活躍していたが、ある事情で第一線から身を引き、現在は、義道神父(内藤剛志)の教会で子どもの聖歌隊を率いる傍ら、パブレストランでピアノを弾くアルバイトなどをして生計を立てていた。殉也の幼なじみでもある桜井美月(香椎由宇)は、彼の才能がこのまま埋もれてしまうことを心配していた。実は美月は、ずっと殉也に思いを寄せていた。ある夜、殉也は、大学時代からの親友で、デザインの仕事をしている瀬川昴(成宮寛貴)と会う。そこで殉也は、恋人の聖花(内田有紀)を喜ばせるために、どんなクリスマスを演出したらいいか昴に相談する。殉也、昴、聖花は、もともと同じ大学の仲間だった。昴は、そんな殉也を適当にあしらうと、ことしのクリスマスイブは船上パーティーをやるから顔を出せ、と誘った。 
アパートを借りて横浜で暮らし始めた佳音は、名前を偽って清掃会社でアルバイトを始める。その会社は、主に個人の家をクリーニングするサービスを行っていた。先輩の春江(宮崎美子)は、いまどきの若者には珍しく、文句も言わずに一生懸命働く佳音に感心していた。

そんなある日、佳音は、春江とともにひとり暮らしの音楽家の家に派遣される。殉也の家だった。佳音は、急用ができて困っていた春江を送り出すと、ひとりで掃除を続けた。そこで佳音は、1冊の古いアルバムを見つける。6年前の事件でアルバムなども燃えてしまい、思い出を失っていた佳音は、幸せそうな家族の写真を見るのが大好きだった。そのアルバムには、殉也の幼いころからの写真が貼られていた。そのとき、窓から吹き込んだ風で写真が吹き飛ばされた。佳音がそれを拾い集めようとしていると、そこに殉也が帰ってくる。殉也は、慌てて写真を隠そうとした佳音に、何をしていたのか理由を尋ねた。すると佳音は、人が笑っている写真が好きだと答えた。生きていればいろいろなことがあるが、笑顔の写真にはその人の幸せなときがずっとそこにあるから、と――。そんな佳音の言葉を静かに聞いていた殉也は、一緒に写真を撮ろう、と言い出す。佳音の携帯電話を借りた殉也は、彼女と並んで一緒に写真を撮った。佳音は、殉也とのツーショット写真を現像し、部屋の壁に貼った。それ以来、この写真は佳音の宝物になった。

そんなある日、佳音が働いている会社に、雑誌記者の池田次郎(豊原功補)という男が訪ねてくる。池田は、6年前の事件の話が聞きたい、といきなり佳音に切り出し…。  

シリアスなドラマですね。

「月9」は去年の「プロポーズ大作戦」の印象が強いんですが……「DVのないラスト・フレンズ」

みたいな感じで、登場人物1人1人が深刻な悩みを抱えているみたいです。

今回は、佳音が両親殺害放火事件のことで、1話中に2回も仕事をクビになるという、物凄い不幸

少女っぷりを披露してくれました。

特にクリーニングサービスの方、酷い先輩ですね。宮崎美子イメージ悪!

佳音の前のバイトの子も、あれで辞めさせたんですかね?


殉也は秘密の部屋に、寝たきり状態の聖花を保管計画ですか。

つか内田有紀の顔怖っ! 目開きっぱなしですか!?


まあ佳音も、あれだけ不幸の連続では、写真盗もうとした自分を許してくれた、殉也好きになるの

無理ないですね。その辺は納得して観れました(多少無理矢理感が強い気もしますが)。

佳音の恋の障害になりそうなのが、美月。

香椎由宇、嫌な役やってますね〜ヒロインの敵役ですか?

結婚しちゃうと、ああいう仕事増えるんでしょうか。


それにしても、佳音のお兄ちゃんは、何故あんなに暴れて刑期長引きますか?

妹が誰かに恋したのがショック? シスですか? 重度のシスコンですか!?


まあとにかく、佳音も殉也も身辺にワケありなので、今後恋愛していくにはかなり障害が多い

でしょう。


とりあえず、ギャグ要素が一切ないのがちょっと残念ですが、最終回までチェックしたいと

思います。

開く トラックバック(6)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事