狙い撃つぜ!!

もう1度、あの日のように…

全体表示

[ リスト ]

法律の抜け穴をくぐり、裏で「犬虐め」を行う村を、女王の保養地の名目で確保しに来たシエル達。しかし、出迎えた村の有力貴族ヘンリー卿は、祟りがあるために、女王の命令でも買収には応じられないと提案を断固拒否する―。
イメージ 1


コナン・ドイル作、シャーロック・ホームズ・シリーズの、「バスカビル家の犬」を

モチーフにしたような話でしたね。

前回の切り裂きジャック編にも感じたことなんですが、古きよき大英帝国に存在した、全ての

ネタを使い切ろうとしているのかな? と。

シエルが前回「阿片」と口にしていたのも、やっぱりシャーロック・ホームズ・シリーズ

を連想させます。



犬に燐塗って「魔犬」に見せるのは、まるっきり「バスカビル」のネタ、そのままですねw

ホームズシリーズの最高傑作として名高く、僕も1番好きな作品なので、このネタをパロって

もらえるのは、嬉しいんですけど……

「ヘンリー卿」の名前も「ヘンリー=バスカビル」から?

ホームズシリーズ読んでない人には、なんのネタだかさっぱり分からないと思うのですが……



作品のテンション的には、また1〜4話の「平穏さ」を取り戻していましたね。

Aパートでネタ振って、Bパートでシエルが危険な目に遭い、捕まって、セバスが救出。

この「王道パターン」で、やっぱり切り裂きジャック編は特別だったんだな〜と改めて認識。


あ、笑ったシーンが一箇所。

「だから犬は嫌いなんです」とセバスが言った後。
イメージ 2
少し間があいて、シエルが「ワン!」って鳴いた場面!
イメージ 3
あれ、前にもありましたよね? ちょっと「シエル萌え」な感じでしたけど……普段ギャグとか言わないシエルが、どうして あそこで犬の鳴き真似するんでしょうか? 常にテンション高い、芸人みたいなキャラだったら、鳴いてもおかしくないですけどね。

開く トラックバック(16)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事