狙い撃つぜ!!

もう1度、あの日のように…

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

「俺、葛城佐智絵が好きだった!」(秋本)

危篤状態に陥っていたサチ(広末涼子)の意識が戻る。最期の力を振り絞り、「あなたに会えて自分の人生を生きて行こうと思うことができた」と亮二(江口洋介)に思いを告げたサチは静かに目を閉じ、そのまま眠るように息を引き取る。丸山(小日向文世)に連絡を受けて東京に戻った舜は、「俺のせいだ!」と自分を責める亮二の痛々しい姿にかける言葉もない。
翌日、亮二は自分のせいでサチを死なせたことを清子(風吹ジュン)に謝罪。清子の「あなたも自分の人生を取り戻して」という言葉に、自分の人生を狂わせ、サチの命までも奪った犯人の正体を突き止めることを固く決意する亮二の胸に、への疑惑が再燃する。

調査を再開した亮二は、均と信造(北大路欣也)を結びつけた偽造パスポート事件を洗い直す。そんな折、唯衣(相武紗季)から「黒木さんのお父さんはお兄ちゃんの味方」と聞かされる。
15年前に別荘の火災で亮二の両親と兄が亡くなっていたことを知った舜(稲垣吾郎)は、現場である長野県の八ヶ岳に赴いて出火原因を調査。子どもの火の不始末による事故として処理されていた火災に、じつは放火の疑いもあったことが判明する。当時、別荘の周辺をうろつく不審な男が目撃されていたらしい。舜はつかんだ事実を信造にぶつける。目撃された不審者とは新藤(宅麻伸)だった。しかし、この情報は警察によって握りつぶされている。25年前の事件と同じく、新藤が浮上すると捜査が中断されるのはなぜなのか?舜の疑惑に信造は真相を明かす。

25年前、上層部の圧力によって捜査を外された無念から、信造は佐智絵殺しの捜査を密かに続けていたと告白。独自に集めた事件の資料を手渡し、舜に真相の追及を託す。一方、亮二は、秋本(佐々木蔵之介)から25年前の思わぬ話を聞かされる。秋本を亮二と間違え、接触しようとした男がいたというのだ。秋本はその男の顔を見ていた…。
ある確信を得た亮二は均のもとへ向かう。愛人宅で見つけた毒物を示し、事件との関わりを問う亮二。「何も話すことはない」と追い返す均を、亮二は「また出直します。今度は、別の手土産を持ってあなたに会いに来ます」と挑発する。

一方、大田西署では、舜と丸山がサチが撃たれた事件を追っていた。鑑識の結果、現場にいた亮二、均、丸山から硝煙反応は認められず、銃を撃ったのは別の誰かだったと判明する。そこに亮二が現れ、均を徹底的に洗い直したいと言い出す。均の会社を調べた亮二らは、25年前に経営が悪化していたこと、均が傲慢なやり口で恨まれていたことを知る。

舜は、信造から託された佐智絵殺しの捜査資料を亮二に見せる。その夜、自宅で資料を読み直した亮二は、ある重大な事実に気づく。

翌日、出勤した亮二は「確実な証拠を手に入れた」と舜らに話す。そして「自ら罪を認めさせる」と電話をかけ、その相手に「手土産の準備ができました。あなたに会いに行きます」と告げ…。

サチの死は、先週知っていたので驚きませんでした。

郷田はショック受けてますね。「俺のせいだ」と。

まあ、失った佐智絵の代わり的なポジションでしたからね。

清子にとっても、郷田にとっても、重要な存在でした。


信造がついに、黒すけへ語った真実。

「警察組織全体を揺るがすことになるぞ」と。

信造の上に、黒幕がいて、自由に動けない自分の代わりに、郷田や黒すけを焚きつけた、と。


さて、こうなると、もう「均が犯人」ということで、最終回を迎えそうな感じですが。

なんか、それだと意外性がない気が……。。。

もっと凄いオチが、待ってることを期待します。



そして、秋本がいい味を。

「いやいやいやいや!」とホモ説を否定したのは、今回唯一のギャグ場面でしたねw


 理人同様、剣人も体中に傷を負っていた。リカ(大政絢)や青山(真山明大)から、大げさな手当てを受ける剣人。メイは、そんな彼の姿を複雑な思いで見つめていた。

 同じころ、ルチア宮では、忍(向井理)と多美(谷村美月)が対峙していた。多美は、忍を非難するかのように、これからどうするつもりなのか、と問いかけた。しかし忍は、何も言わずにただ微笑むだけだった。
そのとき、ルチア(山田優)の寝室で大きな物音がした。忍たちが駆けつけると、床には割れたグラスや花瓶が散乱していた。ルチアは、理人はどこにいるのか、とヒステリックに叫ぶと、メイを徹底的に苦しめるよう、忍に命じた。

 あくる日、メイは、剣人を呼び出し、彼に礼を言おうとした。剣人は、そんなメイの気持ちを察して普段通りに接すると、まだお前のことは諦めていない、と告げる。理人と勝負を付けた上で、メイに選んでもらわなければ意味がない、というのだ。するとそこに、慌てたようすで泉(岩佐真悠子)たちがやってくる。クラスメイトの香織(菊里ひかり)やゆう子(秋山多奈)たちが不審な男たちに襲われそうになったというのだ。さらに、ひかる(中村知世)の実家にトラックが突っ込むという事件や、奈央(小嶋陽奈)の一族が経営する国内最大手の電機メーカーが買収騒動に巻き込まれるという事件まで起きていた。凛(忽那汐里)やみるく(吉田里琴)らは、一連の出来事はすべてルチアの仕業だと疑うが、証拠はなかった。
そんな中、メイの前に右近(高木万平)と左近(高木心平)が現れる。ふたりは、金太郎(津川雅彦)に命じられてメイを呼びにきたのだという。メイは、理人とともに金太郎の私邸を訪れた。するとそこには、ルチア=詩織と忍の姿もあった。その席で金太郎は、メイではなく詩織を自分の後継者に指名する。さらに金太郎は、アメリカで行われる後継者発表のセレモニーに詩織ともに行くよう理人に命じる。突然のことに、メイは大きなショックを受けるが…。
次回が最終回ということで、いろいろありましたね。

まず、最近やや落ち着いていた、ルチアの怖さが復活!

手段を選ばぬ、メイ近辺への嫌がらせ。

「理人様ー!」と叫んで暴れてた場面は、もう……

山田優、ハマリ役すぎですw


「剣人をSランク執事にして理人越え」とか「後継者は山田優」とか、怖い流れに。

メイが自暴自棄になったら、理人が頬を張った!

おお、執事が殴っちゃうこともあるんですね!


学園を逃亡したメイ(これで何回目だよw)、両親の手紙。

読んで泣いて……ルチアと戦うことを決意!

「メイが決断したら従う」あのスタンス、心に決めた女性がいる男として「どうよ?」

という感じですが、執事だからあれでいいんでしょうかね。


それにしても……メイの両親の行動が、学園長を悲しませ、今また、ルチアも同じ立場に。

恋は、いろんな方面に迷惑がかかることもあるんですね。


で、メイがルチアに決闘を申し込む。

最後は、忍様VS理人に全てが委ねられるわけですね?

あ、忍様を見たら、これ言わないと。

忍様、髪白っ!!


理人、矢で討たれてED。

怪我して不利状況で、理人は次回、忍様に勝てるんでしょうか?


でも……忍様、ルチアに「もうお別れね。私は理人様と…」言われた時、

ルチアの方を睨みましたよね?

あれって、裏切りフラグですか?

それとも、ルチアを本当に愛している?

開く トラックバック(7)

イメージ 1

ブシドー「オーーーッ!!」

イメージ 2

ジェレミア「オーーーッ!!」

イメージ 3

刹那「ダブルオーーーッ!!」

イメージ 4

ランカ「オーーーッ!!」

イメージ 5

ブシドー「オーーーッッ!!!」

イメージ 6

刹那「ダブルオーーーーッッ!!!」

イメージ 7

ブシドー「つ、強いな、少年……もう、声の代わりに血しか出ない。私の負けだ」

イメージ 8

刹那「大声対決は俺の勝ちだな」

イメージ 9

ブシドー「こ、声出ぬこと、無念なり! キテレツぅ!」

イメージ 10

刹那「これが宮野と中村の差だ」

イメージ 11

ブシドー「くぬぅぅぅぅ! 中の人は人気で勝っているぞ!」

イメージ 12

刹那「あ、いけね。フェルトの部屋に呼ばれてるんで、これで失礼」

ブシドー「軽い理由で帰るんだな!?」

イメージ 13

ブシドー「(フェルトに嫉妬……宿命を越えて、これはもう愛だな)」

イメージ 14

沙慈「あのブシドーって人……刹那の敵だったみたいだけど、平和に戦いが終わることもあるんだな」

イメージ 15

刹那「沙慈、ルイス・ハゲピィの機影を補足……」

沙慈「ルイス・ハレビィ!! 2回目!!」

刹那「だっけ? すまない、俺は人の名前が覚えられない。これが変態革命。略して変革」

イメージ 16

沙慈「ありがとう、刹那」

刹那「何が?」

沙慈「君とブシドーを見ていたら、僕とルイスも戦った後、平和になれるような気がして来た」

イメージ 17

刹那「ねーよ、そんなオチ」

開く トラックバック(4)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事