狙い撃つぜ!!

もう1度、あの日のように…

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

イメージ 1


サチ(広末涼子)は再び大田西署に呼ばれ、丸山(小日向文世)と舜(稲垣吾郎)に手紙のことを聞かれるが、知らないと嘘をつき通す。そんなサチに亮二(江口洋介)は、小巻(反田孝幸)が南町の飲み屋で“顔にアザのある男”に手紙を奪うよう頼まれたことを話す。

帰宅したサチは、清子(風吹ジュン)の様子がおかしいことに気づく。来客があったようなのに、清子はそれを隠そうとするのだ。ほどなくサチは「南町 スナック“野原”」と店名の入ったライターを見つける。手紙を狙う男が家に現れたのでは…?サチの心はざわめく。

翌日、清子はに会うと言って出かけていった。不安に襲われたサチは、亮二に電話をかけて店の名前を確かめる。折しも南町のスナック「野原」で聞き込みをしていた亮二は、サチが店名を知っていたことで異変を察知し、サチのもとへ急ぐ。
亮二は、25年前の捜査メモにもあった“顔にアザのある男”の名が“新藤利道”(宅麻伸)であることをサチに話し、手紙を使って新藤をおびき出そうと提案。「君を守るためだ」という亮二の言葉にドキリとしたサチは、亮二に惹かれていく自分の気持ちに戸惑う。

その頃、舜は捜査メモを提供した元刑事の宮部(浅野和之)に話を聞いていた。25年前、捜査員のほとんどが新藤を犯人だと確信する中で「君の親父さんが新藤を逃した」と信造(北大路欣也)を苦々しく非難する宮部。父の思わぬ過去に舜はショックを受ける。

一方、清子と会った均は、志摩野(堺雅人)がサチの援助を申し出ていると告げ、未だサチを佐智絵だと思い込む清子に「記憶を封じ込めても事実は変わらない。佐智絵は殺された」と言い聞かせる。ぼう然とする清子に、封印されていた重大な記憶が蘇ろうとしていた。
亮二が自宅に戻ると、舜が唯衣(相武紗季)を訪ねていた。亮二は佐智絵の手紙に新藤らしき男のことが書かれていたと舜に明かし、ニセの手紙で亮二を欺こうとした信造への疑惑をほのめかす。動揺する舜は「親父は刑事の仕事に誇りを持っている」と信造を庇って反発。尊敬する父への疑念に揺れる舜の思いを知り、唯衣は心を痛める。

まもなく、衝撃的な記事が新聞に掲載された。25年前の事件の真相につながる手紙が存在するという内容で、亮二が富岡(谷原章介)に書かせたものだった。何のためにこんなことをするのかと詰め寄る舜に、亮二は「真相を掘り起こされると困る誰かさんを揺り動かすため」と意味深な言葉を口にする。

そんな折、新藤からサチを呼び出す電話が入る。不安を覚えながらも指定された場所へ向かうサチ。連絡を受けた亮二はサチと落ち合い、「君の役目はここまでだ」とサチを押しとどめて1人で新藤と対決しようとするが、新藤が待つというビルのエレベーターにサチも乗り込んでしまう。ところが突然、2人の乗っていたエレベーターが停止。新藤のしわざだった。

さらに、エレベーターの上部に何かを置いて立ち去る新藤。小さく時を刻む音から時限爆弾だと判断した亮二は慌てるが、それはオモチャのような偽物だった。
新藤への疑念を深めた丸山は情報を求めて宮部を訪ねるが、そこに信造が現れる。かつての上司だった信造の圧力に宮部は口を閉ざし、丸山は何も聞き出すことができない。

サチは志摩野に提供されたフリースペースで子ども絵画教室の講師の仕事を始める。志摩野に招かれた亮二が見守る中、子どもたちを眺めていた清子に異変が起こる。フラッシュバックする佐智絵の記憶に、苦しげに口を開いた清子は「佐智絵を殺したのは、私よ…!」と言い出し…。
イメージ 2


やっぱり、今クールでは、このドラマが1番面白いです。

ストーリーもそうだし、演技派の役者が、豪華にキャスティングされてるせいもありますが。

毎週、楽しみにしている自分がいますw 完全にハマりましたw


今回は、それほどストーリー上、進展はなし。

サチ&郷田、結局新藤とニアミスに終わりましたからね。


2人は、仲がよくなったような……でも、黒ちゃんがサチに余計な報告をしたせいで、

「自分は結局、佐智絵の身代わり」と思ってしまったようで。

サチ、複雑そうな表情でしたね。


最後に佐智絵の母親が「殺したのは私」とか言い出しましたが。

彼女と新藤が共犯だとしても、それを指示した黒幕は誰なのか?

黒ちゃんパパか、まさかの志摩野?

開く コメント(4)

 理人(水嶋ヒロ)は、メイ(榮倉奈々)のようすがおかしいことに気づく。メイが、理人を避けるようになったのだ。原因のひとつは、ルチア(山田優)が実は本郷家の人間であることを、理人がメイに話していなかったせいだった。ルチアの本名は本郷詩織。彼女は、本郷家の遠縁にあたり、メイの父・周太郎(橋爪淳)が本郷家を飛び出した後に、養女として迎えられたのだという。ルチアの執事・忍(向井理)からそれを教えられたメイは、ショックを隠せない。ルチアは、そんなメイに、優しい微笑みを向けながらある提案を持ちかける。それは、自分が本郷家を継ぐことになったら、メイの両親の遺骨を同じ墓に入れる、というものだった。そうすれば、メイも無理をして聖ルチア女学園で生活をする理由はない、というのだ。一番いい選択は何かを考えてほしい、とルチアに言われたメイは、激しく動揺していた。
 あくる朝、登校したメイの前に、慌てたようすで剣人(佐藤健)が駆け寄ってくる。メイのせいで、泉(岩佐真悠子)が聖ルチア女学園を退学させられる、という噂話が流れ、生徒たちが殺気立っているというのだ。メイが入学して以来トラブル続きだったため、泉が太陽<ソーレ>の上級生たちに睨まれた、ということらしい。不二子(中別府葵)や凛(忽那汐里)らは、メイを取り囲んで責めた。その輪に割って入ったのはリカ(大政絢)だった。リカは、メイには竜恩寺家の次期当主である泉を退学に追い込むほどの力はないと憎まれ口をたたきながらも、噂話に振り回されるのは時間の無駄、と主張して皆を抑え、メイを助けた。

次から次へと、メイの周囲にトラブルが巻き起こりますね。

ルチアというか山田優。完全にメイが邪魔……学園を去ってほしいみたいで。

遺骨問題をルチアが解決してくれるなら、メイが学園にいる理由はない。

……そのはずでしたけど、最後の最後で、メイは「ここにいたい」と。

理人との思い出、そして彼の言動から。

ただの執事だったはずの彼が、実は個人的な想いを持って、メイの側にいたことに、

気がついた?

理人も、自分の気持ちに、戸惑ってるみたいですね。


で、泉VSメイのデュエロですけど。

「本当の母親」じゃないってことで、泉も大変ですよね。

メイか泉のどちらかしか、学園に残れないなんて……酷い話。

決着は次回みたいですが、なんとか平和に解決して欲しいです。

開く コメント(4)

開く トラックバック(7)

「アキはさ、知りたいって思い続けて、15年も待ってんだよな?

いい加減、待ちすぎだろ!?」(亮介)


亮介、いい奴だ……><

東凛大学医学部のゼミ生・加地大己(瑛太)、石末亮介(生田斗真)、久保秋佳奈子(石原さとみ)は、タクシーの中で突然死したという女性の遺体と対面する。

 解剖台に横たわる女性を見た教授・佐川文彦(時任三郎)は、死因がクラッシュシンドロームではないかとの見解を示す。助教・夏井川玲子(矢田亜希子)は、クラッシュシンドロームは別名を挫滅症候群といい、事故などで身体が長時間圧迫された後に急に開放されることで起こる症候だと説明。

 そんな中、佐川はその証拠ともいえるアザを女性の足に認める。すると、それを見た佳奈子が涙を流す。

 その後、佳奈子は大己と亮介に、女性のアザが母親が亡くなったときのアザに酷似していたと話す。15年前、心臓発作で亡くなったはずの母親にアザがあるのを不審に思った佳奈子は、大人に訴えるが相手にされなかった。以来、今でもそれが気になっているという佳奈子に、大己は今からでも調べられるのでは、と事もなげに言う。

 そして、大己ら3人は、かつて佳奈子の母親・雪子が勤めていた工場へとやってくる――。


佳奈子の母親の、死因を探求する話でしたね。

心臓発作による、突然死。

それが、クラッシュシンドロームが死因だと分かった場合の、遺族の気持ちの変化。

雪子が、いい人だったから、事故にあってしまった……そんな、切ない話でした。

佳奈子は、母親の死を理解するために、法医学のゼミを選択したんですね。

じゃあ、今回解決したことで、彼女メインの話は終了ということでしょうか?


次は、亮介の友人の死が、メインみたいですよね。

亮介は、父親にゼミの変更を迫られてるみたいだし……

いい奴っぽいので、負けないで頑張ってほしい。


そして、相変わらず「軽い男」風の、瑛太の演技がいいですね。

北島の真似「チョー気持ちいい」が全然似てない!

でも、その似てなさ加減が、かなり面白かったですw

開く コメント(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事