ここから本文です
コンテナ船・貨物船は大活躍!
90万HITありがとうございます!!感謝!

書庫全体表示

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

COSCOグループ・PAN-ASIA SHIPPINGの東京-横浜-名古屋-新港-大連航路コンテナ船
"SONG CHENG"です。



今航海で中国から東京に向かう途中、関門海峡の入り口付近で乗り上げて座礁。

(事故に関しての記事はこちら)

急遽、北九州市門司港太刀浦コンテナターミナル第2CY
(通常PAN-ASIAは第1CYを使用)に着岸、
積んでいた日本向け(東京・横浜・名古屋)のコンテナを揚げました。


写真は7月31日(金)昼過ぎに撮影した物で、空船状態になっています。



今後、船体検査を行い出港許可が出れば離岸すると思われますが、
この事故の影響で、この航路の"SONG CHENG"のポジションに
"PAN HE"が急遽投入されることになったそうです。


急に門司港に寄港しコンテナを揚げると言うことで、
ターミナルはヤードの確保、輸入書類の作成などで慌ただしかった事と思います。


今思い出しましたが、昔COSCOの北米航路コンテナ船
"EMPRESS DRAGON"(だったかな?)が名古屋に寄港する直前に船底に亀裂が入り、
コンテナを2000本以上揚げるという話がありました。

そんなヤードはどこにもないと言うことで、修理するところだけ揚げるということに
なりましたが、それでもかなりの数。

結局そのまま中国に行きました。(記憶が正しければ・・・)


"SONG CHENG"と同型船の"GU CHENG" (谷城)は1996年2月17日(土)、
台湾海峡を航行中荒天に遭遇、沈没しました。


救助に向かったCOSCOのコンテナ船"WEI HE"の船員さんが、
目の前で沈んでいく船と仲間を見たときは悲しかったという話を聞かせてくれました。






M/V "SONG CHENG" 松城
IMO NO:8306785
FLAG:CHINA
BUILD:2nd NOV 1987
LOA:147.50m
BEAM:22.20m
DEPTH:10.90m
DRAFT:8.00m
DWT:13508t
GWT:9683t
CAPACITY:724teu
REEFER PLUG:
HANDLING CRANE: 2 x 31t
SPEED:15.6kn
BUILDER:DALIAN SHIPYARD CO.,LTD.
OWNER:SHANGHAI PAN-ASIA SHIPPING CO.,LTD.
MANAGEMENT:SHANGHAI OCEAN SHIPPING CO.,LTD.
OPERATOR:SHANGHAI PAN-ASIA SHIPPING CO.,LTD.


姉妹船
SHANG CHENG 商城 1984
GAO CHENG 高城 1984
MING CHENG 民城 1985
BIN CHENG 濱城 1985
SONG CHENG 松城 1985



撮影日:2009年7月31日(金)
PHOTO:ever_gifted(Moji)


この記事に

  • 顔アイコン

    40年め OOCLの
    コンテナ船は 太平洋で沈没しましたが
    使用本船は 第2次世界大戦洋 輸送船(リバテイ船を改造)を
    船でした。
    私は 1968年頃でしたか 最初のコンテナ船
    神戸港第4突堤に接岸した コンテナ船
    ハワイヤンプランター号を 見にゆきました
    マトソン社の船でした

    [ t_f*kuo*a01** ]

    2009/8/1(土) 午前 3:45

    返信する
  • 顔アイコン

    すみません OOCLの船の沈没は 1971年ごろだったと
    記憶しております。
    あのころの OOCLは 金がなく
    倒産しかけ 日本の商社が お金を貸した記憶があります

    [ t_f*kuo*a01** ]

    2009/8/1(土) 午前 3:48

    返信する
  • 顔アイコン

    私は 神戸港の通関業者で 働いておりました
    衝突事故と 言えば こんな 記憶があります
    神戸港で 三菱電機製 重量200トン(インド向け)
    の商船三井の貨物船に積んだのですが
    本船出港して 神戸港外で 他の船と 衝突
    MOL船は修理するのに 川重の 浮きドックへ
    三菱電機より 船にゆき トランスにとりつけある
    ショックRECORDERを 調べてくれと
    依頼あり 浮きドックにゆき
    本船の ロアホールドに もぐりこみ 懐中電灯で
    メーターの蓋をはずし ショック数値を
    控えてきました。 ドックの横には
    自衛隊の潜水艦が係留しておりました
    古い思いです。

    [ t_f*kuo*a01** ]

    2009/8/1(土) 午前 4:01

    返信する
  • 顔アイコン

    神戸港での衝突事故と言えば 1961年ごろ
    大同海運の紐育航路 "RICHMOND MARU"と 徳島の
    宝海運(神戸ー徳島)の 客船とが
    神戸港外(深夜)に 衝突して 宝海運の船が沈没
    数十人の 犠牲者がでました。

    [ t_f*kuo*a01** ]

    2009/8/1(土) 午前 4:29

    返信する
  • 顔アイコン

    4454.Re: “リッチモンド丸”の思い出
    名前:りっちもんど丸 日付:10月25日(木) 23時54分
    私は、直接、りっちもんど丸を見た事は、ありませんが、ある時、
    本船の号鐘(船首)を入手したのを機会に「りっちもんど丸」と
    しました。
    ところで、確かに、りっちもんど丸は、昭和38年2月に小型旅客船
    ときわ丸と衝突事故を起しています。残念ながら、ときわ丸は、船尾
    付近を大破、沈没、40人を越える方々が、亡くなった海運事故に
    なりました。
    この事実を知ったのは、号鐘を入手した後の事で、しかも船首の物と
    いうことで、少し複雑な思いです。

    [ t_f*kuo*a01** ]

    2009/8/1(土) 午前 5:36

    返信する
  • 顔アイコン

    おおぉ流石giftedさん!
    早速のUPありがとうございます。
    船の事故は大きくなると人命も関ってきますので今回は物損だけで良かったとはいえ荷役関連、シッパー周りの方々大変だったと思います。
    事故の大小はあれど特に狭水道では2次災害もあり得ますので操船には気をつけて欲しいと願います。

    先日も関門で内航タンカーに外航船が追突といった事故もありました。 関門マーチスさんも各船 事故がない様 注意を促して欲しいと思います。

    [ (^^)/ ]

    2009/8/1(土) 午前 7:46

    返信する
  • 顔アイコン

    この写真では座礁の痕跡はわかりませんね。
    目の前で仲間の船が沈む・・・、それはたまらないでしょうね。

    Anton

    2009/8/1(土) 午前 9:01

    返信する
  • 見た目は何ともなさそうですよね。。。
    事故ると色々面倒ですね、やはり操船ミスなんでしょうか。
    Webで船名とか探していると何気に事故の記事とか多いですよね、
    内航船なんかは特にです。

    ナカレオ

    2009/8/1(土) 午前 10:04

    返信する
  • 顔アイコン

    t_f*kuo*a01** さん
    色々情報ありがとうございます。昔OOCLはお金が無く新造船を造れなかったという話を聞いたこと思い出しました。
    今は大きな船社に成長しています。

    EVER_GIFTED

    2009/8/1(土) 午後 8:54

    返信する
  • 顔アイコン

    ふくひこまるさん
    関門海峡って狭いので結構事故の多発地帯みたいですね。
    初めて関門海峡を見たとき、こんな狭いんか!ってびっくりしました。

    EVER_GIFTED

    2009/8/1(土) 午後 8:56

    返信する
  • 顔アイコン

    ナカレオさん
    見た目異常はなさそうですよね。操作ミスなんだろうと思います。
    船の事故って海難審判をみてると結構多いですね。

    EVER_GIFTED

    2009/8/1(土) 午後 8:57

    返信する
  • 顔アイコン

    antonさん
    救助しに行ったのに救助できなかったことを悔やんでいました。
    何とも言えない気持ちになります。

    EVER_GIFTED

    2009/8/1(土) 午後 8:58

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事