えばゆあぶろぐ

我が家は全員無事です。被災者の方々のご無事をお祈りするとともに、被災地や原発の危険地域で尽力されている方々に心から感謝します。

東日本大震災(東北関東大震災)

[ リスト | 詳細 ]

2011年3月11日午後2時46分。

死者数は、16年前の阪神淡路大震災を大きく超え、
日本では戦後最悪の、世界的に見ても数百年に一度という自然災害が起こりました。


私自身や家族は無事でしたが、自身に被害がなかったぶん、
この書庫には、被災した方々にとっても、被災を免れた方々にとっても、
できるだけ有益かつ実用的な情報を載せていきたいと思っています。

ネットを通しての、デマや風評被害が問題になっていますが、
いたずらに不安を煽ることのないよう、情報を絞り、情報源を明確にするよう心がけています。
そのため、他の書庫の記事とは雰囲気が違いますが、ご了承くださいね★

今回の震災は、阪神淡路のときとはまた異なる種類の大災害で、
救出・支援活動や復興活動、ボランティア活動も難航しています。
地震から半月経ち、ようやく今回の災害の全体像が見えてきたように思いますが、
直接被災した方々にとってだけでなく、
多くの日本人にとって、この先、長い闘いになることは間違いありません。

でもいつか、皆に笑顔が戻ることを信じています。


『日本いのちの電話連盟』
毎月10日はフリーダイヤル 午前8時から翌日午前8時まで 0120-738-556

・岩手県 社会福祉法人 盛岡いのちの電話 019-654-7575 12:00〜21:00 日曜12:00〜18:00
・宮城県 社会福祉法人 仙台いのちの電話 022-718-4343 24時間
・福島県 社会福祉法人 福島いのちの電話 024-536-4343 10:00〜22:00
・茨城県 社会福祉法人 茨城いのちの電話 029-855-1000 24時間
・千葉県 社会福祉法人 千葉いのちの電話 043-227-3900 24時間
・東京都 社会福祉法人 東京いのちの電話 03-3264-4343 24時間FAX: 03-3264-8899
・神奈川県 社会福祉法人 横浜いのちの電話 045-335-4343 24時間 FAX: 045-332-5673
Spanish: 045-336-2477 Portuguese: 045-336-2488
記事検索
検索

全13ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

あの日から二年六か月

イメージ 1
 
二年と半年が経ちました。
 
汚染水漏れがいよいよ深刻化、
その一方で、2020年の東京へのオリンピック開催が決定し、
とても重要な、けれどまるで真逆のニュースが、短い期間に入ってきました。
 
でも、この震災から二年半という事実は、
話題性のある一過性のニュースとはまた別の視点から、
今の日本の状況を静かに物語っていると思います。
 
イメージ 2
 
オリンピック開催が決まり、その特需に期待する経済界は理解できるのですが、
おそらく消費税の値上げはもう決まったようなものでしょうし、
消費税が上がる前に、と、駆け込み需要で家を買う人も増えると思います。
 
開催に向けて必要な施設の整備と、それとは別の、消費税値上がり前の住宅の購入、
そういうものが重なれば必ず、復興に必要な、資材の不足と価格高騰が起こります。
 
震災から○年ということを思い起こすのは、
亡くなった多くの人たちを悼むためなのは、もちろんですが、
残された人たちが、あれからどうしているのか、
自分自身の日常生活の中で、一瞬でも立ち止まって、心に留めるために必要なことだと思います。
 
今月のように、切りのいい月にしか、その時の黙祷を生放送しないNHKですが、
(先月はありませんでした)
その日その時に、たとえ遠くからでも、被災者の方たちと黙祷することは、
震災から日が経ち、記憶が薄れていくからこそ、
そのリアリティに立ち返る、大事な機会なんじゃないかなと思います。
 
オリンピック開催が、被災地の復興のためになると良いんですけどね。
 
IOCでの日本のプレゼンは、素晴らしかったろうと思います。
でもそれが、現実離れした「寸劇」に終わらないために、
オリンピック特需に沸くだけでなく、
あと7年、足元を見て過ごしていかなければいけないなと思います。

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

2年と5か月

早いもので、あの東日本大震災から今日で2年と5か月。
今月はお盆ということもあって、少し気持ちが違います。
 
平日に11日が当たってしまったときは、なかなかできないのですが、
今月は土日だったということで、その時間に黙祷を、と思っていました。
しかし、2時半くらいから雲行きが怪しくなり、急に暗くなり、
局地的なものでしょうが、ここのところのスコールの中でも、特に雷と雨がひどいスコールが…
 
NHKでなにか11日に合わせた放送があるかなと思っていましたが、
ちょうどその時間、停電に。
近くで雷が落ちたのか、あの震災のときでさえ停電のなかった我が家も停電しました。
すぐ復旧しましたが、その後まで切れて、
もともと天候の変化には弱いという地デジですが、こんな日に限って…という感じでした。
そのため、普通に自宅で自分たちだけで黙祷しました。
 
ちょうど停電中だったので、何か放送があったのかどうか分かりませんが、
つい先日秋田で豪雨の被害があって、まだ避難所で過ごしている方々がいるし、
先月も、山形で大雨の被害があったり、
都内ですら、局地的豪雨の際の雷で一人死者が出ましたよね。
 
奈良で震度6という誤報で、久しぶりに地震警報が鳴ったりと、
大きな地震が来たわけでこそないもの、局地的な自然災害が続いている日本ですが、
せめて、お墓詣り等で被災地を訪れている遺族の方々が、
別の大雨の被害に遭わないように…と願います。

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

いよいよ明日から家庭用電気の電気料金値上げか…と思い、
気持ちの問題程度かもしれないけれど、
今のうちにアイロンとか洗濯機を回すとか、電気を使う家事はやっておこうと、家事をしていましたが、
 
9時から民放でやっていた、『首都大震災 わすれない3.11』、という特集番組を見ているまさにその最中に、
津波注意報が流れ、「これは何かの演習それとも現実」と、ゾッとしました。
 
番組の内容としても、もし首都圏で直下型地震が起こったらどんな現象が起こるか、
怖くならざるをえない内容でしたが、
次々に出てくる津波注意報で名前が出ている地域が、まさに予測されている南海トラフ巨大地震の地域で、
もしかして本当に、これから来るのかと思いました。
 
 
今日は昼間、首都圏でも地震を想定した大規模な訓練があったはずで、
このタイミングで広域にわたる津波警報が出されたのは、偶然といえば偶然ですが、
背筋が寒くなりました。
 
現実だと分かったとたん、もうこの番組を見ている場合じゃないと思い、NHKに切り替えましたが、
各地の原発の安全性を、現在確認中だという内容も流れ、
まるで、去年の3月11日の日の緊張感がよみがえるようでした。
 
地震発生時刻は9時48分ごろ、震源はフィリピン諸島沿岸だそうですが、
沖縄・奄美〜東北にかけての太平洋岸沖に津波注意報が出され、
各地域での津波到達予想時刻が出ていて、岩手県では避難勧告が出ている地区もあるようです。
 
南海トラフ地震の前兆…じゃないと良いんですが
思わず、お風呂に水を溜めてしまいましたよ
 
そういえば今日は満月です。

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

震災から1年5か月

イメージ 1
 
オリンピック開催年ということで、連日メダル獲得に沸く日本ですが、
今日で東日本大震災から1年5か月が経ち、
二回目のお盆を迎えました。
 
少しずつ、もとの職場へ戻る人たちが増えてきた反面、
その人たちが辞めてしまうので、
仮設住宅などを回って、被災者の様子を確認する支援員の数は減ってきているそうです。
 
難しい問題ですね…
支援を受ける側からすると、同じ被災者だからこそ、心を開けたという部分もあるようです。
地元の復興が進めば、逆に人手が足りなくなる部分も出てくるということで、
支援の形は、常に変わっていかなければならないということを考えさせられました。
 
  
 
オリンピック期間中は、戦争を休止しようという理念さえあるのに、
韓国の大統領が突然竹島に上陸し、竹島が韓国の領土であることを主張したのは、
平和理念に逆行しているような行動で、なにか残念でしたね。
日本側は、国際司法裁判所への提訴を検討しているそうですが、
オリンピック期間中に、内政の都合であれ何であれ、韓国が挑発的なことをしてきたのは残念です。
 
日本は韓国ほどナショナリズムが強いわけじゃないので、
こういうことが起こったからといって、熱くならず冷静に対処できると思いますが、
思えば前大統領は自殺したわけで、
どうやら今回も不穏な雰囲気だし、韓国の政治情勢が心配なところではあります。
 

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

一年と4か月

イメージ 1
 
ブログで取り上げることは少なくなりましたが、
テレビで特集が組まれている月も、なにもない月も、11日の2時46分には黙祷しています。
人に会っている最中だったりして黙祷できないときでも、その時刻に携帯のアラームが鳴るように設定してます。
 
教室に通っている最中は、なにかと急に費用がかかったりして余裕がないですけど、
一段落したら、やはり福島の会津木綿を買いたいです。
 
 
せめて、食料品や日用雑貨には消費税がかからないようにする選択肢はないんだろうか…
生命の維持に直結するような部分なのに、
「消費税」として一律に税金をかけて値上げすることには、大反対です。
 
イギリスに留学していたとき、よく学校の帰りに家のおつかいで食料品を買って帰ってましたが、
イギリスでは、食料品には消費税がかかってなかったはず。
「欧米では10%台が当たり前」と、メディアはよく言っているけれど、
パッとテロップで出すんじゃなくて、
日本のように、すべてのものに一律にかけているわけではないということを、
もう少し、メディアはちゃんと説明したほうがいいと思います。 
 

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

全13ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事