えばゆあぶろぐ

我が家は全員無事です。被災者の方々のご無事をお祈りするとともに、被災地や原発の危険地域で尽力されている方々に心から感謝します。

東日本大震災(東北関東大震災)

[ リスト | 詳細 ]

2011年3月11日午後2時46分。

死者数は、16年前の阪神淡路大震災を大きく超え、
日本では戦後最悪の、世界的に見ても数百年に一度という自然災害が起こりました。


私自身や家族は無事でしたが、自身に被害がなかったぶん、
この書庫には、被災した方々にとっても、被災を免れた方々にとっても、
できるだけ有益かつ実用的な情報を載せていきたいと思っています。

ネットを通しての、デマや風評被害が問題になっていますが、
いたずらに不安を煽ることのないよう、情報を絞り、情報源を明確にするよう心がけています。
そのため、他の書庫の記事とは雰囲気が違いますが、ご了承くださいね★

今回の震災は、阪神淡路のときとはまた異なる種類の大災害で、
救出・支援活動や復興活動、ボランティア活動も難航しています。
地震から半月経ち、ようやく今回の災害の全体像が見えてきたように思いますが、
直接被災した方々にとってだけでなく、
多くの日本人にとって、この先、長い闘いになることは間違いありません。

でもいつか、皆に笑顔が戻ることを信じています。


『日本いのちの電話連盟』
毎月10日はフリーダイヤル 午前8時から翌日午前8時まで 0120-738-556

・岩手県 社会福祉法人 盛岡いのちの電話 019-654-7575 12:00〜21:00 日曜12:00〜18:00
・宮城県 社会福祉法人 仙台いのちの電話 022-718-4343 24時間
・福島県 社会福祉法人 福島いのちの電話 024-536-4343 10:00〜22:00
・茨城県 社会福祉法人 茨城いのちの電話 029-855-1000 24時間
・千葉県 社会福祉法人 千葉いのちの電話 043-227-3900 24時間
・東京都 社会福祉法人 東京いのちの電話 03-3264-4343 24時間FAX: 03-3264-8899
・神奈川県 社会福祉法人 横浜いのちの電話 045-335-4343 24時間 FAX: 045-332-5673
Spanish: 045-336-2477 Portuguese: 045-336-2488
記事検索
検索

全13ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]

 
毎日新聞 3月27日(日)23時19分配信
http://amd.c.yimg.jp/im_sigg6kS1Zz7YemofqKmyn02v2Q---x200-y133-q90/amd/20110327-00000039-maip-000-0-thumb.jpg
拡大写真
陸上自衛隊がヘリで撮影した福島第1原発=2011年3月27日、防衛省提供
 東京電力福島第1原発で、作業員3人が被ばくした3号機に続き、1、2、4号機でも放射能を帯びた水がタービン建屋の床にたまっていることが明らかになった。特に2号機は、水の表面での放射線量が毎時1000ミリシーベルト以上と、一般人の年間被ばく限度の1000倍を1時間で超えてしまうほどの高い値だ。原子炉内で何が起こっているのか。作業にどう影響するのか。【西川拓、酒造唯】

【2号機で高濃度の放射性物質】排出作業を中断

 第1原発で使われている「沸騰水型軽水炉」は、原子炉内で核燃料の核分裂反応によって出た熱で水を沸騰させ、その水蒸気を直接タービンに送り込んで発電する。元々、放射性物質を含んだ水蒸気でタービンを回す仕組みだが、通常は外に漏れない。

 吉田正・東京都市大教授(原子炉工学)は「非常に高い放射線量だ。原子炉圧力容器内で中性子を吸収して生成されるセシウム134などが含まれており、炉内の水だろう。2号機は核燃料がかなり壊れていて、そこを通過した水が何らかのルートで漏れたのではないか」と推測する。

 出光一哉・九州大教授(原子力工学)も「放射能濃度から見て、使用済み核燃料プールの水ではなく、圧力容器内の水の可能性が高い。原子炉圧力容器からタービン建屋への配管には、途中にポンプや計測装置があり、それらの継ぎ手などから漏れたのかもしれない」と指摘する。

 東電は、復旧した外部電源を使い、タービン建屋に隣接する淡水タンクからポンプで原子炉内に注水して炉内の冷却を試みようとしている。現在の注水ルートより高い冷却効果が期待できるが、2号機ではポンプが故障しており、交換が必要だ。

 しかし、タービン建屋内の高濃度汚染水のため、27日夜現在、作業は中断したままだ。東電は、汚染水をポンプで復水器に排水して除去する計画だが、現場では線量計が振り切れ、正確な放射線量も分からない状況で難航している。

 一方、1号機は27日午後から排水量を3倍に増やし、毎時18トンを復水器に排水しているほか、3、4号機は排水方法を検討している。

 出光教授は「放射性物質の吸着剤などを使って、いったん放射線量を下げてから排水する手段などが考えられる。除染して作業しやすくし、炉内の冷却を急ぐ必要がある」と話している。

 ◇誤情報9時間半

 福島第1原発2号機のタービン建屋で見つかった水に含まれる放射能濃度を巡り、東京電力と経済産業省原子力安全・保安院の27日の発表は大混乱した。当初発表された「1立方センチ当たり29億ベクレル」というヨウ素134の値は、通常運転中の原子炉内の水の1000万倍という超高濃度。結果的に取り消されたが、
9時間半にわたって誤情報が流れた。

 ヨウ素134は半減期が53分と短く、停止から2週間以上が経過した原子炉にはほとんどない。高濃度で検出されれば、炉内で核分裂反応が続く「臨界」状態の可能性を示唆する一大事だ。だが、核分裂反応に伴って放出される中性子が検出されず、臨界の可能性は極めて低い。

 伊藤哲夫・近畿大原子力研究所長は「あり得ない値だと思い、政府に対して確認を求めたところだった。専門家が見れば誰もが疑問に思うようなデータをそのまま発表すれば、国民の不信感が増大する」と話す。【須田桃子、西川拓】


【関連記事】
【図説】被ばく量と健康への影響の目安…など
【わかりやすく図説】日本のほかの原発は…地図で確認
【北西30キロ、1日で1年分の放射線】周辺町村の積算線量 地図で
【Q&A】ベクレル・シーベルトの違いは? 雨に濡れたら?
【デマに注意】うがい薬を飲むのは厳禁、効果なし
最終更新:3月27日(日)23時19分
 

 
東京電力の信頼度は、地に落ちたと言っていいと思います…
データの隠蔽のみならず、検査ミスだなんて。
 
最初に地震が起こったとき、津波の映像を見てこれは大変だとは思いましたが、
半月後も、まだ原発事故の解決見通しが立たないだなんて、思っていませんでした。
少なくとも、新たな問題がこんなに毎日出てくるとは思ってなかったのですが…
 
地震と津波は天災ですが、原発は人災です。
 
海外の友達に、しばらくして状況が落ち着いたら連絡しようと思っていましたが、
とりあえず、彼らが最も関心があるのは原発なので、津波被害はともかく、
原発については、少しでも明るい見通しがたったときに連絡しようというつもりでした。
 
風評被害もあるので、被害の状況だけでなく、
できるだけ「良い知らせ」を日本から届けたいというのが本音でしたが、
これはしばらく無理そうです…
原発事故の見通しが立つのを待たず、できるだけ大勢に、メールで義援金の呼びかけをするより仕方ないです。
 
こんなとき、高所得層に友達がいれば良かったなぁと思うのですが、
そういう人に限って、メールアドレスを紛失してしまっていたり…
何年も連絡を取っていない相手に…頼みにくいなぁ…という気持ちもありますが、
私が今すぐできることって、海外の友達や知り合いへの義援金の呼びかけくらいだし、
日本人を心配している人たちもいると思うので、
過去の友達でも、具体的に知っている人から連絡があれば、より積極的に協力してくれるかもしれません。
 
政府の文句言っていても、解決の見通しが立たないし、
自分でできることから、やってみるしかないですね〜
 
 

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

どうなる?計画停電

直接の被災者ではない首都圏の人たちが、
まるで自分たちが被災したかのような状態になってしまった原因の一つ…
 
それがまぎれもなく、計画停電です。
 
「各家庭で節電しよう」
それで済めばよかったのですが、実際は、日常生活や企業活動に大きな打撃が…
そして、東電の計画停電についての告知のあまりの遅さ、
現在の5グループを、26日からさらに細かく25に分ける、と言っておきながら、
またまた変更で、26日27日は、計画停電ナシ!!と。
 
リアルに困るのは、同じ系列の店舗でも、お互いに電話すらできなくなるということです。
在庫の確認をしようにも、電話をかけようとする店が停電中だと、電話も繋がらない。
 
そして、計画停電の予定がコロコロ変わるので、
開いていると思って行った店が、計画停電で急遽営業時間を短くしてしまい、開いていない。
自分の行き先のお店とか、事前に計画停電の時間帯を調べておかないと、
行ったところで、急遽閉店になって、開いていないかもしれないんです。
 
信号にしたって、家から出て行き先の途中まではちゃんとついていても、
途中から計画停電中の地域に入ってしまったら、信号がついてない。
交差点すべてに警官を配備するなんてことはできないので、
結局のところ、交通整理をする人もおらず、実際に何件も交通事故が起こってます。
 
これをどうするのか?
 
 
今現在、福島原発で危険な作業に携わってくれている作業員の方々には、心から感謝します。
けど、東電全体として見たとき、「なんでそんなことになってるの?」と思うほど、
対処がまずい。頭がよろしくない。
自分たちがしていることが、日本経済にとってどれだけマイナスか、理解しているとは思えないです。
 
被災者の人たちよりはずっとマシ…とはいえ、
この状況では、被災地を助けるために、国の経済復興をするのも無理なんじゃないかと思います。
 
 
この生活はいつまで続くの?と思っているのは被災地の人たちだけでなく、
首都圏の人たちも同じだと思います。
与野党とも、内輪もめや小競り合いなんてしてる場合じゃなかったんですよね。
 
「欲しがりません勝つまでは」の時とは、状況が違います。
むしろ、きちんと生産活動をして、消費活動をすることが経済復興に繋がるわけで、
買い控えするどころか、本当なら、積極的に物を買わないといけないくらいなんです。
 
節約モードは、ただでさえデフレだったところに拍車をかけるだけ。
いくら節電させるためとはいえ、電気代を上げるだなんて、ただでさえ困難な復興を妨げることになります。
すでに世界一借金の多い国、ニッポンなわけですが、
ここは国債大量発行以外、道がないように思います。
 
給与が上がらないところにきて、これで物価が上がったりしたら、スタグフレーションになってしまうかも。
実際、異常気象のせいもあって国内外とも作物が例年通りに育たず、
商品によってはすでに値段が上がると分かっているものもあるし、原油やガソリンの値段は下がる気配なし。
 
ふー。
これは…相当に重篤な状態です。
 
 
 
とりあえず、どう考えても賢いやり方とは思えない東電の計画停電をどうにかするところから始めて、
福島原発をどうするのか、廃炉にしたとして、首都圏の電力をまかなうための代案はあるのか、
一日も早く何とかしなければ、明日にでも倒産する中小企業が数多くあると思います。
津波被害で大損害を被った東北地方を助けるためにも、
首都圏は、稼がないといけないんです。
 
節電についても、どういう方法なら最も経済的な損失が少なく、効率良く節電ができるのか、
このまま東電の人たちに任せておいても、何も案が出てきそうにないので、
いろいろな知識人が集まって、最も妥当な方法を探すしかありません。
 
サマータイムを取り入れることは、もう必須だと思いますが、
電気は「貯めることができない」以上、いくら夜に使わずにいても、そのぶんが昼間に回ることはないわけで、
生活スタイルから見直して、工場を、昼間でなく夜間に稼動させるとか、
どうにか工夫していく必要があります。
 
今の計画停電は、「不便」という域を超えて、もはや「不毛」です。
これでは、企業がまともに活動できず、日本経済は衰退していく一方です。
なんとかせねば。
 
 
- Yahoo! JAPAN   
 
 

計画停電による主な影響

最も深刻な影響の一つは、非常時の通報。火事になっても火災報知機、煙感知器が鳴らない可能性がある。また、停電でエレベーターが止まり、閉じ込められる人も出るかもしれないという(朝日新聞)。
  • 電話やネットが使用不能に(産経新聞
  • ほとんどの信号機が作動しなくなる恐れ
  • 断水する地域がある恐れ
  • エアコンなどの暖房が使えなくなる
  • 冷蔵庫の電源が切れる
  • 家庭の医療機器が使えなくなる

計画停電の際の注意事項

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

2011-3-24 10:38:00

妊娠されている方、子どもを持つご家族の方へ
日本医学放射線学会理事長 杉村 和朗
放射線防護委員会委員長 中村 仁信
同委員 大野 和子
妊娠されている方、子どもを持つご家族の方へ
 
水道水の健康影響について
 
 福島原発の事故以来、原発周辺地域にお住まいの皆様は、本当に大変な日々をお過ごしだと思います。特に、妊娠中や乳幼児を抱えるご家族の方のご心配は、察するにあまりあります。
 
 3月23日に、東京都水道局は、一部地域では放射性物質の量が基準値をこえたとして、乳児のミルクには、水道水を使わないことを推奨しました。東京都民など遠方のかたにも、ご不安に感じられるような報道が続いています。皆様へ放射線の影響について、正確にお伝えし、不要な不安に陥ることがないように、特に、妊婦の方には安心して妊娠を継続していただくことが重要だと考えています。
 
 また、水道水以外、他にお水を買えないからといって、不安に陥ることも、お母さんが自分を責める必要もありません。今回の濃度上昇は一時的なものです。必ず下がります。
 
 今は日本全体が大変なときです。以下のQAを落ち着いてお読みください。そして、また、震災の被害を受けても頑張っている方々を応援し、支えていきましょう。
                     
Q1)妊婦が乳児の基準を超える放射線量を含む水を飲んだ場合は、おなかの子には影響はでないのでしょうか。また、選べるとしたらどのような水を飲むように気をつければよいでしょうか。
 
A1) 3月23日に、東京都水道局が発表した、放射性物質の濃度の水を、お母さんが飲んでも、お腹のお子さんへの健康影響はありません
 安心して、今まで通りにしてください。
 現在、いろいろな数値や情報が流れています。みなさん方が不要な不安に陥らないことを、願っています。
 
(補足説明)
 水道水の中に含まれている放射性物質の量を、行政は、継続して確認しています。一時的に、通常よりは数値が高くなったので、発表し、今後の経過に注意するように呼びかけたのです。
 水道水に関する基準は、放射線が検出された水だけを、毎日一年間飲み続けると仮定し、それでも、心配する必要がない濃度を、基準値として設定しています。とても厳しい値です。ですから、この基準値を超えたら危険という数値ではありません。
 なお、通常PETボトル等で流通している水については、放射性物質の濃度を、国際的に定めています。どのような用途にも使えるように、との配慮だと思いますが、今回問題となっている乳児への基準値と同じ値です。
 
Q2)母乳のお母さんは乳児の基準を超える放射線量を含む水を飲んでも、母乳は大丈夫なのでしょうか。また、選べるとしたらどのような水を飲むように気をつければよいでしょうか。
 
A2)お母さんが飲む水に、今回のような、ごく僅かな量の放射性物質が含まれていたとしても、母乳には、それよりも、さらに少しの量が含まれるだけです。現在のように、大人に適用している基準値以下の場合に、乳児の基準値を超えることはありません。従って、その他の水を探す必要もありません。
 
Q3)水の煮沸、ろか、長期間の保存で放射線量は減るのでしょうか。減るとした場合、どの程度減るのでしょうか。あるいはそもそも水の放射線量を減らす方法はあるのでしょうか。
 
A3) 放射性物質は、いつまでも放射線を出し続けるわけではありません。放射性物質から出る放射線の量は、時間とともに少なくなります。水道水に含まれていたヨウ素は、8日程度立てば、放射線量は半分になります。どうしても気になる方は、一晩汲み置いて使うだけでも放射線量は減ります。
 
(補足説明) 
 浄水装置などでヨウ素除去をうたっている物もありますが、どの程度の性能かが判りません。あえて紹介することは避けました。
 また、水に雑菌が入る可能性もありますから、くみ置きした水道水を一週間も放置することは避けてください。
 
Q4)基準を超える水を料理に使用して料理を乳児に与えることは、問題ないでしょうか。また、何歳から大丈夫なのでしょうか。
 
A4) 今回問題となった基準値は、赤ちゃん向けの、ミルクを調製すために用いる水を対象としたものです。非常に厳しい数値で、水道水の値がこれを超えたからといって、お子さんの調理だけ別のお水にする必要はありません。お子さんの健康に影響が及ぶことはありません。

 東京都が用いた、暫定基準は、http://www.metro.tokyo.jp/INET/OSHIRASE/2011/03/20l3nf00.htm
食品衛生法に基づく暫定値です。
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r98520000015ox9-img/2r98520000015oyx.pdf
 またミルクを主に飲んでいる離乳前のお子さんが対象です。一歳未満のお子さんのことではありません。

放射線防護専門医からのコメント
 現在東京都では、乳児のミルクには、水道水を使わないことを推奨しています。しかし、他のお水を買えないからといって、不安に陥ることも、お母さんが自分を責める必要もありません。今回の濃度上昇は一時的なものです。必ず下がります。
 今は日本全体が大変なときです。落ち着いて、また、明日からは福島で頑張っている方々を応援し、支えていきましょう。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

放射線医学総合研究所
平成23年3月25日(金) 10:20更新
 
1.東京都の金町浄水場の水道水に、1リットルあたり210ベクレルの放射性ヨウ素が含まれていると報道がありましたが、大人は飲んでも大丈夫ですか?
 
 大人が飲んでも、健康への影響を心配する必要はありません。放射性ヨウ素に関する国の安全基準値は、水1リットルあたり300ベクレルです。この基準は、放射性ヨウ素を含む水を長期間摂取し続けた場合でも甲状腺が受ける放射線量が1年当り50ミリシーベルト以下となるように決められています※1
 
 例えば、300ベクレル/1リットルの水を大人が毎日2リットル、2ヶ月間飲み続けた場合、国際放射線防護委員会による換算係数に基づけば、約790マイクロシーベルトの被ばくを受ける計算になります。この値は人間が自然界から1年間に受ける放射線の量の3分の1程度で、健康への影響を心配する必要はありません。なお、放射性ヨウ素は半減期(放射能としての能力が半分になる時間)が約8日です。8日経つと半分になり、さらに8日経つと4分の1になります。よって、一度体内に取り込んでも2ヶ月後には100分の1以下になります。
※1 原子力安全委員会「原子力施設等の防災対策について」(平成22年8月最終改訂)
 
2.上記の問いにある水を料理に使っても良いですか?
 
 料理に使っても、健康への影響を心配する必要はありません。安全基準は、料理で使うことも考慮して、健康影響の現れる可能性が小さくなるよう決められています。
 
3.上記の問いにある水を、シャワーやうがい、歯磨きなどに使っても大丈夫ですか?
 
 水道水を飲用や調理以外の用途で使用しても、健康に影響はありません。安全基準と同じ濃度の放射性ヨウ素(300ベクレル/リットル)と放射性セシウム(200ベクレル/リットル)の両方を含む水道水を飲用以外で1年間利用し続けた場合、水から出る放射線で約14.5マイクロシーベルト、水から揮発した放射性ヨウ素と放射性セシウムを体内に取り込むことによる被ばくが最大250マイクロシーベルト程度になると推定されています。これは東京・ニューヨーク間を1往復すると飛行機内で被ばくする放射線量にほぼ同じで健康への影響を心配する必要はありません。
 
4.放射性ヨウ素は沸騰すると蒸発すると聞きましたが、本当ですか?
 
 放射性ヨウ素は沸騰しても蒸発しないと考えられます。水分が蒸発し、むしろ放射性ヨウ素が濃縮される場合があります。
 
5.妊婦や子どもへの影響はありますか?
 
 これについては、以下の学会の見解を参考にしてください。
 

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

うちはBBCを視聴しておりまして、今回の震災の報道も時々見ています。
 
どうしてBBCを契約したかって、
世界各国のメディアの中で、何か事件があったときに真っ先に報道するのがBBCだからなんですが…
 
 
大震災以降、NHKを中心に震災の様子をテレビで見てはいますが、
結局、一回目の放水車での放水は生中継されなかったように、
やはり日本の放送局は、視聴者のメンタル面も考えて放送しているようで、
海外メディアのほうが、現場により深く入り込んだ取材をしていたりします。
住人へのインタビューや、瓦礫の山の映像も、日本の映像より遠慮なしに撮っているので、
より悲惨さが伝わってきます。
 
 
原発事故のあと、BBCはすぐに専門家の解説つきで状況を説明していましたが、
福島原発が1971年製の、比較的古い構造の原発だということを、日本のニュースでなくBBCで知りました。
イギリスの原発にこういう構造のものはないから大丈夫、と言ってましたが、
福島原発は古いために津波対策ができていなかったのも、今回の事故の原因のようです。
 
環境保護の流れの中、二酸化炭素を放出しない原子力発電には、欧米各国ともに注目していたようですが、
フランスもドイツもアメリカも、原発の稼動延長や建設を見合わせていますね…
でも、いくらなんでもフランス人が、軍用機を使って自国民を帰国させたと聞いて、
そこまでやる?とビックリしましたが…
 
日本から数時間で移動できる台湾に、一時避難している外国人が多いようですが、
日本から届いた食材は、ホテルの厨房でも基本的に分けられてしまい、
スーパーなどでも、お寿司の売り上げは激減しているらしいです。
魚介類も放射能の影響を受けているというニュースが日本で流れるよりも前から、
お寿司の買い控えは始まっていたようで。
 
日本人は、葉物野菜が福島県産かどうかで心配していますが、
外国からしたら、日本の食べ物、というだけで、すでに避ける対象になっちゃってるんですね。
風評被害って怖いです。
 
ちなみに、日本の大震災についてダライ・ラマへのインタビューもありました。
もし日本人にメッセージを届けられるとしたら、
「自信(self-confidence)を失わず、辛いこと悲しいことを振り返り続けることなく、
前を向いて欲しい」とのことでした。
 
 
でも…
被災地には、いまだ一万6千人もの安否不明者がいて、
亡くなったのか、どこかの避難所にいるのか、それとも孤立してしまっているのか、
それすら分からないまま、家族を毎日一生懸命探している人たちが大勢います。
街の復興に向けて、少しずつ動き始めている人たちもいる一方で、
家族の安否が不明なまま、今の避難所から別の避難所に移動することはできない、という人たちもいて、
その苦悩は、想像を絶するものだと思います。
 
まだ、「前を向く」段階ではない人たちも大勢いて、
一方で、原発の放射能漏れ事故は、いまだ予断を許さない状況です。
 
津波対策は十分にしてきていた地域が、想定をはるかに超える14mという津波に襲われ、
被災者の方々が、悔しさと無力感に襲われていることは想像に難くないです。
卒業生代表の言葉で、
「神が与えた試練というには、あまりにむごすぎる…」と涙していた男子生徒の言葉がズシンと来ました。
答えがないことは分かっているのに、ふと思ってしまいます。
「どうしてこんなことになったんだろう…」って。
 
 
 
 
 
ちなみに、「Spanish-Espanol」という書庫に、主に福島原発の放射性物質漏れについての記事をまとめました。
といっても、最低限生活に必要な情報、特に放射能漏れへの対応について、
NHKの在日外国人向けインターネットラジオや、
放射線医療総合研究所の情報を、東京外国語大学の多言語文化センターが翻訳したものです。
私個人が訳したものじゃありませんよ、安心してください
(私も一応多少はできますが、大変重要で専門的な内容ですし、責任持てないので…)
 
英語の情報は探せばまだいろいろあるかと思いますが、スペイン語はそんなにないと思うので、
もし身近に、必要としている人がいたら、こういう情報のサイトがあるということを教えてあげてください。
スペイン語以外にも、17の言語の訳があります。 
 
 

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全13ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事