えばゆあぶろぐ

我が家は全員無事です。被災者の方々のご無事をお祈りするとともに、被災地や原発の危険地域で尽力されている方々に心から感謝します。

東日本大震災(東北関東大震災)

[ リスト | 詳細 ]

2011年3月11日午後2時46分。

死者数は、16年前の阪神淡路大震災を大きく超え、
日本では戦後最悪の、世界的に見ても数百年に一度という自然災害が起こりました。


私自身や家族は無事でしたが、自身に被害がなかったぶん、
この書庫には、被災した方々にとっても、被災を免れた方々にとっても、
できるだけ有益かつ実用的な情報を載せていきたいと思っています。

ネットを通しての、デマや風評被害が問題になっていますが、
いたずらに不安を煽ることのないよう、情報を絞り、情報源を明確にするよう心がけています。
そのため、他の書庫の記事とは雰囲気が違いますが、ご了承くださいね★

今回の震災は、阪神淡路のときとはまた異なる種類の大災害で、
救出・支援活動や復興活動、ボランティア活動も難航しています。
地震から半月経ち、ようやく今回の災害の全体像が見えてきたように思いますが、
直接被災した方々にとってだけでなく、
多くの日本人にとって、この先、長い闘いになることは間違いありません。

でもいつか、皆に笑顔が戻ることを信じています。


『日本いのちの電話連盟』
毎月10日はフリーダイヤル 午前8時から翌日午前8時まで 0120-738-556

・岩手県 社会福祉法人 盛岡いのちの電話 019-654-7575 12:00〜21:00 日曜12:00〜18:00
・宮城県 社会福祉法人 仙台いのちの電話 022-718-4343 24時間
・福島県 社会福祉法人 福島いのちの電話 024-536-4343 10:00〜22:00
・茨城県 社会福祉法人 茨城いのちの電話 029-855-1000 24時間
・千葉県 社会福祉法人 千葉いのちの電話 043-227-3900 24時間
・東京都 社会福祉法人 東京いのちの電話 03-3264-4343 24時間FAX: 03-3264-8899
・神奈川県 社会福祉法人 横浜いのちの電話 045-335-4343 24時間 FAX: 045-332-5673
Spanish: 045-336-2477 Portuguese: 045-336-2488
記事検索
検索

全13ページ

[10] [11] [12] [13]

[ 前のページ | 次のページ ]

放射線医学総合研究所 
平成23年3月17日(木) 11:00更新
 
1.関東一帯でも放射線のレベルが高くなっていると報道で聞きました。大丈夫でしょうか?
 
 放射線のレベルが通常の10倍あるいは100倍などと聞くと、たいへん高い線量のように感じられると思いますが、実際には健康に影響のないレベルです。
 
 15日午前9時〜午後5時に東京と栃木、群馬、埼玉、千葉、神奈川、山梨、静岡の1都7県で計測された放射線レベルでは最大で、1時間1マイクロシーベルトと報告されています。これは、例えこの放射線レベルで1年間生活したとしても、合計の放射線量はおよそCT検査1回分程度と、健康に影響のないレベルです。また、実際には、ピーク時の値がずっと続くようなことはありません。
 
2.被ばくの検査をしてほしいのですが、できますか?
 
 放医研では、一昨日、昨日と東京電力や付近で作業をしていた方の被ばくの検査を行いましたが、これまで除染が必要となるような被ばくをしていた方は一人もいらっしゃいませんでした。
 
 こうしたことから、屋内待避や避難という指示の対象外の方には被ばく検査の必要がないと考えております。
 
 なお現在、避難所では被ばくの検査を行っていますが、これは健康に影響がないことを実際に確認して、安心して頂くことを第1の目的としております。
 
3.除染とはどのようなことを行うのですか? 家でもできますか?
 
 お風呂に入る、髪や体を洗う、衣服を洗濯することです。よって普通に生活していても日常的に除染を行っているということになります。
 
4.私は妊婦です。放射線の影響はありませんか?
 
 妊婦の方におかれましても、他のみなさま方と同じ対応で問題ありません。放射線量として、100ミリシーベルト以下では胎児への影響(奇形、精神遅滞など)は起こらないと考えられています。また、胎児へのその他の影響(小児期や成人期のがん)については、生活習慣など放射線以外のものを原因として生じる危険性と比べて、現在の状況で住民の方が受ける可能性のある少量の放射線から予測される危険性は遥かに小さいと考えられるため、過度に心配する必要はありません。
 
 また、安定ヨウ素剤は、薬の一種です。アレルギーなど副作用を起こす可能性がありますので、服用には注意が必要です。妊娠中の方はご自分の判断で、ヨウ素剤を飲んだり、ヨウ素を含むうがい薬や消毒薬などを飲んだりなさらないようにして下さい。
 
その他、妊婦さんの注意点は下記ホームページをご参考ください。
 
正しくは胎児被ばく線量が100ミリグレイ以下と表現すべきところですが、全身均一被ばくと仮定して、ニュースなどで用いられているシーベルトを用いた説明とさせていただきました。
自宅で一人(と一匹)でですが、14:46、私も黙祷をしようと思います。
 
一週間前のこの時間は、まだ誰もが、いつもと同じ普通の生活をしていたんですよね。
あまりにも突然の出来事でした。
 
イメージ 1
 
 
 
被災地で避難生活を続けている方々、被災者の方々のために昼夜問わず働いている方々、
親族や友達を探している方々、亡くなられたのを確認された方々、
今もどこかで救援を待っている方々、
 
きっと、希望を失うことなく、苦しい時期を一緒に乗り越えていきましょう。
福島原発の冷却作業は、今日が山場だそうですが…
現場の作業員の人たちも心配ですが、正直、自分や身近な人たちのことも心配です。
 
どうか、使用済み燃料プールへの、高圧放水車での放水作業が成功しますように。
そして、放射性物質が大量に漏れ出すのを回避できますように。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
テレビはつけていますが、 
怖くて画面を直視できません。
こんな中継って…
 
 
どこの神様でもいいから、どうか福島と日本を助けてください。
 
 
 
 
 
 
 
確かに、私も今こんな状態です…
普段どおり仕事をしている人より、家で地震に備えている人のほうが、こうなりやすい気がします。
実際私は、もう3〜4日、ベッドで寝てないです。
こうなってしまうものなんですね…
 
ストレスで過食に走ってきてます…食料はたくさんあるだけに(汗)…普段は過食はないんですが。
 
 
16:30
「東京電力管内で、大規模停電の恐れがある」と、今さっき情報が入ってきました。
首都圏、鉄道各社に本数削減要請、だそうです。
 
とりあえず、暖房等を消し、すぐ炊飯器でご飯を炊き始めました。
断水に備えて、浴槽にも水を貯めました。
玄関の電気はLED電球だし、防犯のためにも点けます…ごめんなさい。
停電が長引く可能性もあるので、 部屋の電気は最小限にし、ろうそくと懐中電灯の準備もしました。
 
今、湯たんぽ用のお湯をガスで沸かしているところです。
あと5分ほどで放水が始まるようです…
 
 
以下転載-------------------------------------------------------------------------------
 
2011年3月13日日曜日
【すべての方へ】災害時のメンタルケア(追記あり)
 
3月13日午前に知り合いの臨床心理士からとても有益な情報をいただいてこの記事を流しましたが、この情報についての説明を「追記」として3月14日夜に掲載したものをあらためて流します。
元の記事を各方面に転載したりメールしていただいた方も、できればこの「追記」の部分のみでかまいませんので、流していただけるとうれしいです。

(追記)
【災害時のメンタルケア】は、
トラウマ療法であるソマティック・エクスペリエンス®(SE)の療法家(米国在住)から届いたサポートメールをSEプラクティショナーであり臨床心理士の藤原千枝子とSEトレーニーであり臨床心理士である牧野有可里がまとめたものである。

【災害時のメンタルケア】

◆1.今こそ自分自身のメンタルケアを。

今はまだ地震直後であり、だれでもアドレナリンが噴出している時です。
こういう時は何かをしたくてたまらなくなりますが、まずはその自分自身の感覚に意識を向けてみましょう。
細々意識してみることをトラッキングといいます。
自分自身に対するサポートを最初にしてください。

私たちが落ち着いているか、不安エネルギーをまき散らしているかによって、様々なことが違ってきます。

◆2. テレビの視聴には気をつけてください。*特にお子様、感受性の強い老若男女の方々。

身体がだるくなったり、ボーッとしたり、涙が出てきたり、妙な罪悪感が湧いてきたり、
不安状態にある自分に気づいたら、即刻テレビを消すか、必要なニュース速報のみが
流れてくる全く違う番組にしてください。

テレビで繰り返し繰り返し流される悲惨な映像は、非常に強い吸引力を持ちます
(とかく最近のメディアは人々の不安をあおるのが特徴です)。

人によっては催眠にかけられたようにテレビの前から動けなくなる人もいるでしょう。

こうした映像に何度も何度も自分をさらすことは、何の役にも立ちません。

***私たちが生きていく為に必要な情報が得られれば、それだけでいいのです!***

トラウマの渦の引っ張り込む力はとてもとても強力です。

サンフランシスコ大地震の時は、繰り返されるメディア報道が人々にもたらすネガティブなインパクトは
甚大だったといいます。


◆3. 今一番に必要なのは、身の安全を確保することです。
避難場所、食べ物、人々が安全かどうかをチェックすることが優先です。


◆4. そして非常時に最も大切なのは、人とのコミュニケーションです。
人を求めるのは、とてもとても自然なことです。

その時の自分の思いを言葉にして、所属するコミュニティでシェアしたり、身近な人に伝えてみてください。
もちろん、手段はメールでも構いません。
「メールに書きながら落ち着いてきました。大丈夫です」とおっしゃる方、多いです。


☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

特にメディアが繰り返し繰り返し流す悲惨な映像によって距離が保てなくなり
自分が生きていることに罪悪感を感じてしまったり
全く逆に現実感を失って自分がここにいる感覚がボンヤリしてしまったり
・・・という声が私の元に次々届いております。
それで上記の文章を配信することにしたのですが、
「私の状態がそうでした!!そうだったんですね!」
という反応が今度は返ってきています。
(中略)

自分を見失うことなく
冷静な判断ができるように。

命が守られますように・・・。
こっちも今日の午前中に一度、震度3か4くらいの揺れがありましたが、
その程度です…全く無事です…
 
でも家にいると、いくらちりめんが一緒にいるとはいえ、
当たり前ですがちりめんは、何が起こっているか理解することはできないので、
テレビで現地の現状を見るたび、心が痛むばかりで、何も出来ない無力感に襲われます…
 
私は、偶然にも東北地方に親族がおらず、
親しい友人もいないので、心配度が全然違うかもしれませんが、
何もしないでいると、被災者でもないのに、心配で悶々として精神的に疲労してしまいます。
 
「何もしないよりは、何かしよう!!」ということで、
物資が届けられる状況になったら、すぐに送れる準備をすることにしました。
 
 
今回の災害は、地震の被害というよりも、津波の被害です。
完全に何もかも失ってしまった被災者らが多く、
新品のものでなくても、きちんと洗濯したりきれいにして使えるようにすれば、
助けになるはずです。
 
 
ただでさえ衣服がたくさんある私…
デザインが好きでせっかく買っても、サイズが合わなくて一度も着ていない服も。
必ずしも新品でなくても、今の流行の服でなくてもいいなら、
送れるものはたくさんあります。
 
大人用子供用、男女別、SサイズならSサイズなど、
サイズごとにまとめておくと被災者の人たちに配りやすい、とテレビで言っていたので、
サイズごとに分けて、送る準備をしたいと思います。
 
計画停電で断水したら困ると思って、あわててペットボトルの水も何本も買いましたが、
東京電力…あえて言うまでもないですが、今回の対応は散々。。。
しかし私の地区では、結局停電も断水も起こっていないので、
自分の飲料水はポリタンクなどに貯めておけるわけで…そこまで買う必要は無かったのでした。
被災地の状況を早くに知っていたら買わなかったのに、とも思います。
 
でもそういった、買い過ぎたものや、日用品もろもろを、
物資が届けられる状態になったらすぐ対応できるよう、用意したいと思います!!
 


 
今現在、個人での被災地への発送は不可ですが、
地方自治体によっては、支援物資の受付をしている自治体があります。
ただし、自治体によって受け付けているものが違うので、事前に電話で問い合わせてください。
 

・福井県地域福祉課 0776-20-0326
・岡山県県民生活交通課 086-226-7252
・高知県支援チーム 088-823-9018
・徳島県南海地震防災課 088-621-2297
・佐賀県危機管理センター 0952-25-7401
・長野県災害対策支援本部 026-235-7410(長野のみ受付は明日から)
 
 
下着類はやはり新品でないといけないようですが、
それ以外の衣類やタオル等は、ちゃんと洗濯して衛生的に問題がない状態にして送れば良いようです。
 
 
 東京電力(株)福島第一原子力発電所事故に関し、被ばく等の可能性をご心配になられている方は、先ず、以下のことを行っていただきます様お願い致します。
 汚染があったとしても、以下の処置でかなりの程度放射性物質を洗い落とすことが出来るはずです。
  1. 洋服、靴をぬいでビニール袋に入れる。
  2. 布やウェットティッシュなどで拭いとる(ふきとった布などはビニール袋に入れて捨てる)。
 シャワーが利用できる方は以下のことを行ってください。
  1. 髪をシャンプーする。
  2. 顔を洗う。(石鹸、ボディソープ)
  3. 体を洗う。耳の中、爪の間も洗う(石鹸、ボディソープ)。
  4. 洋服は洗濯するか、気になるようでしたら捨てるのがよいでしょう。
 
 東京電力(株)福島第一原子力発電所事故に関し、被ばく等の可能性をご心配になられている方は、先ず、以下のことを行っていただきます様お願い致します。
 汚染があったとしても、以下の処置である程度の放射性物質をふき取ることができます。ふき取った後は、汚染が広がることはありません。
  1. 洋服、靴をぬいでビニール袋に入れる。
  2. 布やウェットティッシュなどで拭いとる(ふきとった布などはビニール袋に入れて捨てる)。
 
 放射性ヨウ素が大量に体に入った場合、 健康への影響を低減するために、内服薬である『安定ヨウ素剤』を医師が処方する場合ばあります。

 市販品としてヨウ素を含んだものはたくさんあります。ヨードチンキ、うがい薬、のどスプレー、 消毒用せっけん、ルゴール液などです。
 これらを『安定ヨウ素剤』の代わりに飲むのは絶対にやめてください。

理由は以下のとおりです。
 ・うがい薬などの市販品は内服薬ではありません。これにはヨウ素以外の成分が多く含まれ、
 体に有害な作用を及ぼす可能性のある物質も含まれます。
 ・たとえ飲んだとしても、ヨウ素含有量が少なく、放射性ヨウ素が集まるのを制御する効果はありません。

わかめ等の海草にもヨウ素が含まれますが、十分な効果はありません。
 ・含まれる安定ヨウ素が一定ではなく、十分な効果が得られるか不明です。
 ・コンブなどはよく噛まなければならず、消化過程が必要であり、吸収までの時間がかかります。

 以上のことから、消毒液やうがい薬などのヨウ素を含んだ市販品を 『安定ヨウ素剤』の代わりに飲んではいけません。 また海藻類を食べても十分な効果はありません。
『安定ヨウ素剤』は医師が処方するものです。
原子力災害などの緊急時に、指定された避難所などで服用指示があった場合のみ、服用してください。
 

1.原子力発電所の事故により、周辺地域の住民が気をつけることは何ですか。

  1. まずは、ラジオやテレビ、あるいは市町村からの情報(広報車や防災行政無線、有線放送など)から情報を入手します。正しい情報に基づいていないものもありますので、うわさには惑わされないようにします。地方自治体から、屋内待避あるいは避難の指示があった場合は、速やかに対応して下さい。
  2. 屋内待避の場合、窓やドアを全て閉め、換気扇を止めるなどして、外からの空気が入らないようにします。次の指示が出ることもありますので、情報には十分気をつけてください。
  3. 避難する場合は十分時間の余裕があるので落ち着いて行動します。
  4. 避難区域内の作物については、安全が確認されるまでは、摂取を控えてください。

2.住居から避難するときには、何に気を付けたらよいですか。

  1. 放射性物質を体内に吸い込まないために、屋外ではタオルや木綿のハンカチを折って、水でぬらして固くしぼり、口や鼻を保護してくだい。ほとんどの放射性物質の吸い込みを防護することができます。
  2. 帽子をかぶるなど、できるだけ肌を出さないようにしてください。

3.大気中の放射性物質は、人にどのような影響がありますか。被ばくした量との関係についても、教えてください。

 大気中の放射性物質は、地表面や建物などに沈着して、環境中にとどまることがあります。この場合、放射性物質の沈着した飲料水や農作物を摂取することにより、放射性物質を体内に取り込む場合があります。
 
 また、大気中の放射性物質は、直接吸入することもありますので、外出するときには、直接吸入しないように口や鼻を保護してください。
 
 放射線に被ばくすると健康に影響を及ぼすことがありますが、その影響の有無と種類は
被ばくした量で違います(図)。被ばくした放射線量が、例えば100mSv(ミリシーベルト)以下では、ただちに健康に影響を及ぼすことはありません。
 
 また、被ばくした放射線量が高いほど数年後から数十年後にがんになる危険性が高まると考えられますが、
その危険性は、例えば100mSv(ミリシーベルト)の放射線量で0.5%程度です。
 
 これは喫煙や食事などの生活習慣を原因とするがんの危険性よりも数十分の一程度の低い値で、過度に心配する必要はありません。

4.安定ヨウ素剤の服用について

 放射性ヨウ素を体の中に取り込んでしまった場合(内部被ばく)には、避難所等で配布される安定ヨウ素剤を指示通りに服用することが重要です。
 
 これは体の中にはいると甲状腺に集積するので放射性ヨウ素が入る前や直後に安定ヨウ素剤を服用し、放射性ヨウ素の取り込みを阻害したり、希釈して甲状腺への影響を低減させようとするものです。
 
 しかし、ヨウ素剤の服用によってはアレルギーなどの副作用をおこす場合もあります。また、安定ヨウ素剤は、放射性ヨウ素が体の中に入った場合のみに有効で、外部被ばくや他の放射性核種には効果がありません。
 
 従って、服用の必要があるかないかは、環境中への放射性ヨウ素の放出量から受ける被ばく量を推定し、医学的観点から決定すべきものです。
 

5.報道で伝えられる数値の意味を教えて下さい。

100,000cpm(双葉避難所で避難住民の靴から測定された値)

 報道で伝えられている100,000cpmについて、一般的に放射線測定に使われているGMサーベイメータで測定したと想定した場合、表面汚染レベルは、400Bq/cm2となります。ただし、測定する機器が異なった場合には、有感面積・機器効率が違うため、計算結果は同じにはなりません。
 
 核種をヨウ素-131と想定し皮膚に付着した場合には、皮膚の吸収線量率の試算は次のとおりです。
皮膚表面汚染密度1Bq/cm2あたりの皮膚吸収線量率(nGy/h)は、ヨウ素-131の皮膚の深さ70μmのとき、係数は1319(nGy/h)/(Bq/ cm2)となり、皮膚(深さ70μm)の吸収線量率は0.53(mGy/h)となります。
 皮膚の除染を行うことにより、吸収線量率はさらに小さくなります。
 
 ヨウ素-131の半減期は8日です。汚染は、入浴や皮膚の代謝交換によって除かれると考えられます。
皮膚障害は2〜3Gy以上で紅斑がでますので、0.53(m Gy/h)ではまったく問題がありません。

1015マイクロシーベルト(3月12日午後 福島原子力発電所正門付近で測定された空間線量率の値)です。1時間この場所に居つづけると、1015マイクロシーベルト(1.015ミリシーベルト)の被ばくとなります。

 原子力発電所に関して定められた一般の方の一年間の線量限度は1ミリシーベルト/年です。しかしこの限度量を超えたからといって、健康影響があらわれるというものではありません。一般に生活しているだけで、自然界から被ばくしている線量は、1年間で2.4ミリシーベルトです。世界の高線量地域では10ミリシーベルトという場所もあります。(参考図)
 
イメージ 1
 

6.福島県に住んでいます。福島県を通りました。

影響はありませんか?

 放射性物質が放出されたことが報告されていますが、すでに国や県が万が一に備えて、必要な住民の方には屋内退避や避難を実施しています。これは、放射性物質からの被ばくや放射性物質が体表面や体内に入らないようにするためです。どのようなルートで福島県を通過されたかによりますが、1015μSv/hが測定された3月12日に正門近くで1時間立ちつづけたとしても1ミリシーベルトですから、健康影響を心配する必要はありません。

何をしたらよいでしょうか?

 避難や退避勧告の対象となった地域の住民以外の方や、旅行などで短期的に福島県を訪れた方は、基本的には何もする必要はありません。

<参考> 放射線の単位

シーベルト(Sv)
 人体が放射線を受けた時、その影響の度合いを測る物差しとして使われる単位。
ベクレル(Bq)
 放射能を表す単位。1ベクレル(Bq)は、1秒間に1個の放射性核種が崩壊することである。
グレイ(Gy)
 放射線が当たった物質が吸収した放射線のエネルギーで表される放射線量。1Gyは物質1kg当たりに1ジュール(J)のエネルギーが吸収されることを意味する

開く トラックバック(1)

全13ページ

[10] [11] [12] [13]

[ 前のページ | 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事