えばゆあぶろぐ

我が家は全員無事です。被災者の方々のご無事をお祈りするとともに、被災地や原発の危険地域で尽力されている方々に心から感謝します。

東日本大震災(東北関東大震災)

[ リスト | 詳細 ]

2011年3月11日午後2時46分。

死者数は、16年前の阪神淡路大震災を大きく超え、
日本では戦後最悪の、世界的に見ても数百年に一度という自然災害が起こりました。


私自身や家族は無事でしたが、自身に被害がなかったぶん、
この書庫には、被災した方々にとっても、被災を免れた方々にとっても、
できるだけ有益かつ実用的な情報を載せていきたいと思っています。

ネットを通しての、デマや風評被害が問題になっていますが、
いたずらに不安を煽ることのないよう、情報を絞り、情報源を明確にするよう心がけています。
そのため、他の書庫の記事とは雰囲気が違いますが、ご了承くださいね★

今回の震災は、阪神淡路のときとはまた異なる種類の大災害で、
救出・支援活動や復興活動、ボランティア活動も難航しています。
地震から半月経ち、ようやく今回の災害の全体像が見えてきたように思いますが、
直接被災した方々にとってだけでなく、
多くの日本人にとって、この先、長い闘いになることは間違いありません。

でもいつか、皆に笑顔が戻ることを信じています。


『日本いのちの電話連盟』
毎月10日はフリーダイヤル 午前8時から翌日午前8時まで 0120-738-556

・岩手県 社会福祉法人 盛岡いのちの電話 019-654-7575 12:00〜21:00 日曜12:00〜18:00
・宮城県 社会福祉法人 仙台いのちの電話 022-718-4343 24時間
・福島県 社会福祉法人 福島いのちの電話 024-536-4343 10:00〜22:00
・茨城県 社会福祉法人 茨城いのちの電話 029-855-1000 24時間
・千葉県 社会福祉法人 千葉いのちの電話 043-227-3900 24時間
・東京都 社会福祉法人 東京いのちの電話 03-3264-4343 24時間FAX: 03-3264-8899
・神奈川県 社会福祉法人 横浜いのちの電話 045-335-4343 24時間 FAX: 045-332-5673
Spanish: 045-336-2477 Portuguese: 045-336-2488
記事検索
検索
イメージ 1
 
今日は、午後2時46分には人と会っている予定だったので、
黙祷はできなかったんですが、
手術から3ヵ月経ったということで、快気祝いとして食事に誘ってもらい、
ちょうど皆で震災の話をしている時に、セットしていた携帯のアラームが鳴りました。
 
一年後の先月3月11日の前後には、震災関連の番組がたくさんありましたけど、
今日はどうだったんでしょう…
北朝鮮の弾道ミサイルの発射予定が明日ということで、
そのニュースがメインになっているようです。
 
 
さきほどもスマトラ島沖で、M8.7の地震が発生し、
日本には津波は来ないものの、現地では津波被害が心配されるそうです。
 
スマトラ島沖でM8.7の地震    読売新聞 4月11日(水)18時3分配信
 
確かに、2004年のスマトラ島沖地震以降、世界のあちこちで地震が多発していますね…
素人目にも、連動して地震が起きているように見えますよね。
太平洋岸の国々は運命共同体だと、地震研究者が言っていましたが、
メキシコやチリだけでなく、北米でも地震は増加傾向らしいし、
スマトラ島も、最初の本震以降、余震とはいえ大きな地震が一、二年置きに来ています。
 
南海トラフ地震も、首都直下地震も、
現実的に十分起こりうることな気がします。
 

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

イメージ 1
 
■東日本大震災一周年追悼式
14:30〜 国立劇場(東京都千代田区)
公式HP:http://www8.cao.go.jp/tsuitou/tsuitou.html
 
 
時事通信 3月11日(日)5時46分配信
 
 2万人近くの死者・行方不明者を出した東日本大震災から1年を迎えた11日、政府主催の追悼式が同日午後、国立劇場(東京都千代田区)で営まれる。天皇、皇后両陛下、野田佳彦首相ら三権の長、被害が大きかった岩手、宮城、福島の被災3県の遺族代表ら約1200人が参列。震災発生時刻の同2時46分、参列者全員で黙とうをささげ、犠牲者の冥福を祈る。
 追悼式では、黙とうに続いて、首相が被災地の一日も早い復興に引き続き全力を挙げる決意を表明。その後、天皇陛下がお言葉を述べられ、最後に遺族代表が復興を誓う。陛下は心臓の冠動脈バイパス手術を受け療養中だが、時間を当初の半分に短縮して出席される。
 国会議員や地方自治体関係者、民間団体代表らのほか、ルース駐日米大使ら各国大使も参列。自然災害による追悼式を国が主催するのは初めて。 
 
 
 
被災各地の現状
 
 
◇課題を考えてみる
・ [意識調査]大震災1年、被災地復興のために国に最も求めたいことは? - クリックリサーチ
・ [意識調査]復興庁の権限は十分だと思う - クリックリサーチ
・ [意識調査]自分が住む町での被災地のがれき受け入れに賛成? 反対? - クリックリサーチ

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

明日で震災から一年…

イメージ 1
 
明日で震災から一年…
石巻では霙が降り続いているそうです。
 
正直なところ、とても複雑な気持ちです。
進んでいない瓦礫処理、受け入れを拒否する自治体、地元を再び活性化させようと頑張る人たち、
そして原発マネー…自治体と政府との露骨なほどの癒着、
 
考えることが多すぎてまとまりませんが、
宮城と岩手、福島は、震災以前から地域性がだいぶ違ったのは確かなようです。
 
私自身は被災していないけれど、確かにテレビの映像には影響を受けたし、
当時は、何もできない自分に罪悪感を抱いていましたが、
「震災を忘れてはいけない」と言いますが、
あのままの自分の状態で良かったかというと…
ただ精神的に落ち込んでいるだけの状態が、良かったとも思えません。
東北だけでなく関東も被災していれば良かったかというと、
それはそれでもっと大変なことになってしまいます。
 
どういう心構えでいるのがちょうど良いのか、妥当なのか、難しいです。
距離感の取り方というか、関わり合い方の度合いというか、
「細く長く続く支援が必要」というところで、いったんは納得してみても、
現状を見ると、やはりもっと積極的な支援が必要な状態です。
 
震災から明日で一年。前の日曜日からNHK等で、震災関連の番組が続いてきましたが、
復興が進まない一方で、被災者のニーズは刻々と変化していますが、
特に全国に散らばってしまうと、実態の把握が難しいようです。
 
 
いろいろなジレンマを抱えながらも、考えることから逃げないこと…
それくらいしかできないのかもしれないと思いつつ、
震災を教訓に、自分の身を守るための用意もしなければいけないことも事実です。
でも、被災直後の買い占めじゃないですけど、
被災していないからこそ事前に準備するだけの余裕があるんだな…と思うと、
何かそこにも、罪悪感を感じてしまったりします。
 
 
一年前とは違う苦しみや苦労がある、と被災者の1人の方がファックスでメッセージを寄せていましたが、
14兆円を超える巨額の復旧復興予算も、半分は今も政府に残ったまま。
たとえば瓦礫処理は、環境省の管轄で、いったんお金は環境省に置かれていますが、
瓦礫処理の受け入れ先が決まらないと、予算が立てられないので、自治体にお金が届かないらしいです。
要するに役所の手続きの問題が、寄付金の受け取りを阻んでいるということです。
 
せめて現状を「知る」こと。
やはりそれがまず第一歩ですよね。
黙祷もしますが、この土日はできるだけ震災関連の番組を見て、
少しでも知る努力をしたいと思います。
 
 

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

阪神淡路大震災から、今日で17年です。
といっても私は、17年前、ちょうど日本にいませんでした。
なので当時のニュース等、リアルタイムでは何も見ていません。
 
ただ、その少し前のクリスマス休暇にたまたま神戸から伯母が遊びに来ていて、
無事に帰国したと思ったら、その後まもなく震災のニュースが入ってきました。
もちろん海外からも、電話はつながりませんでした。
まるで震災に遭うために帰国したみたいだと、
この前まで一緒に笑っていた伯母を思い出して悲しくなったのを思い出します。
沢山の犠牲者が出ましたが、伯母やいとこは全員無事でした。
 
イメージ 1
 
17年経った今日、東日本大震災の地震発生時刻に合わせて、神戸で黙祷が行われました。
 
イメージ 2
 
東日本大震災が起こったことで、阪神淡路大震災の意味も変わってきますね…
 
自分自身が経験しないと分からないことが、世の中にはどれだけあるんでしょう。
大阪などは全然平気だったようで、被災地域が限られていたこともありますが、
神戸の地震を当時から身近に感じていた人は、東日本大震災に比べたら少なかったんじゃないかと思います。
 
複雑な気持ちになります。
気付かないだけで、どこか他人事だったんだなと思います。
東日本大震災にしても、うちも揺れるには揺れたし計画停電の地域にも入っていましたが、
直接被災した被災者の方々の気持ちには、やっぱり遠いんだろうと思います。
 
でも…全部は理解できなくても、理解しようと努力を続けることが大事なのかもしれません。
 
 
東日本大震災後に建設された新築マンションの屋内から放射線が見つかるなど、
10か月経った今でさえ、まだ新しく分かることが出てきています。
 
海洋汚染についても、特に沿岸流によって、東京湾にもセシウムが蓄積されてきていることが分かっています。
まだまだ先は長いです。

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

東日本大震災から9か月

今日の午後2時46分で、震災から9か月。
 
今回は、NHKの番組を中断するような形で、
震災関連の2〜3分の番組がありました。
 
 
イメージ 1
 
震災一週間後の黙祷も含めると、
今日の黙祷で、ちょうど10回目になります。
 
イメージ 2
 
現地の中継も流れていました。
仮設住宅に入ってからも、一人で考える時間ができたぶん、将来への不安が強くなり、
不眠などを訴える住人が増えているそうです。
 
被災地も、あと半月で新年。
親族を亡くした方も多いですが、むしろお祝いすることで、追悼しようという傾向もあるようです。
今年は夏の花火大会も、異論反論ありましたが、
できれば少しでも明るい気持ちで、被災地が新年を迎えられたらいいなと思います。

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事