えばゆあぶろぐ

我が家は全員無事です。被災者の方々のご無事をお祈りするとともに、被災地や原発の危険地域で尽力されている方々に心から感謝します。

東日本大震災(東北関東大震災)

[ リスト | 詳細 ]

2011年3月11日午後2時46分。

死者数は、16年前の阪神淡路大震災を大きく超え、
日本では戦後最悪の、世界的に見ても数百年に一度という自然災害が起こりました。


私自身や家族は無事でしたが、自身に被害がなかったぶん、
この書庫には、被災した方々にとっても、被災を免れた方々にとっても、
できるだけ有益かつ実用的な情報を載せていきたいと思っています。

ネットを通しての、デマや風評被害が問題になっていますが、
いたずらに不安を煽ることのないよう、情報を絞り、情報源を明確にするよう心がけています。
そのため、他の書庫の記事とは雰囲気が違いますが、ご了承くださいね★

今回の震災は、阪神淡路のときとはまた異なる種類の大災害で、
救出・支援活動や復興活動、ボランティア活動も難航しています。
地震から半月経ち、ようやく今回の災害の全体像が見えてきたように思いますが、
直接被災した方々にとってだけでなく、
多くの日本人にとって、この先、長い闘いになることは間違いありません。

でもいつか、皆に笑顔が戻ることを信じています。


『日本いのちの電話連盟』
毎月10日はフリーダイヤル 午前8時から翌日午前8時まで 0120-738-556

・岩手県 社会福祉法人 盛岡いのちの電話 019-654-7575 12:00〜21:00 日曜12:00〜18:00
・宮城県 社会福祉法人 仙台いのちの電話 022-718-4343 24時間
・福島県 社会福祉法人 福島いのちの電話 024-536-4343 10:00〜22:00
・茨城県 社会福祉法人 茨城いのちの電話 029-855-1000 24時間
・千葉県 社会福祉法人 千葉いのちの電話 043-227-3900 24時間
・東京都 社会福祉法人 東京いのちの電話 03-3264-4343 24時間FAX: 03-3264-8899
・神奈川県 社会福祉法人 横浜いのちの電話 045-335-4343 24時間 FAX: 045-332-5673
Spanish: 045-336-2477 Portuguese: 045-336-2488
記事検索
検索
 
原子力安全委員会の斑目委員長が、インタビューに答え、
正直、あの時点で水素爆発が起きることは予測していなかった、
それは自分の能力不足だったと思う、という意味のことを言っていました。
3月11日以前に戻せるなら、私は何を捨ててもいい、とも。
(まぁ、それは無理なんですが)
 
とにかく、各機関の連携が取れていなかったこと、
深刻な事故が起こったときどうするかというのを、専門家含め、誰も想定していなかったこと、
「原子力安全神話」に、すべての人が取り込まれてしまっていたこと…
そういったことが初期対応の遅れを招いた原因だったようです。
 
最終的には、3機関のどこの情報を信用してよいか分からず、
菅さんが頼ったのは、知人の科学者だったとか…
 
だけど、東電の現場の人たちが、自分たちがどうなるか分からないことを覚悟の上で、
作業していたということには、
もう言葉がありませんでした。
本当に、死ぬ覚悟だったんですね。
 
イメージ 1
 
水素爆発の直後に、一時的に神奈川でも放射線量が一気に上がっているのが分かります。
 
その水素爆発を予測できなかったこと、
日テレの映像で確認できたようなもので、水素爆発を防ぐためにベント作業をすることを考えているうち、
水素爆発が起こってしまったこと、
そういう経緯が番組内で説明されていました。
 
 
日テレだけがあの映像を流すことができたのは、
ひとえに、カメラを備え付けた鉄塔が、地震で倒れなかったからです。
他のテレビ局の固定カメラはより沿岸近くに設置されていて、損傷してしまい、
持ちこたえたのが日テレの固定カメラだけだったそうです。
 
カメラを直そうとする前に、危険区域に指定されてしまい、
修理できなかったために、他局はその瞬間をとらえることができなかったとのこと…
 
あの映像で確認するまで、水素爆発が起こったことを、
専門家たちさえ疑い、信じられなかったそうです。
もし日テレの固定カメラも倒れていたら、どうなっていたことか…
 
 
 
最近、雨が降るたびに思います。原発は、汚染水は大丈夫なんだろうかと。
普段なら、ただの梅雨で、じめじめして嫌だな〜という程度ですが、
今回は、この雨でセシウムが家の雨どい下付近に集中的に溜まってしまうなどの事例を聞きますし、
近くに山などがある地形によっては、放射線物質が空気中で凝縮し、
一地域に集中的に降り注いでしまう、とも。
 
神奈川でも、新茶から基準値を超える放射線が検出され、処分されました。
ちょうど、葉が栄養をさかんに取り込む時期と事故の時期が重なったために、一部の農家が大きな損失を出し、
今度は静岡でも…少しずつ西へも影響が広がっています。
 
 
 
復興が進むどころか、「日本は大変なことになってしまった」と、日々改めて思います。
被災地では、夏場になれば、衛生面の状態はさらに悪化し、
避難所での疫病流行の可能性も出てきます。
 
一方、関東では、万が一ブラックアウトが起こると、病院などでは人命にかかわる大変なことになるということで、
少しでも節電し、夏場の使用電力を下げようと、各家庭、各会社で頑張っています。
3月の計画停電の影響で、交通事故が166件、
そのうち人身事故が60件起きています。
去年のデータでも、熱中症による7月〜9月までの死亡者数は、1600人以上。
でも今年は、どうしてもそれ以上の死者が出てしまうでしょう。
 
 
原発は確かに危険です。将来的にはもちろん減少、または廃止にしていくべきだと思います。
けれど、代替案がない今の状況で、点検中の原発の再稼働さえやめてしまうと、
それはそれで、別の形で死傷者が出ることになると思います。
 
実際に地震を体験し、計画停電のパニックを経験した地域と、
そうでない地域との温度差も激しいようですが、
どの程度、原発を恐れ、どの程度、許容していくのがベストなのか…
万が一でも起きる可能性のあるブラックアウトや、
計画停電や過剰な節電によって人が亡くなったり、病気の人が重篤化するのも、「人災」なのだと思うと、
私には、判断がつかないです。
 
昔は電気などなくても暮していけたのだから、という人もいますが、
数十年前より、夏場の気温は上昇しています。単純には比べられないです。
夏場の最高気温の記録は、ここ何年も塗り替えられ続けています。
日本はとにかく、湿度が高い。
気温の上昇や湿度の高さは、どうにもならないことなので、
楽観論で、まぁなんとかなるさ、という気持ちにはなれないです。

震災から3ヵ月の黙祷

イメージ 1
 
明日は都合がつかないため、
どうしても今日中に発送したく、手作りボランティアのグッズを作っていましたが、
午前中にほとんど出来上がったので、3時間仮眠をとり、
 
でも、午後2時46分にはちゃんと起きて、黙祷しようと思っていたので、
その時間には起きて、NHKの中継を見ながら黙祷しました。
 
NHKでも今回は、時間になる直前から10分くらいの番組でしたが、
たとえ、そのうちテレビ中継されなくなっても、
毎月11日には、黙祷しようと思います。
 
 
イメージ 2
 
行方不明から3ヵ月で、死亡届が出せるそうです。
被災者の方がインタビューで話していました。
 
3ヵ月…もうそんなになるんですね。
政治家に、特別に高い能力を求めてるわけじゃない。
ただ、最低限の仕事はしてほしい、というかせめて「意識」は持ってもらいたい。
とりあえず、当たり前のこととして、仕事してください。
仕事できない人たちを養うような税金はないです。
 
昨日の内閣不信任案決議については、その日さえどうなるかわからない感じでしたが、
予想に反して否決された翌日の今日になって、またわけのわからないことになってしまいました。
日本は独裁政治じゃないはずなのに、なんで菅さんを降ろせなかったんでしょ??
 
茶番もいいとこです。
不信任案を提出できるのは、一内閣につき一度きり。
つまり、今回さえ否決に持ち込めれば、もう菅さんには怖いものはないわけです。
怒りがこみ上げるっていうのは、こういうことを言うんでしょうね。
鳩山さんは、うまく騙されてしまったみたいだし、
菅さんが、いくらなんでも、あんなにも腹黒くて欲深い人だとは思わなかったです。
 
「日本を復興させた首相」として名前を残したいんでしょう…菅さんは。
自分にはそんな技量がない、ということはお構いなしですね。
どうやったらあそこまで、根拠のない自信が持てるのか…もう理解できないです。
躁状態?
 
 
お遍路めぐりをしているそうですが、
どうやら、何も意味をなしていないようです。
 
国民には納税の義務があります。
しかし国には、国民に最低限の生活を保障する責務があります。
政治家の気分次第で、やってもやらなくてもいいわけじゃありません。 
これが海外なら、クーデターが起こっても不思議じゃない状況でしょう。
 
代わりの候補がいるかどうかというと、いないです。
しかし菅さん…あなたじゃだめだ。
退任させる法的な措置がなくなった以上、菅さんを早期辞任に持ち込めなければ、
与党も野党も、存在意義ゼロです。
 
 
『菅ちゃんは、やめへんで〜!!!』
もはや山崎邦正と同じ発想レベルですよ菅総理。
毎日新聞 5月17日(火)23時29分配信
 
 被災地でボランティア活動をしていた女性をきりで刺し殺害しようとしたとして宮城県警石巻署は17日、石巻市の無職の男(47)を殺人未遂容疑で現行犯逮捕した。容疑は同日午後3時40分ごろ、石巻市蛇田の石巻赤十字病院敷地内で、金沢市の女性団体職員(26)の腰を背後からきりで数センチ刺し、殺害しようとしたとしている。同署によると、女性は命に別条はない。2人に面識はなく、男は意味不明のことを話しているという。同署は詳しい動機を調べている。【三村泰揮】

 
助かった人の中にもいろいろな方がいるでしょう。
被災者、と一括りにされていても、普段は普通の人たちなので、
大勢集まれば、中にはそういう人も出てくる可能性があります。
 
抵抗できなそうな弱い人が狙われます。通常の犯罪と同じです。
被災地の方々はストレス過多の状態です。
それがどういう方向に出てくるか、それはその人次第です。
 
こういうときですが、だからといって無差別殺傷や暴行が許されるわけではありません。
現地ボランティアの方々… 特に若い女性の方は、気を付けてください。
 

msn産経ニュース 2011.5.20 21:24
 
冷却水が失われ、原子炉に入っていた核燃料の大半が溶け落ちたとして、「全炉心溶融(メルトダウン)」とほぼ断定された東京電力福島第1原発1号機。大量の溶融燃料が圧力容器を突き破って漏れ出すイメージが先行する「メルトダウン」だが、専門家は「深刻な状況ではあるが、燃料はすでに冷やされ、大量漏洩(ろうえい)の危険性は低い」と分析する。「メルトダウン」の定義が曖昧で誤解を招くとの指摘もある。(原子力取材班)
 
 「メルトダウンが、炉心の形状を維持せず、圧力容器の下に崩れ落ちているというのであれば、それで結構」。東電は1号機の状態について、初めてメルトダウンであることを認めた。
 
 「メルトダウン」という用語を有名にした米映画「チャイナ・シンドローム」(1979年)では、米国の原発がメルトダウンすれば高熱の核燃料が地球の裏側の中国まで突き抜ける−という冗談が語られ、そのイメージが一般に定着してきた。
 
 今回の事故後、経済産業省原子力安全・保安院は「燃料が溶けて下に落ちる状態」と定義したものの、実は正式な用語ではない。
 
 大阪大学大学院の山口彰教授(原子炉工学)は「映画のように、溶融した燃料が圧力容器を突き破って外部へ漏れ出す状態を想起する人もいるだろう。定義が曖昧で、誤解を招く可能性もあるため専門家はあまり使わない」とする。
 
保安院は、炉心損傷の深刻さに応じ、焼き固められた燃料本体(ペレット)を覆う被覆管が溶ける「炉心損傷」、ペレットも溶ける「燃料ペレット溶融」、ペレットや被覆管で構成する燃料集合体の形状が維持できなくなり溶けたものが原子炉の下部へ落ちる「メルトダウン」に3分類するが、その区別は困難だ。
 
 では、燃料はどれくらい溶けたのか。東電は、燃料の熱で1号機の圧力容器下部には複数の微細な穴が生じ、燃料の一部が漏出した可能性があるとしているが、実態はよく分からず、2、3号機もメルトダウンの可能性が指摘される。
 
 米スリーマイル島原発事故(79年)では、燃料の約45%が溶けたが、炉内の状況が確認されたのは約10年後だった。
 
 山口教授は「圧力容器の下部に水があり、温度も安定している。溶融燃料が連鎖的に核反応を起こす臨界状態になる可能性は低く、底が抜けて大量の燃料が漏れ出すとは考えにくい」と指摘している。
 


 
圧力容器が最後の砦だということは知っていましたが、
東電、1号機のメルトダウンを認める」、と聞いたときは、私も「ええっ」と思いました。
 
でもニュースを聞くうち、核燃料が大量に漏れ出す事態にはなっておらず、
核燃料を閉じ込める機能自体はまだ残っていて(チェルノブイリではその機能が完全に失われた)、
メルトダウンといっても、圧力容器の配管部分の穴が大きく広がったとか、
急激な温度上昇とか何かしらの理由で、厚さ16㎝の鋼鉄のどこかがが溶けて穴が開いたとか、
そういうことではないと分かって安心しました
 
 
でも、個人的には別の意味で不安になりました…
 
事故のすぐあとの東電の会見で、「メルトダウンは可能性としてあるのか」という質問が
記者から出てきたんです。
もう2か月以上も前のことなので、覚えていらっしゃる方は少ないかと思いますが、
そのとき、4〜5人の東電社員が、あっそれはないです、と言い切ったんです。
言い切ったというか、なんというか、嘘をついているとかじゃなく、自然に声がそろった感じだったんですよ。
 
で、東電の人たちの、この人たちは全員対人恐怖症かと思うような挙動不審な様子に不安になりつつも、
これは、メルトダウンについては嘘はついてないな〜と直感的に思ったんです。
それで、とりあえずメルトダウンの心配はないんだろうというところは信用していたんですが、
直前まで格納容器の損傷に気づかず、水棺の計画が進められていたことといい、もしかして本当に…
 
分かってなかったんじゃないかと…
 
イメージ 1
13日夜9時代のNHKニュースより↑
 
騙していたとか誤魔化していたよりも、本当によく分かっていなかったんじゃと疑ってしまうのは、
その後の計画停電のあまりの計画性のなさ、その社会的影響についての想像力のなさ、
事態の収拾に向けての作業が滞りすぎていること等、
もしかして、東電って、全体にすこぶる能力の低い人ばかりと思ってしまうことが相次いだためで、
メルトダウン発覚の話を聞いたときも、
悪意があったというより、本当に単純に能力不足だったんじゃないかと思ってしまいました。
そして、そのほうがむしろ、不安です
 
原子力安全保安院が、レベル7に相当すると発表したときの、
説明力のなさにも驚きましたけどね…あれで伝わると思っているんでしょうか…
まるで、詳しくは各テレビ局の解説員に任せます、みたいな感じでした。
 
頭が良いけど悪意がある人より、
頭が悪く、そのため自分がしていることの重大性すらも認識できない人のほうが、
よっぽど厄介です。
悪意がない代わりに、本気で反省もしないし、自責の念も薄いからです。
どんなに批判しようとも、まさに、のれんに腕押し。
 
 
そして、まさかまさかのこのニュース。
元東電関連社員の兄弟、30キロ圏内で空き巣 
2011年5月20日09時49分  読売新聞)
 
関連会社なんてたくさんあると思うので、どの程度の関係の会社か分かりませんけどね…
 
 

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事