えばゆあぶろぐ

我が家は全員無事です。被災者の方々のご無事をお祈りするとともに、被災地や原発の危険地域で尽力されている方々に心から感謝します。

東日本大震災(東北関東大震災)

[ リスト | 詳細 ]

2011年3月11日午後2時46分。

死者数は、16年前の阪神淡路大震災を大きく超え、
日本では戦後最悪の、世界的に見ても数百年に一度という自然災害が起こりました。


私自身や家族は無事でしたが、自身に被害がなかったぶん、
この書庫には、被災した方々にとっても、被災を免れた方々にとっても、
できるだけ有益かつ実用的な情報を載せていきたいと思っています。

ネットを通しての、デマや風評被害が問題になっていますが、
いたずらに不安を煽ることのないよう、情報を絞り、情報源を明確にするよう心がけています。
そのため、他の書庫の記事とは雰囲気が違いますが、ご了承くださいね★

今回の震災は、阪神淡路のときとはまた異なる種類の大災害で、
救出・支援活動や復興活動、ボランティア活動も難航しています。
地震から半月経ち、ようやく今回の災害の全体像が見えてきたように思いますが、
直接被災した方々にとってだけでなく、
多くの日本人にとって、この先、長い闘いになることは間違いありません。

でもいつか、皆に笑顔が戻ることを信じています。


『日本いのちの電話連盟』
毎月10日はフリーダイヤル 午前8時から翌日午前8時まで 0120-738-556

・岩手県 社会福祉法人 盛岡いのちの電話 019-654-7575 12:00〜21:00 日曜12:00〜18:00
・宮城県 社会福祉法人 仙台いのちの電話 022-718-4343 24時間
・福島県 社会福祉法人 福島いのちの電話 024-536-4343 10:00〜22:00
・茨城県 社会福祉法人 茨城いのちの電話 029-855-1000 24時間
・千葉県 社会福祉法人 千葉いのちの電話 043-227-3900 24時間
・東京都 社会福祉法人 東京いのちの電話 03-3264-4343 24時間FAX: 03-3264-8899
・神奈川県 社会福祉法人 横浜いのちの電話 045-335-4343 24時間 FAX: 045-332-5673
Spanish: 045-336-2477 Portuguese: 045-336-2488
記事検索
検索

野菜を食べよう★

イメージ 1
 
岩手のリンゴ
茨城のレタス
埼玉のほうれん草
埼玉のキュウリ
千葉のミニトマト
 
これだけ買って485円でした。
 
 
ほうれん草は、やはりデータが真っ先に出たせいか、
「埼玉」のほうれん草も、出荷自粛なわけじゃないはずなのに、かなり残っていました…
あと、レタスも。
葉物野菜が全体に避けられている感じです。
 
 
確かに、幼い子どもを持つ親御さんは、あえて買わないだろうと思いますが、
甲状腺に集まる性質のあるヨウ素には、甲状腺の働きが活発な若年層ほど影響を受けやすく、
逆に言えば、加齢とともに甲状腺の働きが鈍くなるので、
大人が食べても甲状腺ガンの心配はありません。
 
また、葉物野菜は、表面積が大きいので高い値が出やすいですが、
放射性ヨウ素は地面にはほとんど浸透していかないので、
根菜類は比較的安全です。
 
 
 
うちは、子どもいないですから…
風評被害で、関係ない地域の野菜まで売れなくなっているわけですが、
消費者が買えば、小売店は、ちゃんと農家から仕入れてくれるはず。
 
そんな思いで、いつものスーパーではなく、
あえて八百屋さんに入りました。
 
 
自然災害は仕方ないけれど、
福島原発事故と、風評被害は、人災です。
これ以上、一部の人たちが辛い目に遭ってはいけないと思います。
首都圏の台所は、近隣の農家に支えられてきたんです。
 
でも、思うだけではいけないので、
行動に移そうと。
 
 
 
もちろん、ちりめんにあげたりはしないので大丈夫。
念のためよく洗って食べます!
 
 
 
カナロコ 3月31日(木)12時0分配信
 

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

イメージ 1
 
一ヶ月前、何事もなく過ごしていた月末、
今になれば、それがどれだけ幸せなことだったろうと思います。
 
これから入学式や新学期…子どもたちにとって、新しい季節の始まり。
 
いつもの年なら、
まだ寒い日もあるとはいえ、桜の蕾が膨らむのを楽しみに、
「お花見日和は、今週末か、来週末か?」なんて、考えていた頃でした。
 
どこのお花見に行こうかとか、
どこの桜が綺麗だとか。
そんなことを気にしつつも、雨が降ったらやだなとか、夜桜は結構寒いんだよなぁ…とか。
小さな愚痴も言いつつ。
 

 
この3月は、忘れることのできない月になるでしょう。
おそらく、歴史に残るだろう大災害。
 
 
津波に押し流された町の様子は、原爆を落とされた後の景色さながらで、
きっと、そう感じたのは私だけじゃないと思います。
 
「サバイバーズ・ギルト」なんて言葉、当時は知られてなかっただろうけれど、
きっと当時の日本人全体が、自分が生き延びたことに対して、どこかしら罪悪感を持って、
まだ踏み出せない、まだ前を向けない…その気持ちからすでに、共有していたんじゃないかと思います。
 

 
敗戦と震災はまったく違います。
けど、原発は…まぎれもなく人災で、
日本人は、二度も、放射能の恐怖にさらされることになってしまいました。
 
 
私は何度も留学してきて、行き先は、先進国もあれば発展途上国もありましたが、
今回、自国が「援助してもらう側になる」という経験を、初めてしました。
とても変な気持ちです。
きっと心のどこかに、「自分の国は進んでいる」という、おごりがあったのだろうと感じます。
気持ちの余裕も、どこかしら、そういう感覚から出てきていたのかもしれません。
  
 
あの国の人は嫌いとか、なんとなく好きになれないとか思っていたのに、
それでも助けてくれる外国の人たちがいて、
「過去に大変だったときに日本に助けてもらったから」といって、助けに来てくれる人たちもいます。
スリランカの人とか、タイの人とか…そういうのは本当にうれしくて、
自分が今まで、この国の人たちに対してあまり関心を持っていなかったことを、
恥ずかしく思う気持ちもあります。
 
 
私はどうも個人的に、フランス人は苦手だったのですが、
原発事故解決のために助けに来てくれたのを知って、考え方が変わりました。
というか、諸外国との関係性についての考え方が、大きく変わったように思います。
  
もちつもたれつ。
なんていうけれど、実際には、日本が海外にしてあげることのほうが多い、と思っていました。
でも今回の大震災は、規模が大きすぎて、とても日本だけでは復興できません。
原発事故への対処については…言わずもがなです。
 
戦後の日本人は、米国コンプレックスが強かったと言われますが、
そりゃ大変なときに復興を手伝ってもらったら、そういう感覚になるのは当たり前かもしれない。
 
 
 
 
いつか、戦後の復興を孫に語りつぐ代わりに、
震災からの復興を語り継ぐ時代が来るんでしょうか…
 
けれど今回は、戦争じゃないです。
少なくても日本人が、ほかの国の人たちをたくさん殺してたわけじゃない。
それだけでも、救いです。
 
 
映画だったら良かったのにね。
明日目が覚めて、何もかももとに戻っていたらどんなにいいだろう…って、いまだに思います。
 
 
 
  

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

 
japan.internet.com 3月30日(水)10時1分配信
3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震を受けて、株式会社電通 シニア・クリエーティブ・ディレクター 佐藤尚之氏の呼びかけにより、ボランティアによる被災地支援を目指す企業、団体、個人の有志による民間プロジェクト「助けあいジャパン」が設立された。

【画像が掲載された記事、より大きな画像、その他の画像など】

このプロジェクトでは、政府の内閣官房震災ボランティア連携室と連携し、被災地からの情報提供を受けながら被災地に必要とされているボランティアの情報を収集・発信していく。設立時点での賛同企業は ADK、ADK インタラクティブ、NTT レゾナント、電通、電通パブリックリレーションズ、森ビルなど8社。そのほか多くの企業から個人が有志でこの活動に参加している。

● 各地のボランティア支援要請をまとめたサイトを公開

また、3月25日には東京都港区に災害被災地で必要とされている情報を収集、発信する拠点として「助けあいジャパン ボランティア情報ステーション」を開設。被災地で支援活動を行っている NPO・NGO 団体、地元ボランティア団体などの協力を得ながら災害被災地の支援ニーズや情報を様々な形で収集し、整理・発信をしており、集められた情報は同団体のウェブサイト( http://www45.atwiki.jp/volunteermatome/ ;)で随時公開している。この「情報ステーション」には賛同企業からボランティアで参加する運営スタッフと大学生・大学院生ボランティアが常駐し、自治体、避難所などが発信する被災地支援要請の情報収集、紙や手書きからの書き起こし、ウェブサイトの更新などを行う。

● API を公開し、現地の発信する情報の活用を IT・インターネット業界に要請

収集されたボランティアの募集や現地からの支援要請などの情報は、今後ウェブサイトで公開するだけでなくウェブやアプリケーションの開発者が加工できるツール(API)として公開する予定で、同団体はこの API で発信する現地の情報をウェブサイトやスマートフォンアプリなどで活用して欲しいと呼びかけている。

あくまで現地が必死で、場合によっては手書きで発信している必要最小限の情報なので、ネット技術に最適化されたデータは多くはない。しかし、大事なのは「現地の声がネット上で発信されること」だ。既に複数の企業が情報ツールなどの公開を予定しているという。

● いま、求められている「ボランティア」とは

震災発生から早くも3週間が経とうとしているが、多くの被災地は被害状況の把握や支援ニーズの整理、県外からの受け入れ準備などが依然として十分に進んでおらず、「助けて欲しくても動けない」という状況が続いている。そのため、十分な準備や現地の情報収集をせずに独自の判断で現地に向かうのは絶対に控えたい。そこでこのプロジェクトでは、散在している情報を東京の拠点で一手にまとめ、整理することで「どこで、何が必要か」を明確にし支援を呼びかけることを目的にしている。

特に、現在被災地域に対する広域・大規模なボランティア活動は現地で受け入れることが困難な状況が続いており、むしろ現在必要なのはその被災地域に物資や食糧を送り地元ボランティアを支援するための「都市部支援拠点」や被災県外に避難した避難拠点に対するボランティアや、特定の避難所・被災地域にピンポイントで特定の支援に行う短期的なボランティア支援などなのだという。

● 「ボランティアを求める人」と「支援したい人」をつなげる

「ボランティア情報ステーション」運営グループのリーダーであるジャーナリストの藤代裕之氏はこの活動の趣旨について、「足りない物資、足りている物資、やってほしいこと、やらなくていいこと。被災地が本当に必要としているニーズを多く集めて、被災者や被災地で活動する自治体やボランティアと物資やボランティアなどで被災地の支援をしたい人たちの橋渡しをしたい」としている。

なお、「ボランティア情報ステーション」では被災地に必要な物資、ボランティアなどの情報の提供も広く呼びかけており、メール( volunteermatome@gmail.com )で被災地の支援要請などの情報を提供することができる。

助けあいジャパン ボランティア情報ステーション
http://www45.atwiki.jp/volunteermatome/

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

 
被災地への義援金の主な受け付窓口は次の通り。
 
 ■毎日新聞社会事業団
・郵便振替00120・0・76498
「東日本大震災救援金」
・NTTスマートトレードの電子マネー「ちょコム」でも受け付け。
 
 ■日本赤十字社
・郵便振替00140・8・507
「日本赤十字社 東北関東大震災義援金」
 
 ■中央共同募金会
・郵便振替00170・6・518
「中央共同募金会 東北関東大震災義援金」
 
 ■宮城県災害対策本部
・郵便振替00170・0・526
「東北地方太平洋沖地震災害」
 
 ■岩手県災害義援金募集委員会
・郵便振替00100・2・552
「東北地方太平洋沖地震災害」
 
 ■福島県災害対策本部
・郵便振替00160・3・533
「東北地方太平洋沖地震災害」

 ◇支援活動をする団体への寄付先

 ■ピースウィンズ・ジャパン(東京都)
 世界各地の紛争、被災地で活動するNGO。スタッフが現地入りし、宮城県気仙沼市などの避難所で衛星電話の無料開放や救援物資の配給、医師の派遣など行っている。郵便振替00160・3・179641「ピース ウィンズジャパン」(通信欄に「東日本震災」と明記)、三井住友銀行桜新町支店(普)6723184「特定非営利活動法人ピースウィンズ・ジャパン」
 
 ■日本NPOセンター(東京都)
 被災地で活動するNPOなどに資金援助する「東日本大震災現地NPO応援基金」を設置した。郵便振替00180・0・362002「日本NPOセンター」(「NPO応援基金」と明記)、三菱東京UFJ銀行東恵比寿支店(普)3046512 「日本NPOセンター応援基金口」
 
 ■日本災害救援ボランティアネットワーク(兵庫県西宮市)
 阪神大震災をきっかけに発足。新潟県刈羽村などへ避難した被災者への支援を始めた。県外へ避難した被災者の救援を拡大していく予定。郵便振替00900・5・29560、三井住友銀行西宮支店(普)7022161、いずれも名義は「NVNAD国内支援口」
 
 ■あしなが育英会(東京都)
 震災で親を失った遺児や、著しい後遺障害を負った子に対し、未就学児には10万円、小・中学生20万円、高校生30万円、大学・専門学校・大学院生には40万円の「特別一時金」を給付、遺児の心のケア活動も実施する。郵便振替00130・7・776732「あしなが東日本大地震・津波遺児募金」

 ◇災害復旧対策への寄付

 ■宮城県
 消防課産業保安班 電話022・211・2377
 
 ■福島県
 生活環境総務課 電話024・521・7669
2011年3月26日

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

 
RBB TODAY 3月30日(水)0時5分配信
■東大病院放射線治療チームがブログでも情報提供

 東京大学医学部附属病院放射線科の中川恵一准教授率いる東大病院放射線治療チームは3月15日より、Twitter「@team_nakagawa」にて、福島原発事故に関して医学的見地から情報発信を行ってきた。29日には、「Twitterという形式(だけ)では、誤解や混乱を招くことも分かりました」として、ブログ形式での情報発信も開始した。

 ブログ「team nakagawa」では、これまでのツイートをまとめた
・「水道水中のヨウ素からの被ばくについて」をPDFで公開するとともに、
 
・「放射線がカラダに与える影響には、2つのタイプがある」などの情報を追加している。

 東大病院放射線治療チームでは、ブログ開設後も、引き続きTwitterでの情報発信を行っている。

 ブログおよびTwitterのプロフィール欄には、東大病院放射線治療チーム「東大病院で放射線治療を担当するチームです。医師の他、原子力工学、理論物理、医学物理の専門家がスクラムを組んで、今回の原発事故に関して正しい医学的知識を提供していきます。」と記載されている。
 
最終更新:3月30日(水)0時6分
 

 
ツイッターにいまいち馴染めない私にとっては、
ブログで紹介してくれるのは有難いです★
やっぱり、短い文章では、まとまった情報を発しにくいですしね。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事