全体表示

[ リスト ]

独善感と虚無感?

イメージ 1

◎最近、特に自分自身が感じているのは、“自己中心的な自分”です。
“俺が、俺がの我はすべてを壊してしまう!”ということを特に実感しています!
壊してしまうのは、自分が一番大切にしていたものだったりするんですねこれが.....!
独善主義→self-righteousness
虚無主義→nihilism
【独善感】
*「すべては我が意のままに動かすことができる」というエゴイスティックで自己中心的な信念のこと
*エゴイズムの本質は、他の存在を自分と等しい重さで捉えられない感覚
*世界が遠のいて自分との間に隙間をつくってしまう現実感の喪失と共にある
*つまり、他の存在にも世界にも切実なリアリティを感じられないがゆえの独善感

【虚無感】
「どうせ、現実は努力したって変わらない」
「すべては無意味で、何をしても無駄である」というニヒリスティックな世界に対する信念のこと
【3つの虚無感】
 ̄淦づ虚無感
*「どうせ」「まあ、いいか」「関係ない」といった言葉をふと呟く
*無感動、無気力、無関心、無責任に流れていく傾向を内に抱えている
*現実生活に対するリアリティが乏しく、生きているという実感がなかなか持てない(現実逃避的)

破壊的虚無感
*「意味のないもの、気に入らないものは破壊してしまえ」といった破壊への衝動を抱えている。
*青年達のイライラが嵩じると、そのまま内向して自分の殻に閉じこもり、社会と断絶するか?
*外部に対して攻撃的になり、破壊的な衝動をはらそうとするか?
*どちらかの道を辿ることになる

MJ的虚無感
*目に見える、数や量に還元できるもの、お金や地位や名誉、ブランドなど世の中で権威あるとされているものをひたすら求めずにはいられない衝動。
*衝動の大前提は「自分の中には誇るべきものも確かなものもない」という自らのアイデンティティの喪失、「中身空っぽ」という空洞感
*躍起になって外に自分の存在を証すものを求めれば求めるほど「自分の中には何もない」という信念を同時に強めてしまっている。
【独善感=虚無感】
*独善感と虚無感は根底においてひとつである。
*絆の断絶がその原因であると思う。
*相手との間に、生きているリアリティが感じられない。
この絆の回復が一番大事だ。

閉じる コメント(1)

顔アイコン

最近の自分をみていて、なんだか違うな〜という感覚があり、あせっています。“自分に厳しく、他人に寛容に”なんて思っているのですが、すべて逆になっていますね。反省です.....。

2006/4/5(水) 午後 6:49 evi*e*ce319*


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事