全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

○写真は、「鵞口瘡(がこうそう)」の画像です。Merkmanualより引用させて頂きました。
【参考リンク】モニリア症 ファンギゾン 赤ちゃんの病気
【カンジダ症】
.ンジダ症は、モニリア症やイースト感染症とも呼ばれ、カンジダ‐アルビカンスをはじめとするカンジダ属の真菌が起こす感染症です。 
▲ンジダは皮膚、腸管、女性の生殖器周辺に普通に存在しています。多くの場合、問題を起こすことはありませんが、ときどき、皮膚、口の粘膜、歯周病、腟の粘膜に感染症を起こすことがあります。
このような感染症は免疫機能が正常な人にも起こりますが、糖尿病、癌、エイズの人や妊婦に多くみられ、長びいたりします。またカンジダ症は、抗生物質を使用している人にもみられます。
す垣己質により、普段はカンジダと競合している細菌が死んでしまう結果、真菌の増殖に歯止めがきかなくなるからです。
ヌ髪峙’修低下している人などでは、血流に乗って体の他の部位にカンジダ症が広がることがあります。
【症状と診断】
%口瘡(がこうそう)と呼ばれる口の感染症では、クリーム状で白くて痛みのある斑点が口の中にできます。皮膚の感染症では、焼けつくような痛みのある発疹が生じ、食道にできるとものを飲みこむときに痛みます。
⊃澗(曚隆鏡症など重症の感染症では、発熱、心雑音、脾臓(ひぞう)の腫大などが起こります。網膜や眼の内部の感染症では、失明の危険があります。
カンジダ菌血症と呼ばれる血液の感染症や腎臓の感染症では、発熱、極度の血圧低下によるショック、尿量の減少がみられます。
ぅンジダ感染症の多くは、症状だけで明らかにそれとわかりますが、診断を確定するには、皮膚のサンプルを採取して顕微鏡検査を行い、菌を特定しなければなりません。血液や髄液のサンプルを培養して菌を検出することもあります。
【経過の見通しと治療】
“乕罅口、腟だけに生じたカンジダ症は、クロトリマゾールやナイスタチンのような抗真菌薬を直接塗布することで治療できます。また、経口で服用するフルコナゾールを処方することもあります。
∩歓箸帽がったカンジダ症は、重症で進行性の致死的な感染症であり、通常はアムホテリシンB(ファンギゾン)の静脈内投与で治療しますが、フルコナゾールが有効な場合もあります。さらに、まだ治験段階の薬ですが、カスポファンジンとボリコナゾールも効果が期待されています。
E尿病のような特定の病気があると、カンジダ症が悪化することがあります。糖尿病の人は、血糖値をコントロールすることで感染症の治癒が促進されます。
注)Merkmanualより一部抜粋引用

閉じる コメント(1)

顔アイコン

昔、製薬メーカーにMRとして勤務していた頃、「ファンギゾンシロップ」を良く情報提供していました。確か、MICは「0.13〜1.56mg/dl」だったと記憶しています。カンジダには十分な抗菌力だったと思います。

2006/7/11(火) 午後 9:23 evi*e*ce319* 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事