循環器疾患

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 次のページ ]

慢性心不全治療の現況

イメージ 1
慢性心不全治療の現況について、スライドでまとめてみました。
EBMとしてMUCHAを参考にしました。
 
 

開く コメント(0)

酸塩基平衡

イメージ 1
ショックとは?どういう状態なの?
わかっているようで、良くわかっていないということが多いのではと思い、簡単にショック等について
スライドにまとめてみました。ご参考にして下さい。
 
 

開く コメント(0)

イメージ 1

イメージ 2

【閉塞性動脈硬化症】
閉塞性動脈硬化症(へいそくせいどうみゃくこうかしょう、ASO: arteriosclerosis obliterans)は、病名。主に下肢の、主に大血管が慢性に閉塞することによって、軽い場合には冷感、重症の場合には下肢の壊死にまでいたることがある病気である。
【疫学】
中年以降、特に50歳以降の男性に多い。
【症状】
病気の進行に従って、様々な症状を呈する。Fontaine分類(フォンテイン分類)は、病期と症状を結びつけたものとして広く用いられている。
【Fontaineの分類】
Fontaine 1度(もっとも軽症)  
下肢の冷感や色調の変化 
Fontaine 2度  
間歇性跛行(かんけつせいはこう)……数十〜数百m歩くと痛みのため歩行継続不可能になる症状。なお、腰部脊柱管狭窄症でもみられるため鑑別が必要。 
Fontaine 3度  
安静時疼痛 
Fontaine 4度(もっとも重症)  
下肢の皮膚潰瘍。糖尿病などによる末梢神経障害がない限り、患者は激痛を訴える。 
Fontaine 5度 
下肢の壊死。下肢の温存は不可能であり、切断の適応となる。 
その他の症状として、陰萎がある。
【診断】 
特徴的な病歴や、下肢の色調・冷感などから、診断は比較的容易である。
ankle branchial index (ABI)の低下。ABIとは下肢と上肢の血圧の比であり、正常では下肢が下にあるぶんやや下肢の方が血圧が高い(ABI>1)。ASO患者では、しばしばこの比が1未満、場合によっては0.5未満にまで低下する。 
動脈造影では動脈の狭窄像や側副血行路の発達がみられる。 
【危険因子と予防】
喫煙 
高脂血症 
性別(男性であること) 
高血圧 
糖尿病等との合併 
などがリスクファクターであり、生活習慣病のひとつと考えられている。
【治療】 
病期の進行に応じて、軽症では内服による治療が第一選択として考慮される。抗血小板剤、魚油やプロスタサイクリンがある。プロスタグランディンE1製剤や抗トロンビン剤の点滴が次に試みられる。Fontaine 2度以上では、外科的手術による血管バイパスや、バルーン拡張やステント留置による血管内治療が考慮される。下肢の壊死が重症である場合は、下肢の切断となることもあるが、合併症がない例でここまで至ることは稀である。

生活指導も重要であり、特に、禁煙の必要性が非常に高い。

実験的治療:血管新生を促進する為に、造血幹細胞移植が試みられている。骨髄細胞、末梢幹細胞(PBSCT : peripheral blood stem cell transplantaion)を患部に数十カ所にわけ注入する。CD34陽性細胞を特に純化させている施設もある。また血管新生を促すホルモンを産生させる遺伝子(HGF, VEGF)を筋肉注射して血管の誘導をはかる治験も行われている。 
【鑑別】
間歇性跛行を呈する疾患としては、腰部脊柱管狭窄症があり、鑑別のために画像検査などが追加されることがある。 
下肢の慢性動脈閉塞をきたす疾患としては、バージャー病があり、病歴や血管造影検査の結果などから鑑別する必要がある。 
下肢の急性動脈閉塞症は、血栓や塞栓によって下肢の大血管が突然完全閉塞することにより、激痛が生じ、急速に壊死に陥る。 
【予後】
ASO自体の予後は良好。手術療法などにより治療可能であり直接の死因とはなりづらい。しかし患者は全身の動脈硬化をきたしていることが多く、10年程度で何らかの合併症により過半数が死亡するという報告もある。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より一部引用
【参考リンク】閉塞性動脈硬化症 ASO情報サイト
バージャー病-閉塞性血栓血管炎 (ThromboAngiitis Obliterans: TAO) TAO: Thromboangiitis Obliterans

開く コメント(1)

イメージ 1

イメージ 2

最近、健康食品においても「アンジオテンシン変換酵素(ACE)阻害作用」をメインにして、特定健康保健食品(トクホ)の許可をとり、「血圧が高めの方へ」と販売されている商品を多く見かけます。
そもそも、ACE阻害薬の発見は約30年も前にさかのぼります。記憶は定かではないのですが、確か南米の方で、Bothrops jararacaという大蛇の蛇毒から抽出された、「テプロタイド」という降圧効果のある物質が発見されてから開発が進んだという記憶があります。つまり、その蛇にかまれると、急激に血圧が下降して死に至るというところから、この蛇毒の成分を分析して、「テプロタイド」という物質を発見したのだと思います。この物質は、レニン・アンジオテンシン・アルドドステロン系(RAA系)に作用し、昇圧物質であるアンジオテンシン兇寮言をACEを阻害することによって、アンジオテンシン帰有兇鬟屮蹈奪して、血圧を下降させるという物質です。
 この物質自体は、ペプチド系なのですが、最近トクホの中でもトリペプチド系ということで、このACE阻害作用が弱いながら持っているという商品が販売されるようになりました。
そこで、もともとACE阻害剤の開発の経緯を知ってもらおうと記事をアップして見ました。
【参考】RAA系抑制薬の変遷 ACE阻害薬の臨床導入
海苔ペプチドその他知見
機能性食品情報

開く コメント(2)

イメージ 1

【参考リンク】JLIGHT RENAAL
【適応症拡大関連リンク】2型糖尿病に伴う糖尿病性腎症 高血圧治療ガイドライン−日本高血圧学会
○2006年4月20日に、ロサルタンの適応症に、「2型糖尿病に伴う闘病病性腎症」が効能追加されました。ARBでは、初めてであり、ACE阻害薬では、イミダプリルが「1型糖尿病に伴う闘病病性腎症」の適応取得がありましたが、圧倒的に糖尿病患者は2型糖尿病>1型糖尿病ですから、今回の適応症取得は非常に意義深いと思います。
【ロサルタンの腎保護作用のEBM】
JLIGHT:Japanese Losartan Therapy Intended for the Global Renal Protection in Hypertensive Patients
目的:蛋白尿を有する慢性腎疾患を合併した高血圧患者において,アンジオテンシンII受容体拮抗薬losartanとCa拮抗薬amlodipineの降圧効果および腎保護効果を比較する。
RENAAL:Reduction of Endpoints in NIDDM with the Angiotensin II Antagonist Losartan
目的:2型糖尿病および腎症患者において,アンジオテシンII受容体拮抗薬losartanの腎保護効果を検討。一次エンドポイントは,血清クレアチニン濃度の倍増+末期腎障害(ESRD)+死亡。二次エンドポイントは,心血管疾患による合併症+死亡の発生,および蛋白尿,腎疾患の進展度。
注)明日7/26に薬剤師のEBM勉強会があるので、上の2つのRCTをアップしてみました。
事前に読んでおくと参考になると思います。

開く コメント(1)

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事