漢方薬局 綾心 の”健康コラム”

名古屋は栄にある、漢方薬局 綾心&薬膳カフェ CAFE FARMACIEです

全体表示

[ リスト ]

人間の血管の99%は毛細血管。
細い血管をつなげると、10万kmで、地球2周分の長さ。


全身をびっしりと編み目状に張り巡らされています。
もちろん、内臓にも入り込んでいます。

7月13日のNHKの試してガッテン!のて特集されました。

イメージ 1

毛細血管は体のすみずみに酸素を届けています。

実は毛細血管は40代から減り始め、60代では4割減になるそう。

一番早く減る毛細血管は、外側から。
この事実はシミ、シワなどお肌の衰えを感じる40代と相関していますね。

この毛細血管を簡単に見ることが出来て、解析できる機械があります。


イメージ 2

これは、血管美人という機械を通して、ゲストの和田アキ子さんの指先を見たもの。

イメージ 3

血管は、爪の付け根でUターンしています。
これを顕微鏡で観察します。

毛細血管には壁細胞というものが、周りを取り巻いています。
この壁細胞が壊れると血液成分が、漏れ出てしまい、末端まで血液成分が届かず、末梢血管が減ってしまいます。
適度な血管透過性が良いのに、壁細胞が壊れて、漏れ出るとむくみとして出てきます。

むくみは血管透過性が行進した状況で、毛細血管の壊れていくサイン。

この壁細胞が加齢やストレスや不眠などで活性酸素が、関係しています。
酸化ストレスと言われます。

これらの毛細血管が壊れている状況を打破するのは、

血流を良くすること!血流アップ、血流タップリを目指しましょう!


これにはどんな方法があるのでしょう?


食事、運動の改善はもちろん。
運動の中では、特にふくらはぎをよく使う運動。
スキップが良いらしいとテレビでは言っていました。


そして、食事はもちろん三食をバランス良く、特に香味野菜、体を温める生姜やネギ、シナモンなども良いです。


もともと漢方薬は毛細血管に注目していました。


活血(かっけつ)薬として、長く使われています。
最近の研究が進んでいるのは、
丹参(たんじん)


丹参ひとつで四物湯に相当すると言われるほど、血液を増やし流すもの。


丹参の研究をしていらっしゃる富山大学の横澤先生は、
丹参の漢方薬の
冠元顆粒(かんげんかりゅう)
血管の酸化ストレスから守ることや、最近では肌の酸化ストレスを防ぐことも発表されていました。


薬局で、この毛細血管を見たいという方は、ご予約ください。血管測定だけですと、500円となりますが、
漢方相談でご購入されている方は無料です。


漢方相談中に、毛細血管を見つつ、お話も出来ます。
お薬飲んで、変化を見るために血流計と合わせて、毛細血管を顕微鏡で観察して、
状態を自覚できるようにと思っています。


本当に、毛細血管は大切ですよ〜
イメージ 4







この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事