ふくろう医者の診察室

健康や病気のことを縦糸に、診療室でのエピソードを横糸に。訪問ありがとうございます。

ご飯の「栄養学」

ご飯で健康づくり 長所を生かす食べ方は

近年、ご飯などの炭水化物を「健康のために」と敬遠する人が増えているが、じつはご飯は、毎日の献立の栄養バランスを改善するのに便利な食品なのだ。

ご飯などの炭水化物を控える人が増えたきっかけは、1980年代に食品のGI値(グリセミック指数)の考え方が提唱されたことだ。
食後の血糖値上昇の度合いを数値化したもので、値が高いほど食後の血糖値が上がりやすく、肥満などをもたらしやすいと考えられた。
ご飯、パン、麺類など炭水化物中心の食品は、GI値の高いグループに入ったため、これらを控えることがダイエットに向いていると考える人が増えた。

粒で食べる穀物
これに対して、ご飯は上手に食べれば血糖値の上昇を穏やかにしやすい食品だと考える専門家もいる。
小麦など主食に用いる穀類の多くが粉にひいて利用するのに対して、コメは粒ごと食べることが特徴だ。
コメの粒は約18万個の細胞から構成されているため、加熱調理しても独特の食感を保つ。
意識してしっかりかむことで、自然とゆっくり食べることになり、実質的なGI値を下げてくれる。
しかも、かむ刺激によって少量でも食事の満足度をアップしてくれるというメリットもある。
また、コメに含まれるでんぷんのうちアミロースが多いと難消化性になり、血糖値の上昇を穏やかにするという。
最近では、ご飯を冷ますとアミロースの構造が変化し、より消化が穏やかになるという研究報告もある。

健康づくりを意識した社員食堂で知られるタニタの社員食堂担当栄養士も「1食500キロカロリー前後、塩分も3グラム前後という献立づくりに、ご飯はかかせない」と話す。

実際、タニタの社員食堂では、1カ月に数回の麺類の日以外は、白米、胚芽米、玄米のいずれかが提供されている。
しっかりかんで食べられるご飯は、麺類などと比較して量を調節しても満足感が得られるという。

ご飯は、和・洋・中華のどのおかずにも合う上、それ自体に脂質はほとんどなく、塩分を含まないため食事全体の栄養バランスを取りやすい。
一方、パンはこの社員食堂では「それ自体に塩分を多く含む上、脂質の多いおかずが欲しくなる」といった理由で、献立に採用されてこなかったという。
パスタも「おいしく食べるには、ソースに一定の塩分や脂質が必要になる」ので1種類限定だ。

また「糖質のかたまり」と考えられがちなご飯だが栄養面でのメリットもある。
例えば、たんぱく質を効率よく取るためには、食材のアミノ酸バランスを示すスコアが100に近いほどいいが、小麦の38に対してコメは65と高い。
しかも、コメに大豆製品を組み合わせるだけで100にすることができる。

塩蔵品少なめに
もちろんご飯には欠点もある。
コメにはビタミンC、Aはほとんど含まれていない上、ビタミンB群、ミネラル類の多くは糠や胚芽の部分に含まれているので白米にすると失われがちだ。
また、もっともご飯に合う伝統的な和食のおかずは、塩分のとりすぎになりやすい。

白米だけでなく、ときには胚芽米、玄米なども上手に取り入れてみると栄養バランスは改善する。
塩分控えめにする工夫も必要だ。1日の間で、干物とソーセージなど塩蔵品が重複するのは避けたい。
また、みそ汁は、だしをきかせ緑黄色野菜、根菜類などをたっぷり入れた具だくさんにすることでコクを出し、塩分控えめでもおいしくいただける。
ご飯の欠点を補い、長所を生かすことで、食事の健康度は大幅にアップする。

     ◇     ◇

「ご飯パン」の開発も進む
近年、ご飯以外の食べ方でも、コメの長所を生かすための研究が進められている。
例えば、ご飯は食べる量を調節しやすい半面、炊いたご飯が残ってしまうという問題がある。
そこで新たに開発されたのが、冷凍や残りご飯でパンを焼く「ご飯パン」。
想像以上にしっとりした、おいしいパンができる。
バターなどの油脂を使わないおかずにもよく合う。
「これからは小麦の代用ではなく、栄養効果の優れた独自の食品として開発していきたい」と開発者は説明する。
また、食後の血糖値の上昇を穏やかにするアミロースを増やしたコメは食感が悪くなる傾向があるが、うどんなどの麺類に加工するとおいしいことも分かってきた。
こうした米粉専用の品種を開発することでコメの有効利用が進むことも期待されている。

参考・引用一部改変
日経新聞 2013.9.28


関連サイト
ご飯の長所を生かす食べ方
https://wordpress.com/post/aobazuku.wordpress.com/536

開く コメント(0)

台風の季節、片頭痛も警戒 気圧変化や光で誘発

台風シーズンの夏から秋にかけて、低気圧の接近とともに片頭痛を訴える人は少なくない。
昔からこうした天気の状態による頭痛は天気病みとも呼ばれていた。
仕組みや予防方法を知ってしっかり乗り切りたい。

「片頭痛」は、頭の片側、もしくは両側が脈拍に合わせてズキズキと痛む頭痛のこと。
月に1〜2回、多い人では週に1〜2回ほどの頻度で数時間から2〜3日間、痛みが続く。
日本では約840万人が悩まされている。
同じ頭痛でも長時間のパソコン作業などで筋肉が緊張して起こる「緊張性頭痛」は体操や体を動かすことで痛みが引くことが多い。
片頭痛は動くとかえって痛みが増す。
頭痛以外に吐き気や嘔吐、下痢を引き起こすことがあり、仕事や家事が続けられなくなるなど日常生活の大きな支障になることも少なくない。

片頭痛はどんな仕組みで起こるのか。
光、音、匂い、空腹(血糖値低下)、ストレスなどによって脳が刺激を受けるとセロトニンという脳内物質が急激に増減を引き起こし脳の血管が広がる。
その結果、血管周囲に網目状に張り巡らされた三叉神経を刺激して炎症物質が放出され、脳が痛みを感知する。
片頭痛が起こる前に火花や歯車のような光が見えたり、肩こり、生あくび、異常な空腹感などの予兆を感じることもある。

脳への刺激に過敏な人が片頭痛を引き起こすが、光、音、匂いのほか、気候や気圧の変化も引き金となる。
低気圧によって人の体はむくみがちになる。
このむくみが脳血管にも及んで片頭痛が起こりやすくなる。
夏から秋口にかけて、しばしば台風の接近するシーズンは片頭痛患者にはつらいシーズンとなる。

片頭痛患者は女性が男性の4〜5倍と圧倒的に多く、特に20〜40代の女性に集中している。
これはセロトニンが女性ホルモン(エストロゲン)の分泌と密接に関係があるからと考えられ、月経や排卵日前後に片頭痛が起こりやすいのはこのためだ。
不規則な食生活や過激なダイエットで女性ホルモンのバランスが乱れても、片頭痛の原因になることもある。

日本人はがまん強く頭痛に耐えようとする傾向がある。
医療機関にかからずに治そうとして、市販の頭痛薬に頼る場合もあるが、片頭痛の根本的な治療薬でないと度重なる服用がかえって頭痛を引き起こすケースもある。
また、医療機関にかかったとしても頭痛に詳しくない医師だと「ただの頭痛で心配ない」と鎮痛剤(頭痛薬)を処方してすませてしまうこともある。

専門医が外来で片頭痛患者に処方するトリプタン製剤は、血管のセロトニン受容体に作用し、血管の収縮と炎症物質の放出を抑制する。
片頭痛の根本原因に直接作用し、痛みを大幅に軽減できる薬だ。

強い光が誘因することもあるので、夏場の外出時にはサングラスと日傘を準備しておきたい。
家庭内でも、蛍光灯やパソコンのブルーライトを避け、できるだけ柔らかい光の照明器具を選ぶ。
また、水分補給では硬水のミネラルウオーターがお薦め。
脳血管を安定させる作用があるマグネシウムが多く含まれている。

「どうせ治らない痛みだから」とあきらめるのではなく、片頭痛についてくわしく知ることが、症状の改善と予防につながる。


開く コメント(0)

熱中症を防ぐ 夏は上手に水分補給

私たちの体は6割ほどが水。
体内の水分が減ると「脱水」状態になり、血液がドロドロになって栄養分や老廃物を運びづらくなるほか、汗をかきづらくなって体温調節が難しくなる。
熱中症にもなりかねない。
 
体重の2%の水分が失われるとのどが渇き始める。
5%を超すと嘔吐や意識障害を起こす。
高齢者は体内の水分量が少ない上、のどの渇きも感じづらくなるとされるので、水分補給にはより気を使いたいところだ。
 
激しいスポーツや炎天下での作業をしないような日常生活の水分補給には、まずは食事が大事だ。
私たちの体は1日に2.0〜2.5リットルの水分が出入りしており、しっかり3食をとれば、このうち0.5〜1.0リットルを補える。
 
ご飯やパン、汁物、おかずをバランスよく食べることで、様々な栄養も一緒に体に入る。
人の体は就寝時も呼吸や皮膚からの蒸発、発汗によって水分が失われるので、朝食を抜くことは特に危ない。
 
では、食事以外の1.5〜2.0リットルは、どうとればいいのか。
人には大量の水をためる機能はないので、こまめに飲むことが大事だ。
コーヒーは「カフェインの利尿作用で、尿の量が増える」とも言われるが、実は科学的根拠はない。
<私的コメント>
誰もが「トイレが近くなる」ことを実感しているので少々驚きです。

1日に5杯程度までなら、カフェイン中毒の心配はない。
アルコールには利尿作用があるほか、体内で分解される時に脱水作用が起きる。
ビールをゴクゴク飲むのは最初の1杯までにして、2杯目からは水と交互に飲もう。
<私的コメント>
無理です。

水分や塩分が汗として大量に失われる激しい運動時や、屋外で活動をする時は、スポーツドリンクや経口補水液がよい。
ナトリウムなどの電解質や糖質を補給できて小腸からの吸収効率もよく、体内で水分が保持される。
ただ「通常の日常生活ではそこまで意識しなくても心配ない」という。
<私的コメント>
かなり以前のことですが、厚労省から「スポーツドリンクや経口補水液が、小腸からの吸収効率がよい」という広告に対して、「そういう事実は実証されていない」という見解を出したことがありました。
 
とはいえ、最近はスーパーやドラッグストアの店頭にも経口補水液が並び、つい手に取りたくなる。
経口補水製品の市場規模は、2015年度の71億円から18年度には113億円に伸びた。
熱中症の治療や予防効果が知られるようになり、関心が高まったとみている。
<私的コメント>
こういった統計がきちんとあること自体に些(いささ)かの驚きを感じます。 

スポーツドリンクは電解質も含むが、運動時のエネルギー補給が主な目的で、糖質が多めなのが特徴だ。
一方、経口補水液は体液の成分に近い電解質と糖質を補給でき、もともとは発展途上国で感染症による脱水の治療に使われていた。
 
経口補水液の電解質や糖質の量は、メーカーによって異なる。
味の素の場合、電解質の濃度は体液よりやや低く、糖質との割合によって吸収効率を上げている。
塩分量の多いものほど深刻な脱水などの緊急時に向くが、同社のものは日常でも飲みやすいのが特徴という。
 
市販の経口補水液は500ミリリットルのペットボトルで180〜200円程度。
ほかの飲料に比べてやや高価だが、経済性も考慮しながら、必要に応じて日常の水分補給の一助に考えたい。
夏バテで食欲が落ちた時や、お酒を飲んで寝る前などがお薦めだという。
血圧が高く塩分制限が必要な人は、成分表で塩分量を確認するとよい。

<参考>
体のかかせない水
https://wordpress.com/post/aobazuku.wordpress.com/529

参考・引用一部改変
朝日新聞・朝刊 2019.7.20

開く コメント(0)

認知症介護 会話のコツ

毎日「お金下ろす」→「きょうは日曜」 食べたのにご飯催促→「今から作るね」

両親など身近な人が認知症になったとき、戸惑う人は多いだろう。
よかれと思いついとってしまう言動が認知症の人を傷つけ、症状を悪化させてしまうことがある。
認知症の進行を抑えるには、周囲が正しい接し方をすることが欠かせない。
どこに気をつければいいのか。

「郵便局で年金を下ろさなきゃ」。
東京都内に住む認知症の80代の女性はほぼ毎日、通帳を持って家の中をうろつく。
平日でも娘が「今日は日曜日だから下ろせないわよ」と言うと、「あら、そう」と郵便局に行こうとするのをやめる。
娘は母親にウソをついたことになるが、それで構わない。

「昨日も同じこと言ってたよね」などと返すと、認知症の人は自らを否定されたと思い不安が募る。
認知症は病状が進むとコミュニケーションが取りにくくなる。
介護する側が知っておきたいのは「記憶力が低下している認知症の人は現実とは違う世界に生きている」ことだ。

よくあるのは食事したのを忘れ催促する例だ。
食べた記憶が失われ脳は食べていないと判断する。
こうした場合、介護する人は否定したり間違いを正したりしないことが重要だ。

認知症の介護と子育てとは違う。
子育ては子供が失敗をしたときに注意すれば経験として上塗りされるが、認知症の人は上塗りができないから意味がない。
しかも、認知症の人は記憶力は低下しているが、抱いた感情は強く残ってしまうといわれる。
「また無視された」「拒否された」という感情は、あきらめや意欲低下を招きかねない。
認知症の人が言うことに寄り添う、歩み寄ることが大切なのだ。

認知症の人が言うことに過敏に反応するのをやめ、「さりげなく調子を合わせる」のがよい。
食事の催促のケースでは「これから作るから」などと答えてあげればいい。
実際に作る必要はない。
「それなら待っていよう」と心を落ち着かせるのが肝心なのだ。
つまり、「説得ではなく納得してもらう」ことがカギだ。

認知症の人とのコミュニケーションでは、「スピーチロック」といわれる言葉で身体的・精神的な行動を抑制することにも注意が必要だ。
介護をしていると何気なく使ってしまう「ちょっと、待ってね」や「座ってて」などの言葉が、認知症の人には否定的に受け止められる場合がある。

軽度の認知症であれば、本人がやろうとしていることを先回りするのもやめた方がいい。
家族は心配のあまり必要以上に世話をやいてしまいがちだが、病気で自信を失っている本人は世話を素直に受け取れないことがある。
危険な事態にならない限りは「本人の頑張りを尊重する」ことが大切だ。

認知症の介護では理不尽な怒りを感じてしまう場合もあるだろう。
介護する人に余裕がなくイライラしているときは、焦りを抑えられずに相手にぶつけてしまう可能性がある。
否定されたという記憶は残りやすいので配慮が必要だ。

対応策として、自分が腹を立てていると思ったら、いったんその場を離れるとよい。
お手洗いに行くとか、水を飲んでくるなどと告げ、時間を置いてもどってくればお互いに落ち着いて話せるようになる。

元気なうち 好み聞いておく
日本の65歳以上の認知症の人の数は、2012年の462万人から25年には700万人に増加すると予想されている。
家族などが認知症になったときコミュニケーションが取れるように、早いうちから準備しておくことが肝心だ。
 
それには、親が元気なうちに、好きな食べ物やテレビ番組、楽しかったことなどを一通り聞いておくことだ。
怒りが収まらない認知症の人に、大好きなコーヒーをいれてあげるとニコッとするなど、親の好みを知っていると、不安にかられる心を静めるための対応がしやすくなる。
 
介護士などプロのコミュニケーションスキルも役に立つ。
デイサービス施設を見学するなどして、認知症の人との接し方ややり取りを学ぶのも一つの方法だ。

参考・引用一部改変
日経新聞・夕刊 2019.6.19


<関連サイト>
認知症の人への接し方
https://wordpress.com/post/aobazuku.wordpress.com/524

認知症の人に対する話し方のコツ
https://www.ninchisho-forum.com/knowledge/kaigo/004.html
・認知症になって脳の機能が低下すると、会話をしなくなることがある。
しかし、会話の量が増えれば脳が活性化され、認知機能にもいい影響を及ぼす。
さらに人と交流することで、生活にハリが出て、気持ちも明るくなる。

・認知症の人には積極的に声をかけ、話を引き出すようにしよう。
その際、ゆっくり、わかりやすく話すのがコツだ。

・また、認知症の人は、いくつものことを同時に理解することが苦手だ。
「さっき外出から帰ったから、手が汚れているかもしれませんね。手を洗いましょう」と言うと、「外出」「汚れ」「手を洗う」と三つの話がでてくるので混乱しがちだ。
こういう場合は「手を洗いましょう」と声をかけるだけにする。

・認知症の人は、最近の言葉が苦手なことがある。
年齢にもよるが、「スマホ」と言わず、「電話」と言ったほうが、理解されやすい場合がある。
出身地の方言が有効なこともある。
故郷のなまりには、いくつになっても親しみを感じるようだ。

・子どもの頃に遊んでいたベーゴマなどのおもちゃや、若い頃の写真、好きだった歌などを話題にするのもいい。
認知症でも昔の記憶は良く保たれているため、会話の糸口になるだけでなく、脳が活性化される効果がある。
これは「回想法」でも利用される手法だ。

開く コメント(0)

夏の冷え症、男性も要注意 外出時は上着など対策を

冷房を使い冷たい飲み物を多くとる夏場は体が冷えがち。
体が内部まで冷え切ると身体の不調を引き起こす。
女性に多いと思われがちだが、男性にも起こるので要注意だ。
効果的な予防法で快適に過ごしたい。
ヒトの体は冷えを感じると、脳が身体を温めろという指令を送る。
その際、自律神経やホルモンバランスが乱れていると、体温調整がうまくできず温まらない。
これが冷え症の仕組みだ。
例えば、ストレスで自律神経が乱れると、血管が収縮して体温が上がりにくくなってしまう。

あるビル管理会社がが2016年に全国1000人のビジネスパーソンに調査したところ、36.2%の男性と60.0%の女性が「オフィスの冷房設定を寒いと感じる」と答えた。
男性でも3人に1人は寒いと感じている。
冷え症は男性にもおこり、年代が若くなるほど冷えを訴える人が多くなっているという。
エアコンが浸透する生活に慣れるに従い、体温を一定に保つ機能が衰えているためだ。

女性は冷え症を自覚して、あれこれ対策を心がける人は少なくない。
一方、男性の場合は「自分が冷え症かもしれない」という発想があまりないため、寒いと感じたとしても、特別な対策を取らないことが多い。
そのため、必要以上に体を冷やしてしまう。

冷え症は、もともと漢方医学で使われる概念。
漢方では万病の元とされ、めまい、頭痛、排尿障害、不眠など、さまざまな症状を引き起こす。
夏の冷え症をそのままにしおくと、秋以降に体調を崩しかねない。
下痢、むくみ、夜間頻尿がある人は体が冷えている可能性が高い。
男性も、夏場は冷えを前提にして、体調をこまめにチェックした方がいい。

冷えを感じたら、早めに対策を取ることが重要になる。
首の後ろ、おなか、足首には太い血管が通っているので、露出させていると全身が冷えやすい。
外出するときは、寒いと感じたときに羽織れるものを忘れないようにしたい。
冷えが強い人は使い捨てカイロなどを持ち歩くのもいい。
血流の多い筋肉豊富な太ももの上に、温かいものを置くと全身が温まる。

食べるときはよくかむことで、視床下部に刺激が伝わり、体温が上がりやすくなる。
トマト、キュウリ、レタスなどの夏野菜は体を冷やす作用があるので、熱を加えて食べたい。
運動で筋肉を増やすと熱を作る能力が高まる。
定期的な運動習慣を身に付けるにこしたことはないが、普段の暮らしの中でも、できるだけ階段を使う、電車の中では立つなど、折に触れ体を動かすことを心がけるだけでも効果はある。
じっと立っているだけでも座っているときよりエネルギー消費量は多くなり、代謝が進んで温まる。

入浴は、就寝前に40度以下のぬるい風呂に10分以上つかるといい。
温度が低いので、のぼせることもなく体温を上げることで安眠できるようになる。
ただ、大量に汗をかくとその後で冷えが進んでしまうので、汗をかきやすい人はシャワーだけのほうが無難だ。
眠るときはおなかや太ももを冷やさないように、ひざから胸までは布団をかける。
暑ければ冷房を使ってもいいが、常に快適な気温にしていると体温を調節する能力が落ちてしまうので、やや高めの28度くらいに設定しよう。
自律神経を整えて冷え症を改善するには、規則正しい生活を心がけることも大切だ。

参考・引用一部改変
日経新聞・朝刊 2019.7.20

<関連サイト>
冷え症のしくみ、タイプと対策
https://wordpress.com/post/aobazuku.wordpress.com/522

つら〜い冷え症が改善!血管若返り術
http://www9.nhk.or.jp/gatten/articles/20170208/index.html
・冷え症の10人に1人が危険な状態にある。
冷え症があると血管が硬くなって老化が進み、血圧に異常が起きることがある。

・最新研究で分かってきた衝撃の新事実。
それは、冷え症の人は普通の人より血管が硬くなっている、つまり老化しているということだ。

・健康診断などで、「血圧に問題なかった」という冷え症の方のなかに、激しい血圧変動を起こしている人がいる。
実際に冷え症の女性を調べたところ、およそ10人に1人の割合で激しい血圧変動が起こっている人が見つかった。

・こうした血圧変動は脳の血管に影響し、脳梗塞を引き起こすリスクが高くなることが分かっている。
このサイトの中で、「血管の若返り」で冷え症を改善する「血管のばしの方法 」が写真入りで紹介されている。

開く コメント(0)

虫刺され

たかが虫刺されと侮らない 放置で疾患や重症化リスク

夏になると虫に刺される機会が増える。
軽いかゆみですむ場合もあるが、深刻なアレルギー反応や、感染症につながるものもある。
たかが虫刺されと侮ることなく、正しい処置法や予防法を身につけたい。

虫に刺されると、痛みやかゆみ、腫れをともなう皮膚の炎症が起きることが多い。
個人差があり、同じ虫に刺されても症状が異なる。

炎症を起こす仕組みは2つ。
一つは虫が刺した毒成分が皮膚を直接刺激し炎症を引き起こすもの。
もう一つは虫の有毒物質や、人に刺す時に注入する唾液成分に対するアレルギー反応によるものだ。
皮膚に侵入したこれらの物質を、体が抗原(アレルゲン)と認識し抗体を作る。
次に刺されると、この抗体が抗原に反応することで炎症が起きる。

いずれにせよ毒のある虫に刺されたら、傷口周囲を圧迫して毒を絞り出し、流水で洗浄し患部を清潔にして冷やす。
毒を口で吸い出すと、口内から毒が体内に浸透する可能性があるので控える。

蚊などに刺され、すぐにかゆみがでる場合は、市販のかゆみ止めなどで対処してかまわない。
ただ、赤みや炎症が強く痛みが生じた場合は医療機関を受診した方が、治りが早い。
たかが虫刺されと侮り、かゆみを残したまま放置するのは避ける。
皮膚をかいて傷がつくと、黄色ブドウ球菌や溶血性連鎖球菌に感染し伝染性のとびひになることもある。
とびひには抗生剤を使った治療が必要だ。
アトピー体質の人は症状が悪化しがちなので特に気をつける。

蚊やブヨ、ノミ、ドクガ、毛虫、ムカデなど国内で虫に刺されたり、かまれたりして生じる炎症の多くはアレルギー反応によるものだ。
これには即時型と遅延型がある。
刺されてすぐに皮膚が赤く盛り上がりかゆみが生じれば即時型の反応だが、幼い子供は半日以上たってから症状が出る遅延型も多い。
屋外に親子で出かけた後は、しばらく子供の様子をフォローしておきたい。

さらに虫刺されによるアレルギー反応で注意したいのは、全身症状が起きるアナフィラキシーショックだ。スズメバチが代表例で、ハチ毒に含まれるたんぱく質が抗原になるとされる。
初めて刺された時は体に抗体ができるだけだが、次に刺されると抗原に対する激しいアレルギー反応が起こりやすくなる。

症状は、呼吸困難や急激な血圧低下、意識の消失など。
これらの症状が起きたら速やかに医療機関にかかり、アドレナリンの筋肉注射、ステロイドや抗ヒスタミン薬による治療が必要となる。
また、虫刺されから、虫が媒介する病気に感染することもある。
ダニの一種ツツガムシにかまれると高熱、頭痛、筋肉痛などの症状が出るツツガムシ病に感染する恐れもある。
医療機関で早期に治療を開始しないと命の危険に及ぶこともある。

他にもマダニにかまれると紅斑と関節炎が主症状のライム病に感染することもある。
ダニがいる可能性のある野山などに出かけた後、風邪のような症状が長引くようだと注意が必要となる。

虫刺されは予防が肝心だ。
野外での活動の際には、虫よけ剤を使用するのが望ましい。
手のひらに吹きつけ、それを塗り広げるとムラなく塗れる。
日焼け止め剤などの上、皮膚の一番外側に塗るのがポイントだ。
また、成分や成分の濃度により、塗り直しの時間間隔が異なる。
正しく使用して、虫刺されを予防しよう。

参考・引用一部改変
日経新聞・朝刊 2019.6.29

<関連サイト>
虫刺されの症状
https://aobazuku.wordpress.com/2019/08/10/虫刺されの症状/

開く コメント(0)

補聴器を選ぶ方法

補聴器、自分に合うものを

難聴や加齢による聴力低下を補う補聴器の使用率が日本で低迷している。
欧米では30、40%台の使用率が日本では14%弱にとどまっているのだ。
背景には価格が高いうえ、症状や用途に合わない商品を購入してトラブルになるケースが後を絶たないためだ。
耳の聞こえ具合が認知症に関係しているとの指摘もあり、高齢化が進む中、生活の質を高めるための補聴器選びが重要になっている。

使用率低迷の日本、普及のカギは 生活の質向上/トラブル防止
補聴器大手、シバントスの系列の補聴器販売店「シーメンス・シグニア補聴器コンセプトストア銀座」。
宝石のようなカラフルな補聴器など100種類以上をそろえる同店に現れたのは補聴器の調整に訪れたOさん(31)。
幼少期におたふく風邪を煩ってから重度の難聴になって、2017年4月から同社の補聴器を使い始めた。
「生まれたばかりの子どもの声が初めて聞こえた」と笑顔で語った。

Oさんは補聴器の使い勝手を高める目的で、シバントスが17年に始めた「マイヒヤリングアプリ」を活用している。
新しい補聴器に早く慣れるように、テレビの音声などを聞いてその聞こえ具合を毎日チェックしたり、音量を調節して心地良い音の大きさを探したりできる。

「何かあるとすぐ連絡できて安心です」。
アメフトチームに所属しながら、ろう学校の教師も務めるOさんの生活を支える。

補聴器国内最大手のリオンが17年11月に発売したのが、耳の穴がふさがっている外耳道閉鎖症などの患者が使いやすい世界初の軟骨伝導補聴器だ。
イヤホンの代わりに、増幅した音を伝える振動子を外耳の軟骨部にあてて、振動を聞き取ることで音を識別する。

外耳道閉鎖症の患者は耳にイヤホンを差し込めないため、これまではヘッドバンド式の骨導補聴器を使うことが多かった。
頭痛を引き起こしたり、子どもの成長と共に骨がへこんだりしてしまうことがあった。

カチューシャタイプの骨伝導型から軟骨伝導型に切り替えた東京都下在住のTさん(14)は「以前は気になった周囲の視線を気にしなくなった。音もクリアになった」と喜ぶ。

補聴器の品ぞろえが増えたことで、需要はじわりと伸びている。
日本補聴器工業会によれば、17年の補聴器の国内出荷台数は56万台と07年に比べ2割増えた。

とはいえ、難聴者に対する補聴器の使用率で見ると、英国42%、ドイツ35%、米国30%に対し、日本は14%と低い。
日本では補聴器を購入する際の補助金が少ないほか、販売員の公的資格が確立されていないことが関係している、とみられる。

欧米では補聴器販売業者に公的資格制度があり、医師による診断を経て「オージオロジスト」などと呼ばれる有資格者が聴力検査や耳型採取などを手掛ける。

日本では購入に医師の診断は必要なく、認定補聴器技能者と呼ばれる民間資格の保有者の配置も義務づけられていない。
割安だからとインターネットで買ったり、店頭で薦められるままに買ってしまい、「合わなかった」などの声が国民生活センターなどに寄せられることも少なくない。

こうしたミスマッチを減らそうと、日本補聴器販売店協会では16年度から販売者の研修会を始めた。
累計2千人が受講し、今後も続けていく方針だ。

価格高止まり 利用の妨げに
補聴器が普及するうえで課題となっているのが価格の高さだ。
日本での補聴器の普及価格帯は片耳あたり15万〜20万円。
高級品だと両耳で100万円かかる製品もある。
日本では補聴器は保険適用にはならず、障害者総合支援法に基づく高度の難聴以上の人だけが、原則1割負担で購入できる。
 
中等度以下の人でも、購入後に医療費控除を受けられる。
ただ、医師から治療のために必要という診断書を書いてもらう必要がある。
申告時に税務署によって判断がぱらつき、控除が受けられない例もあった。
今は9割の人が自費で購入しており、高額なために片耳のみ購入して済ますケースもあるという。
英国では国が指定する製品であれば、難聴の程度にかかわらず国から無償で提供を受けられる。
 
最近では2週間程度のレンタルサービスを活用して補聴器を使う人も増えている。
今後は一律の基準で税控除が受けられるようにするなど、補助制度自体の改善も求められる。

参考・引用一部改変
日経新聞・夕刊 2018.3.14


<関連サイト>
補聴器を購入する前に
http://www.jhida.org/kounyu/
(「日本補聴器販売店協会」のサイトです)

補聴器の選び方
http://www.hochouki.com/select/
(「日本補聴器工業会」のサイトです。公的な支援制度についても解説されています)

補聴器のやさしい解説
http://www.jibika.or.jp/citizens/hochouki/yasasii.html
(「日本耳鼻咽喉科学会」のサイトです)

開く コメント(0)

広がる遺伝子検査

広がる遺伝子検査 予防や治療に役立つけど・・・

私たちの体をつくる細胞の中にある遺伝子を調べる「遺伝子検査」が、どんどん身近になっている。
2019年6月からは、がん細胞にかかわる100種類以上の遺伝子を一度に調べ、どの遺伝子に変異があるかを解析できる遺伝子検査システムが、公的医療保険の適用対象となった。
患者ごとに最適な治療法を探れるようになるとの期待が高まる一方で、自分の親族に発症する恐れがある遺伝性の病気まで分かる可能性もあり、新たな課題も出てきている。
 
ヒトの細胞にある核の中には、23対の染色体が入っている。
染色体は、二重らせんの構造をしたDNAからできている。
4種類の塩基と糖、リン酸で構成されるDNAのうち、たんぱく質を作る指令が書かれた部分が遺伝子だ。
特定の遺伝子が変異することで、様々な病気が引き起こされることが分かってきている。
 
このため、遺伝子変異が原因となる難病では、遺伝子検査が診断の確定に用いられるようになっている。
おなかの赤ちゃんが染色体の異常でなるダウン症であるかなどを調べられる新型出生前診断を受ける人も増えている。

    * * *
 
さらに近年は、遺伝子検査の対象が一気に拡大している。
解析技術が急速に進むとともに、特にがんの分野で遺伝子の変異に対応した治療薬の開発が進んだためだ。
 
例えば乳がんでは、HER2、BRCA1、BRCA2といった遺伝子に変異があった場合に効果がある薬が分かっている。
このため、適切な薬を選ぶために遺伝子検査を行う。
 
このうちBRCAは、遺伝性乳がん・卵巣がん症候群の原因となる遺伝子でもある。
2013年に米国のある女優俳優が、予防のために乳腺を切除する手術を受けるきっかけとなった遺伝子だ。
 
すでに発症した患者にとっては、治療薬選びや再発予防に役立つ一方で、親族にも発症の可能性があることが分かり、心理的な負担につながりかねない。
 
これまでは一つまたは少数の遺伝子を調べる検査だったが、これからは一度に多数のがん細胞の遺伝子を調べる検査が少しずつ本格化しそうだ。
検査の主目的ではない遺伝子変異である「二次的所見」が判明する可能性も、一層高まる。
 
このため、日本医療研究開発機構の委託研究で京都大のK教授らが3月、「ゲノム医療における情報伝達プロセスに関する提言」をまとめた。
▽ 多数の遺伝子を調べる検査では、
▽ 患者とともに家族も事前説明を受けること
▽ 二次的所見が分かった場合の開示希望の有無を同意書に記載しておくこと
▽ 知らないでいる権利があること
を説明することなどを推奨しています。

    * * *
 
患者や家族の不安や揺れる心にじっくりと寄り添う職種の一つとして期待されるのが、認定遺伝カウンセラーだ。
日本遺伝カウンセリング学会と日本人類遺伝学会が共同で認定する資格で、現在は17大学院の養成課程の修了後に試験に合格する必要がある。
18年12月現在で243人いる。
 
認定遺伝カウンセラー制度委員会のM委員長(お茶の水女子大教授)は「患者や家族が、今後の方針について納得のいく自己決定ができることが大切だ」と話す。
そのためにも、医師や看護師ら様々な医療職とも連携し、正しい遺伝学の知識に基づいた説明や、個々の事情に応じた遺伝カウンセリングを十分に受けられる体制づくりが急務となっている。

これから
人間の全遺伝情報(ヒトゲノム)が容易に解析できるようになり、様々な病気と遺伝子の関係が判明している。
その一部には、遺伝性があるものがある。
その場合、家族にどう伝えていくのか。
遺伝情報は究極の個人情報でもある。
一人ひとりが向き合い方を考えていく必要がありそうだ。

参考・引用一部改変
朝日新聞・朝刊 2019.7.27

<関連サイト>
遺伝子とは
https://wordpress.com/post/aobazuku.wordpress.com/514

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

果物アレルギー

花粉症の子に多発? 食べ慣れない果物でアレルギー

東京都大田区の区立小学校で、給食後の児童が次々と体調不良を訴え、病院に運ばれた。
かゆみや発疹などがあり、いずれもアレルギー症状とみられるという。
原因の可能性が指摘されているのは、意外な果物だった。

提供のビワ 関係か
「のどが痛い」「腕がかゆい」。
6月某日の午後1時半ごろ、給食を食べ終え昼休みを過ごしていた1〜6年生30人が体調不良に。

学校は救急車を呼び、うち11人が病院に搬送された。
いずれも症状は軽く、その日のうちに自宅に帰ることができた。
 
区教委によると、この日はガス設備の工事で給食が作れず、児童は弁当を持参。
学校側からは牛乳と果物のビワを提供した。
牛乳は飲み慣れたもので賞味期限などにも問題はなく、児童の症状も食中毒のものではなかったため、ビワによる食物アレルギーの可能性があるという。
 
花粉症の患者は・・・
卵や牛乳などのアレルギーはよく聞くが、ビワ? 
実は花粉症の人が果物や野菜を食べると、口の中にかゆみや違和感が出ることがあることが近年の研究で知られている。
「花粉―食物アレルギー症候群」と呼ばれ、花粉症の人が反応する花粉の中のたんぱく質と似たたんぱく質が果物にも含まれるためだ。
シラカバやハンノキなどの花粉に反応する人は、リンゴやモモ、イチゴといったバラ科の果物で症状が出る恐れがあり、ビワも合まれる。
花粉症になって数年後に、果物アレルギーを発症することもある。
 
花粉症患者の増加とともに増えていると言われ、花粉症の発症が低年齢化しているのに伴い、子どもにも多く見られるという。
花粉症があって果物を食べるとがイガイガする人は、注意したい。
症状は比較的軽く、口の中だけでとどまることが多い。

大田区では、旬の食材を味わう食育の一環として、年1回程度給食にビワを出してきた。
体調不良を訴える児童が相次いだのは今回が初めてで、「そもそも家庭でビワを食べる機会が少なく、アレルギーとわからなかった子が発症したのでは」と担当者は話す。
 
農林水産省の統計によると、ビワの出荷量は直近の2017年で2950トン。
データがある1973年以降では、ピークの79年の1万4600トンの約5分の1に落ちている。
主要産地である千葉県内の農協担当者によると、市場を通さない直販や道の駅などでの販売が出荷額の8割を占め、高級品が増えているという。

「注意して食育を」
「ビワは種が大きくて食べるところが少ない」と敬遠する客もいる。果物の選択肢も増え、存在感が落ちているのは事実。
初夏においしくお勧めだが、食べ慣れていないということは十分あり得る。
 
ただ、家庭で食べられなくなっているからこそ、学校給食に出すことには大きな意義がある。
アレルギー対応に注意するのはもちろんだが、子どもが旬の食材により多く触れ、知ることは、食の力を育み、将来の豊かな食生活につながる」と話す専門家もいる。
<コメント>
たしかに「食育」という点からは、一定の「冒険」も必要かも知れませんが、果物アレルギーを侮(あなど)ってはいけません。
アレルギーの際、柔らかい口腔粘膜は浮腫(むくみ)が起きやすく咽頭や喉頭浮腫が容易に起き得ます。
当院でも、桃(モモ)を食べて息苦しくなり救急車で病院に搬送されたケースを経験しています。
このように「『のど』が痛い、かゆい」といった症状は要注意で、学校側が救急処置に対応出来ない限り「君子危うきに近寄らず」です。
最低でも各教員は果物アレルギーについての知識を共有し、保健室にはエピネフリン(商品名エピペン)の注射を常備しておく必要があります。
(この注射は、本人または家庭や教職者などによる注射が認められています)
「旬の食材により多く触れ、知ること」は、食の安全が第一であるべき学校で行うものではなく、親の判断で各家庭ですることです。

参考・引用
朝日新聞・朝刊 2019.7.5

関連サイト
子どもが新規発症したアレルギーの原因食品
https://aobazuku.wordpress.com/2019/08/08/子どもが新規発症したアレルギーの原因食品/

アナフィラキシーってなあに?
https://allergy72.jp

「学校での食物アレルギー・アナフィラキシー対応」
https://www.gakkohoken.jp/special/archives/148

開く コメント(0)

乾癬に25年ぶり、のみ薬 副作用を軽減 / 増える治療薬

皮膚が赤みを帯びて、はがれ落ちる皮膚の病気「乾癬」は、かゆみなどの症状に加え、患者が見た目を気にして精神的にも苦しむことが多い。
昨年(2017年)、国内で約25年ぶりに新たなのみ薬が登場した。
重い副作用が少なく、治療の新たな選択肢として期待されている。

ある男性(77)が約40年前、足に丸いできものが出来た。
皮膚科で乾癖と診断され、「一生付き合うことになるかもしれない」と告げられた。
当時は仕事が忙しく、徹夜もよくあったという。
 
両ひざ下の肌が荒れて、かゆかった。
かくと、布団や床にはがれた白色のかさぶたがたまった。
家族に迷惑をかけている気がした。
塗り薬やのみ薬などを試したが、「良くなったと思ったら悪くなる。その繰り返しだった」という。
 
乾癖は、細菌やウイルスなどの外敵から体を守る免疫が誤って自分を攻撃しやすい体質の人に起こりやすい。
はっきりした原因は不明だが、他の病気やストレスなどが引き金となって発症すると考えられている。
 
男性は今年7月に突然症状が悪化。
ある皮膚科外来を訪ねた。
提案されたのが「オテズラ」。
昨年、国内で約25年ぶりに発売されたのみ薬だ。
炎症の原因物質の放出を抑えて症状を改善する。
朝夕とのむと、約2週間でかゆみは消え、腫れも治まった。
「肌がすべすべになった。いい薬に出合えた」と男性は語る。
 
オテズラは、吐き気や軟便などの副作用があるが、従来ののみ薬に比べると重い副作用が少ないとされる。
例えば、あるタイプの内服薬は子どもの奇形のリスクがあり、のむのをやめた後も一定期間の避妊が必要だ。
その点、オテズラは患者さんにとって費用や利便性、効果などの面でバランスがいい。
 
乾癖の治療は大別して4種類、症状に合わせて選ばれる。
具体的には
 ̄蠑匹鰺泙┐襯好謄蹈ぅ匹覆匹魎吃瑤謀匹覲依冦屠
∋膤粟を当てる光線療法
のみ薬を使う内服療法
す蛎里鮹躰佑垢訐己学的製剤
がある。

乾癖は完全に洽るのは難しいとされてきたが、薬が充実し、症状がでなくなる人も現れている。
 
塗り薬が基本だが、症状が重いとこれだけでは効果が弱い。
2010年以降に登場してきた生物学的製剤は最も効果が高い。
ただ、薬によっては重い副作用の恐れがあり、初回は日本皮膚科学会に承認された医療機関を受診する必要があるほか、定期的に専門医に診てもらうものもある。
費用も高くなりがちという。

他人にはうつらない
国内の乾癖患者は、推計によって異なるが、多いものだと50万〜60万人とされる。
男女比は2対1で、発症は20〜50代が多いが、女性は若い世代も多い。
 
かゆみのほか、関節に痛みを伴うタイプもある。
また肥満気味だと、乾癖による全身の炎症で血管の機能が低下し、心筋梗塞のリスク要因にもなっている。
 
患者の精神的な負担も大きい。
「温泉でじろじろ肌を見られる」「はがれた白色のかさぶたが目立つから、黒い服を着られない」。
患者からそんな声も聞かれる。
塗り薬が服についてしまうことや、患部が広いと塗るのに何十分とかかるのも手間となる。
 
また、感染しないにもかかわらず、かんせんという読み方から「感染」を連想し、うつるという誤解も根強い。
病気への理解がなかなか浸透していないのが現状だ。

朝日新聞・朝刊 2018.10.17

<コメント>
オテズラは当院で1例処方し、著効を得ています。
最初、患者さんには近くの皮膚科で処方してもらうようにお勧めしたのですが、すべての皮膚科で断られたようです。
どうやら、新薬で「危ない内服薬」という印象を専門医が持たれたようです。
皮膚科医の保守的な姿勢を垣間見た思いがしました。
現在、この患者さんには喜んでいただいています。


<関連サイト>
乾癬の症状と治療法
https://aobazuku.wordpress.com/2019/08/07/乾癬の症状と治療法/

乾癬
https://medicalnote.jp/diseases/乾癬
・乾癬とは、後天性の角化症のなかでも、角化した皮膚に炎症が生じる病気だ。
角化症では、皮膚に炎症が生じて角質が厚く硬くなり、皮膚からのふけが増えて、かゆみや痛み、ときには発熱が生じる。

・日本人の発症率は人口の0.1%程度といわれているが、近年増加傾向にあるといわれている。
銀白色の分厚い角化した皮疹が現れるのが特徴。

・乾癬は病態によって大きく5つに分類され、90%を占めるのが尋常性乾癬。他には滴状乾癬、膿疱性感染、乾癬性紅皮症、乾癬性関節炎がある。

・乾癬は、皮膚が生まれ変わるまでのターンオーバーの時間が著しく短縮し、次々と新しい皮膚の細胞が産生されて一番表層にある角質が積み重なった状態となり発症する。
このようなターンオーバーの短縮がどのようなメカニズムで生じるのかは、正確には解明されていない。

・要因
遺伝的要因(発症しやすいいくつかの遺伝子異常が考えられている)
環境的要因(外傷や紫外線、感染症、薬剤などの刺激によって誘発されると考えられている)
自己免疫的要因(免疫細胞の中の樹状細胞
やT細胞に異常が生じ、増殖した角質に慢性的な炎症を引き起こすことがわかっている)

・診察上での特徴的な所見は、皮疹の鱗屑をはがすと点状出血が生じるアウスピッツ現象と、皮疹のない部位に刺激を加えると皮疹が誘発されるケブネル現象。

・皮疹の一部を切り取って病理検査を行うことがある。

・滴状乾癬では溶連菌感染の有無を検査したり、膿疱性乾癬や乾癬性紅皮症では全身状態を評価するために血液検査を行ったりすることがある。

・一般的には、活性型ビタミンD3やステロイドの塗り薬が使用されます。重症な場合には、ビタミンA誘導体や免疫抑制剤の内服治療が行われることがある。
・ステロイドは塗り薬では広く使用されるが、内服薬は膿疱性乾癬を誘発することがあるので推奨されていない。

乾癬の治療方法 ピラミッド型で進めていく
https://medicalnote.jp/contents/180329-013-RR

乾癬の原因は免疫の異常
https://medicalnote.jp/contents/180329-010-OS

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事