ふくろう医者の診察室

健康や病気のことを縦糸に、診療室でのエピソードを横糸に。訪問ありがとうございます。

全体表示

[ リスト ]

急性冠症候群(ACS)

##急性冠症候群(ACS)
心臓が活動するために酸素と栄養を供給する血管(冠動脈と呼びます)は、他の血管と同様に、年齢と共に動脈硬化などにより狭くなることがあります。
 
急性冠症候群(ACSと呼びます)は、狭くなった冠動脈内に血の固まり(血栓)が生じることによって、血液の流れが非常に悪くなったり、詰まってしまうことで起こるといわれています。
そうなると、心臓が必要とする血液量が得られないため、心筋が酸素不足となり、結果として胸痛などの症状が引き起こされてしまいます。
 
この血栓ができる主な原因には、血管内にあるプラークと呼ばれるコレステロールのつまった瘤(こぶ)のようなものが破れることがあげられます。
プラークは血中の悪玉コレステロール(LDLコレステロール)が、血管の壁の中に入り込むためにできると考えられています(図)。


イメージ 1






急性冠症候群(ACS)という病気
http://www.japan-acs.or.jp/acs_1.html

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事