ふくろう医者の診察室

健康や病気のことを縦糸に、診療室でのエピソードを横糸に。訪問ありがとうございます。

その他の病気/健康

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全199ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]

抗生物質 正しい使い方広めよう

かぜの治療に抗菌薬(抗生物質)は必要ない・・・。
厚生労働省が開業医などに向けてつくる抗菌薬の「適正使用の手引き」に、こんな方針が明記されることになった。

発熱や鼻、せき、のどの痛みを伴うかぜのほとんどは、ウイルスが原因で起きる。
抗菌薬は細菌には効くが、ウイルスには効かない。
それどころか、吐き気や下痢、アレルギーなどの副作用をもたらす恐れがある。

にもかかわらず、外来診療の現場で広く使われているのが現実だ。
処方する医師の責任が大きいのは言うまでもないが、患者やその家族も、正しい知識を身につける必要がある。

かぜは基本的に自然に治る。
だが、抗菌薬を飲み、それが効いたと思う患者が少なくない。

「抗菌薬を処方してくれるのが良いお医者さん」ということになれば、医者も患者の希望を無視できず、効かないと知りつつ処方する。

実際、東北大学のグループが14年に行ったネット調査では、「かぜで受診したら抗菌薬を処方してほしい」との項目に、約2割の人が「そう思う」と答えた。
「抗菌薬はウイルスに効く」という説明に「はい」と答えた人も半数近くいた。
同じことを聞いた別の調査で、日本の大人の正答率は米国などに比べて低いとの結果も出ている。
  
むだな投与がなくなれば医療費の抑制になるが、それよりも今回、厚労省が手引をつくる背景には、抗菌薬の効かない耐性菌の広がりがある。
世界保健機構(WHO)によると日本は耐性菌が検出される割合が高く、中耳炎や膀胱炎といった身近な病気でも見つかっている。
  
抗菌薬の歴史は、1928年に青カビから発見されたペニシリンにさかのぼる。
以来、新しい抗菌薬が開発されると、それに耐える菌が現れる「いたちごっこ」が繰り返され、新薬の開発は難しくなりつつある。
 
耐性菌への対応は、いまや世界的な課題で、昨年5月の伊勢志摩サミットの首脳宣言にも盛りこまれた。
厚労省は、20年に抗菌薬の使用量を「13年比で3分の2」にまで減らす計画を掲げている。
 
これまで抗菌薬になじんできた人は、処方されないと不安に思うかもしれない。
そんなときは、医師に疑問をぶつけてみればいい。
逆に、細菌性の病気と診断されて抗菌薬を処方された場合は、飲み切って菌を完全に
殺す。
それが、新たな耐性菌の登場を防ぐことにもつながる。
 
患者も医師も正しい認識をもち、正しい使い方を進めたい。

参考・引用一部改変
朝日新聞・朝刊 2017.5.13

開く コメント(0)

テニスは最も健康なスポーツ? 死亡リスク減らす報告も

英国のオックスフォード大学などの研究チームは運動と健康の関係を調べるため、
.謄縫后Ε好ッシュ・バドミントンなどのラケットスポーツ
▲薀鵐縫鵐亜Ε献腑ングなどの走るスポーツ
サイクリング
ぅ好ぅ潺鵐
ゥ┘▲蹈咼ス
Ε汽奪ー・ラグビー
の六つの分野と死亡リスクを調査。
論文を英国スポーツ医学会誌に2016年に発表した。
 
調査開始時の平均年齢52歳の男女8万306人を、平均で9年にわたって追跡調査した。
すると、運動をしない人に比べ、全死亡リスクが最も低かったのはテニスなどラケットスポーツをしている人で47%減。
次いでスイミングの28%減、3位がエアロビクスで27%減、4位がサイクリングで15%減だった。
 
心臓血管疾患の死亡リスクを比べても、最も低かったのがテニスなどで56%減、2位がスイミングで41%減、3位がエアロビクスで36%減だった。
飲酒や喫煙などほかの要因もあわせて調整した結果だ。
一方、ランニングなどそのほかのスポーツと死亡リスクには、統計学的にはっきりした関係はみられなかった。
 
テニスでは、ただ走るだけでなく、ボールを追いかけ、楽しみながら足腰の筋力が鍛えられる。
 
一度もラケットを握ったことがないという人には「スポンジボールテニス」もおすすめだ。
地域によって「スポンジテニス」「フレッシュテニス」とも呼ばれる。
体育館などでバドミントン用のコートを使い、小さめのラケットやスポンジ製のボールでプレーする競技だ。
スピードが速くないので、テニスをしたことがない人でもラリーを続けやすい。
 
スポーーツの経験がない高齢者の方でも入門しやすく、楽しめる。   

参考・引用一部改変
朝日新聞・朝刊 2018.9.29


<関連サイト>
最も長生きできるスポーツ種目は 8万人調査でわかった驚きの結果
https://www.j-cast.com/2016/12/11285703.html?p=all

スポーツは本当に身体に良いの?
https://matome.naver.jp/odai/2146775829046787901

開く コメント(0)

加湿器を上手に使う

置き場所も考え、こまめにオンオフ

冬場にエアコンを使っていると、部屋の空気が乾燥しがちだ。
肌の保湿や風邪予防のためにも、加湿器を上手に使えば快適な湿度に保つことができる。
 
まず、加湿器を選ぶ際のポイントは、加湿の方式によって種類が異なる点だ。
スチーム式(加熱式)は、水を加熱して湯気を出す。
即効性が高いが、吹き出し口が熱くなるので、子どものいる場所では注意が必要だ。
気化式は、水を含んだフィルターに風をあてて気化させる。
電気代が安いが、ファンを使うので一般的に運転音が大きくなりがち。
近年は、フィルターに温風を当て、加湿効率を高めるハイブリッド式などもある。
 
超音波式は、超音波で水を振動させて細かな粒子にして出す。
この方式は小型でデザインも豊富。
デスクやベッドサイドに置きたい人に人気がある。
ただ、煮沸するスチーム式に比べ、手入れを怠ると水に含まれている雑菌を放出してしまう恐れがある。
タンクの水は継ぎ足しせず、毎日交換する。
いずれの加湿器も、フィルターやトレーをこまめに掃除することが必要だ。
 
部屋の広さに応じた加湿量の商品を選ぶこともポイントとなる。
加湿量は、1時間あたりの放出水分量で表され、500ミリリットルなら木造和室で8.5畳、プレハブ洋室で14畳が目安になる。
加湿能力が高いものを選べばより速く加湿できる。
 
加湿器の置き場所にもコツがある。
窓ガラスの近くに置くと結露の原因になる。
また、エアコンの風が直接当たる場所だと、湿度センサーの付いている加湿器は誤検知する恐れがある。
 
部屋の快適な湿度の目安は40〜60%。
40%未満だと、のどの粘膜が乾燥したりウイルスが活性化したりしやすく、60%を超えるとカビやダニが繁殖しやすくなる。
加湿し過ぎているケースも多いので、湿度計を見ながら加湿器のオンオフをこまめに調整したほうがよい。

参考・引用一部改変
朝日新聞・朝刊 2018.2.3


関連サイト
「正しい」加湿器の置き場所
https://wsnoopy.wixsite.com/mysite/blog/正しい-加湿器の置き場所

開く コメント(0)

偽痛風

偽痛風とは

偽痛風は「にせものの痛風」と示す通り、痛風とは似て非なる病気です。
 
痛風も偽痛風も、関節のなかに結晶が沈着することで関節が腫れて痛む病気ですが、結晶の種類が違います。
痛風は尿酸の結晶、偽痛風ではピロリン酸カルシウムの結晶が原因です。

高齢者に多い関節の病気
痛風は成人男性に圧倒的に多くみられる病気で、足の親指や足首におこることが多いのに対し、偽痛風は男女にかかわらず高齢者に多くみられ、膝や足首、手首などさまざまな関節におこります。
発熱を伴う場合もあり、変形性関節症という関節の老化に伴う痛みなどがある方にとっては、珍しい病気ではありません。
 
したがって、80歳以上の高齢者で、関節が急に腫れてくるといった症状がある場合には、まず偽痛風を疑います。
痛みのある関節をX線撮影し、関節内の石灰化か確認できると、偽痛風と診断されます。

関節の痛みは早めに受診を
偽痛風の治療には、痛みをやわらげる薬が用いられます。
飲み薬のほか、症状によっては関節内にステロイドを注入する場合もあります。
痛風なら尿酸を減らす薬を長期間服用すれば治まりますが、残念ながら偽痛風にはそのような根本的な治療法はありません。
したがって、関節に痛みが出た時に、痛みをやわらげる薬で対処することになります。
 
高齢化社会で増えている病気の一つですが、関節リウマチのように関節が壊れるといった重篤な症状が出ることは減多にありません。
高齢者で関節が急に腫れて痛むようなことがある場合は、早めにかかりつけ医を受診しましょう。

参考
日医ニュース 2018.11.5

開く コメント(2)

ED・薄毛 対面診療なくネットで薬処方 厚労省指導へ

「オンライン診療」と称して、勃起不全(ED)や男性型脱毛症(AGA)の治療薬など医師が診療して処方する薬を、患者に一度も会わずに処方する医療機関が複数あることがわかった。
厚生労働省は無診療治療を禁止する医師法に違反する疑いがあるとし、指導に乗り出す。
同省の指針では、禁煙外来を除いて初診は医師が患者と実際に会って診察しなければならない。

オンライン診療は4月に一部で公的医療保険が認められ、スマートフォンで診察が受けられるため普及が進む。
そのためのアプリを提供する企業が次々と出て、手軽に受診できる。
日本医療ベンチャー協会によると、全国で月に1千〜2千件の診察がオンラインで行われているという。
 
厚労省が3月に示した指針では、初診は対面でと定めている。
だが、ネットで検索すると「ED薬を処方、来院する必要は一切なし」などと説明する医療機関が多数出てくる。
その一部に電話で確認したところ、少なくとも10以上の医療機関が通院不要と回答。
スマホで質問に答え、画面上で医師の診察を受ければよいという。
 
EDのほかAGA、低用量ピルなど、患者が人目に触れることを嫌う傾向がある薬が多かった。
花粉症治療のための抗アレルギー薬や、抗インフルエンザ薬の予防投与の処方などもあった。
国民生活センターには、「一度も対面診療をせずに薬の危険性の説明が不十分だった」「薬が効かなかった」などの相談が寄せられているという。
 
厚労省は、オンライン診療で得られる情報だけでは診断に不十分だとの見解だ。
ある専門家は「初診で対面診療し、問診のほか視診、打診、聴診、必要によっては血液検査やX線撮影などを行うことで正しい診断ができる。薬の副作用を予防することもできない危険性がある」と話す。
ED薬では、多くの心臓病患者が使っているニトログリセリンなどとの併用が禁忌とされ、死亡例もある。
 
厚生省(当時)は1997年、遠隔診療の通知で、「初診及び急性期の疾患に対しては、原則として直接の対面診療によること」とした。
2015年に厚労省が遠隔診療は離島、へき地に限らないことを明示したことでオンライン診療が増えた。
「原則」なら問題ないと解釈して初診でも対面診療をしない場合が出てきたことから、同省は通知のあいまいな部分を明確にするため、今年3月に指針を定めた。

受診してみると、スマホ画面に医療資格ない「相談員」
「遠隔診療におきまして、初診・再診ともに来院いただく必要は一切ございません」とホームページに記載していた、泌尿器科と皮膚科を標榜する東京都内の診療所を、ED治療の初診患者として記者が実際に受診してみた。
 
まず、スマホで遠隔診療のためのアプリをダウンロード。
アプリの指示に従って高血圧や糖尿病といった既往歴の質問に回答し、診療予約までスマホだけで簡単にできた。
 
当日、スマホの画面に「相談員」を名乗る男性が出た。
医師かどうかを尋ねると、この男性は医師どころか医療関係の資格さえ持っていなかった。
相談員は「医師から問診で問題のない患者は相談員による薬の説明だけで良いと指示を受けている」と話した。
「医師が常駐している」とも話したが一度も姿を見せず、実際に医師がいたのかわからなかった。
 
相談員は健康状態を確認後、ED薬の種類や違い、価格について説明。
最後に好きな薬を選ぶと1錠単位で処方できるという。
登録したクレジットカードで決済し、数日後には自宅に薬が配送される仕組みだ。
診察料は無料で薬代と配送料、予約料だけでいいという。
記者は薬を選ぶ段階で処方を断った。
 
後日、診療所の院長が取材に応じた。
相談員が対応したことについて、「医師が1人しかおらず、来院した患者の注射などの対応をしていた」と釈明した。
初診で患者と実際に会わなかったことについては、「厚労省の出した通知があいまいで、自費診療なら初診の対面診療は不要だと思っていた」と説明。今後は相談員だけで対応することはしないという。

参考・引用一部改変
朝日新聞・朝刊 2018.10.29

<私的コメント>
当院では「オンライン診療」は行っておりません。
本来は「遠隔診療」の本来の主旨は「遠隔『地』診療」であった筈です。
 
厚生省(当時)が1997年という20年以上も前に、すでに遠隔診療の通知を出していたことも知りませんでした。
しかし、「初診及び急性期の疾患に対しては、原則として直接の対面診療によること」として『原則として』という文言を入れたため医療現場での混乱を招いてしまいました。
「厚生労働省は無診療治療を禁止する医師法に違反する疑いがあるとし、指導に乗り出す」ということですが、すべて「原則として」という表現が招いた混乱と言えます。
当時のインターネットを取り巻く環境は「オンライン診療」が行えるようなインフラは整備されていなかった筈です。
ところが「遠隔診療」の意味がいつのまにやら「オンライン診療」にすり替わってしまった感があります。
「2015年に厚労省が遠隔診療は離島、へき地に限らないことを明示した」ということと「オンライン診療は4月に一部で公的医療保険が認められた」ということの時系列的関係が不思議です。
今年の3月までは遠隔診療がどのように行われていたのでしょうか。
また条件緩和も早過ぎなかったのではないでしょうか。
普通なら、まずは公的医療保険を使った「離島、へき地」での「オンライン診療」を認め、しかる後に次回の診療報酬改定時に「離島、へき地に限らない」ようにするのが物事の順序というものではないでしょうか。
「オンライン診療」には多くの業者が群がっています。
解禁を急いだのには何か政治的な匂いも感じます。
いずれにしろ、「原則的」という表現も含め、厚労省が自ら招いた混乱と言えます。

開く コメント(0)

全199ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事