ふくろう医者の診察室

健康や病気のことを縦糸に、診療室でのエピソードを横糸に。訪問ありがとうございます。

その他の病気/健康

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

ED・薄毛 対面診療なくネットで薬処方 厚労省指導へ

「オンライン診療」と称して、勃起不全(ED)や男性型脱毛症(AGA)の治療薬など医師が診療して処方する薬を、患者に一度も会わずに処方する医療機関が複数あることがわかった。
厚生労働省は無診療治療を禁止する医師法に違反する疑いがあるとし、指導に乗り出す。
同省の指針では、禁煙外来を除いて初診は医師が患者と実際に会って診察しなければならない。

オンライン診療は4月に一部で公的医療保険が認められ、スマートフォンで診察が受けられるため普及が進む。
そのためのアプリを提供する企業が次々と出て、手軽に受診できる。
日本医療ベンチャー協会によると、全国で月に1千〜2千件の診察がオンラインで行われているという。
 
厚労省が3月に示した指針では、初診は対面でと定めている。
だが、ネットで検索すると「ED薬を処方、来院する必要は一切なし」などと説明する医療機関が多数出てくる。
その一部に電話で確認したところ、少なくとも10以上の医療機関が通院不要と回答。
スマホで質問に答え、画面上で医師の診察を受ければよいという。
 
EDのほかAGA、低用量ピルなど、患者が人目に触れることを嫌う傾向がある薬が多かった。
花粉症治療のための抗アレルギー薬や、抗インフルエンザ薬の予防投与の処方などもあった。
国民生活センターには、「一度も対面診療をせずに薬の危険性の説明が不十分だった」「薬が効かなかった」などの相談が寄せられているという。
 
厚労省は、オンライン診療で得られる情報だけでは診断に不十分だとの見解だ。
ある専門家は「初診で対面診療し、問診のほか視診、打診、聴診、必要によっては血液検査やX線撮影などを行うことで正しい診断ができる。薬の副作用を予防することもできない危険性がある」と話す。
ED薬では、多くの心臓病患者が使っているニトログリセリンなどとの併用が禁忌とされ、死亡例もある。
 
厚生省(当時)は1997年、遠隔診療の通知で、「初診及び急性期の疾患に対しては、原則として直接の対面診療によること」とした。
2015年に厚労省が遠隔診療は離島、へき地に限らないことを明示したことでオンライン診療が増えた。
「原則」なら問題ないと解釈して初診でも対面診療をしない場合が出てきたことから、同省は通知のあいまいな部分を明確にするため、今年3月に指針を定めた。

受診してみると、スマホ画面に医療資格ない「相談員」
「遠隔診療におきまして、初診・再診ともに来院いただく必要は一切ございません」とホームページに記載していた、泌尿器科と皮膚科を標榜する東京都内の診療所を、ED治療の初診患者として記者が実際に受診してみた。
 
まず、スマホで遠隔診療のためのアプリをダウンロード。
アプリの指示に従って高血圧や糖尿病といった既往歴の質問に回答し、診療予約までスマホだけで簡単にできた。
 
当日、スマホの画面に「相談員」を名乗る男性が出た。
医師かどうかを尋ねると、この男性は医師どころか医療関係の資格さえ持っていなかった。
相談員は「医師から問診で問題のない患者は相談員による薬の説明だけで良いと指示を受けている」と話した。
「医師が常駐している」とも話したが一度も姿を見せず、実際に医師がいたのかわからなかった。
 
相談員は健康状態を確認後、ED薬の種類や違い、価格について説明。
最後に好きな薬を選ぶと1錠単位で処方できるという。
登録したクレジットカードで決済し、数日後には自宅に薬が配送される仕組みだ。
診察料は無料で薬代と配送料、予約料だけでいいという。
記者は薬を選ぶ段階で処方を断った。
 
後日、診療所の院長が取材に応じた。
相談員が対応したことについて、「医師が1人しかおらず、来院した患者の注射などの対応をしていた」と釈明した。
初診で患者と実際に会わなかったことについては、「厚労省の出した通知があいまいで、自費診療なら初診の対面診療は不要だと思っていた」と説明。今後は相談員だけで対応することはしないという。

参考・引用一部改変
朝日新聞・朝刊 2018.10.29

<私的コメント>
当院では「オンライン診療」は行っておりません。
本来は「遠隔診療」の本来の主旨は「遠隔『地』診療」であった筈です。
 
厚生省(当時)が1997年という20年以上も前に、すでに遠隔診療の通知を出していたことも知りませんでした。
しかし、「初診及び急性期の疾患に対しては、原則として直接の対面診療によること」として『原則として』という文言を入れたため医療現場での混乱を招いてしまいました。
「厚生労働省は無診療治療を禁止する医師法に違反する疑いがあるとし、指導に乗り出す」ということですが、すべて「原則として」という表現が招いた混乱と言えます。
当時のインターネットを取り巻く環境は「オンライン診療」が行えるようなインフラは整備されていなかった筈です。
ところが「遠隔診療」の意味がいつのまにやら「オンライン診療」にすり替わってしまった感があります。
「2015年に厚労省が遠隔診療は離島、へき地に限らないことを明示した」ということと「オンライン診療は4月に一部で公的医療保険が認められた」ということの時系列的関係が不思議です。
今年の3月までは遠隔診療がどのように行われていたのでしょうか。
また条件緩和も早過ぎなかったのではないでしょうか。
普通なら、まずは公的医療保険を使った「離島、へき地」での「オンライン診療」を認め、しかる後に次回の診療報酬改定時に「離島、へき地に限らない」ようにするのが物事の順序というものではないでしょうか。
「オンライン診療」には多くの業者が群がっています。
解禁を急いだのには何か政治的な匂いも感じます。
いずれにしろ、「原則的」という表現も含め、厚労省が自ら招いた混乱と言えます。

開く コメント(0)

深夜残業・不規則な生活、睡眠障害や糖尿病のリスク

「体内時計の乱れ」調査し改善策探る
深夜残業や、夜勤と日勤を繰り返すなどの不規則な生活で起きる、体内時計の乱れによる不調の実態調査に厚生労働省が乗り出す。
体内時計の乱れは、睡眠障害や糖尿病など生活習慣病のリスクを高めるとされる。
人工知能(AI)で集めたデータを解析し、改善のための初となる指針を作り、健康寿命を延ばすことにつなげたいという。
 
人間は「概日(がいじつ)リズム」と言われる約24時間サイクルの体内時計を持ち、食事、睡眠、排泄などに伴う体温や血圧、ホルモン分泌、脳の活動などを変化させ、調節している。
生活が不規則だと、体内時計が乱れやすい。
日中に脳が十分に働かなくなるほか、食事の時間がずれるとホルモン分泌が乱れ、高血圧につながるとされる。
認知症やがんとの関連も指摘されている。
 
概日リズム研究は、2017年にノーベル医学生理学賞を受賞するなど近年、注目が集まり、実生活での応用が期待されている。
 
厚労省などによると、不規則な働き方の人は増加傾向で、夜勤をする人は12年時点で推計約1200万人。
17年の調査では、1日の平均睡眠時間が6時間未満と答えた人は、男女とも40代が最も多く、男性48.5%、女性52.4%。
40代では、「休養が十分に取れていない」という人が約3割に上った。
体内時計が乱れている人も多いとみられるが、国としての実態調査はなかった。
 
国立健康・栄養研究所が子どもからお年寄りまで数千人を対象に食事や睡眠などを調べる。
対象者を絞り血液中の物質の追跡調査も検討している。
AIで集めたデータを解析し、「概日リズム障害」の評価方法を確立し、改善方法を探る。
問題がある人に食事や睡眠を改めてもらい検証した結果をもとに、5年かけて適正化指針をつくる方針。
 
同研究では「昼夜問わずに働く現代社会において、体内時計の乱れは大きな問題だ。日常生活での改善法を示し、病気の予防を図りたい」と話す。    


参考・引用一部改変
朝日新聞・朝刊 2018.10.28

開く コメント(0)

小さな粒 体内で役目  がん早期発見など活用へ

人間の体は37兆個という膨大な数の細胞でできている。
体の中には細胞より小さい粒がたくさんあり、重要な役割を果たしていることが分かってきた。
細胞同士がこの粒を使って連絡を取り合っているようだ。
その働きを邪魔したり逆手に取ったりすれば、病気の早期発見や治療に役立つ可能性も出てきた。
微小な粒の正体とは・・・。

体内の小さな粒は「小胞」と呼ばれ、数百ナノ(ナノは10億分の1)メートルの大きさが多い。
赤血球の大きさが7〜8マイクロ(マイクロは100万分の1)メートルなので、10分の1ほどになる。
粒は細胞が生きるのに必要な物質を取り込んだり、不要な物を排出したりする際に使われると考えられてきた。
詳しい役割や仕組みはあまり分かっておらず、多くの科学者が突き止めようと研究が活発になっている。

岡山大学の江口傑徳助教と博士課程の藤原敏史氏らは、がん細胞が抗がん剤の攻撃に耐えて生き延びている理由を突き止め、成果をこのほど専門誌に発表した。
小さな粒を巧みに使っていた。
江口助教らは口や舌にできる頭頸部がんと治療に使う抗体医薬「セツキシマブ」に着目した。
この薬はがん細胞の表面にたくさんできる「EGFR」というたんぱく質を狙い撃ちにする。
がん細胞を培養皿で増やし薬も加える。
培養液に含まれている小胞を取り出して電子顕微鏡などで観察、たんぱく質などを分析した。
その結果、小胞はがん細胞の表面の膜と同じ材料でできており、EGFRを大量に含んでいたことが判明した。がん細胞はいったん表面に取り付いた薬をEGFRとともに切り離し、本体を守っていたわけだ。
がん細胞が小胞を使って薬から逃れているという仮説はあった。
効果が高く副作用が少ないと期待されている抗体医薬で初めてそれを示した。
江口助教は「同じことが他のがんでも起きていれば、抗体医薬の効果を下げる要因になる」と解説する。
がん細胞が薬への耐性をもたないようにする新たな仕組みを考える必要が出てくる。

直径50〜200ナノメートルの「エクソソーム」も小さな粒の仲間だ。
東京医科大学の落谷孝広教授は、がん細胞が放出するエクソソームに注目する。
この中に含まれるマイクロRNA(リボ核酸)を目印にして、がんを早期に発見できないかと研究中だ。
健康な細胞よりがん細胞の方がエクソソームを大量に放出する。
がんに栄養を届ける血管を作ったりがんを攻撃する免疫細胞の働きを邪魔したりする情報伝達物質を中に封じ込め、転移や増殖する場所を探している。
この現象を素早くとらえて早期の発見や治療に結びつけるねらいだ。
初期のがんを高い精度で見つけられると期待を寄せる。

落谷教授は国立がん研究センター研究所と協力し、がん細胞が放出したエクソソームを抗体で捕らえる技術を開発した。
粒の表面に出現した2種類のたんぱく質に抗体が付く。
ヒトの乳がんを移植したマウスでこの抗体の効果を調べると、抗体を使わない場合に比べ転移を半分以下に抑えられた。
標的のたんぱく質を増やし、5〜10年後に実用化したい、と言う。

小胞にはこのほか、役目を終えた細胞が自動的に死んで壊れた後にできる「アポトーシス小体」や、たんぱく質や核酸などの物質を運び細胞間の情報伝達を担う「微小胞」などがある。
大きさや機能などがはっきり決まったわけではなく研究は発展の途上だ。
それを支える技術革新も色々と起きている。

一例は細胞表面で小さな粒を作る様子を観察する手法の開発だ。
京都大学の吉村成弘准教授らはオリンパスなどと協力し、細胞を生きたまま観察できる特殊な顕微鏡を作った。
直径1マイクロメートル、長さ100ナノメートルの円すい形の針を、細胞表面に押しつけて詳しい形を探る。サルの細胞で直径200ナノメートルの穴が開いて数十秒で消える「エンドサイトーシス」と呼ぶ現象を連続的に観察した。
膜が陥没して袋状になり、やがて膜から離れて細胞内に粒ができたとみている。
小さな粒の働きから生命現象を捉え直す視点は、少しずつ認識され始めた。
ホルモンの放出や取り込み、神経細胞の信号伝達の仕組みなど重要な機能と切り離せない。
認知症や免疫に関わる病気の原因解明や治療法の開発の手掛かりになる可能性もある。
高齢化が進む日本社会ではがんや認知症の患者を救済し、発症を抑えていくことが重要な課題だ。
小さな粒の研究を通じて、解決のアイデアが生まれるかもしれない。

細胞同士で情報伝達 
脂質という分子の膜でできた、体の中にある小さな粒の総称だ。
細胞の外側にある「細胞外小胞」と内部にある「細胎内小胞」の2種類がある。
たんぱく質や核酸、脂質、糖分など様々な物質を内部に含んでいる。
細胞からの分子の分泌や、細胞同士の間での情報伝達などで重要な役割を果たす。
 
細胞外小胞はエクソソームや微小胞、基質小胞やアポトーシス小体などに分類される。
エクソソームは特にがんの早期発見や治療の手掛かりとして注目を集めている。
 
細胞内小胞にも様々なタイプがある。
細胞内や細胞の外へ物質を運ぶ機能を担っているほか、細胞外から取り込んだ物質を分解する酵素をもつものもある。

参考・引用一部改変
日本経済新聞・朝刊 2018.10.28

参考
役割多彩、体内には小さな粒がいっぱい
https://wsnoopy.wixsite.com/mysite/blog/体内の小さな粒

開く コメント(0)

中毒相談 乳幼児が多数

3万2768件。
2017年に日本中毒情報センターの中毒110番に寄せられた急性中毒の相談件数だ。
約9割が医療機関ではない一般からの問い合わせだった。
中毒患者の4分の3以上が5歳以下の乳幼児で、発生場所は家の中が90.9%を占めた。
乳幼児の多くが誤飲、誤食だった。
 
原因物質はたばこや洗剤など家庭用品が57.7%、医療用医薬品22.0%、一般用医薬品9.6%と続いた。
キノコなどの食中毒やハチに刺されたなどの自然毒は3.1%だった。
 
原因物質の割合は例年あまり変わらないが、事故の中身は変化している。
昨年秋にはカートリッジをのみこむなど加熱式たばこの事故件数が紙たばこの事故を上回った。
また、パック型液体洗剤が破れて目に入るなど、これまでなかった事故も増えている。
 
同センターでは医薬品、動植物などによる中毒の緊急の相談を受け付けている。

同センターでは「少しでも中毒が疑われるような場合は躊躇せず電話してほしい」と呼びかけている。

連絡先
 大阪  072-727-2499(24時間)
 つくば 029-852-9999(午前9時〜午後9時)

参考・引用一部改変
朝日新聞・朝刊 2018.10.24

私的コメント;
「つくば」も24時間体制にしていただきたいものです。
当院も最近ではほとんどありませんが、以前は患者さんからの電話相談がありました。
難しい症例は、「中毒110番」の存在を教えて、そちらに相談するようにお話ししたこともありました。

<関連サイト>
中毒110番・電話サービスの利用方法 (一般専用)
http://www.j-poison-ic.or.jp/homepage.nsf/7bf3955830f37ccf49256502001b614f/c6d6f0e8d154661549257d09002b3027?OpenDocument
情報提供料は無料です。
以下のケースは受け付けていません。
異物:通常、成分が消化管で吸収されて急性中毒を起こすことはなく、主として物理的障害が問題となるもの
異物の例 押しピン、釘、ホッチキスの針、ピアス、パチンコ玉、磁石、硬貨、紙類、ラップ類、アルミ箔、発泡スチロール、医薬品のPTP包装、ガム、輪ゴム、消しゴム、おもちゃの部品(例えば ネジ,タイヤ)、プラスチック(例えば スプーン,フォーク)、金具、石、土砂、ガラス(例えば おはじき,ビー玉)など

公益財団法人 日本中毒情報センター
http://www.j-poison-ic.or.jp/homepage.nsf

開く コメント(0)

昆布などの「うまみ」でドライマウスが改善

医療現場でも使われ始めた「うまみ」の力
昆布やカツオのダシでおなじみの「うまみ」。日本料理独特の味と思いがちだが、2002年、味を感じる舌の細胞にうまみ物質のグルタミン酸を特異的に受け止める受容体があることが判明。
うまみは甘み、酸味、塩み、苦みに続く“第5の味覚”として世界的に認められるように。
最近はうまみの健康作用が医療現場でも活用されている。
 
唾液が減って口の中が乾燥するドライマウスの患者は、全国に約800万人。
このドライマウスの治療にうまみを役立てる動きがある。
 
唾液の分泌を増やすには、レモンなどの酸味が有効だが、乾いて荒れた口腔内には刺激が強すぎる。
その点、うまみは口当たりがマイルドなだけでなく、唾液の分泌量も持続時間も酸味より格段に優れていることが分かったきたのだ。
 
味覚刺激による唾液量を調べた研究では、酸味を口にすると唾液は一気に増えるが、分泌時間はあまり長続きしない。
一方、うまみ(グルタミン酸)では22分たっても分泌量の多い状態が続いた。

うまみが舌の味蕾(みらい)細胞で味覚として感知されると、唾液反射が起こる。
酸味は早く消えるが、うまみは後味が残るので、唾液反射が長く続くとみられている。
うまみは唾液を増やす効果的なスイッチといえる。
 
唾液分泌には、唾液を大量に出す「大唾液腺」と口腔粘膜に広く分布して粘り気のある唾液を出す「小唾液腺」がある。
ドライマウス改善には小唾液腺の分泌がより重要で、うまみはこれを強く促すという。

そこでドライマウスの治療法として笹野教授が患者に薦めているのが、うまみ物質グルタミン酸が豊富な昆布茶だ。
塩分のとり過ぎにならないよう通常の3倍程度に薄め、30秒ほど口に含む。
これを毎日3回程度続けていると、約8割の患者で口の乾きが改善する。
薬のような副作用もなく、安全に手軽に治療できる。

うまみの医療への活用はドライマウスだけにとどまらない。
うまみ受容体は消化管にもあり、うまみ物質が胃に入ると消化吸収が促進される。
そこで流動食にうまみ物質を添加し、胃もたれなどを改善させる試みもある。
また、抗がん剤などの副作用で味覚が鈍くなった患者に、うまみ強化食を提供する医療機関もある。うまみの健康効果に期待大だ。

ドライマウス改善のための「うす昆布茶」活用法
3倍に薄めた昆布茶を作る
所定の分量で作ると塩分のとり過ぎが心配。3倍くらいに薄めて塩みを感じない程度でも、うまみは充分とれる。
    ↓
携帯して頻繁に口に含む
小さなペットボトルなどに入れて持ち歩く。30秒ほど口に含み、充分に味覚を刺激するのがコツ。その後は飲み込んでも、吐き出してもOK。

うまみは健康に 貢献する
うまみは唾液分泌を促進、唾液が増えるとうまみも感じやすい。また、うまみ受容体は消化器にもあり、消化吸収を促す。うまみを感じながら食事をおいしくとることで、より健康に。

こんなものに「うまみ」が多く含まれる
うまみ物質には、グルタミン酸、イノシン酸、グアニル酸など
<グルタミン酸>
昆布、チーズ、イワシ、白菜、熟したトマト、トマトケチャップ

<イノシン酸>
カツオ節、煮干し、サバ、豚肉

<グアニル酸>
干しシイタケ

うまみが分からないと、おいしくない 唾液が減って「うまみ障害」に
味は分かるが、おいしくない。
その結果、食欲が低下し、やせてしまう・・・。
高齢者には、うまみだけが分からない「うまみ障害」が多いという。
甘み、塩み、酸味、苦みの4味は分かっても、うまみが感じられないため、おいしいと思えない。
これは唾液が減って、うまみ物質が味蕾細胞に運ばれなくなることが大きな原因。
唾液が増やすと、うまみが分かるようになり、食欲も回復。
体重も増えて健康を取り戻す人が多いという。

参考・引用一部改変
日経ヘルス 2013.7

開く コメント(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事