ふくろう医者の診察室

健康や病気のことを縦糸に、診療室でのエピソードを横糸に。訪問ありがとうございます。

その他の病気/健康

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

「統計的に有意」誤解の温床で有害 ネイチャー論文波紋

薬の効果を確かめる論文や世論調査などで表れる「統計的に有意」という考え方は有害で、やめるべきだ・・・。
そんな論文が英科学誌ネイチャーに投稿され、波紋を広げている。統計的に有意かどうかはもともと、ある結果が偶然かどうかを判断する指標に過ぎないのに、それが独り歩きして判断を誤る原因になっているからだ。世界の800人以上の研究者がやめることに賛同した一方、科学的な判断や意思決定にも影響しかねないと反論も出ている。
 
副作用否定できない薬
論文は、疫学や統計学などが専門のスイスと米国の研究者3人が執筆した。抗炎症薬の副作用について、実際にあった不思議な「矛盾」を紹介している。同じ薬の副作用を調べたのに、ある試験は薬と副作用に「関係がある」とし、2年後の別の試験は「関係なし」と結論づけた。
 
なぜこのようなことが起きるのか。論文は「統計的に有意」の解釈が誤っていたからだと書く。
 
「統計的に有意」とは、ある結果が偶然とは思えないということを数学的に表現したものだ。
さいころを振って同じ目が10回連続で出た場合、偶然ではなく、さいころに仕掛けがあると考えるべきだ。
 
後者の試験は「副作用が出た人が有意に増えなかった」という結果で「薬と副作用に関係があるとは言えない」との解釈が正しい。
しかし、「副作用と関係はなかった」と誤解され、副作用が否定で
きない薬が流通し続けることになった。
 
大阪市立大の新谷歩授(医療統計学)によると、1980年代には、効果が証明されていない薬が多数流通していたという。
 
後発薬の効果に「先行薬との差があるか」を調べた試験で、「有意な差はなかった」という結果が出た。
意図的なのか誤りなのかわからないが、後発薬は先行薬と「同等
の効果がある」と解釈され、効果が証明されないまま出回ることになった。
  
「統計的に有意」な場合は解釈の間違いは起きにくいが、「有意」でない場合が鬼門だ。
参加者の少ない試験では有意な差が出ない結果が出やすいが、そうした試験の立て付けの問題なのか、実際に薬の効果に差がないのかなどはわからない。
にもかかわらず、有意でないことだけを根拠に「白か黒か」を言い切る例が多い、と論文は警告する。
3人の調べでは、生物学・医学の論文791本の51%が「有意」でない場合の解釈を誤っていたという。
 
3人は「統計的に有意という考え方をやめるべき時だ」として世界の研究者に署名を呼びかけ、50カ国以上の約800人から賛同を得た。
 
この種の誤解は長年、続いていた。
米統計学会は2016年、今回の論文と同じ趣旨の声明を発表している。

「意思決定に影響」反論も
ただ「統計的に有意」の考え方は科学の世界に深く根を下ろしている。
科学的知見を元にした意思決定ができなかったり、遅れたりする可能性もある。
 
ネイチャー誌も「意味のある議論」と題した社説で「現時点では、投稿された論文の評価で統計解析に対する考え方は変えない。
しかし3人の考えを共有することを勧める」とした。
英紙フィナンシャル・タイムズは「『統計的に有意』をやめると医療や交通規制などで誤った結論が導かれるだろう」とする投書を掲載した。
 
国立がん研究センターの後藤温・代謝疫学研究室長は、論文に署名した800人のうちの一人だ。
「統計的に有意かどうかは、ヒトの全遺伝情報を網羅的に調べて病気との関連を調べるような、何百万個もの変異から候補を絞り込む物差しとして必要」としながらも『医療の分野では、それだけで価値判断することは危険をはらむ」と指摘する。
 
大阪市立大の新谷教授は「統計的に有意かどうかで白黒をつけることは確かに便利だが、他の情報にも目を配り、総合的に判断するべきだ」と話す。

朝日新聞・朝刊 2019.6.20

関連サイト
実際あった「統計的に有意」の落とし穴
hhttps://aobazuku.wordpress.com/2019/06/21/実際あった「統計的に有意」の落とし穴/

開く コメント(0)

歯周病 細菌使って防げ

歯周病 細菌使って防げ 悪玉菌を抑えるバクテリア投与 歯磨き・歯科治療と併せて

気付かないうちに症状が進むことが多い歯周病。
歯のトラブルにとどまらず、糖尿病など様々な病気のリスクが高まることが知られている。
日々の歯磨きや歯科でのチェックに加え、歯周病菌を抑える口内細菌を摂取する「バクテリアセラピー」への関心が高まっている。
進行した歯周病を改善する効果もあるという。

歯周病は歯周病菌の感染で起こる炎症性の病気だ。
初期の症状は「歯肉炎」。
歯と歯肉の境目で歯周病菌が繁殖し、歯肉の周辺がはれる。
出血を伴うこともあるが、この段階では病気に気付かない人も多い。
進行すると歯と歯肉の境目の「歯周ポケット」が深くなり、歯を支える土台である歯槽骨が溶ける「歯周炎」になる。

歯槽骨の溶解が進むと歯がグラグラするようになる。
歯周病の予防や症状を改善するのに近年注目されているのが、有用な細菌をサプリメントなどで摂取するバクテリアセラピーだ。

腸内細菌と健康の関係が注目されているが、口内にも数百種類の細菌がすみ着いている。
歯周病菌や虫歯菌に代表される「悪玉菌」と、その他の常在菌が競争・共存して口内フローラと呼ばれる細菌叢(そう)を形成している。

乳酸菌の中に悪玉菌を抑える効果を持つものが確認されている。
海外で長年研究されてきた「ロイテリ菌」と、「L8020乳酸菌」が代表で、これらの乳酸菌を含むヨーグルトやサプリメントなどが製品化されている。

ロイテリ菌の場合、唾液などの働きで活性化され、中性脂肪の分解物を餌にしてロイテリンという抗菌物質が作られる。
この抗菌物質は他の常在菌には影響を与えず、歯周病菌を抑制することが分かっている。
欧州での臨床試験では、約20人の歯周病患者を2グループに分け、ロイテリ菌を含むタブレットとプラセボ(偽薬)を約1カ月間摂取して比較した。
ロイテリ菌を摂取したグループは、出血を起こした歯の比率が47%改善した。

また歯周病菌が存在する歯垢の存在する歯も減った。
歯周病の程度を示す歯周ポケットの深さも改善していた。
プラセボのグループでは目立った変化は確認できなかった。

歯周病菌と並ぶ口内の悪玉菌は、虫歯の原因となるミュータンス菌をはじめとする虫歯菌だ。
虫歯菌についてもバクテリアセラピーの試験が国内で行われており、ロイテリ菌などで有意な効果が確認されている。
口内フローラを良好に保つための生活習慣も重要だ。
まずは口内の乾燥を避けるのが大事。
喫煙は口内を薫製にするようなもので歯茎から水分を奪う。
唾液の質を保つためにはストレスをためないことも重要だ。

歯周病対策や虫歯予防で最も重要なのは、毎日の口内ケアであることは言うまでもない。
歯磨きに加え、デンタルフロスや歯間ブラシを使って歯垢がたまらないよう丁寧にケアしたい。
また、歯周病は進行に気が付かないことが多いので、定期的に歯科を受診して、歯周病菌の温床となる歯石を取ることも心がける。

セルフケアと歯科医によるケア、そしてバクテリアセラピーの3つを併用することで、歯周病や虫歯を防ぐ効果は大きく高まる。


口内フローラを良好に保つための心がけ
・喫煙を避ける
・ストレスをためない
・加齢に伴う口内の乾燥に注意
・有用菌が入ったヨーグルトやサプリメントを取る

糖尿病や動脈硬化別の疾病リスクも
歯周病に伴ってリスクが高まる各種の全身疾患のことを、日本歯周病学会では「ペリオドンタルシンドローム(歯周病関連全身疾患症候群)」と呼んでいる。
歯周病との関連が最も密接とされるのが糖尿病。
歯周病が重症化すると血糖値をコントロールする機能が低下する。
 
糖尿病のほか、歯周病菌が直接発症にかかわる誤嘸性肺炎や、歯周病菌が血管に付着することで動脈硬化を起こし、脳梗塞や心筋梗塞を引き起こすケースがある。
関節リウマチや早産・低体重出産も歯周病との関連が指摘されている。
 
歯周病とアルツハイマー病との関係も近年注目されている。
アルツハイマー病患者54人の脳の96%から歯周病菌が作る毒素が発見されたという米国の研究が1月に発表された。
 
糖尿病患者の治療の際に歯周病ケアを同時に行うなど内科と歯科が連携するケースが増えてきている。

参考・引用一部改変
日経新聞 2018.6.12

開く コメント(1)

環境との調和 生存に不可欠

人間の体は37兆個もの細胞からできている。
そして、各細胞はまわりの細胞たちと協調しながら、必要な役割を担い、何回か分裂したあと、自然に死んでいく。

腸の細胞は数日で、皮膚の細胞は1カ月程度で入れ替わるといわれている。
死んだ細胞を補うために、少なくとも数百億から数千億もの細胞が毎日生まれていると考えられている。
この「新陳代謝」こそが、がんの発生する理由だ。

新たな細胞を生み出す細胞分裂では、遺伝子の複製が行われる。
この際に、DNAが不安定となり、突然変異が起こりやすくなる。
突然変異が細胞の増殖を調整する遺伝子に起こって不死化したものが、がん細胞だ。

心臓にがんができることは非常にまれだ。
これは、心筋細胞がほとんど分裂をしないことが大きな理由だ。
逆に、新陳代謝が起こる臓器には、がんの発生は避けられないともいえる。
がん細胞は自分を生み出した患者の栄養分を横取りしながら、際限なく分裂を繰り返して数を増やしていく。
しかし、その増殖がもたらす体内の環境の変化によって患者が死亡するとがん細胞も共倒れになる。

患者が亡くなってもがん細胞が生き続けている例外が、がんの基礎研究で使われる「ヒーラ細胞」だ。
米国の黒人女性の子宮頸がんの組織から採取されたがん細胞で、名称は患者の名前に由来する。

彼女は1951年にがんで亡くなったが、彼女の体内から取り出されて、死後も培養されたヒーラ細胞は、70年近くたった今も世界中の実験室で生きている。
これからも、栄養を与えられるかぎり、永遠に生きていくはずで、不老不死を体現する細胞だ。

がん細胞と患者の体の関係は、人類と地球のそれに似ていると思われる。
人類は、化石燃料などの地球資源を消費しながら、人口を爆発的に増やしてきた。
しかし、人類の増殖にともなう地球環境の悪化は人類の生存そのものを脅かそうとしている。

地球と人類の共倒れを防ぐために残された時間は長くないようだ。
環境との調和が自身の生存にも欠かせないことをがんは教えてくれる。

執筆
東京大学病院・中川恵一准教授

参考・引用一部改変
日経新聞・夕刊 2019.6.12

開く コメント(0)

熱中症 昨年は高齢者が半数 高血圧・糖尿病でリスク増

水分量、医師と相談/体重測定、脱水防ぐ
日本各地が記録的な猛暑に見舞われ、熱中症のリスクが高まっている。
特に注意が必要なのが高齢者だ。
高血圧や糖尿病などの慢性疾患を抱えた高齢者は「熱中症弱者」ともいわれる。
毎日、体重や体温、血圧などを測って体調を整えたり、持病や自分の好みに合わせた水分補給の仕方を見つけたりすることが重要だ。

「ちょっと部屋の中が暑いからエアコンをつけましょう」。
4月中旬、介護福祉士のTさん(45、女性)は90歳の女性が一人暮らしをしている都内のマンションを訪れた。
女性は転倒による骨折で、毎週2回、洗濯や入浴などで介護サービスを利用する。
この日の東京の最高気温は25度を超え、室内の温度計は29度。
Tさんはまず最初に室温をチェックした。
実は女性は高血圧の持病があり、普段から減塩食をとっている。
夏場は汗が出るため、体内の塩分濃度が下がりやすく、体温調節がうまくいかずに熱中症になるリスクが高くなる。
さらに降圧剤の中には利尿作用を促すものもあり「夏場の介護では何よりも熱中症が心配だ」(Tさん)。

在宅介護では、高齢者の体調をヘルパーや看護師などが記録して共有する。
熱中症のリスクが高い高齢者が目安の水分量を取れているのか確認するのが大事な注意点だ。
熱中症は暑い環境で体内の水分などのバランスが崩れることで、脱水と体温上昇によって起こる目まいや頭痛、意識障害などの症状を指す。
屋外で運動や肉体労働をして起こる「労作性」と、屋内で発症する「非労作性(古典的)」に分けられ、後者の患者層は主に高齢者だ。

2018年は熱中症で9万5千人が救急搬送され、うち半数は65歳以上だった。
老化により体内水分量が減って汗をかきにくく、基礎代謝が落ちて暑さに鈍感になることが一因だ。
高血圧や糖尿病を抱える人は特に注意が必要だ。
高血圧患者は塩分量の制限を受けているが、汗をかいて塩分濃度が下がりすぎると体温調節がうまくいかなくなる。
体内に熱がこもると、熱中症を引き起こしてしまう。
糖尿病患者が使う薬の中には利尿作用を促すものもある。脱水症状を招くリスクが高まる。

熱中症をどうやって予防するのか。
まず暑い環境を避けることが重要だ。
室内はエアコンをつけるなど涼しい環境を維持し、暑いときに外に出るのを控えるだけでリスクの低減につながる。
天気予報や暑さ指数(WBGT)を参考に、外出の予定を立てるといい。

慢性的な疾患を持つ人は、夏の間の水分・塩分量を主治医と相談して調整したい。
体重や体温、血圧などを毎朝測り、体重が減っていたら脱水の可能性があるため普段より多く水分を取るなどこまめな体調管理も予防につながる。
卵豆腐や野菜スープなど、食事から水分を取れるように工夫することも有効だ。

夏本番を控え、事前の備えも重要だ。
通気性の良い衣服に衣替えし、エアコンが冷房モードに切り替えてあるかをチェックする。
扇風機と併用し、快適で安全な設定温度を見つけておくことも役に立つ。
あいさつや買い物を通じて地域住民で見守ることも大切だ。
高齢者のみの世帯では、熱中症になっても周囲が気づきにくい。
熱中症対策で最も効果が高いのは、地域の目で高齢者を支えていくことかもしれない。

*異変感じたらすぐ救急車を
温度や湿度が高い日の体調不良は熱中症を疑おう。
目まいや吐き気を訴えたり、具合の悪そうな人を見かけたりした際は声をかけて意識があるかを確認し、変だと思えば迷わずに救急車を呼ぶ。
意識がしっかりしている場合は涼しい場所へ移し、服を緩めて体を冷やす。
 
自分で水分補給できるかも重要なポイントだ。
自力で飲めなければ、症状が軽そうでも医療機関を受診しよう。
水のペットボトルは軟らかいため、脇に挟んで体温を下げる効果も期待できる。
コンビニなどで売っているロックアイスを袋ごと布で包み、首もとや脇、脚の付け根などに当てるのも効果的だ。
 
体調が回復するまで患者を見守ることも重要だ。
意識があるからと、日陰で休ませている間に体調が急変することもある。
救急車を呼んだ場合はもちろん、回復傾向でも患者のそばで様子を見守ることが大切だ。

参考・引用一部改変
日経新聞・夕刊 2019.5.29

<関連サイト>
'''高齢者の熱中症対策5つのポイント
https://aobazuku.wordpress.com/2019/06/01/高齢者の熱中症対策/'''

世界一受けたい授業
http://www.ntv.co.jp/sekaju/profile/miyakeyasuhumi.html
・熱中症はある一定のレベルまでであれば助かり軽症で済む確率が高く、一線を越えてしまうと治療もむなしく致死的な病気です。
 
・熱中症の重症度は機銑慧戮了庵奮に分類されます。最も重症度の高い「慧拉中症」と診断され、生存された方のうち、10%程度の割合で後遺症が残り、そのほとんどが中枢神経障害だとされています。
脳はコンピュータと同じく熱に弱い器官で、長時間熱を受けると誤作動、つまり熱中症の症状を起こします。
熱中症の症状のうち、めまいや失神、意識障害などは、この脳への影響で引き起こされるものです。
 
・脳が熱によるダメージを受ける状態が長く続くと、中枢神経が損傷し、例えば、嚥下障害などの小脳失調や、認知障害をはじめとする高次脳機能障害、手足のマヒなどの後遺症が残る可能性があります。
特に後遺症のリスクが高いのは、高齢者やショックを来した方、心拍数が140回/分を超える方、体温が40度を超える方、意識がなく昏睡している方などです。

・熱中症患者の症状は、熱によるダメージと脱水状態のふたつが重なって起こります。
ですから、治療法は端的に言えば、「冷やす」「水分を補給する」の二点です。
重症患者に対する処置も、一般的に応急処置として知られているように、太い血管を冷やし、体内を巡る血液から全身を冷やすことと、点滴もしくは経口から水分を補給することが基本です。
 
・医療機関では冷却マットや氷のうなどでの冷却のほか、全身を冷却するために大掛かりな方法が用いられることもあります。
そのひとつは、氷水を張った小さなプールや水槽の上に患者を横たわらせ、身体にじゃぶじゃぶと水をかけ、大きな扇風機で風を当てて冷やす方法です。
ただ、この方法ですと体温が平熱以下まで下がりすぎてしまう危険がありました。
 
・そこで新しく一部の病院で導入された方法が、腿と胸、背中などの血流の多い部分にジェルパッドを貼り、機械で冷やす方法です。
機械で体温をコントロールできるため、患者の負担が少ない上、体温が下がりすぎてしまうということはありません。
また、身体の内部から冷却する方法もあります。
太い静脈内部にカテーテルを通し、その表面につけたバルーンの中に冷やした生理食塩水を流し、血液そのものを直接冷やす方法です。
 
・カテーテルを用いた新しい冷却方法は、高体温を呈する重症患者に適応され、保険の適用も認められるようになりました。
これらの方法はまだ症例数が少なく、有効性の検討まで至る段階ではありませんが、今後検討が進めば導入する病院も増えてくるでしょう。
 
・重症度が高い場合は特に、循環器の異常や感染症の発症など、二次的な異常にも注意が必要です。
熱中症の方は食欲がなく、低栄養で体が弱っている場合がほとんどです。そのため、入院治療中に床ずれや褥瘡、細菌感染などを引き起こし、症状が熱中症に留まらず複合的になるケースが少なくありません。
それを防ぐためにも、医療機関では熱中症の治療とともに、栄養状態の改善や細菌感染の治療などを合わせて行わなければならないのです。
 
・熱中症は軽傷であれば、治療も軽く入院せずに済みますし、特に問題なく回復するケースがほとんどです。
加えて熱中症は予防できる病気で、最大の予防法は「暑くない場所にいる」と非常に簡潔です。
涼しくしていれば熱中症になることはありません。本人や周りの人々が気を付けてさえいれば、予防できたり軽症で済ませることができる病気なのです。

開く コメント(0)

増える百寿者 人の限界寿命はいくつ?

高齢化で、100歳以上のお年寄り「百寿者(センテナリアン)」の数が増えている。
健康調査や遺伝学的解析から、何が分かってきているのだろうか。

国内の百寿者は、統計を取り始めた1963年は153人だったが、介護保険が始まった2000年ごろから急増。
18年には6万9785人となった。
男女比はログイン前の続き、男性1に対して女性7です。
急速な増加に国の財政難も加わって、毎年100歳になった人に国が贈る銀杯が、16年度には純銀製から銀めっき製に変わりった。

    □     □

百寿者の共通点として挙げられるのが、体内の炎症の少なさだ。
炎症は、けがをしたり、感染症にかかったりして起きる急性のものと、熱や痛みはないものの血管などの細胞がじわじわ傷つく慢性のものがある。

慢性のものは、細胞の老化が関係していると言われる。
老化した細胞は、炎症を引き起こす物質を分泌。
さらに周りの細胞も傷つき、老化していくと考えられている。
動物実験レベルで、老化した細胞のみを薬でなくす研究も始まっているが、人に応用できるかはまだ分かっていない。

長寿に対する遺伝の寄与率は、2割程度と推計されている。
事故や生活習慣など環境に影響される部分が大きく、長寿に関連する遺伝子を見つけるのは難しいのが現状だ。

そうした中で、人種を越えた長寿関連遺伝子として知られるのが「Apo E(アポイー)Apo E遺伝子」だ。
この遺伝子にはいくつかの型があり、ある特定の型だとアルツハイマー型認知症のリスクが高まると言われている。
そして、110歳以上のお年寄りは、その型を持つ人が少ないことも分かっている。

脳の老化である認知症など、生きていく中でかかる様々な病気になりにくい遺伝素因を持つ人が長寿なのではないか、と指摘する専門家もいる。

人の限界寿命が何歳かはまだ決着がついていない。
16年、英科学誌「ネイチャー」に「人間の寿命が125歳を超えることは難しい」とする論文が載った。
一方、18年には米科学誌「サイエンス」で、人の寿命がまだ上限に達していない可能性を指摘する論文が発表された。

どこかに限界はあるだろうが、予防医療などの発達で、まだ人の限界寿命はのびる可能性がある。
決着にはまだ時間がかかる。

実は、ひとくちに百寿者と言っても、その状態は様々だ。
100歳時点で認知症もなく自立している人は全体の2割程度。
残りの人は、認知症があったり、介助が必要だったりする。

    □     □

110歳以上の「スーパーセンテナリアン」は、100歳時点で自立していた人がなる確率が高いと言われる。
15年の国勢調査で百寿者は約6万人なのに対し、110歳以上は約150人と、極めてまれな存在だ。
これらの人々を研究することは健康長寿の秘訣をさぐることにつながる。
百寿者の人口割合が最も高い日本では、特に研究が進んでいる。

延べ約150人の110歳以上の人と直接会ってきた専門家がいる。
喫煙はせず、酒はのまないかたしなむ程度、動脈硬化が軽度で、性格は外向的な人が多かったという。
その結果、健康長寿をめざす人には「認知機能は遺伝的な要素もあるが、生活習慣の改善などは誰もが心がけられること」が勧められるという。
 
これから
110歳以上の人々の健康調査が継続されれば、人の限界寿命がどう決まるのか、生物学的なしくみが明らかになっていくだろう。
協力者からの献体で、脳の病理解剖研究も始まっている。
加齢に伴う認知症など神経変性疾患の原因解明や予防策の構築につながっていくかもしれない。

参考・引用一部改変
朝日新聞・朝刊 2019.4.27


関連サイト
増える 百寿者
https://wordpress.com/post/aobazuku.wordpress.com/345

開く コメント(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事