ふくろう医者の診察室

健康や病気のことを縦糸に、診療室でのエピソードを横糸に。訪問ありがとうございます。

その他の病気/健康

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

妊産婦 薬の選択肢広がる 免疫抑制剤3種、妊婦の禁忌から除外 国の研究機関で初

妊婦や授乳中の女性が病気になっても安心して薬で治療できる環境が広がりつつある。
これまで妊婦が飲んではいけない「禁忌」とされてきた3種類の免疫抑制剤が、一定の安全性を確認できたとして、医師の判断があれば使えるようになった。
精神疾患を抱える妊産婦が飲める薬を処方する医師も増えてきている。
「妊産婦は薬はダメなのでは」と思いがちだが、使用できる薬は意外とあるので、まずは医師と相談して自分に合った治療法を探そう。

「ずっと不安だったけれど、薬を安心して飲み続けられ、無事に子供を産めて本当に良かった」。
Aさん(31)は2018年12月に生まれた男児を抱きあやしながら、穏やかな表情を浮かべた。
Aさんには体を守る免疫が過剰に働いて起こる自己免疫疾患「全身性エリテマトーデス(SLE)」の持病がある。
治療薬「タクロリムス」を服用しながら妊娠、出産した。
産後も薬を飲みながら母乳で子供を育てている。
26歳のときに発症。
嘔吐や下痢、食欲不振などで日常生活を送ることも難しくなった。
当初はステロイド剤を内服したが、医師の勧めでタクロリムスを毎日欠かさず飲むようになり症状は安定した。

子への影響配慮
結婚し妊娠を考え始めると、タクロリムスを飲み続けるかどうか迷った。
薬の添付文書では、投与を禁止する対象に「妊婦又は妊娠している可能性のある婦人」とされていた。
体調の良さは薬のおかげと感じながらも「赤ちゃんに影響があるなら薬を減らすか、やめなければ」と悩んだ。
たどり着いたのが、「妊娠と薬情報センター」(東京)だった。
Aさんが同センター長に相談すると、タクロリムスの胎児への影響は小さいとの検証結果を知らされ、「胎児への影響より母体の安定を優先して薬を飲む方が大切」との言葉を受けた。
さらに安心材料が続いた。

厚生労働省は18年6月、タクロリムスと「アザチオプリン」「シクロスポリン」という3種の免疫抑制剤について、それまで禁忌としていた妊婦への投与を認めることを決めた。
通常、妊娠や授乳中の女性に薬が使えるかどうかは臨床試験(治験)のデータが乏しく確認が難しい。
そのため製薬会社は多くの薬を禁忌としており、持病がある女性が出産をあきらめるなどのケースもある。
タクロリムスなどは使用実績に基づき一定の安全性が確認されたが、解禁の判断には妊娠と薬情報センターの研究が反映された。

同センターは国が2005年に国立成育医療研究センター内に設置し、妊娠中に薬を使うことの女性の不安解消に役立つ情報の収集や、発信に取り組んでいる。
国内外の論文や薬の使用結果の情報を集めて安全性を確認し、全国の拠点病院を通じて寄せられる年間約1千件の相談のデータベース化も手がける。
今回の3剤の解禁に貢献したのはセンター設置以来、初めてだった。
同センター長は「医師が妊産婦への投薬のリスクにとらわれ、添付文書に縛られている」と指摘する。
「母子へのメリットが危険性を上回る場合は、安全を担保したうえで薬を使ってほしい。妊娠や出産をあきらめる女性を減らしたい」

精神疾患でも悩み
精神疾患に関しても妊産婦の多くが薬の服用につい思い悩んでいる。
胎児などへの影響を避けようと妊産婦への向精神薬の処方をためらう医師が多いが、向精神薬や睡眠薬を飲む方が利点が大きい場合もある。
「薬がなければ産後うつは決して改善しなかった」。
30代女性は4年前に第1子を出産後、うつ状態になった。
精神科医に「授乳を続けるなら薬は出せない」と言われ、症状は悪化。「死にたい」との考えが頭から離れなくなり、自殺未遂を起こした。
別の精神科で産後うつと診断された。抗うつ剤や抗不安剤を飲み、症状が劇的に改善した。
女性は「一番大切なのは母親が心身ともに健康で笑顔でいること。母親の病気を治すことを優先してほしい」と話す。

精神疾患を初めて発症する人の多くは15〜45歳と、妊娠可能年齢に重なる。
この十数年で向精神薬に伴う性機能障害などの副作用が弱まったことや精神的ケアの向上により、精神疾患のある女性の妊娠率は高まっている。
産前や産後に発症する重度のうつ病は自殺の引き金になり得るほか、子どもへのケアができずに発育不良を招くこともある。
そのため、母親の精神状態や周囲のサポート体制に合わせて個別に治療戦略を工夫する必要がある。

薬服用 日本は抵抗感強く 医師、訴訟リスク意識
日本は海外に比べると、妊産婦が薬を飲むことへの抵抗感が根強い。
日本と米国で使われている403種類の薬を調査した結果では、日本で妊産婦向けに禁忌となっていたのは102種類。米国は18種類にとどまる。
 
海外では妊娠女性が普通に使っている薬を、日本では使えないという状況は大問題だ。
薬で健康を維持して元気な赤ちゃんを産める環境を日本でも整えるべきだ。
 
医療関係者には「添付文書通りに処方しないと医療事故が起きたときに訴訟で負ける」とのリスク意識も根深い。
添付文書には禁忌とされていても、診療ガイドラインでは使用が推奨されている薬もある。
解釈が割れて医師が混乱しているのが実情だ。
 
そもそも薬による胎児への影響は非常に低いという。
一般的に、流産の自然発生率は約15%で、先天異常の自然発生率は3%前後。
先天異常のうち、薬が原因とみられる比率は1%程度という。

参考・引用一部改変
日経新聞・朝刊 2019.2.18

開く コメント(0)

味を感じない味覚障害、亜鉛不足も原因に 食事で予防を

味覚障害は、味を感じにくくなる状態をいう。
症状で多いのは、何を食べても味が薄く感じる味覚減退と味を感じない味覚消失で、二つで全体の8割以上を占める。
治療の対象になるのは、甘味、塩味、酸味、苦味、うま味の五つの基本味が感じにくくなったり、感じなくなったりする場合だ。

日本口腔・咽頭科学会の2003年の調査によると、年間約24万人が味覚障害で耳鼻咽喉科を受診していた。
60〜70代の高齢者の女性が多い。
中には歯科や内科を受診する患者もいるため、全体では推定で35万人に上るという。
 
味覚障害の原因で多いのは、亜鉛の不足だ。
血液中の亜鉛の量は普通に測定可能だ。
最近では薬の副作用による味覚障害も増えている。
味覚障害を訴える患者の約3割が薬の副作用によるもので、65歳以上の高齢者では半数近くを占めるという。
抗がん剤のように急に障害が起きる場合と、高血圧の薬のように長期間の服用で徐々に障害が起きる場合とがある。
 
治療は、亜鉛不足が原因の場合は薬で補う。
この治療で7割の患者に改善が見られるという。
亜鉛不足のほかにも、舌にある味を感じるセンサーの味蕾が乾燥したり、ビタミンB群が不足して味を脳に伝える神経の伝達を阻害したりして味覚障害になることもある。
その場合は併せて治療をする。
 
亜鉛不足になる原因の多くは食事。
食事に気をつけることで味覚障害の予防につながる。
本来食事からとるべき亜鉛の量は成人の場合1日に7〜30ミリグラムとされている。
だが、日本人の一般的な献立の1日亜鉛摂取量は平均8〜9ミリグラムと少ない。
 
食品添加物が亜鉛と結びついて体内に亜鉛が吸収されるのを妨げているとも言われる。
添加物の少ない食事を心がけ、亜鉛を多く含む食材をとるよう心がけることが大切だという。
亜鉛を多く含む食材は、魚介類のカキ、赤身の肉やほうれん草など。
亜鉛の吸収を助けるたんぱく質もしっかりとるようにする。     

朝日新聞・朝刊 2019.1.25

開く コメント(0)

冬に多いヒートショック 風呂やトイレ、温度差対策を

お風呂は41度以下/脱衣所・トイレ 暖かく
底冷えする季節は、家の中の寒暖差が大きくなって血圧が乱高下し「ヒートショック」が起きやすくなる。入浴時の転倒や失神、脳梗塞などの原因になる。
室内でも防寒対策を心がけて、事故を防ごう。
ヒートショックとは、急激な温度変化で血圧が大きく変動し、体に負担がかかって体調不良に陥ることを指す。
意識が低下するほか、脳出血や脳梗塞、心筋梗塞などの原因にもなる。
症状が重いと死に至る危険もある。
10月から4月は、狭心症や心筋梗塞などによる心停止の事故が増えるという報告もあり、背景としてヒートショックが考えられている。

冬場は特に、ヒートショックによる入浴関連の事故が急増する。
東京都健康長寿医療センターの2011年の調査によると、年間約1万7千人が入浴中の心肺停止で救急搬送されていた。
月別に見ると、1月の件数は最も少ない8月の11倍に上った。
暖かい部屋で過ごした後、入浴しようと室温の低い脱衣場で服を脱ぐと、血管が収縮して血圧は上昇する。寒い浴室に入ったり、急に湯につかったりすると、刺激で血圧はさらに上昇する。
風呂でしばらく温かい湯につかるうちに、今度は血管が拡張し、血圧は急降下する。
このとき意識を失って浴槽内で溺死することが、冬場の入浴時の事故の主な原因と考えられている。

私的コメント
ヒートショックを起こす可能性のある方、特に高齢者は、入浴の際には湯船のお湯を少なめにしておく配慮が必要となります。

ヒートショックが起こるのは入浴中に限らない。
夜間寒いトイレに行くとき、朝新聞を取りに屋外に出るときなども血圧が変化しやすい。
発生リスクが高いのは血圧の調整機能が低下しがちな高齢者など、血圧が不安定な人。
糖尿病や高脂血症など生活習慣病のある人も要注意だ。
ヒートショックは若く健康な人でも起こることがある。
自分は大丈夫と過信せずに、生活環境の温度差を意識し、対策を取りたい。

室温が下がりやすく注意が必要なのが、肌の露出が多くなる浴室やトイレなど。
脱衣所の室温は小型の暖房器具などを使って18度以上にする。
シャワーで熱めの湯を高い位置から浴槽に注ぐと、蒸気の働きで浴室内を20度前後に暖めることができる。
湯温は41度以下に保つ。
42度と41度では、体にかかる負担がかなり異なる。
温度調整ができない場合は、湯温計を使おう。
入浴方法にも気を配りたい。浴槽に入る前にかけ湯をして、湯に体を慣らす。
湯につかる時間は1回10分以内に。
浴槽では急に立ち上がらないようにして、立ちくらみを防ぐ。食後1時間以内や飲酒後の入浴は避ける。
一人暮らしの場合は、周りに人がいる公衆浴場や日帰り温泉を使う手もある。

私的コメント
「周りに人がいる公衆浴場や日帰り温泉を使う」・・・そこまでの指導はゴリ押し感があります。ましてや一人暮らしではなかなか日帰り温泉なんかいけません。

入浴後は湯冷めに注意。
気温が下がり過ぎない日没前に入浴するのも有効だ。
寒い場所に移動するときは、スリッパや厚手の靴下をはくなど体を冷やさない工夫が大切。
体表近くに太い血管が通る首筋は冷気の影響を受けやすい。
屋外に出るときはマフラーを巻くなどの対策を取りたい。
日本気象協会と東京ガスが共同開発し、インターネットで公開している「ヒートショック予報」も参考になる。
全国約1900地点の7日先までのヒートショックリスクを5段階で示している。
リスクの高い日は脱衣所の室温や浴槽の湯温などに十分注意する。
高齢の親など離れて暮らす家族にも電話などで一声かけると、事故防止につながる。

参考・引用一部改変
日経新聞・朝刊 2019.1.12


関連サイト
ヒートショック予報
https://tenki.jp/heatshock/

開く コメント(0)

遺伝性乳がん、待望の新薬

再発後向けの「オラパリブ」、昨年承認
再発後の遺伝性乳がん向け治療薬が昨年(2018年)7月、国内で承認され、使えるようになった。
遺伝性腫瘍への初となる治療薬の登場は、患者の選択肢を広げる。
その一方、治療方針を決めるには、遺伝性のがんかどうかを検査することになり、カウンセリング体制の整備が急がれる。

愛知県内に住む女性(40)は2009年に乳がんが見つかり、摘出手術と放射線治療を受けた。
4年後に再発がわかりホルモン療法や抗がん剤治療を続けてきた。
 
昨年末、腫瘍マーカーの数値が上昇。
新しい薬「オラパリブ(リムパーザ)」を使えないかと主治医に相談し、必要な遺伝子検査を受けた。
「遺伝性のがん向けの薬があれば、検査を受ける意味がある。進行・再発の人向けの選択肢が増えるのはいいこと」と話す。
 
遺伝性乳がんは、原因の一つに遺伝子BRCA1、BRCA2の変異があることが分かっている。
家族性腫瘍の中で最も頻度が高いとされ、乳がん患者全体の7〜10%と考えられている。
13年には、ある米国女性俳優がBRCA1の変異があると告白。
がん予防のために乳腺を切除する手術を受け話題になった。
 
BRCA1、BRCA2は誰もが持っている遺伝子で、紫外線や化学物質の刺激などにより、日々損傷を受けるDNAを修復する機能をもつ。
変異があると、遺伝子にできた傷を修復しにくくなり、変異がない人に比べて6〜12倍、乳がんになりやすいとされる。
 
遺伝性乳がんの治療薬として新たに承認されたオラパリブは「PARP阻害剤」という種類の分子標的薬で、DNA修復機構を利用して、がんを細胞死させる。
薬の対象は再発したり手術ができなかったりする状態で、BRCA遺伝子変異のある乳がん患者。
抗がん剤の治療歴があり、がん細胞の表面にあるHER2というたんぱく質の標的が無いことも条件になる。
 
薬は錠剤で基本的には1日2回飲めばよく、外来通院で治療できる。
臨床試験(治験)で報告されている主な副作用は、悪心や貧血などだった。
薬を使うにはBRCA遺伝子に変異があるかどうかの検査が必要になる。
7ミリリットルを採血し、結果は約3週間でわかる。
費用は約20万円だが保険が使えるため、自己負担はその1〜3割となる。

親族にも影響、カウンセリング重要
検査は治療方針を決めるためのものだが、同時にがんが遺伝性かどうかも明らかになる。
患者だけでなく親族にも影響を及ぼすため、患者への医師からの丁寧な説明や、カウンセリングが不可欠になってくる。
 
がん研究会有明病院の乳腺センター長は「これまでは一部の遺伝専門の医師らが、遺伝性腫瘍について説明してきた。今後は、再発を知りショックを受けている多くの患者に、遺伝医療に不慣れな主治医がまず、説明しなければならない」と話す。
 
検査は原則、遺伝カウンセリングができる病院やそうした病院と連携する病院で実施する。
年約9万5千人が乳がんと診断される中で、遺伝医療に詳しい「認定遺伝カウンセラー」は全国に250人ほどで不足が指摘される。

聖路加国際病院の遺伝診療部よると、これまで同病院で遺伝カウンセリングを受けたのは家族にがん経験者が多く、再発への不安などから調べたいという人がほとんど。
親族への影響や遺伝性と分かった場合に予防できる可能性について説明を聞き、実際に検査を受けた人は5〜6割だったという。
 
しかし、オラパリブの登場で状況は一変した。
薬が承認された昨年7月以降、同病院では約50人の再発乳がん患者が検査前の遺伝カウンセリングを受け、ほぼ全員が検査を受けたという。
その中には、これまでは「知りたくないから」と検査を受けなかった患者もいたという。
同診療部では「患者さんは再発後で治療によって体への負担がかかっている。少しでも不安なく受けられる医療にしていかなければいけない」と話す。
 
日本遺伝性乳癌卵巣癌総合診療制度機構は、遺伝性腫瘍の知識を持ち相談にのれる医師や看護師を増やそうと研修を進めている。
遺伝専門医や遺伝カウンセリング体制が整備されている施設を評価、認定もする。
常勤の遺伝専門医がいる基幹施設など55施設を認定し、サイト(http://johboc.jp/shisetsulist/)で公表している。

参考・引用一部改変
朝日新聞・朝刊 2019.1.23


開く コメント(0)

冬の「かくれ脱水」に要注意 気づきにくく重症化も

https://www.nikkei.com/article/DGXNASDG1702P_X11C12A2000000/
脱水症状は夏の暑い時期だけ注意すればいいと考えがちだが、実は冬場にも、気がつかないうちに体の水分が奪われる「かくれ脱水」がある。
主に空気の乾燥が原因で、症状が出ると、重症化しやすいという特徴がある。
脳梗塞などの原因ともなり、専門家は注意を呼びかけている。

空気の乾燥で知らないうちに
かくれ脱水は体の水分が体重の1〜2%程度減ったごく初期の状態のことを指す。
病院に行かなくても、簡単に予防や対応ができるが、甘く見るのは禁物だ。
あらゆる病気に発展する危険をはらんでいる。

夏の脱水は有感蒸泄といい、水分が汗として流れ出るのを自覚しやすい。
水分とともに体内の電解質も減るので、こむら返りなどが起きて気づくこともある。
これに対し、冬は主に皮膚から水分が奪われる不感蒸泄となり、知らないうちに脱水が進む。
電解質の喪失も少なく、症状はなかなか出ない。

不感蒸泄で奪われる水分は体重1キロ当たり1日平均15ミリリットル(年平均)といわれる。
60キロの人なら1日900ミリリットルが体外に出ている計算だ。
乳幼児は大人の3倍の量が奪われる。空気が乾燥している冬場は不感蒸泄の量が増える傾向にある。
かくれ脱水の状態の時は気管、胃、食道などの粘膜が減少し、感染症にかかりやすくなる。
ノロウイルスによる胃腸炎やインフルエンザを発症すると、高熱や下痢、嘔吐によって水分がさらに奪われる悪循環に陥るケースもある。

「食欲がない」も兆候のひとつ
脱水が進むと、血圧が低下し、頭痛になったりろれつが回らなくなったりする。
血液はどろどろになり、消化器の血流障害で消化不良や下痢になる。
これらの症状から二日酔いを連想する人が多いだろうが、二日酔いはアルコールの利尿作用によって起きる典型的な脱水症状だ。

冬は1年で最も心筋梗塞や脳梗塞が起こりやすい時期。
日々の気温差が大きく、血圧も激しく変動する。
脱水で血流が悪くなれば、発症リスクは増え、最悪の場合、命を落とすことにもなりかねない。
食欲がない、気力が湧かないなど、少し調子が悪いと思ったら、かくれ脱水を疑う。
ほかに、
・唾液が少なく物が飲み込みにくい
・皮膚が乾く
・排尿回数が減る
・便秘気味
なども兆候だ。

高齢者の場合、認知機能が低下しているような状態になることもある。
原因が見逃され、脱水に伴う症状が進んでしまうおそれがある。
予防するには、小まめな水分補給が不可欠だ。
起床後や就寝前、食事中など1日8回程度、コップ1杯の水やお茶を飲むのが理想的だ。
夏と違い、電解質を含む経口補水液は下痢と嘔吐が1日2回以上あるか、熱が37度を超えるまで意識的に取る必要はない。

部屋の湿度を50〜60%に保つこと、手袋や靴下で肌の露出を減らすことも効果的。
冬の野菜は水分の少ない根菜が多くなるため、白菜や水菜などを意識的に多く食べることも大切だ。
気候変動の影響で大気の湿度が低下し、家の機密性が高くなるなど、現代社会はとかく乾燥しやすい。
忘年会などでアルコールの量が増える時期は、意識的な水分補給を心がけたい。

参考・引用 一部改変
日経新聞 2013.1.2

開く コメント(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事