ふくろう医者の診察室

健康や病気のことを縦糸に、診療室でのエピソードを横糸に。訪問ありがとうございます。

その他の病気/健康

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

ヘルスリテラシー低い日本人

がんで命を落とさないための秘訣は「がんを知る」ことだ。
がん治療も一種の情報戦といえるが、がんに限らず、日本人は健康や医療についてのリテラシーに欠けると指摘されている。

ヘルスリテラシーの国際比較調査では「医師から言われたことを理解するのは難しい」と答えた日本人は44%に上った。
これに対し、欧州連合(EU)8カ国の平均値は15%、ヘルスリテラシー先進国のオランダは9%にすぎなかった。
「病気の治療に関する情報を見つけるのは難しい」と答えた割合も日本が53%、EU27%、オランダ12%と差がついた。
国・地域別のヘルスリテラシーの平均点(50点満点)では、オランダが37.1点で調査対象中でトップだった。
アジアでは保健教育が充実している台湾が34.4点と最も高かったのに対して、日本はミャンマーやベトナムよりはるかに低い25.3点にとどまり、最下位に甘んじている。
ヘルスリテラシーが低い人ほど病気や治療の知識も少なく、がん検診や予防接種などを利用せず、病気の症状に気づきにくいので死亡率も高いことが分かっている。
この調査結果は見過ごせない。
ヘルスリテラシーについての日本人の遅れは、学校での保健教育のあり方にも一因があるのではないかと思われる。
例えば米国では、国の疾病予防管理センターが定めた保健教育の学習目標「全国保健教育基準」がある。
高校卒業までに、病気の予防や健康リスクの管理などを体系的に学ぶ。
しかし、今の日本では性教育などは断片的に行われているものの、身体や健康について系統的に理解する機会がほとんどない。
そもそも、これまでの日本では体育ばかりが行われ、保健の授業は軽視されてきた。
2年ほど前、東京都東村山市の公立中学校で10年間も保健の授業がほとんど行われてこなかったことが発覚し、大問題となった。
保健の時間は体育の実技に充てていたというから、「保健体育」ではなく「体育体育」だ。
中学校、高校の学習指導要領にも書き込まれた「がん教育」を突破口として、日本人のヘルスリテラシーを高めていく必要がある。

執筆 東京大学病院准教授 中川恵一先生

参考・引用一部改変
日経新聞・夕刊 2018.6.13

開く コメント(0)

「先進医療」の治療費

= 「先進医療」も治療代安く =
がん治療の3つの柱は手術と薬物療法、放射線療法だが、健康保険が適用されない「自由診療」まで含めると、さらに選択肢が広がる。
また、保険診療と自由診療の中間に位置する「先進医療」という制度もある。
先進医療とは、健康保険法に基づいて定められた医療技術で、将来の保険診療の対象候補と言えるものだ。保険で認めるかどうかの判断が難しい高度な医療行為のうち、厚生労働相が例外的に保険医療との「混合医療」を認めたものを指す。
 
日本の医療制度では、保険医療と自由診療を組み合わせることは原則できない。
先進医療も治療効果に関する科学的根拠が十分とは言えないため、健康保険の対象外で、全額自己負担となる。
しかし、将来的に健康保険の対象になる可能性があるため、特例として保険診療との併用(混合診療)が認められているのだ。
がん治療に関しては「陽子線治療」「重粒子線治療」「ロボット手術」のほか、薬物療法や遺伝子検査などの一部がこれにあたる。
 
先進医療は現時点で92種類あり、保険診療に移行する可能性が高い「先進医療A」と、Aに比べて科学的根拠が乏しいとされる「先進医療B」に分類される。
 
先進医療Aに指定されているのは28種類で、科学的証拠がさらに得られれば保険診療に移行する可能性も高く、実際に保険診療に組み入れられた技術もたくさんある。
 
例えば、ロボット手術はこれまで前立腺がんと腎臓がんに対してのみ保険が認められてきたが、今年4月の改定では胃がん、直腸がん、肺がんなど、7種類のがんに対象が広がった。
陽子線、重粒子線についても、患者数が最も多い前立腺がんに対しても保険が使えるようになった。
 
保険診療では「高額療養費制度」が適用されるため、先進医療が保険診療に移ると、個人の支払額は大きく減る。
前立腺がんの重粒子線治療の場合、先進医療では自己負担が約300万円もかかったが、標準的な所得の患者は10万円程度で済む。
しかし、高額の医療費を国全体で負担していることに変わりはないから、国民的議論が必要となる。

執筆 東京大学病院准教授・中川 恵一 先生
参考・引用一部改変
日経新聞・夕刊 2018.8.8

開く コメント(0)

眠気の正体 解明に光

眠気の正体 解明に光 脳内のたんぱく質 変化確認

人間は生きている時間の約3分の1は眠っているといわれる。
一方で、不眠症など眠りに関わる不調に悩まされる人も多い。
健康的な生活に欠かせず身近な存在にもかかわらず、睡眠は謎に包まれている。
人はなぜ眠るのか、どんな仕組みで眠くなるのか。
科学者はそんな疑問を解き明かそうと願い、新たな研究成果が相次いでいる。

眠りの謎は大きく分けて2つある。
一つは「生物はなぜ眠らないといけないのか」で、もう一つは「どうやって眠りを制御しているのか」だ。

第一の謎は難問だ。
動物にとって眠っている時間帯は無防備で生死に直結する問題といえる。
しかしどんな動物も、眠り方に違いはあるが必ず眠る。
起きていたときの肉体や神経を休めるため、学習した情報を整理、記憶するためなど様々な目的が唱えられているが、明快な答えは見つかっていない。
現時点では、昼と夜の周期がある地球で覚醒と睡眠の時間をもつ生物が進化してきた結果だ、と受け止めるしかない。
確実に分かっていることは、眠らないと生物は死んでしまう。

第二の謎については最近の研究から多くの手がかりが出始めている。
遺伝子やたんぱく質の機能を探り、睡眠との関係を調べられるようになった影響が大きい。
2018年、筑波大学の研究グループにより眠気を催す脳内のたんぱく質の変化が初めて突き止められ、話題を呼んだ。
この研究では、16年に約1万匹の中から見つけた遺伝子が突然変異したマウスを使った。
眠っても眠っても眠気が取れない特徴があり、詳しく分析すると「Sik3」という遺伝子が変化していた。
普通のマウスに比べこの遺伝子が活発に働いているという。
普通のマウスとよく眠るマウスを比べて、どんなたんぱく質が関わっているのかを調べ上げた。
浮かび上がってきたたんぱく質は80種類あり、「リン酸化」という反応を起こしていた。
普通のマウスは眠るとリン酸化したたんぱく質は元に戻り、動き回る。
しかしよく眠るマウスは睡眠を取ってもたんぱく質はリン酸化したままで、眠い状態が続いた。
一連の遺伝子とたんぱく質は人間にも共通し同じように機能しているに違いない。
研究チーム代表者は「眠気を催す物質の正体に初めて迫った。謎の解明に向け道筋がみえてきた」と話す。これらのたんぱく質がどのように連動して眠気と関わっているのかは、まだつかめていない。
これからさらに詳しく調べていく考えだ。

眠りを制御する物質の探索には長い歴史があり、日本の研究者の貢献が大きい分野でもある。
世界で最初に睡眠物質の存在を示したのは愛知県立医学専門学校(現名古屋大学)の石森国臣博士だ。
長時間睡眠を断ったイヌの脳脊髄液を他のイヌに注射すると、眠りが促されることを1909年に報告した。
また京都大学の早石修教授らが82年に発見した「プロスタグランジンD2」は眠りを誘発する物質として有名だ。

筑波大学の柳沢教授らは98年に「オレキシン」というホルモンを発見した。
脳の視床下部という場所で作られているオレキシンは、眠りと覚醒のカギをにぎる重要な物質と考えられている。
動物実験などを通してオレキシンの働く仕組みは分かってきた。
オレキシンが作られ神経細胞を刺激すると、脳は最終的に覚醒の状態になる。
逆にオレキシンの合成が抑えられると、眠る方向に傾く。まるでシーソーのように覚醒と睡眠を調節している。
過去に見つかった眠気を引き起こす物質と、新たに見つかった眠気状態を保つ物質との関係の解明も、これからの研究テーマだ。
オレキシンは医療現場にも恩恵をもたらした。
オレキシンの働きを抑えて眠りを誘導する不眠症の治療薬が開発された。また突然眠り込んでしまう「ナルコレプシー」という睡眠障害にも関わり、治療薬の臨床試験が進んでいる。

一般的に適切な睡眠時間は6時間半から7時間半とされ、それより短い睡眠では死亡のリスクが高まるという調査報告がある。
厚生労働省の14年の調査では国民の約5人に1人が「睡眠で休息がうまく取れていない」と感じている。
睡眠の謎を解き明かす研究から、眠りの不調がもたらす健康障害を解消する方法が見つかる可能性も出てきた。

原因の分からない睡眠障害は多い。
睡眠の基礎研究は医療にとっても非常に有効だ。

睡眠障害 薬や認知行動療法で治療
睡眠の規則が乱れる病気を指す。
不眠症や突然強い眠気に襲われる「ナルコレプシー」が代表例だ。
 
不眠症は布団に入っても眠れない日が1週間に3日以上あり、それが3ヵ月以上続いて日中にも影響を与える状態をいう。
カフェインなどの過剰摂取、体内時計の乱れ、昼間の寝過ぎなどが原因で布団に入っても緊張が続き、それがストレスとなり眠れなくなる。
睡眠を促す薬の服用、生活習慣や心理状態を改善する認知行動療法などの治療法がある。
 
ナルコレプシーは日中に強い眠気に襲われたり気持ちが高ぶったときに急に体の力が抜けたりする症状がある。
オレキシンホルモンの欠乏などが原因で薬による治療法がある。


参考・引用一部改変
日経新聞・朝刊 2018.12.2


開く コメント(0)

不要な細胞で再生医療 歯髄やへその緒活用

骨髄由来の幹細胞を使うことが多かった細胞薬品の開発に変化が訪れている。
中堅製薬のJCRファーマと帝人は歯の神経である歯髄、日本トリム傘下のヒューマンライフコード(東京・千代田)と東京大学は臍帯(へその緒)を使った医薬品の臨床試験(治験)を始める。
骨髄の採取は提供者(ドナー)の身体的負担が大きい。
これまで捨てていた歯髄や臍帯など入手しやすい細胞を活用し、一般的な治療手段に育てる。

JCRファーマと帝人は歯髄由来の幹細胞を使った急性脳梗塞の治療薬の治験を年内に始める。

歯髄は提携した歯科医院の治療で抜いた歯から、患者の同意を得て入手する。
歯髄は細胞の増殖性が骨髄の倍という特徴がある。
医薬品原料として安定調達がしやすいことから、薬を大量生産でき医療費も抑えられる。
 
開発中の治療薬は静脈に注射する。
脳梗塞による酸素不足でダメージを負う神経細胞の保護や炎症の抑制、血流の改善などの効果を見込む。
発症から数日たってからの投薬でも有効だといい、同様の治療薬はこれまでのところ世界にないという。      

急性脳梗塞の発症者は年間17万人とされる。
発症後早期に治療しないと重い後遺症や死亡へのリスクが高まるが、救急搬送時に近くに対応できる病院が無く処置が遅れてしまうことも多い。
 
骨髄は、背中側から骨盤に専用の注射器をさして吸引するため、ドナーの身体的負担が大きい。
また、骨髄は海外から輸入が多いため、輸入先の国々を巡る国際情勢が悪化した際に原料調達が難しくなる恐れがある。
 
細胞薬の原料として臍帯にも注目が集まる。
ヒューマンライフコードは、臍帯から取り出した細胞を利用する細胞薬品の製品化に向けた治験を20年にも始める。

臍帯は日本国内で集められるうえ、ドナーである赤ちゃんや母親の体を傷つけることなく採取できるメリットがある。
 
同社は東京大学医科学研究所と連携して治験を進める。
同研究所が連携する産婦人科医院から、家族の許可を得てさい帯の提供を受ける。
 
細胞薬品は、白血病の治療に伴う過剰な免疫反応「急性移植片対宿主病(急性GVHD)」の治療に使う。
GVHDは治療が難しいケースも多く、死亡率も高い危険な合併症とされている。
 
開発中の治療薬は患者の静脈に注射する。
臍帯から取り出した細胞が放出するたんぱく質が免疫抑制機能を持つことに注目し、過剰な免疫反応を抑える効果を狙う。
 
臍帯は増殖する能力が高く、1本の臍帯から成人300人分の細胞薬品をつくることができ
るという。
 
米シアトルのバイオベンチャー、ノラ・セラピューティクスは臍帯から取れる「臍帯血」の細胞を利用する細胞薬品の治験を19年にも日本国内で始める。

参考・引用一部改変
日経新聞・朝刊 2018.8.18

開く コメント(0)

声は健康のバロメーター 変調から心身への負荷に気付く

肺炎や脳梗塞の可能性/ストレスの計測も
「声がかさつくようになった」「話が聞き取りにくいと言われることが増えた」など、自分の声の変調に心当たりはないだろうか。
声は肺炎や脳梗塞などになるリスクを知らせてくれる健康のバロメーターだ。
人の耳では気づかない微妙な声の変化を解析して、心の健康維持につなげるサービスも始まっている。

「あー]と声を出してみて、声が10秒続かなかったら黄信号だ。
息が漏れるばかりで声にならない「かすれ声」を加齢のせいと諦めるのは禁物だ。
声がかすれる原因は声帯の異常にある。
左右2枚の薄い膜からなる声帯は、閉じたり開いたりすることで肺につながる気管の蓋をする役目を担っている。
さらに声帯がぴったり閉じた状態のところを呼気が通過すると、膜が細かく振動して声になる。
ただ、加齢によって声帯やその周辺の筋肉が萎縮すると、2枚の膜がぴったり閉じず、声を出すときに呼気が隙間から漏れ出してしまう。
声がかすれる原因だ。

声帯の萎縮は健康を脅かす。
一つは誤嚥性肺炎。
健康なら食道に流れる食べ物や液体が気管に入り込んでも、声帯がブロックし、むせることで異物を押し返すことができる。
しかし声帯が萎縮すると、異物の流入を防げなくなり、肺炎につながるおそれがある。
さらに、肺に息をため込めなくなるため、全身に力を入れて踏ん張ることも難しくなる。
歩くときや立ち上がるときに力を入れられず転倒につながることもある。
声の響きが悪く、くぐもって聞こえる場合にも注意が必要だ。
首が不自然に曲がって、頸動脈の一部に負荷がかかっており、脳梗塞につながる恐れがある。
声の変調は自分では気がつきにくい。
少しでも気になったら、耳鼻咽喉科を受診したい。
声に注目して心の健康を計測するサービスも始まった。
日立システムズが東京大学と共同で開発した「音声こころ分析サービス」ではスマートフォン(スマホ)に向かって話しかけるだけで約1分間で心のストレス状態を測れる。
「ストレスを客観的に見えるようにして、息抜きや業務の改善などに生かしてほしい」と日立システムズはいう。

なぜ声に注目したのか。
開発に関わった日立システムズでは「声には本人にコントロールできない要素があり、ごまかせない」と明かす。
音声こころ分析サービスでは、スマホに表示された短い文を読み上げ、声の周波数を解析してその日のストレス状態を数値で示す。
脳にストレスがかかると、のどの筋肉が緊張し、若干声が高くなる現象に注目した。
人の耳では聞き分けられないくらい微細な周波数の変化を捉えるため「声色を変えようとしても見破れる」という。
アンケート形式でストレスをチェックすることは多いが、自分を偽って答えることもできる。
同社は社員のストレス状態を正確に把握できなければ、職場改善はむずかしいとみて新サービスを開発した。
自分でも意識していなかったストレスを捉えることができれば、対策を早めに打つことも可能になるだろう。

開く コメント(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事