ナルシルの剣☆

少女時代のさいたまスーパーアリーナ公演に連日参戦!いやぁ、天使過ぎる(≧∇≦)

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

イメージ 1

イメージ 2

先週は仕事で青森県にずっと滞在していました。丁度雪が降り始めたところで
寒くなったと聞いていたので、完全防寒装備にて出かけました(^-^)
リンゴの加工も今がシーズンということでリンゴの関連業者さんはみなさん
とても忙しそうにしていましたヨ。今年は台風の直撃もなく、日照時間も
申し分なかったということでかなり豊作のようです。その割りに値段は
下がらないみたいですが・・・。
今回は普通のビジネスホテルに宿泊するはずだったのですが、なぜか弘前市内の
ホテルが混雑しており、その日暮らしではありませんが、日々宿を転々として
いました。
火曜日に宿泊したのは温湯(ぬるゆ)温泉。日本の名湯百選にも選ばれている
歴史のある温泉です。道も狭くいかにも湯治場っぽい雰囲気も残った素敵な
温泉です(^-^) まずびっくりするのが、道行く人がみなさん挨拶してくれること!
ここでは人情が未だ生き続けているようです。温泉に入っていても
「見ない顔だがどこから来たのかね?」と聞かれたり、ととてもアットホームな
雰囲気がGOODです(^o^)/ 家族連れや仕事帰りの若い人なども来る「町の集会場」
と化しています。
今回宿泊したところは公衆浴場と道路を挟んで反対側にあった古い民家「後藤源左ヱ門」
の家でした。築100年を越すと言われる部屋はとても広く風情がありました。
驚くべきはその料金!1泊朝食付きで・・・

¥3,500!

あ、お風呂は公衆浴場となります(^-^)
添付した写真は公衆浴場と後藤さんの宿です。
公衆浴場には石鹸などの設備がないので持参するか、または受付でご購入下さい。
入湯料は¥180です。また、後藤さんの宿のトイレは水洗ではありません。
共同トイレ、共同洗面所となります。
鶴が傷を癒したことから歴史が始まった由緒ある温泉にて、歴史ロマンを味わって
みてはいかがでしょうか?

開く コメント(15)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事