ここから本文です

書庫全体表示

METAL JAPANの特集記事

これまでに世界中の大物アーティストと絡んできたBABYMETAL。そのBABYMETALと一緒に記念撮影したアーティストが何者なのか知らない人のための記事。BABYMETALきっかけから入るハードロック/ヘヴィメタル初心者講座、そのPART8


ASKING ALEXANDRIA アスキング・アレクサンドリア
イメージ 1
■イギリス・ノッテンガム出身。2008年結成。
■メタルコアにカテゴライズされるバンド。初期はエレクトロニコア色が強かったりしたが、正統派メタル寄りになったりもしている。これはメタルコア系のバンドによくありがちな変化。
■ダニー・ワースノップは2015年に一度バンドを脱退したが1年で復帰した。ダニーの代わりに加入したデニス・ストフはギャラの件で何かと問題を起こしていて1年でバンドを脱退。
■ダニー・ワースノップは脱退した後、WE ARE HARLOT(ウィ・アー・ハーロット)というロックンロールバンドで活動していた。他、ソロでも活動。
〜ASKING ALEXANDRIA Album List〜
Stand Up and Scream (2009)
Reckless and Relentless (2011)
From Death to Destiny (2013)
The Black (2016)
Asking Alexandria (2017) 

◎ASKING ALEXANDRIAが気に入ったら次はこれらのアーティストを聴くことを推奨
OF MICE & MEN、BULLET FOR MY VALENTINE、MEMPHIS MAY FIREなど


LAMB OF GOD ラム・オブ・ゴッド
イメージ 2
■アメリカ合衆国バージニア州リッチモンド出身。1994年結成。
■グルーヴ・メタルとよく呼ばれる。他、スラッシュ・メタル、デス・メタル、メタル・コアな様々な要素を併せ持つ。
■エクストリームなバンドでありながらアルバムが全米チャート2位や3位、カナダで1位をとったりと驚異的な人気を誇る。
■当初はBURN THE PRIESTというバンド名だった。2018年にはこの名義で『Legion: XX』というカバーアルバムを発売した。
■2010年、チェコ公演で観客の一人がライブの後に死亡。ステージにあがってきた所をヴォーカルのランディ・ブライに押し返されて落下し負った傷が元であるとされ、2012年にバンドが再び当国を訪れたときランディは傷害致死罪で逮捕される事件が起きた。その後、裁判が行われたが、2013年3月無罪が確定。
■ドラマーのクリス・アドラーはMEGADETHのサポートを務めていたことでも知られる。
〜LAMB OF GOD Album List〜
New American Gospel (2000)
As the Palaces Burn (2003)
Ashes of the Wake (2004)
Sacrament (2006)
Wrath (2009)
Resolution (2012)
VII: Sturm und Drang (2015)

〜BURN THE PRIEST名義〜
Burn the Priest (1999)
Legion: XX (2018) 

◎LAMB OF GODが気に入ったら次はこれらのアーティストを聴くことを推奨
PANTERA、SLAYER、MACHINE HEAD、CHILDREN OF BODOM、KILLSWITCH ENGAGEなど


AMON AMARTH アモン・アマース
イメージ 3
■スウェーデン ストックホルム出身。1988年にSCUM(スカム)という名のグラインドコアバンドを結成し、1992年にAMON AMARTHと改名。
■メロディック・デス・メタル、ヴァイキング・メタルにカテゴライズされる。
■スウェーデンのメタルバンドではGHOSTと並び世界的に成功を収めている。
■ライブではヴァイキングのパフォーマンスを行う。フルスケールのライブでは海賊船のセットなどが登場したりする。
■バンド活動自体は1980年代から始まったが1stフルアルバム発売は1998年、2010年代あたりから世界的に頭角を現し出すという、長い時間をかけてビッグになったバンド。
〜AMON AMARTH Album List〜
Once Sent from the Golden Hall (1998)
The Avenger (1999)
The Crusher (2001)
Versus the World (2002)
Fate of Norns (2004)
With Oden on Our Side (2006)
Twilight of the Thunder God (2008)
Surtur Rising (2011)
Deceiver of the Gods (2013)
Jomsviking (2016) 

◎AMON AMARTHが気に入ったら次はこれらのアーティストを聴くことを推奨
ARCH ENEMY、SABATON、DARK TRANQUILLITYなど


ABBATH アバス
イメージ 4
■ノルウェー出身。2015年結成。
■元々はIMMORTAL(イモータル)というブラックメタルのバンドで活動していたが2015年にバンド名とロゴの使用権でもめてIMMORTALは解散し、アバス・ドゥーム・オカルタが即座にこのABBATHというバンドで活動を開始した。IMMORTALも2015年内に新たな編成で活動を再開した。因みにIMMORTALは2003年にも解散した(2006年に復活)。
■ネタにされることが多いメタルのアーティストの一人。コラ画像が多数制作されている。
■2015年にLOUD PARK出演で来日した際はプロモーション活動も盛んに行い、たくさん話題を作った。

〜ABBATH Album List〜
Abbath (2016)

〜IMMORTAL Album List〜
Diabolical Fullmoon Mysticism (1992)
Pure Holocaust (1993)
Battles in the North (1995)
Blizzard Beasts (1997)
At the Heart of Winter (1999)
Damned in Black (2000)
Sons of Northern Darkness (2002)
All Shall Fall (2009)
Northern Chaos Gods (2018) 

◎ABBATHが気に入ったら次はこれらのアーティストを聴くことを推奨
EMPEROR、MAYHEM、BEHEMOTHなど


DISTURBED ディスターブド
イメージ 5
■アメリカ シカゴ出身。1996年結成。
■ニューメタル、オルタナティブ・メタルなどにカテゴライズされたりする。独特なグルーヴを持つメタルバンド。
■彼らを語る上でまず欠かせないのがアルバムが全米チャート1位が指定席であるということ。2ndアルバムから5作連続で全米アルバムチャート1位を獲得している。これはMETALLICAに次ぐ記録である(METALLICAはアルバム6作連続1位)。
■IRON MAIDENなどの様にバンドのマスコットキャラクターを持つ。名前は「The Guy(ザ・ガイ)」
■2011年に活動休止。2015年に復活した。復活アルバム「Immortalized」はサイモン&ガーファンクルのカバー「The Sound Of Silence」の大ヒットも手伝ってアメリカでプラチナム(アメリカだけで100万枚以上のセールス)を獲得した。この時代でロック系のアーティストがプラチナムを獲得するのは非常に稀。
■長年、日本での評価が低い、スモール・イン・ジャパンのバンドの一つとしてよく語られていて中々来日公演も行わなかったが2016年、KNOTFEST JAPAN で久々に来日し、大きな盛り上がりを見せた。
〜DISTURBED Album List〜
The Sickness (2000)
Believe (2002)
Ten Thousand Fists (2005)
Indestructible (2008)
Asylum (2010)
Immortalized (2015) 

◎DISTURBEDが気に入ったら次はこれらのアーティストを聴くことを推奨
AVENGED SEVENFOLD、SLIPKNOT、ROB ZOMBIE、BREAKING BENJAMIN、SHINEDOWN など


PART9へ続く


〜漫画 メタル生徒会長Link〜
イメージ 6
単行本第1巻発売中!!
〜METAL JAPAN経由〜
YAHOO!SHOPPING 青年コミック急上昇ランキング1位獲得!! (初版在庫残りわずか)
〜OTHERS〜
Disk Union (初版在庫残りわずか)

単行本第2巻2018年夏発売予定!!


〜その他の作品〜
単行本第1巻 THANK YOU SOLD OUT!!
メタルやめたる (2013読み切り)
STING FINGER (2012〜2017停止中) 
ラウドパーク! (2015読み切り)
PLASMA POLICE (2016読み切り)

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事