ここから本文です

書庫METALJAPAN

記事検索
検索

全6ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6]

[ 次のページ ]

Happy New Year!!2019年最初のMETAL JAPAN記事
イメージ 1

元旦といえばテレビで「芸能人格付けチェック」を放送するということで、こちらでハードロック/ヘヴィメタル系アーティストのフェスティバルの格付けチェックを実施。
あのアーティストはフェスティバルではヘッドライナー級か準ヘッドライナー級か中堅クラスか、などなどを調査。
2017年にも調査しましたがあれから年月経過した今、新たに調査を実施。
2019年、世界基準ではこの様な階級となっております。

◆調査対象は2017年・2018年・2019年に世界各地で行われたフェスティバルとなります。
◆活動を終了したバンドは除外しております。
◆2017年〜2019年までにフェスティバル出演が無い、或いは極端に出演が少ないバンドは測定が困難過ぎるため除外しております。
◆国によって階級がかなり異なり測定が難しいバンドも多いです。中盤からの階級はかなり曖昧な位置づけとなっております。



〜絶対ヘッドライナー〜
METALLICA
GUNS N' ROSES
AEROSMITH
KISS
FOO FIGHTERS
IRON MAIDEN
SLIPKNOT
RAMMSTEIN
OZZY OSBOURNE
TOOL
SYSTEM OF A DOWN

〜ほとんどヘッドライナー たまに準ヘッドライナー〜
AVENGED SEVENFOLD
DEF LEPPARD
SCORPIONS
NINE INCH NAILS
DEEP PURPLE
KORN
QUEENS OF THE STONE AGE

〜準ヘッドライナー ときどきヘッドライナー〜
JUDAS PRIEST
ALICE IN CHAINS
SLAYER
HELLOWEEN PUMPKINS UNITED
VOLBEAT
FIVE FINGER DEATH PUNCH

〜準ヘッドライナー前後〜
BRING ME THE HORIZON
GHOST
ROB ZOMBIE
DEFTONES
PROPHETS OF RAGE
SABATON
INCUBUS
NIGHTWISH
DISTURBED
A PERFECT CIRCLE
SHINEDOWN

〜サード・ビルか準ヘッドライナー〜
MEGADETH
EVANESCENCE
MARILYN MANSON
STONE SOUR
LIMP BIZKIT
PARKWAY DRIVE
WITHIN TEMPTATION
PAPA ROACH
SLASH
STONE TEMPLE PILOTS
WHITESNAKE
EUROPE
DREAM THEATER

〜脱中堅クラス〜
AMON AMARTH
GOJIRA
KING DIAMOND
LAMB OF GOD
THREE DAYS GRACE
BULLET FOR MY VALENTINE
IN FLAMES
ROYAL BLOOD
MASTODON
ALTER BRIDGE
THE PRETTY RECKLESS
MESHUGGAH
EMPEROR
GRETA VAN FLEET

〜中堅の上ぐらい〜
BABYMETAL
KILLSWITCH ENGAGE
ARCHITECTS
ACCEPT
OPETH
TRIVIUM
ARCH ENEMY
KREATOR
ANTHRAX
OPETH
BLACK VEIL BRIDES
HALESTORM
IN THIS MOMENT
MOTIONLESS IN WHITE

〜中堅の中ぐらい〜
CHILDREN OF BODOM
SOULFLY
CARCASS
SEPULTURA
ASKING ALEXANDRIA
OF MICE & MEN
BUCKCHERRY
SKILLET

〜中堅の下ぐらい〜
MR.BIG
KORPIKLAANI
AMARANTHE
DRAGONFORCE
SONATA ARCTICA
BUTCHER BABIES
MISS MAY I
LOUDNESS
Crossfaith



イメージ 10
イメージ 11

METAL JAPANの記事の転載
イメージ 1

2018年が終わるところでMETAL JAPAN STAFFが選ぶ年間ベスト・アーティスト、作品、ライブを発表!
2018年度DENMETA編

BEST GROUP:Roselia
その他候補:GHOST , PARKWAY DRIVE , BAD WOLVES , GRETA VAN FLEET , QUEEN
Comment:Roseliaは改めてメタルの世界にも来てほしく思いました。

BEST VOCALIST:ToshI (X JAPAN)
その他候補:Rob Halford (JUDAS PRIEST) , Tobias Forge (GHOST) , 相羽あいな (Roselia)
Comment:マーティ・フリードマン並みの活動の幅広さに脱帽。

BEST GUITARIST:Tom Morello (PROPHETS OF RAGE , RAGE AGAINST THE MACHINE)
その他候補:工藤晴香 (Roselia) , Oli Herbert (R.I.P.) , 藤岡幹大 (R.I.P.)
Comment:Warped JPでの「そだねー」ギターもナイスでした

BEST BASSIST:遠藤ゆりか (ex-Roselia)
その他候補:中島由貴 (Roselia) , Steve Harris (IRON MAIDEN , BRITISH LION)
イメージ 2
Comment:声優としてもベーシストとしても素晴らしかったです。お疲れ様でした。

BEST DRUMMER:にゃんごすたー
その他候補:Vinnie Paul (R.I.P.) , Pat Torpey (R.I.P.) , 櫻川めぐ (Roselia)
Comment:世界的にも評価されてきたようで何より。

BEST KEYBORDIST/PIANIST:ゆゆうた
その他候補:YOSHIKI (X JAPAN) , Don Airey (DEEP PURPLE) , 明坂聡美 (ex-Roselia) , 志崎樺音 (Roselia)
Comment:ハードロック/ヘヴィメタルの人を選ぶとは言ってない。

SHINING STAR:ゆゆうた
その他候補:YOSHIKI (X JAPAN) , ToshI (X JAPAN) , Joakim Broden (SABATON) , Dark Vader (GALACTIC EMPIRE)
Comment:ハードロック/ヘヴィメタルの人を選ぶとは言ってない。(大事なことなので2回言いました)

BEST INCIDENT:DOWNLOAD FESTIVAL日本開催決定
その他候補:BABYMETAL DARK NIGHT CARNIVAL開催と成功
イメージ 3
Comment:日本の第1回目のDOWNLOAD、1日だけの開催だけどとても良いラインナップじゃありませんか。これでスッカスカだったら誰を呼んでもダメでしょ。まずはこれを成功させて2回目以降は是非2日間開催にグレードアップ希望!

WORST INCIDENT:BABYMETALからYUIMETAL脱退
その他候補:LOUD PARK開催見送り , SUMMER SONICの動員数の少なさ , Vinnie Paul死去 , Pat Torpey死去 , 藤岡幹大死去
イメージ 4
Comment:だんだん悪いニュースが目立つようになってきましたね。

BEST ALBUM
No.1:「Anfang」Roselia
No.2:「Prequelle」GHOST
No.3:「Reverence」PARKWAY DRIVE
No.4:「Ember」BREAKING BENJAMIN
No.5:「And Justice For None」FIVE FINGER DEATH PUNCH
No.6:「チバニクル」ふなっしー
No.7:「Disobey」BAD WOLVES
No.8:「Gravity」BULLET FOR MY VALENTINE
No.9:「Holy Hell」ARCHITECTS
No.10:「Attention Attention」SHINEDOWN
Comment:ぶっちぎりでRoseliaナンバーワンです。キラーチューンしか入ってないじゃないですか。

BEST TUNE
No.1:「Neo-Aspect」Roselia
No.2:「Dance Macabre」GHOST
No.3:「Starlight」BABYMETAL
No.4:「インキャインパルス」本田華子(CV:木野日菜)、オリヴィア(CV:⻑江里加)、野村香純(CV:小原好美) feat. Ikepy(HER NAME IN BLOOD) & KSKN(FOAD)
No.5:「Red Swan」YOSHIKI ft HYDE
No.6:「鏡の中から」まねきケチャ
No.7:「もっと、ねぇもっと」エラバレシ
No.8:「バベルシティ・グレイス」アンティーカ
No.9:「R・I・O・T」RAISE A SUILEN
No.10:「LOLI-METAL」RIFF SHOP
Comment:ますますメタル界以外のメタル曲が充実してきた様に思えました。

BEST LIVE PERFORMANCE
イメージ 5
No.1:BABYMETAL (Kobe World Hall)
No.2:PROPHETS OF RAGE (Vans Warped Tour Japan)
No.3:HELLOWEEN PUMPKINS UNITED (Zepp Osaka Bayside)
No.4:JUDAS PRIEST (Grand Cube Osaka)
No.5:KORN (Vans Warped Tour Japan)
No.6:LIMP BIZKIT (Vans Warped Tour Japan)
No.7:BON JOVI (Kyocera Dome Osaka)
No.8:ZEBRAHEAD (Vans Warped Tour Japan)
No.9:NICKELBACK (Summer Sonic Osaka)
No.10:NINE INCH NAILS (Summer Sonic Osaka)
Comment:DARK SIDEのBABYMETAL、あれこれ言われてるがYUIMETALがいない寂しさ以外は称賛しか無い。方向性が変わろうがそんなことお構いなし!WARPEDはPROPHETS OF RAGE一組だけでも観に行く価値があった。



イメージ 10
イメージ 11

わたくしDENMETAがライターやってるMETAL JAPANサイト

ライブ/イベントの情報なんかも掲載してますが

今まで日本のライブ/イベント情報のみでしたが

海外の公演情報なんかも掲載することにしました
イメージ 1
METAL JAPANだけどJAPAN以外の情報も掲示するという。

なんか日本のHR/HM公演の充実度がだんだん落ちてきているような気がしてならんかったし、逆に海外はHR/HMライブの充実度が半端なくて海外遠征しようとする日本人がだんだん増えてきているようだったんで

やっぱりメタルは海外だな。ご覧くださいこの鬼のようなフェスの凄さ
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5
他の国のメタルフェスは3日間開催が基本(4日間開催も少なくない)で会場は大きなスタジアムやサーキット場とか、或いは街全体でやったりする。

一方で来年日本でやる最大規模のメタルフェスは1日開催でキャパ1万5千人の屋内会場・・・
日本はメタルがマイナーすぎてファン人口少ないからなあ・・・そんなわけで何をやるにしても海外の下位互換となってしまう。

これに加えて日本は堅苦しいファンが多いしなあ。ラインナップに細かくこだわりすぎたり。LOUD PARKとか一組でも気に入らないのがいたらもうフェス自体行く気失くしたりするぐらいだし。「アイドルやV系出るなら行かないわ」とか。せめて嫌いなアーティストは観ずに飯タイムや他のブース見て回るタイムとかに充てるぐらいしようぜ・・・ってラウパあった時代に思ったな。

で、厄介なことに日本ではメタラー自体が希少だからアイドルやV系出なくてもなかなか客集まらなかったりするというなんともタチの悪いこと。そんなわけで晩年期のラウパはかなり客少なかったんよな。
細かいことにこだわるってプラスになるときもマイナスになるときもあるけど、こういう場面ではマイナスに働くね。

日本のメタラーは“祭りを楽しむ”ってことをする人が少ない気が。一に二にもアーティストのライブをとことん評価って人ばかりで。
極端に言えばお祭りというより品評会に近い感じになってる。品評会的なノリで来るのは音楽ライターやブロガーとかだけで十分だと思うよ。

海外は本当、ライブ観る以外にも色んなことを存分に楽しんでるし。仲間と酒盛りしたり、遊園地とか格闘技観戦とかアトラクションとかもあってそれを楽しんだりもするし
深く考えずとにかく行く、そうこうしているうちに自然とラインナップも豪華にになる、海外のフェスってそうなってるんじゃないかと思う。それで経済がしっかり回るわけだからね。

とりあえず今一度、海外を見習うことにしよう。強いところを見習うのは基本だぜ!


私はメタルの漫画しっかり描かないとな。メタル生徒会長、長いブランクを抜けてただいま第9話を描いております。
大晦日に冬コミ、C95で販売するんでそれもよろしく!!
イメージ 6
イメージ 7
イメージ 8

先週、10月17日、ディープ・パープルの来日公演を観に行ってきました!
ライブレポートをいつものようにMETAL JAPANに執筆!
↓リンク先
イメージ 1
人生初のパープルのライブでした。人生で一度は観ておかないとなと思い今回遂に観に行きました。これが最後の来日公演になるかもしれなかったし。

次はデフ・レパードを観に行ってきます。彼らのライブもまだ一度も観たことなかったので。彼らもまたすっかり大ベテランですね。
イメージ 2
そしてデフ・レパードの次はBABYMETAL!!
前回の来日ではWARPED JAPANと日程被って泣く泣く見送ったサバトンも観れておいしい!!
そうそう、ベビメタ好きでサバトン知らない人のためにサバトン初心者講座記事書いといたぞ。
イメージ 3
サバトンのライブでベビメタ地蔵大量発生なんて展開は防がないと。まあベビメタのファンって他のメタルバンドもちゃんとチェックしてる人多いからそういうことは恐らく起こりにくいとは思うけど。

まあそれにしてもYUIMETALちゃんが正式に脱退しちゃって残念ですね。
今まで頑張ってくれて本当にありがとうなのね。
イメージ 4
この編成でのライブがもう観れなくて残念や。東京ドームでのライブとかちょっと無理して観に行って本当に良かったな。
サマソニとかガンズの前座とかでも頻繁にライブ観てきたからすっかりいつでも観れるイメージこびりついてたけど自国のアーティストであってもいつでも観れるなんて思ってたらダメやね

なんか前回のブログ更新から一週間経ったけどこの一週間で色々ありすぎたね本当。

ALL THAT REMAINSのギタリストが突然亡くなったし
イメージ 5
パープルの大阪公演終了直後ぐらいにこのニュース飛び込んできたな。

DRAGONFORCEの前座やってるとことLOUD PARKでライブ観たなあ。そういや東日本大震災と東京公演ぶつかっててんやわんやしてたのも話題になってたなあ。

SAW3の主題歌「This Calling」はいつ聴いても最高に素晴らしい、名曲ですね。
2000年代のメタルのライブって客入れ時間にいつもこの曲流れてたな。そういやOZZFEST JAPAN 2013でのミニイベントのカラオケコンテストでこの曲歌ってた人いたわ。

さて、音楽の話はこのぐらいにして漫画描かないと。
これまでいっぱいやることあって漫画の作業が本当できてない・・・

イメージ 6
〜漫画 メタル生徒会長Link〜

〜単行本販売店舗〜

METAL JAPANの特集記事。サーバー落ちしたときはこちらで
イメージ 1

見た目や最初に持ったイメージと実際のものは違う、どんなことにもよくある。
中でもハードロック/ヘヴィメタル系の音楽は見た目のイメージと奏でている音楽が異なるということが頻繁にある。
そんな見た目のイメージでやっている音楽をよく誤解されがちなハードロック/ヘヴィメタル系のアーティストを挙げてみる。


KISS
奇抜なメイクに奇抜な衣装、派手なライブパフォーマンス、おまけにアルバムの日本盤のタイトルには「地獄」とよく付けられるため“悪魔”のイメージが先行しがちだが、奏でている音楽に悪魔っぽさは無く、パーティーの様なノリのロックンロールであったりする。
ヘヴィメタルを知らない人がよくイメージしがちな「ヘビメタ」や「デスメタル」では決してない。

聖飢魔Ⅱ
悪魔のバンドでお馴染み。彼らの最も知名度の高い楽曲「蝋人形の館」なんかは見た目のイメージ通り悪魔な曲であるが、実際のところ様々な曲があり正統派なハードロック/ヘヴィメタルのバンドだったりする。「サクラちってサクラ咲いて」や「BAD AGAIN 〜美しき反逆〜」といったキレイなバラード曲も充実。
KISS同様、悪魔のイメージが先走って「デスメタル」とよく勘違いされがち。

LORDI
フィンランドのグロテスクなモンスターのバンド。キャラクター性は最高に厳かだが、やっている音楽はKISSやMOTLEY CRUEなどのハードロックに近いノリでヘヴィメタル系の音楽の中ではかなりポップな部類に入る。

GHOST
スウェーデンのヘヴィメタルバンド。不気味な容姿でダークなサウンドなのだが、その一方、ボーカルの声は至って爽やか。ホラーな感じでありながらもポップさも兼ね備えている。

BABYMETAL
「アイドルでしょ?」「いや、メタルだし」などと散々言われまくっていることでお馴染みのグループ。
フロントの女性陣こそアイドルではあるが、その後ろには本格的なヘヴィメタルのミュージシャンが構えていて、そこに驚かれることが多々ある。
フロントの女性陣だけのイメージのままフェスなどでBABYMETALのライブを初めて観た人がバックバンド(神バンド)の演奏に驚いてBABYMETALに対するイメージが変わることは最早定例。

LOVEBITES
白ドレスを着たお嬢様達だがやっている音楽はIRON MAIDENばりの本格的ヘヴィメタルで男顔負けの勇ましさだったりする。

にゃんごすたー
愛らしいゆるキャラでありながら驚異的なドラムテクニックを誇り、そのギャップに大きな人気を博していることでお馴染み。
DRAGONFORCEのフレデリク・ルクレールとセッションも果たし、更にそのフレデリクと名ドラムプレイヤー元SLIPKNOTのジョーイ・ジョーディソンによるバンド、SINSAENUMの初来日公演のオープニングアクトも務めることになったりと活躍の場がどんどん広がっている。

CHARAMEL
ふなっしー、にゃんごすたー、カパル、アックマによる愛くるしいキャラクターバンドだが見た目とは裏腹に強烈なヘヴィメタル系の曲をプレイしたりする。ふなっしーはヘヴィメタル界の偉人オジー・オズボーンをリスペクトし、共演を果たしたことでも有名。




イメージ 2
〜漫画 メタル生徒会長Link〜

〜単行本販売店舗〜

全6ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事