終わらない愛・地球博(愛知万博)

6/4 当ブログは「名古屋ナビ」に引越しました

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

愛・地球博(愛知万博)の理念を継承した公園づくりがすすめられているモリコ
ロパーク(愛・地球博記念公園)。2010年オープン予定の旧企業パビリオンゾー
ンBと旧グローバルコモン1エリアのうち、旧企業パビリオンゾーンBは「地
球市民交流センター」としての基本設計が11月22日に発表されました。一方の
旧グローバルコモン1は、「資源循環、自然エネルギー活用の体験村」として
県民参加での公園整備計画をすすめるワークショップがおこなわれています。
このワークショップは年内に4回開催され、最終回となる第4回が12月8日
(土)にモリコロパーク内フィールドセンターでおこなわれました。いちおうの
方向性は定まりましたが、さらなる議論が必要と事務局・参加者が合意し、延
長戦が来年1月下旬に開催される予定。

一応最終回とあって、ワークショップ参加者だけが意見交換するこれまでの方
式から、愛知県の事務局担当者、設計の飯沼コンサルタント担当者、水津アド
バイザーも一緒に話し合いのテーブルにつき、意見交換を図りました。公園の
姿を描いていくうえでのキーワードは「県民の自主的な活動の場、交流の場」
ということでまとまっていきましたが、同様に交流の場を提供する地球市民交
流センターとは<自主的>という点で違いを明確にするよう強調されました。
あわせて、バラバラに事業をおこなっている近隣の愛知県陶磁資料館や農業試
験場などとの連携もこれを機会に図ることが要望されています。せっかく立派
な施設を持ち活動をおこなっている近隣の施設が縦割り行政のためバラバラな
のはいかにももったいない話。いわゆる宝のもちぐされというものです。活動
の一部についてモリコロパークがまとめ役を果たせれば、いいのですが。

環境技術をはじめ相当のハイテクが駆使される見込みの旧企業パビリオンゾー
ンB跡地「地球市民交流センター」に対し、お隣の旧グルーバルコモン1跡地
「資源循環、自然エネルギー活用の体験村」は、県民が自らがローテクを駆使
して環境問題等を実践・体験していくものになるのでしょうか。

閉じる コメント(2)

顔アイコン

モリコロパークもまだまだかわっていくんだね。
最近書き込みが少なくなってさみしいけど、いつも見てるし応援してます。
愛地球博さん、これからも頑張ってくださいね。

2007/12/12(水) 午後 11:30 [ jus*464* ]

顔アイコン

just4649さん、応援ありがとうございます。冬はイベントも少なめですし地味なんですが・・・地味ネタの積み重ねが大きく育っていくので追い続けなければいけません。これからもよろしくお願いいたします♪

2007/12/13(木) 午後 10:01 NYAAGO


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事