ここから本文です
コルゲート

書庫全体表示

記事検索
検索

全42ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

先月は運よく189系N102編成使用の団臨「ありがとう189系」に当選したので乗車しました。
イメージ 1当選通知
イメージ 2ご案内書
これには座席番号も書かれているので切符のようなものは無く、改札は同封のびゅうバッジを見せて通りました。切符が無いのは少し物足りない感じがします・・


6番線に向かい入線を待ちます。
イメージ 310:45 5番線に入線
編成全体を入れようとしましたが前にいた大勢の人がどんどん乗り出してきてうまく撮れず・・
HMはあさま、側面幕は特急あさま/軽井沢となっていて今回はこのまま走るのかと思っていましたが・・
イメージ 4停車して少し経つとなんと団体幕に変わってしまいました!

11:05頃、長野発車
鉄道唱歌オルゴールが鳴り放送がありました。1号車から順番に記念品と弁当引換券が配られました。
イメージ 5記念プレートと弁当引換券

往路である軽井沢行きは途中停車は一切無かったのでそこまでスピードを出すことはありませんでした。
イメージ 6写真は無いですが、途中しなの鉄道本社では多数の社員の方が手を振って見送ってくれました!
189系の乗り心地を堪能しているとすぐに軽井沢到着。
ドアは開いたままなので自由に乗り降りできました。

イメージ 7ホーム先端は入れ替え制となっていてずっと留まることはできないようになっていました。
イメージ 8N102編成ではクハ189 9のみに搭載されている簡易リクライニングシート
イメージ 96号車以外に搭載されているフリーストップリクライニングシート

イメージ 10運転台
オルゴールは豊田M51に搭載されていたものと交換されているらしいです。

13:36 復路長野行きは軽井沢発車。
復路は篠ノ井で運転停車したため、しな鉄内では往路と比べてそこそこスピードが出ていました。
イメージ 11弁当は峠の釜めしですが、通常の掛け紙の他にツアー限定の掛け紙も貰えました。
見たこともないかつての特急あさまに乗っていることをイメージしながら釜めしを食べるのも乙なものです。

篠ノ井で約20分停車
イメージ 12洗面

篠ノ井を発車するとすぐに長野15:16定刻で到着。
イメージ 13車内
イメージ 1415:25 幕回ししながら回送発車。前面はあさま、側面は特急あさま/長野となりました。
去年しな鉄で運転された団臨ではあさま幕が掲出されていましたが今回は回送区間だけ掲出されたのは何か理由があるのでしょうか。

N102はこの団臨以降の運用はありませんが、当面の間車両基地で保管されるということで廃車になるというわけでもないようです。
放送でも最後という案内は一切無かったのでまた走ってほしいですね。



ご存知の通りヤフーブログは12月で閉鎖されることが決まったので、このブログの更新も今回が最後となります。ご覧いただきありがとうございました。

E26系カシオペアは昨年大宮工場に入場し全般検査とリニューアル工事が行われ今月出場しました。その際全部屋にあったモニターが撤去されました。
イメージ 1
TVモニターが撤去され新たにコンセント(AC100V 60Hz 1A)となぜかカシオペアのヘッドマークが取り付けられています。
さらに冊子などが置けそうなスペースもあるように見えます。
以前コンセントは洗面台にしかありませんでしたがこの場所にも取り付けられたことで楽に充電ができるようになりますね。
しかしTVモニターでは位置情報、衛星放送が見れたりBGMを聞くことができたりしただけに乗車の際に楽しめるものが1つ無くなるのは残念に感じます。

ちなみに今回の改修でモニターが撤去されることは車両の出場前にツアー予約受付が開始されたクラブツーリズムのページで明らかになっていました。


イメージ 12014年12月24日乗車 1レ北斗星
24系オハネ25 564

下り北斗星の寝台券です。JR北海道では乗車券を持ち帰る際に特急券も提示を求められる場合があります。

イメージ 2懐かしのエンブレム
イメージ 3この日は5号車がデュエットだったため1号車に車掌が乗務していました。
オハネ25 550は2両しかなかったため検査や不具合があった場合560デュエットに差し替えられることが時々ありました。
イメージ 4食堂車ではランプシェードにクリスマスの装飾が施されていました。
イメージ 5グランシャリオ 朝食メニュー
イメージ 6定期運用の頃はグッズ一覧が食堂車通路に貼ってありました。


ー編成表ー
EF510-513   DD51-1083前+DD51-1148
 
カニ24-506
オハネフ25-214
オロハネ24-553
オロハネ24-501
オロネ25-504
スシ24-506
スハネ25-503
オハネ25-563
オハネ25-564
オハネ25-562
オハネフ25-216
オハネフ25-15
 
ED79-9


2/12 8641F廃車回送

2000系から形式変更された9020系9022Fの運用開始により8500系8641Fは前日11日をもって運用離脱し、12日に恩田に回送されました。
イメージ 18500系8641F 192運行
@長津田〜恩田

イメージ 2長津田工場に到着。39F、40Fの先頭車は全て解体されてしまったあたり41Fもどこにも譲渡されずに全車解体でしょうか・・
5連の8500系は8638Fのみとなりましたが、この編成は最近出場していることもありいつまで運用されるか注目です。9021が出てきたらあっさり廃車になることも十分ありえます。


イメージ 3手前では17インチLCDへの交換により用途廃止となった大量の5000系用15インチLCDが積まれていました。

イメージ 4デハ8595,8695は変化なし。
8641Fと8695Fはどちらも前回出場から4年ほど経っていますが、やはりほとんど地下を走らない41Fのクーラーキセは最後まで白いまま維持できています。

4日はドイツ政府専用機が羽田に来ました。
イメージ 1RWY34Rにアプローチ
イメージ 2ドイツ空軍(LUFTWAFFE) A340-313X 16+02
GAF883
15:30頃着陸しV1スポットへ

イメージ 3タラップを降りる首相

イメージ 4車列が出発

イメージ 5ドイツ空軍はA340の後継機にA350を導入することを決めたようなのでこの4発機が見れるのもあと数年といったところでしょうか。

開くトラックバック(0)

全42ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事