炎のエクスタミネーター

AIMING HIGH次回ライブ 9.16西横浜エルプエンテ。

全体表示

[ リスト ]

幽霊ゾンビ

イメージ 1

上映時間 70分
製作国 日本 2007年
監督:白石晃士
製作:大橋孝史
脚本:白石晃士
出演:中村知世、ノッチ、松本寛也、湯川尚樹、飯塚由衣、柳ユーレイ


和製OVゾンビ作品というと、
8〜9割はもうグッタリな作品が多いわけでして、
コレもそんなグッタリ覚悟で
手元にリポビタンでも用意したくなったんですよ。

「幽霊ゾンビ」というドッチなんだかハッキリしないタイトルも
安易な企画モノ臭が漂いまして、
私の「勝手な義務と使命感」以外での食指が働かなかったワケです。

が、クレジット観ると「ノロイ」や「口裂け女」が好評だった白石晃士監督。
役者も柳ユーレイやオバマ氏やマジイエローにボウケンイエローといった
ちゃんと名の知れたメンツ。

もしかして、ちゃんと作られてるかもしれない・・。

・・・はい。ちゃんと作られてます。

頭痛がする程低予算な作りなんですが、
しっかりお話のスジが通ったゾンビ・ホラー・コメディ。

幽霊とゾンビを上手い事絡めたシナリオも納得で、
「幽霊ゾンビ」のタイトルにも「ああ、なるほど」となります。

コメディといいましても、破壊的なギャグや展開を狙った、
いわゆる「バカ路線」ではなく、
全体的にユル〜い空気感を漂わせる、肩の力が抜けたノリで、
柳ユーレイ氏やノッチ氏の絶妙なセリフ廻しがコレに貢献。

激安なゾンビ・メイクや特殊効果ながら、
それでもしっかり「スプラッター・ホラー」してる所がさすが白石監督。

和製ゾンビ作品は、どれも「ノロノロ正統派」をチョイスしてますが、
ほとんどの作品がこの「ノロノロ」を演出しきれてなく、
グッタリ間延びさせてしまうのですけど、
この作品は、無意味に長くゾンビを映さない方法を
しっかりわきまえているので、ボロを出さずに済んでいるんですね。

予算が無ければ無いなりに、ちゃんと撮れる人がちゃんと撮れば、
ソレなりにちゃんと撮れるんですよ。

ちょっとユルすぎる所もあり、若手の男優陣の演技が鼻に付きますが、
「寒村のちょっとイイ話ゾンビ作品」として、
酒のツマミにはちょうどいいんでわないですか度☆☆☆。


他のソンビものは↓
http://www.geocities.jp/exterminatorjp/zombiehunt.html

閉じる コメント(4)

私も観ましたが、日本のゾンビ作品にしては、良く出来た作品だと思いました。柳ユーレイさんの幽霊役も面白かったですし、ノッチさんの演技も良かったと思います。

2008/10/22(水) 午後 11:01 ,.:*:.,tink,.:*:., 返信する

顔アイコン

Tinkさま>ノッチよかったですね! この人、俳優としてもかなりイイ感じですね。もっとこういうジャンル物に出てほしいですね。

2008/10/24(金) 午前 0:28 ext**minat*rjp 返信する

顔アイコン

バカっぽさはジャケからも伝わってきます。お色気は無いのでしょうか?

2008/10/26(日) 午後 2:14 tika 返信する

顔アイコン

pxsrxさま>お色気は・・・「少年マガジン」のグラビア程度ならあります・・・。

2008/10/27(月) 午前 9:56 ext**minat*rjp 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事