今日の一言

新着情報・話題・レポート・体験談・・・まぜごはん

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

 未公開株売買を巡る詐欺、恐喝未遂罪に問われたタレント・羽賀研二(本名・當真(とうま)美喜男)被告(49)の控訴審判決が17日、大阪高裁であった。


 古川博裁判長は、1審・大阪地裁の無罪判決を破棄し、懲役6年を言い渡した。

 恐喝未遂罪の共犯として起訴され、同様に無罪となっていた元プロボクシング世界王者・渡辺二郎被告(56)についても懲役2年の実刑とした。

 起訴状では羽賀被告は〈1〉2001年、知人の会社社長に1株40万円で取得した未公開株を同120万円と偽って売り、3億7000万円を詐取〈2〉06年に渡辺被告らと共謀し、未公開株の代金返還などを求めた社長を脅し、帳消しを迫った――とされる。検察側は羽賀被告に懲役8年、渡辺被告に懲役4年を求刑していた。

 08年11月の1審判決は、元歯科医・徳永数馬被告(50)(偽証罪で有罪判決、控訴)が、社長が未公開株の元々の取得価格を知っていたことを示す証言をしたことなどから詐欺を否定、羽賀、渡辺両被告を無罪とした。しかしその約4か月後、徳永被告の証言はうそだったとして、大阪地検が在宅起訴していた。

(2011年6月17日14時56分 読売新聞)

閉じる コメント(1)

顔アイコン

渡辺さんの悲劇はボクシング以外何も出来ないことだったんですね。

2011/6/17(金) 午後 8:09 [ 電気通信主任技術者 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事