猛犬首輪研究所 by Extra+Heavy

Extra+Heavyの首輪の試作品を作っていく過程を紹介するブログです。

首輪教室用の手縫い首輪

すべて表示

手縫い首輪その一

12月からマルミズのアトリエがものすごく広くなるので首輪教室もやろうという話になりました。


今までなぜ首輪教室をやらなかったかというと別に道具さえそろっていれば教えるほどのものではないからです。

それに型押しを選んだ場合どうしてもミシンがないとつくれないということで

やらないでいました。


で、どうやったらウチで買うより自分で作った方がイイと思ってくれるかなという事で手縫いで首輪を作る事にしました。

麻糸のぶっとい糸を使うのでものすごく丈夫な物が作れますし、型押しも作れます。


でも、とりあえずミシンが来る前に一度手縫いをやった事があるのですがあまりに大変なので

商品化をあきらめた経緯があるのでどのくらい時間がかかるか試してみました。


まずは穴を開ける位置の線を軽く引きます。これ結構大事です。

イメージ 1


今回穴の間隔3mmという一番穴の総数が少なくなるやつをかってきました。

イメージ 2


イメージ 3


カーブの所はこれで

イメージ 4


こんな感じに1個づつ開けます。

イメージ 5


ウチのベグ用に作ったので首周り42cm用で穴開けは10分で完成。穴間隔が広いので思ったより早くできました。

イメージ 6


次に糸入れ!ものすごく太い麻糸。

イメージ 7


ここまで縫って10分.......かかる.......

しかもここまでやって麻糸にロウを塗るのをわすれたことに気づいた.....

イメージ 8


これがロウです。これやらないと麻糸なのでケバケバになってしまいます。

途中から塗りました........

イメージ 9


で完成です。途中からこつをつかめてきたのでスピードがドンドン上がってきましたので

結局1時間で完成。思ったより早くできましたがそれでも結構かかりましたね。

イメージ 10


つづく




.


みんなの更新記事