有川浩と覚しき人の日記

報道媒体の無断引用はお断り致します。

全体表示

[ リスト ]

萎縮しない勇気

「こんなときだからこそ」エンターテインメントを提供しよう、
エンターテインメントでお客さんを元気にしようとしている人たちに、
「不謹慎だ」と自粛を求める意見があります。
いろんな意見があろうかと思いますが、敢えて何度でも言います。

救援と復興のためにも、社会と経済は回さなくてはなりません。
絶対にです。
少なくとも阪神のとき、よその自粛は被災地の誰も救いませんでした。

例えば、エンターテインメントをなりわいとする人たちに興業の自粛を求めて、
回り回って彼らが失業したら、
社会は失業者となった彼らまで引き受けねばならないのです。
被災地を支えなければならないときにそんな余裕あるかー! というお話です。
自粛、むしろ迷惑!
(それは出版業界も同じです。こんなご時世に紙を使って、印刷機回すのに膨大な電気を使って本なんて、
と言われたら出版業界は立ちゆかなくなってしまいます。
その分、経済活動が萎んでしまいますし、倒産したら大勢の人間が失業者になって社会に
負担をかけてしまいます)

社会に無用な負担を増やさないために、彼らが倒産しないことを応援してあげてください。
応援できなくてもいい、「このご時世にエンタメの興業なんか」を打っている彼らが
「社会に負担をかけないためにも」頑張っていることを理解してあげてください。
彼らはその興業を打つことで、彼らの立場から社会と経済を回しています。
私たち出版業界の人間が本を出すことで社会と経済を回しているように。
興業を打ちながらチャリティーを企画できないかと頑張っているところがたくさんあります。
どうかそんな彼らを、彼らを応援しようとするお客さんを萎縮させないでください。
「不謹慎」という言葉は何も救わない。

そして彼らの発信する元気を受け取ることができる人は、
受け取った元気を糧にして、明日からの生活を回して行きましょう!

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事