有川浩と覚しき人の日記

報道媒体の無断引用はお断り致します。

日記

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

ナポリタンと防衛大臣

『空飛ぶ広報室』第2話の影響で翌日のごはんがナポリタンになったという人は私のほかに何人くらいいらっしゃいますでしょうか。
私は昨日今日とお昼ごはんにナポリタンを作って食べました☆
ケチャップ入れてからよく炒めると酸味が飛んで甘くなりますよ。
(私は他にも隠し味にだし醤油とかいろいろ適当にぶち込みます)
 
ドラマ絡みで先日久しぶりに防衛省にお邪魔しました。
防衛大臣との対談だったのですが、はいドーン!
 
イメージ 1
 
大臣室に隣接する控え室です。
ドーンと貼ってありました。
小野寺防衛大臣の指揮下、庁舎のエレベーター内にももれなく貼ってあります。
一階のエントランスには『図書館戦争』のポスターもドーンと。
 
小野寺防衛大臣は現場のことをたいへんよく気遣っておられて、
「ああ、この人がトップだったら現場は安心だな」と思える方でした。
人当たりも物腰もたいへん柔らかいんですが、その柔らかさの中に一本揺るぎない芯が通っているような方でした。
中国の潜水艦のレーザー照射についても、
「日本の自衛隊が日常的にこういうことをされている、ということをきちんと公表して国際世論に訴えることが現場の隊員の安全を守ることにつながり、延いては国防につながります」
と明快に説明してくださいました。
(※ミサイルのレーザーを照射されたというのは外交的にとても酷いことです。後は撃つだけ、国によってはこれが原因でそのまま戦闘になっても何らおかしくありません)
 
「防衛大臣のことも少し書いてくださいよ」と冗談めかして仰りつつ、私が「はい」と答えると
「冗談ですよ! 現場の隊員のことをたくさん書いてあげてください」と慌てちゃうようなチャーミングな方でした。
広報室の皆さんも小野寺防衛大臣のことは身近に感じているようです。
ちなみに石破元防衛大臣は、通すのが難しかった予算が通ったときに、庁舎を最上階から順に降りていって全ての部屋にねぎらいの言葉をかけたとのこと。
こういうことが普通にできる人たちがいる内閣だと本当に安心だ……
 
安心できるトップのもと、リアル広報室もドラマ広報室も全力疾走しております。
私の手元には既に7話までの脚本がありますが、早く全部観たい!
オリジナル要素を取り混ぜた物語の展開が自然かつ面白いのもさることながら、野木さんは萌えを書かせても天下一品でしたよ……
 
追伸
3話はまた阿部丈二くんがたくさん出ます☆
そして、上演台本、書き下ろし短編、舞台で使ったサトルからみんなへの手紙などなど盛りだくさんの
舞台『旅猫リポート』の公演パンフレットのほうもよろしくお願いします。
4/14より始まりました。
放映を観たいと言い張って確認用DVDを頑なに観ずにいたのですが、我慢した甲斐がありました。
笑えて泣けて、CMまであっという間に過ぎてしまうドラマでした。
泣いちゃいましたね、自分の原作なのに。綾野剛さんの空井に何度も泣かされました。
そして柴田恭兵さんの鷺坂に何度笑わされたか。
稲ぴょんはただいまツン期ですので、デレ期が来るのをお楽しみに。ツンがちょっと壮絶ですが、ツンがひどいほどデレの破壊力が増すのはお約束ですよ!
 
キャストさんもスタッフさんも前のめりで作ってくださっています。
今後がますます楽しみです。
 
ちなみに、読者さんの一部に疑問が出ているようなのでご説明。
リカが主人公となっているのは、狙いどおりです。
執筆前にリアル鷺坂さんと「いかにして航空自衛隊ネタで映像化を勝ち取るか」という相談をした結果です。
(現実問題として、ガチ自衛隊の話では映像化は難しいので……)
自衛隊メインという高い映像化ハードルを、ヒロインをTVディレクターにすることで下げた次第です。
「映像化の際はリカを主人公にしてもらえば連ドラも狙える!」と書きはじめ、結果はご覧のとおりです。
 
そんなわけで、映像化の際にリカが主人公になることは執筆前からの戦略ですので、どうか読者の皆さまにはご安心いただければと思います。
 
そしてお気づきの方もおられるかと思いますが、キャラメルボックスの阿部丈二くんが出演してくれました。
空井のパイロット時代の友人というドラマオリジナルの役どころです。
今後もまだ少し登場がありますので、どうぞお楽しみに。
 
そしてスカイロケットblogのほうで『旅猫リポート』公演パンフレットの通販をご案内しております。
上演台本、書き下ろし短編、舞台で使ったサトルからみんなへの手紙などなど盛りだくさんですので、何とぞよろしくお願いします。

うちの子の百里案内

新垣結衣さんが『ぴったんこカンカン』で安住紳一郎アナに百里基地のご案内をしていたので観てました。
 
ちなみに映像化で一回でも関わったら、若手の役者さんはみんなテレビ等で見かけたときに「うちの子」扱いです。
新垣さんにも既に宣言しております。
新垣さんはロケ現場で私物のマッサージ器具で原作者のお母ちゃんの顔と背中をマッサージしてくれました☆
そんな新垣さんに「無口な方だと思っていたら意外とよく話してくれる」と評されていた綾野剛さんは、現場の広報官たちに「彼は自衛官になろうとしてますよ」「勉強っぷりが半端じゃありません」と大評判を取っております。
「お辞儀もすっかり自衛官らしく……」とお父さんのように見守る自衛官多数。
番宣で無帽の敬礼に最後まで抵抗していたのは綾野さんだそうです(自衛官は帽子を被っていないときは挙手の敬礼をしません)。
 
そして番組のほうは、ガイドをしていたうちの子よりも安住アナのテンションの上がりっぷりとマニアをまじまじと観てしまいました。
百里の格納庫でブルーインパルス機を観て「何故ここに!?」とびっくりしてた辺りで相当お詳しい。
(本来は基地祭でもないと百里にいない機体だと把握してるわけなので)
きっと格納庫に用意してあったF15が複座だったら「F15-DJ!?」と叫ぶんでしょうなぁ……
 
更に自衛官の知り合いの顔がちらちら出てきて気が散った(笑)
どこにいても一発で分かるな、A田さん……
 
幹部食堂でパイロットの加給食を紹介してたり、なかなか濃い紹介でした。
(パイロットは体力を使うので栄養価を高めるために食事にちょっと甘味や何かがついたりします。番組では栄養ドリンクでしたが、プリンとかのときもあります)
 
ちなみに、関東圏だけかもしれませんが、新垣さん、綾野さん、脚本の野木さん、私というなかなか訳の分からない編成で座談会を放映しますので、ご興味おありの方はよろしくどうぞ。
 
TBS 日曜劇場「空飛ぶ広報室」ドラマ ナビゲーション番組
放送日時 2013年4月14日(日)15:30 〜 16:54(予定)
 
そんなわけで、4/14(日)より放映開始の『空飛ぶ広報室』、よろしくお願い致します。
映像化を歓迎しない方は、例によって「観ない権利」のご行使を。
「人は人、我は我、されど仲良し」の精神でお願いします。
 
追伸
『旅猫リポート』、おかげさまで全日完売で完走致しました。
本当にありがとうございました。
『旅猫リポート』稽古ですっかり世情から遠ざかっている間に、ブルーインパルスがいよいよ松島帰還しましたね。
ドラマ『空飛ぶ広報室』でもブルーインパルスと松島基地のことは大事に扱っていただけるようにお願いしました。

私が取材に行ったときは「いつ帰還できるのか全く分からない」とのお話だったのですが、空自踏ん張ったんだなぁと感無量です。

ちなみに、『空飛ぶ広報室』で比嘉のモデルになってくださった方は、もう空幕広報室を離れていたのですが、ドラマ化の煽りで現場に緊急投入されております(笑)
現実とフィクションがクロスオーバーして「自分でもたまにめまいがします」と笑っておられました。
しかしこの方が現場にいてくださったら百人力です。
ドラマの撮影もつつがなく進むことと思います。

スカイロケットblogで『旅猫リポート』公演についてご報告しております。
グッズのご紹介です。
先日ご紹介したパンフレット(『旅猫リポート』書き下ろし番外編&脚本収録)、Tシャツと合わせて、ご用意するグッズは三種類です。
ご来場の方は、ご観劇の記念にどうぞよろしくお願いします。

追記
杉山隆男さんの『兵士は起つ』(新潮社)の書評を書かせていただきました。
たいへん読み応えのある本でした。
自衛隊に興味のない方にこそ読んでいただきたい本です。

スカイロケットグッズ

先日パンフレットのご紹介をしましたが、グッズも作ってみましたのでご参照ください。
http://unitskyrocket0814.blogspot.jp/2013/03/blog-post_25.html

スカイロケットのロゴを使ってシンプルにかわいらしくとデザインしていただきました!
本当は1色展開の予定だったのですが、2色あるほうが賑やかでかわいいというプロデューサーの意向により、贅沢な2色展開になっております。(主に緊縮財政の経費的に)

稽古のほうは昨日、初通しが終わりました。
まだまだブラッシュアップできる箇所がありますが、観ていて既にこみ上げる場面がいくつもあります。
これからどんどん精度が上がっていく予感がひしひしとして原作兼脚本の人としても楽しみです。
どうぞご期待ください!

でもパンフレットに収録した脚本は、案の定入稿してからも細かく変更が加わっております。
演劇というものは直前まで変化し続けていくものなんだなぁ、と。
その変化の過程を楽しんでいただけると幸いです。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事