まったけ館長の『京都亀岡発―甦らせよう藍と蒼い地球―』

地球環境問題をわかりやすく、よりわかりやすく。阪神・淡路の経験を東北へ生かそう!

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

 山崎豊子の作品には御意見ある方も多いと思うが、僕は時間つぶしに司馬遼太郎とともに愛読している。中でも『白い巨塔』、『大地の子』そして、松本幸四郎主演でNHK大河ドラマ『山河燃ゆ』の原作となった『二つの祖国』を繰り返し読んでいる。山崎はどうして、ここまで主人公に苛酷な運命を背負わせるのだろうと思っている(財前五郎に、陸一心などなそ)。
 『二つの祖国』の主人公である天羽賢治は日系アメリカ人としてロサンゼルスに生まれ、両親の故郷である鹿児島県加治木町で教育を受けて、大東大学に進学するも恋人の父親に「移民の小倅風情が」と結婚を拒否される。
 賢治はアメリカへ帰国、邦字新聞『加州新報』記者となる。「ジャップが卑怯な騙し討ち(真珠湾攻撃)」を行ったことを主な理由として日系人収容所に移住。
 しかし、日本軍の機密文書解読のための語学兵として対日戦に参戦。戦場で日本軍に召集されていた弟と出会い、誤って拳銃で撃ってしまう。
 戦後、東京裁判のモニター(通訳言語調整官)となるが、アメリカ及び日本と祖国と信じてきた「二つの国」に忠誠度を疑われていることを悟り、東京裁判所の建物の中で自殺する。
 後書きに、山崎は記している。
 この小説は冒頭でもお断りしたように歴史的事実を再構築したフィクションであるが、主人公の原点ともいうべき人物を教えて下さったのは、元陸軍大佐町田敬二氏である。

【引用】山崎豊子『二つの祖国』新潮文庫,1986年,592ページから引用 
 当然のことながら、このモデルとなった人物のことを知りたくなる。
 様々な人に尋ねたところ、デイブ伊丹明(1911-1950)という方だということである。小説では我が侭なお嬢様育ちの妻と違って、現実の伊丹の妻は立派な方とのことである(邦字新聞は『羅府新報』という名だそうである)。
 賢治が日本の故郷・鹿児島県加治木の恩人もあるドイツ駐在の外交官の日本への暗号通信の解読も事実に近い出来ごとがあったようである。
 山崎豊子の作品がなければ、伊丹の存在は完全に忘れられることになったであろう。
 伊丹については、数件の文献と母校である鹿児島県立加治木高等学校、大東文化大学(伊丹が在校時は、前身の大東文化学院)のサイトで僅かながら知ることができる。
 なお、実際に日系アメリカ人の中にはオカダさんなど兄弟で日米両軍に分かれて戦った方たちもいたそうである。
 【文中敬称略】
 今日の独り言 自宅近くに出身大学があるのは便利だわ!
参考文献
*島村喬『実録・山河燃ゆ―日系通訳官・伊丹明の生涯』ゆまにて出版,1983年
*木梨幸三『デイブ・伊丹明の生涯―極東国際軍事裁判秘史』ぱる出版,1985年
参考サイト
大東文化大学
鹿児島県立加治木高等学校
注目ブログ
みんなで作る知恵の詰まった環境ブログ
ご案内
京都亀岡国際秘宝館・本館

この記事に

閉じる コメント(9)

おもしろそうですね。
山崎豊子は「白い巨塔」と「華麗なる一族」しか読んだことないので、正月休みにでも読んでみます。

2008/12/30(火) 午後 3:16 [ wat*n*be*unn*chi ] 返信する

美剣 仙様★いつもコメントありがとうございます。
『山河燃ゆ』は山崎豊子が、舞台を大阪から移しはじめてノリにノッてらっしゃった頃の作品ではないでしょうか。『白い巨塔』より難しいとも思いながら、歴史事典を片手に読んだ作品です。

2008/12/30(火) 午後 6:37 まったけ館長 返信する

顔アイコン

へえ〜

2008/12/30(火) 午後 9:50 [ oki雪だるま ] 返信する

顔アイコン

山崎豊子さんのご自宅を訪問したことが有ります。昔は助松海水浴場のあったところでしたが、浜は埋め立てられ、付近は住宅地でした。彼女の書いた「大地の子」ですが、膨大な取材テープを見せて頂きました。当時の華国鋒総理の特別の配慮があっての現地取材で、彼女の行動力、構成力に驚いたものでした。

2008/12/31(水) 午前 1:24 [ 琵琶湖研究室 ] 返信する

顔アイコン

コメントありがとうございました。
壮大なスケールに難解な背景ながらも、最後まで飽きることなく読めちゃうのは、山崎さんならではです。
歴史辞典片手に、とは出来そうにありませんが、またじっくりと読み返してみたいですね。

2008/12/31(水) 午前 6:42 たかたか 返信する

oki雪だるま様★いつもコメントありがとうございます。
これ!『ヨシ、読んでみよう』と書きましょう。

2008/12/31(水) 午後 4:25 まったけ館長 返信する

biwako_1164様★いつもコメントありがとうございます。
さすがですね。助松海水浴場とは大阪の泉大津の辺りですが?泉大津へは仕事でよく行ったことがあります。
『大地の子』に胡耀邦総書記が協力したという話が有名ですが、華国鋒国務院総理も協力されていたのですか。勉強になりました。

2008/12/31(水) 午後 4:32 まったけ館長 返信する

たかたか様★京都亀岡国際秘宝館へようこそお越しやす。
『二つの祖国』は山崎豊子作品の中では、「量」も「密度」も濃い作品ですが、繰り返し読める作品ですよ。

2008/12/31(水) 午後 4:35 まったけ館長 返信する

顔アイコン

同胞よ、喜びの声を上げよう!日本で列車が脱線して70何人も死んだぞ!のさばってきた日本人にも今日という日がやってきた!^_^わははは、気分爽快!」
という人命を軽く見る中国人の典型のスレに続いて

「もう90人以上死んだぜ!でも糞日本には1億以上の人口がいるから、このぐらいじゃまだまだ足りないな。」
という発言がありました。

あなたの隣にいる中国人も表面上はともかく、心の中では上のようにおもってる、かもよ。 削除

2012/4/3(火) 午後 8:50 [ 赤塚慎也 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(8)


.


みんなの更新記事