現代自動車「ソナタ」が米国で高い評価、日本車を圧倒?韓国メディア

 米ワシントンポスト紙は2日、自動車コラムニストのウォーレン?ブラウン氏による「ソウルからの甘い爆撃(A sweet salvo from Seoul)」と題した現代自動車の「ソナタ」に関するコラムを掲載した。複数の韓国メディアがこの話題を報じている。 韓国のメディアは、ワシントンポストなどが、現代自動車の新型ソナタは、同クラスの日本車に比べて、さまざまな面で優れていると米国で高い評価を受けていると報じている。 ワシントンポストのブラウン氏は、日韓を代表する各車を試乗し、比較。「現代自動車のソナタに乗ってみれば、韓国車が日本車に勝っていることが実感できる」と紹介。 同氏は、外装デザインやインテリアスタイル、全般的な安全、効率的な走行性能、基本仕様品の水準および品質などの面で、2011年型の現代「ソナタ」が、トヨタ「カムリ」、ホンダ「アコードすべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

記事がありません。



.


みんなの更新記事