全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全239ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 4



予告どおり、ホンダから新型『CBR250RR』がデビューしました。
例のコンセプトモデルに瓜二つ、まさかここまでと思われた方もいらっしゃるでしょう。



インドネシアで新型のスポーツモデル「CBR250RR」を発表 | Honda



【新型CBR250RRの主な特長】

■新開発の直列2気筒エンジン

クラスナンバーワンの出力性能を目指した、新開発の水冷・4ストローク・DOHC4バルブ・直列2気筒250ccエンジンを搭載しました。市街地での扱い やすさに加え、サーキットでのスポーツ走行にも対応できる、高回転域までスムーズに吹け上がる出力特性を実現しています。なお、スロットル・バイ・ワイヤ システム、選択可能な3つのエンジンモード設定によって、ライダーの意思に合わせてリニアにパワーを引き出し、上質で安定感のある加速フィールを獲得して います。

■力強さと速さを直感させる独自のスタイリング

ヘッドライトにはCBRシリーズのアイデンティティを継承するデュアルLEDを採用。力強く速い、エキサイティングな走りのイメージを表現しました。低く 構えたロングノーズから、高く跳ね上げたテールまでに渡って先鋭的なウェッジシェイプとし、一目で魅せる独自のスタイリングを実現しました。

■新開発の車体・足回り

フレームは、新設計の鋼管トラス構造とし、強さとしなやかさを両立させました。スイングアームには、アルミ製ガルアームタイプを採用し、右側のアームを 「への字」形状とすることで、エキゾーストパイプの張り出しを抑え、車体のスリム化とバンク角の確保を実現しています。サスペンションは、フロントに剛性 が優れた倒立タイプを、リアには5段階にプリロード調整が可能なプロリンク・サスペンションを採用。またブレーキは前後にABSをタイプ設定。ブレーキ ディスクはフロント310mm、リア240mmの大径ウェーブディスクを装備するなど、卓越した走りを支える構成としています。

CBR250RRは、昨年に行われた第44回東京モーターショー2015に、コンセプトモデル「ライトウェイト・スーパースポーツコンセプト」として出展。多くの二輪ファンに注目されました。
今後、日本国内での発売も計画しています。






以下、主要諸元など。


■DIMENSION

Length x Width x Height 2.060 x 724 x 1.098 mm
Wheel Base 1.389 mm
Ground Clearance 145 mm
Seat Height 790 mm
Fuel Tank Capacity 14.5 liter

■ENGINE

Engine Type 4-Stroke, 8-Valve, Parallel Twin Cylinder
Displacement 249.7 cc
Cooling System Liquid Cooled With Auto Electric Fan
Fuel Supply System PGM-FI
Throttle System Throttle-By-Wire System with Accelerator Position Sensor
Bore x Stroke 62.0 x 41.4 mm
Compression Ratio 11.5 : 1
Transmission Manual Manual, 6 Speed
Gear Shift Pattern 1-N-2-3-4-5-6
Starting System Electric Starter
Clutch System Multiplate Wet Clutch with Coil Spring
Lubricant Type Wet (Pressing and Spray)
Oil Capacity 1.9 L (Exchange)

■FRAME

Frame Type
Truss Frame
Engine Type 4-Stroke, 8-Valve, Parallel Twin Cylinder
Front Tire Size 110/70 – 17 54S (Tubeless)
Rear Tire Size 140/70 – 17 66S (Tubeless)
Front Brake Type Hydraulic Disc,Dual Piston (STD Type & ABS Type)
Rear Brake Type Hydraulic Disc, Single Piston (STD Type & ABS Type)
Front Suspension Inverted Telescopic Front Suspension
Rear Suspension Aluminum Swing Arm (5 Adjustable Mono Suspension with Pro-Link System)

■ELECTRICAL

Frame Type
Full Transisterized
Battery MF 12V - 7Ah
Spark Plug Type NGK SILMAR8C-9 (Iridium Spark Plug)



価格情報は、現時点で一切明らかにされていません。
が、公式プレスリリースでも日本での販売計画に言及されてますし、
来年3月の東京モーターサイクルショーにやってくるのは間違いないところでしょう。
日本での正式販売はそれ以降、春ごろというのが妥当ですかね。



イメージ 1



イメージ 2



イメージ 3



カラーバリエーションは、コンセプトモデルを彷彿させる『マットガンパウダーブラックメタリック』、
ホンダらしい『ホンダレッドレーシング』、イエローが差し色の『アンカーグレイメタリック』の3種類。
いずれは定番のレプソルモデルも登場するでしょう。






600ccクラスのスーパースポーツが次々と販売終息を迎えているなか、
今後はこのようなクォータースポーツが販売の主力になっていくものと予想されます。

また、レースにおいてもアジアではAP(アジアプロダクション)250、
日本ではJP(ジャパンプロダクション)250なるレースカテゴリーも新設されるそうなので、
低コストによる底辺拡大という喫緊の課題を解決する受け皿として期待されます。

ただ、このあたりの流れって衰退した2スト250、4スト600にも通じるところがあるので、
特に日本の4メーカーには新興国の若い芽を摘まないような、堅実な舵取りを期待したいところです。



関連記事はこちら

ホンダファン待望の新型、『CBR250RR』の正式発表は7月25日か | 感染帝国

滅びゆくスーパースポーツ…ホンダ『CBR600RR』も販売終息へ | 感染帝国

英国の欧州連合(EU)離脱は、バイク業界にどのような影響を及ぼすのか? | 感染帝国
保存保存保存保存保存保存保存保存
イメージ 1



世界最速を競い合う伝統のイベント、ボンネビルの最高速トライアルが待望の復活を果たします。

路面状況や天候の悪化もあり、
2014年、2015年の2年連続で中止に追い込まれていた同地のイベントですが、
南カリフォルニア・タイミング協会や土地管理局が連携し、
同地をレースに適した状態に戻して保護する活動に努めてきました。
結果、天候の悪化という不確定要素を除けば、レースに適した環境が整いつつあるとのことで一安心。

日本からは、昨年は惜しくも参戦を逃したモビテックの『EV-01A』、
カワサキの有志社員によって結成されるチーム38が『Ninja H2R』で再参戦します。



Racing Likely to Return to Bonneville Salt Flats This Year | Asphalt & Rubber



Racing Likely to Return to Bonneville Salt Flats This Year

南カリフォルニア・タイミング協会(Southern California Timing Association, SCTA)は、
来月のボンネビル・スピードウィーク開催に有利な条件が整ったとして、
ボンネビル・ソルトフラッツに帰還する意思を固めたようだ。
上記の写真は、わずか2週間前にソルトフラッツで撮影されたものである。

これまでにボンネビルで行われてきたレースが原因で路面コンディションが悪化し、
2014年、2015年と2年連続で参戦を阻まれてきたランドスピードレーサーにとっては朗報だろう。

現在、SCTAではボンネビル・ソルトフラッツに3つのコースを用意しているという。
8マイル(約12.9km)のロングコース、5マイル(約8km)のショートコース、
3マイル(約4.8km)のルーキーコースがそれで、
来月のスピードウィークイベントのためにコースの整備が始まっているとのことだ。

このニュースはボンネビルでイベントを主催しようとしている他組織には望ましい兆候だが、
もちろん昨年のAMAモーターサイクル・スピードトライアルのように、
天候という予測不可能な妨害が入らないとも限らない。

ボンネビルソルトフラッツは、採掘、天候および複合的な要因によって、
最高速トライアルイベントの開催がますます難しい場所になっている。

我々は、ボンネビルに参戦するマシンが怒りをホイールの回転に変えるまでに、
最高速トライアルイベントという存在に疑問が投げかけられることを期待したい。

SCTA主催のスピードウィークが8月の13日から19日の日程で開催が予定される一方、
AMAモーターサイクル・スピードトライアルは8月27日から9月1日にかけて日程が調整されている。



(了)






拙ログでも記事にさせていただいているモビテックの電動レーサー『EV-01A』は、
昨年は万全の状態で臨めなかったという反省があったとか。

具体的には車両の安定性に問題があり、対策としてハンドルポジション変更、タイヤの銘柄変更、
ホイールを重くするなどの対策が取られました。

最終的には、川崎重工業(株)の風洞実験施設による試験で空力特性を把握し、
流体解析を加えることで改善点を明確にしていくことに。



イメージ 2



完成した車両はアッパーカウルが大幅に変更され、懸案だった車両の安定性も大幅に改善されたとのこと。
来月の大会本番に向けて準備万端のようです。



イメージ 3



一方、カワサキの有志で結成されたチーム38は、すっかり同社の顔になった『Ninja H2R』による参戦。

実は、彼らも昨年のボンネビルに参戦する予定でしたが、それが叶わなかったため、
代替レースとして米国で滑走路を使った速度記録会『モハヴェ・マイル』に参戦。

停止状態からフル加速し、1マイル(約1.6km)先のポイント348.26km/hの速度をマークしています。






今年は念願のボンネビル参戦。どれほどの記録を残すのか楽しみです。
微力ながら、当日が快晴であることをお祈りいたします。



関連記事はこちら

『"EV"世界最速のインディアン』を目指して…モビテック『EV-01』の挑戦 | 感染帝国

モビテック『EV-01』はボンネビル走行を断念…連日の降雨でコースが水浸しに | 感染帝国

モトGPマシンより速い!? カワサキのNinja H2/H2R試乗レビュー | 感染帝国
保存保存保存
イメージ 1



フルモデルチェンジは公然の秘密、2017年の登場はほぼ確実といわれる新型CBR1000RRの続報です。

といっても、僕がMCNのポストを見落としていたせいで、記事は2月17日付けと古いのですが。
軽くググッてみたところ、日本語でふれているソースがほとんどなかったので一応ということで。



New Fireblade to rule the roads | MCN



New Fireblade to rule the roads

ホンダはシャープかつ、よりパワフルなスーパーバイクを解き放とうとしている

MCNで作成された次期CBR1000RRのCG画像は、
スーパーバイク世界選手権という最も難しい局面におけるホンダの希望であり、
現時点で可能な限りの正確な解釈に基づいたものである。

この画像は、2016年の終わりに公開されるであろうバイクがどのようなものか、
その最新情報を反映させている。難解な技術的詳細を明らかにし、
インサイダーやMCNのレーシングソースから得られた情報、新たに登録された特許情報も使用している。

2017年型のCBR1000RRは、今後のユーロ4排出ガス基準への対応など、
包括的な改修が必要になることは間違いないが、完全な電子制御パッケージ、
さらなるパワーとスタイリングのリフレッシュも求められる。

我々MCNのソースによると、新しいCBRはオーリンズの電子制御サスペンションを装備し、
新しいバージョンのD-CBS、トラクションコントロール、アンチウィリーなど、
ライダーの操作を補助する電子制御システム一式が含まれている。
メカニカル面での変更は、完全新作の4灯式LEDヘッドライト、
複数のライダーモードを有効にできる電子制御スロットル、
新設計のエアインテークを含む巨大なラムエアシステム、新しいエアボックスである。
また、新しくなった燃料噴射システムによりパワーとトルクが向上し、内部摩擦を低減しているという。

電子制御スロットルシステムは、エンジンマッピングの厳密な制御と、
燃料噴射量と燃焼安定性を維持するうえで必須となる要素だ。

エアボックスの変更は相当なもので、公道とサーキットいずれの性能向上も考慮されている。
CBRは公道志向のマシンであることを旨としているが、スーパーバイクのカテゴリーで勝てるマシン、
マン島TTレースで機能するマシンという要件もまた重要だ。

R&D部門の統括責任者である鈴木哲夫氏は、直近のインタビューでこう回答している。



ファイヤーブレードの将来という観点からいえば、例えばヤマハさんのYZF-R1Mのように過激なバイクにはしたくないんです。ファイヤーブレードのパフォーマンスとコンセプトは、サーキットを走るライダーを狙ったものではありません。コンセプトはあくまでも公道で扱いやすいバイクです。



MCNでは、将来的なスポーツバイクの開発において、
ホンダが3つのオプションを検討していることをお伝えしている。
そこにはファイヤーブレード、全面新設計のリッターV型4気筒を搭載したRVF1000、
そしてRC213V-Sの廉価版が含まれている。
新型モデルとして確実に発売が近づいているのは、この新型CBR1000RRだ。

MCNのソースによると、新型CBRは今年後半にも正式に公開され、
2017年には販売されるであろうことを確認している。
オリジナルのCBR900RR-Nから25年、スポーツバイクの世界に旋風を巻き起こした、
馬場忠雄氏のファイヤーブレードが生まれ変わるわけだ。



イメージ 2



イメージ 3



鋭さを増す設計思想

ホンダのインサイダーは、エンジンのパフォーマンス、シャシーや全体的なキャラクターに関して、
一貫してシャープであることを第一にバイクを作り上げてきたと説明している。



空気の力を操る、ホンダ空軍

より大きなパワーを欲しているとき、エンジンは燃料だけでなく、より多くの空気も必要とする。
ぽっかりと開いた口のようなデザインのインテークは、CBRに新鮮な表情を与え、
エアボックスへ強制的に空気を取り入れる。
空気を取り入れる経路を可能な限り直線に維持することで、エンジンが効率的に仕事をするのに役立つという。
ホンダは新しいインテークをヘッドストックを通過するように真っすぐにデザインし、
エアボックスへ直線的につながる経路にしたとのことだ。



LEDヘッドライト

ホンダは新設計のクアッドLEDヘッドライトの見た目と機能に関する特許を申請しており、
詳細は非常に意義深いものになっている。
4つのライトはロービームとハイビームの機能を共有しており、
アッパーカウル中央のインテーク周囲に成形されている。



オーリンズの電子制御サスペンション

スーパーバイク市場は、ドゥカティ1299パニガーレやアプリリアRSV4 RFなど、
より高級志向の製品が競合するセグメントとなり、数年前とはまったく様相が変わってしまった。
新型ファイヤーブレードは、走る場所が公道かサーキットを問わず、
どのようなプログラムにも対応可能なオーリンズの電子制御サスペンションを装備している。



(了)



今回の報道の目玉は、LEDヘッドライトでしょうか。
ソース元記事の翻訳を間違えていなければ、クアッドLEDがロービームとハイビームを兼用するとのこと。
ヘッドライト断面の構造図を見るに、ユニット全体がスイングして角度を変えられるようで、
これまでのバイクのように一方がロービーム、もう一方がハイビームということではないようです。
なかなか画期的な機能ですね。



2016/07/23 追記

特許図にある可動域のように見えるものは、光軸調整範囲を図示したものでした。
お詫びして訂正いたします。
4つのLEDユニットのうち、下側2つがロービーム、上側2つがハイビームとのことです。



また、インテークはトップブリッジ直下を直線的に突き抜ける配置で、
エアボックスへ一直線に空気を導く構造のようです。
MCNの予想CGは、LEDヘッドライトの特許とラムエアダクト形状を踏まえたものなんでしょう。






CBR1000RRといえば、間もなく開幕する鈴鹿8耐にニッキー・ヘイデンが参戦とかで話題になってますね。
今年は高橋巧、マイケル・ファンデルマークとともにMuSASHi RT HARC-PRO.からエントリー、
転倒リタイアに終わった13年前の雪辱を果たすべく燃えているとか。

耐久仕様のCBRもヘッドライトが変わって精悍になったということなんですが、
なんとなく新型を意識してるのかなと思ったり思わなかったり。

ちなみに、鈴鹿8耐常連の桜井ホンダがエントリーしないのは来年の新型に備えるためで、
今年は現行型のデータを蓄積する必要がないという理由もあるようです。

とにもかくにも、今年後半の国際モーターサイクルエキシビション(EICMA)が楽しみですね。



関連記事はこちら

ホンダ、2017年の次期スーパーバイクにまつわる噂 | 感染帝国

ホンダのスーパーバイクは二枚看板に? 次期ホモロゲーションモデルにまつわる噂 | 感染帝国

滅びゆくスーパースポーツ…ホンダ『CBR600RR』も販売終息へ | 感染帝国
保存保存
イメージ 1



待望のティザー映像も配信されたCBR250RR(仮)は、来週の月曜日、
7月25日にも正式発表されると報じられているようです。

インドネシアを拠点に活動するホンダの合弁会社、アストラ・ホンダ・モーターは、
現地時間の7月25日、15:00から南ジャカルタのとある劇場を使用した新モデル発表会を開催予定とのこと。
日本とインドネシアの時差は2時間(UTC+7)なので、
17:00以降には現地からスクープ写真が届くのではないかと予想されます。



Honda CBR250RR To Debut Next Week? | Asphalt & Rubber



Honda CBR250RR To Debut Next Week?

信頼性の高いインドネシアのニュースソース『TMC blog』は、
2017年型のホンダCBR250RRが来週の月曜日にデビューする可能性があるとしている。
このニュースはインドネシアでホンダの二輪車生産を行うアストラ・ホンダ・モーターが発信元で、
新型モデル発表会へ招待する旨の連絡があったという。

どのようにでも受け取れる内容だが、
アストラ・ホンダ・モーターからCBR250RRのティザー映像という特大ヒントが与えられているので、
来週なにかが起こることを期待してもよさそうだ。

TMC blogは、CBR250RRが6000万インドネシアルピアで販売されると報じており、
米ドル換算で約4,500ドルになる。

この数字は現行CBR250Rの4,200ドルと拮抗する価格だが、
為替レートだけを基準に大きな価格を予想することを戒めなければならないだろう。

CBR250RとCBR300Rが引き続きラインナップされるかどうかはともかく、
"RR"バージョンたるベビーCBRが、"R"バージョンを超えるプレミアムな1台であることを期待したい。

CBR250RRはASEAN市場へ向けて登場することが期待されているが、
より大きな350ccバージョンが欧州と北米の各市場へ今年後半にも投入されるだろう。

もちろん、現時点では憶測に過ぎない。うまくいけば、来週にもさらなる情報が明かされるだろう。



(了)



現行のCBR250Rは、消費税込みで498,960円から、同ABS付きが549,720円からということで、
ここから新型の価格がおおよそ割り出せるのではないかと思います。

参考までに、直近のレートでは、4,500ドル=479,430円、6000万インドネシアルピア=486,840円で、
新型の価格は550,000円前後(?)でしょうか。ABS付きでも600,000円ぐらいですかね。
単純計算なので、実際の価格はまた違うでしょうけど。

ともあれ、ティザー映像でスタイリングは例のコンセプトモデルほぼそのまま、
特許が申請されたというヘッドライトも高いレベルで再現されそうなので、
製品版はコンセプトモデルとまったく違ってがっかり、ということはなさそうです。

とりあえず、月曜日は期待してよさそうですね。



関連記事はこちら

インドネシアのホンダ合弁会社、CBR250RR(仮)のティザー映像を公開! | 感染帝国

ホンダ、新型『CBR250RR(ライトウェイトスーパースポーツコンセプト)』のヘッドライトを意匠登録か | 感染帝国

ホンダ、新型『CBR250RR(ライトウェイトスーパースポーツコンセプト)』の生産を8月に開始か | 感染帝国
保存
イメージ 1



近年の動画投稿サイトでは、コンテンツのオンデマンド配信が一般的になりつつあるようです。
この『IOM TT』もそうした作品のひとつで、iOSやApple TVなどで視聴可能な20分のショートフィルム。

1907年にこのレースがはじまって以来、240人以上のライダーが命を落としてきた狂気のレース。
彼らはなぜ、こんな馬鹿げたレースに参加しようとするのか?






ここ日本では、安全や健康はまるで宗教のように持て囃されますが、
たまにはこうした極端な世界を覗いてみるのも、自身の人生を考えるうえで役立つかもしれません。



関連記事はこちら

マン島TTレースの真実に迫る珠玉のショートフィルム『The Isle of Man TT: A Dangerous Addiction』前篇 | 感染帝国

マン島TTレース、その一瞬の静寂を切り取ったスローモーション映像…『TT2016 Slow Motion』 | 感染帝国

人気ユーチューバーが見たマン島TTレース@2014 | 感染帝国
保存保存保存

全239ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事