過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

イメージ 1



ホンダらしからぬ攻撃的なスタイリングで好評を得た、
あのコンセプトモデルが8月にも生産を開始するのではという噂が出回っているようです。

大方の予想どおり、YZF-R25などと同様のアジア戦略車として、
タイあるいはインドネシアを生産拠点に、全面刷新された『CBR250RR』として登場することになります。



Honda CBR250RR production soon | Visordown



Honda CBR250RR production soon

昨年の東京モーターショーで公開された"ライトウェイトスーパースポーツ"コンセプトを覚えているだろうか?
誰もがうすうす感づいていたとおり、この新型はCBR250RRとして8月にも生産を開始すると噂されている。

ただし、この新型を現行CBR250R(CBR300R)の単なる後継と考えるべきではない。
現行型のシングルエンジンに対し、新型はパラツイン(並列2気筒)を搭載しており、
パフォーマンスの向上はもちろん、はるかに高いスペックの構成要素を備えている。

最大のライバルであるヤマハのYZF-R3と同様、欧州バージョンは排気量が拡大される可能性もある。
350ccになるという予想もあるが、いずれにしても主力となるのはアジア市場向けの250ccであり、
最初に登場するのもやはりこの排気量であろう。

生産拠点はやはりというか日本ではない。
コスト削減のため、タイかインドネシアの工場が使われる可能性が非常に高い。

ハイエンドな構成要素と合わせて、市販バージョンは大型バイクもかくやというほどの電子制御技術、
きめ細かいライディングモードやトラクションコントロールが搭載されるだろう。
なんといっても、小さな250はウェットな路面でトラクションを失いやすいからだ。

8月の生産開始が事実であると判明したあかつきには、
今年後半のショーにおいて欧州バージョンが2017年モデルとして発表されるはずだ。

スタイリングについては、当然ながらコンセプトモデルの一部ディテールは再現されないと思われる。
排ガス規制に対応したエキゾーストと、よりシンプルなヘッドライトが妥当なところだろう。



(了)






個人的には、スタイリングを決定づけるアッパーカウルがどうなるのかが気になるところ。
なるべくオリジナルを忠実に再現して欲しいところですが、
一足先に公開された兄貴分のCBR400Rと同様に"いつもの"CBR顔になる可能性が高いでしょうか。

全体として見ると、今ひとつ精悍さが足りなかった先代型までの反省を生かし、
ホンダがいうところの『ロングノーズで低く構えたクラウチングスタイル』を強く意識しています。
ポイントは、突き出た下顎でしょうか。
各部の質感も高く、クラスを超えたクオリティというのもあながち大げさでもないかもしれません。
このことにより、メインとなるアジア市場向けのコミューターとしての使われ方にも配慮しつつ、
スーパースポーツ風のシャープな造形を手に入れています。
よくよく見ると、乗車姿勢はYZF-R25などと同様にアップライトで着座位置も低く、
燃料タンクの位置も相対的に高くなっているのがわかります。
シート、ハンドル、ステップの位置関係を考えれば先代型とさほど変わらないはずですが、
それをシャープなエッジと量塊感ある面構成(これもホンダの受け売り)で打ち消している感じですかね。

後発だけにパワーもライバルを上回るはずですし、
このクラスとしては太すぎるともいえる150サイズのリアタイヤからも性格が滲み出ているようです。
果たしてどんな味つけになるのか、興味深いクォータースポーツになりそうです。



関連記事はこちら

いよいよワールドプレミア! ヤマハの世界戦略車『YZF-R25』がデビュー! | 感染帝国

TOURINGLOBE: CBR250Rで世界を妄想ツーリングしよう!? | 感染帝国

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事