撮影日記

すべて表示

元興寺に行って来ました

どうも、こんにちは。

7月17日(月)の「海の日」は、元興寺に行って来ました。

イメージ 1
LEICA M-E(Typ220)+Carl Zeiss Tessar 1:3.5 f=50mm
奈良町の住宅街の中にある元興寺。

イメージ 2

国宝の極楽坊本堂。

イメージ 3

本堂前ではハスが咲いていました。でも、この花だけしか咲いていなかったので、この花は写真家の人気を集めていました。僕がこの花を撮り終えると、女性写真家が会釈をして撮り始めるという風に。

イメージ 4
LEICA M-E(Typ220)+Carl Zeiss Tessar 1:3.5 f=50mm
ううっ・・・読めない・・・

イメージ 5
LEICA M-E(Typ220)+Carl Zeiss Tessar 1:3.5 f=50mm
石仏様。

イメージ 6
LEICA M-E(Typ220)+Carl Zeiss Tessar 1:3.5 f=50mm
蛙の置物。

イメージ 7
LEICA M-E(Typ220)+Carl Zeiss Tessar 1:3.5 f=50mm
「浮図田」。書いといてなんですが、なんて読むんでしょう?

イメージ 8
LEICA M-E(Typ220)+Carl Zeiss Tessar 1:3.5 f=50mm
浮図田に咲く桔梗。

イメージ 9
LEICA M-E(Typ220)+Carl Zeiss Tessar 1:3.5 f=50mm
去年から撮りたかったんです。

イメージ 10
LEICA M-E(Typ220)+Carl Zeiss Tessar 1:3.5 f=50mm
石仏様が境内の小径の両側に。

イメージ 11
LEICA M-E(Typ220)+Carl Zeiss Tessar 1:3.5 f=50mm
本堂裏。本堂の瓦は行基葺で、一部は飛鳥時代の創建当時のものが使われています。

イメージ 12
LEICA M-E(Typ220)+Carl Zeiss Tessar 1:3.5 f=50mm
元興寺の手水鉢。

イメージ 13
LEICA M-E(Typ220)+Carl Zeiss Tessar 1:3.5 f=50mm
境内の青紅葉。

イメージ 14
LEICA M-E(Typ220)+Carl Zeiss Tessar 1:3.5 f=50mm
以上、元興寺でした。


では、また。

.


みんなの更新記事